menu
映画
映画『コトブキ飛行隊 完全版』瀬戸麻沙美&山村響 声優インタビュー

映画『荒野のコトブキ飛行隊 完全版』3日連続声優インタビュー! 第2回は隊長&副隊長コンビ、レオナ役・瀬戸麻沙美さんとザラ役・山村響さん!

2019年1〜3月にTV放送されたオリジナルアニメ『荒野のコトブキ飛行隊』(以下、『コトブキ』)。『ガールズ&パンツァー』や『SHIROBAKO』といった作品でお馴染みの水島努監督が、迫力ある空戦アクションを描ききったことで話題を呼んだアニメとなっています。

そんな『コトブキ』のTVシリーズ全12話を再構成し、さらにコトブキ飛行隊の結成秘話や、キリエとエンマの出会いといった新作エピソードを加えた『荒野のコトブキ飛行隊 完全版』(以下、『完全版』)が2020年9月11日より全国の劇場で公開されます。

『完全版』の上映に向け、アニメイトタイムズではコトブキ飛行隊のメンバー6名を演じるキャストのみなさまにインタビュー! 『完全版』の見どころやシリーズを演じてきての思い出などをたっぷりお話ししていただきました。

記事では2名ずつのコンビとなり、全3回のインタビューを連日お届け。第2回では、コトブキ飛行隊の隊長と副隊長コンビ、レオナ役・瀬戸麻沙美さんと、ザラ役・山村響さんに登場していただきました!

第1回 仲谷明香さん×富田美憂さん
第2回 瀬戸麻沙美さん×山村響さん
第3回 鈴代紗弓さん×幸村恵理さん

アニメイトタイムズからのおすすめ

こんな感覚でキリエたちは戦ってるんだっていうのを改めて感じた

──『完全版』の制作が発表されたときの率直な感想はいかがでしたか?

レオナ役・瀬戸麻沙美さん:またレオナを演じる機会があるんだって思って嬉しかったですし、どんなことが描かれるんだろうって思いました。 リノウチ大空戦(※)を新カットで描くということで、今まで自分たちが演じてきたお話のさらに深掘り、見えなかった部分に焦点があたるのだと思って私自身も楽しみにしていました。

※TVシリーズで描かれたイケスカ動乱より前に起こった大規模な空戦。駆け出しの頃のレオナが参戦している

 
ザラ役・山村響さん:TVシリーズで拝見した時からずっと、「劇場で見たらすごく映えるだろうし面白いだろうな」と最初の頃から感じていたので、思っていたことが現実になったこともあって、凄く嬉しかったというのが率直な感想ですね。 スクリーンでどんな風にコトブキ飛行隊のメンバーが飛んだり、人間ドラマが繰り広げられたりするのかなってすごいワクワクしていた記憶があります。

──出来上がった『完全版』を見たときの感想はいかがですか?

瀬戸:“今までの思い出ぎゅっと詰め”という印象を受けました。私は家で映像を見させてもらったんですが、公式サイトに載っている飛行機のリストを見ながら、「これは誰が乗っていて~」と照らし合わせていて。改めて、「こういう特徴があるんだ」とか「ここで戦っていたんだ」と振り返ることができてすごく楽しかったです。

また、TVシリーズの裏での会話や、キリエとエンマの過去のシーンが間で描かれているのはすごく素敵だなって思いました。あと、空戦シーンになると音の迫力がすごくて。

──劇場ではもっとすごい音響で楽しめるでしょうね。

瀬戸: 『コトブキ』ならではの特徴だと思いますが、空戦中に操縦席からの視点になる時があって、家で見ていただけでも大迫力だったので、映画館でMX4Dで見たらどうなっちゃうんだろうと期待が高まりましたね。とても楽しみなので、早く劇場で見たいです。

山村:私は試写で見せていただいたんですけど、今までのTVシリーズの総集編ということなので知っているお話のはずなのに、完全新作を見ているかのような感覚に陥りました。 知っている風景、知っているキャラクター、知っている背景なのに全部一つ一つが生まれ変わったかのような感覚がして。音の影響もあると思いますが、目の前に1つの世界が広がってる感じがして、「イジツの人たちと一緒に生きてます」みたいな感覚がすごくて色んな所で泣きました。

空戦のシーンも思わず泣いちゃって。操縦席のシーンでの臨場感や、射撃音が本当にリアルで、こんな感覚でいつもキリエとかザラたちは戦っているんだと改めてスクリーンで見ることによって感じることができました。

──ずばり『完全版』のポイントを挙げるとすれば?

