menu
アニメ
秋アニメ『呪術廻戦』釘崎野薔薇役・瀬戸麻沙美 声優インタビュー

秋アニメ『呪術廻戦』釘崎野薔薇役・