瀬戸:ひとつに絞るのが難しいですね……。名場面のオンパレードみたいな作品なので。

自分の演じたレオナで言えば、最後のイケスカでの空戦で、イサオの執事さんが穴に向かっているところにレオナが機体で体当たりするシーンが迫力満点でしたね。ギリギリの攻防が繰り広げられていて。

あと、ラハマ防衛戦では富嶽の登場シーンの迫力がすごくて。富嶽が出てきて、何が起こるのかと思ったら穴に吸い込まれて……。その驚きと、これから何か起きそうだったのに、それが一瞬で穴の中に収まって消えてしまったという動と静が切り替わるところが印象に残っています。

山村:私もいろいろなシーンが思い浮かぶんですが、ザラのシーンで上げると、雷電にザラが乗って、ヒデアキを追いかけているシーンが好きで。最後に崖のところを急上昇して、月が見えている空にパッと出てくるシーンがTVシリーズからとても好きだったんです。それが劇場で見たらまたさらにすごくなっていて、スクリーンで見ると迫力がありますね。

あとあーちゃん(瀬戸さん)が言っていたイケスカでの最後の攻防戦がすごいワクワクしました。「自分自身で決着を着ける」というレオナを、ザラとしては「レオナには指一本振れさせない」と守るようなシーンがぐっと来ますし、視覚的にも橋の下を飛ぶシーンは迫力があって。「こわい!」と思いつつ、最後の戦いということもあってワクワクして見られますね。

他にも印象的な戦闘シーンばかりですが、みんなの日常シーンもお気に入りです。新作カットでキリエとチカがすごい喧嘩して、お店のもの壊しちゃって反省してるシーンは素朴でとても好きですね。

瀬戸:めっちゃ正座させられてましたよね(笑)。どうしてレオナにキリエが付いてきたのかとか、なんで仲間になったのかもわかるし。

山村:みんな今はお揃いのスカーフをしているんですけど、それまではキリエが首元にスカーフを付けてなくて、手渡すシーンがあったりして。こうやって今のキリエが生まれたんだと感じられるので、ぜひしっかり、細かいところまで見てほしいですね。

──先程の質問と被るところもあるかと思いますが、TVシリーズと、劇場版を通して印象に残っているシーン、好きなシーンを教えてください。

山村:TVシリーズだと第1話にあたりますが、空賊に対して初めて出撃するシーンで、空にガーッと解き放たれる瞬間のシーンが印象的で。

瀬戸:今回はBGMがないんですよね?

スタッフ:『完全版』ではあえてなくしています。(※TVシリーズの時はありました)

山村:そうだったんだ……! 音楽的な演出を一切カットして、環境音だけで表現してるのが印象的で。空に出た瞬間がすごい好きで、私はすごく泣きました。

瀬戸:エンドロールでいろんなイラストが出てくるんですけど、一枚絵だけで視聴者に想像させる感じがすごくいいなぁと思っていて。中でも一番いいなと思ったのが、レオナとザラが夜の芝生でお酒を飲んでるカットなんですが、「酒瓶多すぎ」って(笑)。

山村:「これが劇場バージョンか……!」みたいな。めちゃめちゃ飲んでた(笑)。

瀬戸:ちょっと多くない?って思って。ただ、ようやく二人で語り合う時間ができたんだなって想像できて素敵でした。他にもジョニーや副船長、マダム・ルゥルゥなどキャラクターたちのその先を想像させるようなイラストが多く、エンドロールも好きですね。

──では最初のシーンからエンドロールまでじっくり見てほしいということで……。続いての質問ですが、ご自身が演じてきて、キャラクターの変わったなと思ったところや、逆に変わらなかったなと思ったところはありますか?

瀬戸:レオナはすごくわかりやすい変化があるなと思っていて。最初はみんなの頼りになるリーダーのように周りに思われていますが、ザラだけが知っている本当の、”一心不乱のレオナ”っていう熱くなってしまう部分、ちょっとキリエに似ている部分があるんです。

最初はザラだけが知っていて、それがイサオとの戦いになって、徐々に本性が出てくるみたいな。でもまだまだかたくなで、人に頼ることのできないレオナが、隊員のみんなに心を開いていく変化を感じました。自分が今までキリエに言っていたことを逆に言われてハッとさせられるシーンもあって、すごく柔軟に、周りを頼れるようになっていったんじゃないかなって。この変化自体はTVシリーズでも描かれていますが、今回『完全版』として間にあった出来事が描かれたこともあって、よりわかりやすくなったんじゃないかなと思います。

山村:レオナとは対照的に、ザラはある意味で最後までずっと変わらなかったキャラクターなのかなって私は思います。ずっとザラはレオナのことを見ていて、出会いの頃からレオナの弱いところや出しきれなかった部分を理解していた存在だったので、副隊長として全体を最初から最後まで見ていることが今回の『完全版』を見てより感じました。

でも、そんな中でもみんなと出会って、大切なものってなんだろうって考えたり、悩んでるキリエたちを見て、彼女自身も成長しているとは思います。いい意味でコトブキ飛行隊のメンバーを最後までしっかり見守って、必要な時にちょっと光を差して導いてあげるような役割だったのかなと思っていますね。

最後の戦いに出る前にレオナに「このまま全部ほっぽりだしてどっか行っちゃいましょう」みたいなことを言えちゃう懐の広さが、個人的にすごい人だなと。この言葉がこのタイミングで出てくるあたり、とても素敵な女性だなって改めて感じましたね。

──自身が演じたキャラクター以外で、好きなキャラクターはいますか?

瀬戸:一番となると難しいなぁ。でもチカが好きですかね。ムードメーカーだと思います。本人も芯が通っているし、頑固そうなんだけど、幼さと素直さがあるし、かわいいものが好きだったり。ウーミっていう存在を『コトブキ』の世界に入れ込んでくれたり。キリエと仲が悪くて喧嘩してるのかと思ったら、実は一番心配していたりと、そういう素直なところがかわいらしいので、好きですね。

山村:私はTVシリーズの頃からずっとジョニーさんが好きで。いつも弱気がデフォルトのジョニーさんが、あんな銃使いで強いというギャップが激しくて。今回も『完全版』で改めて銃撃シーンを見て、やっぱりジョニーさんすごいなーって。ぜひ元奥さんのミキさんと上手くいってほしいなと思うんですけどね(笑)。

あと、『完全版』を見て改めていいなって思ったのがアレンです。穴の研究にすごい熱意があるけれど、それが理由で足を怪我させられてしまって。でもそこで塞ぎ込まず、ヘラヘラしてるように見えるけど、色んなことを、自分のことさえも冷静に判断して、今できることを考えて行動しているんだろうなと改めて感じました。

キリエと一緒に赤とんぼで飛んで襲われるシーンでもあんな状況で「僕飲んだほうが命中率上がるんだけど」みたいなことを言っていて、「そんなことできる?(笑)」って。でもそこでちゃんと有言実行していて見直しました。きっとアレンの中では全部想定通りなんでしょうね。

(C)荒野のコトブキ飛行隊製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年 秋アニメ一覧 10月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020秋アニメ(今期10月)おすすめランキングまとめ! 結果発表!
2020秋アニメも声優で観る!
タイムズユーザーアンケート
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング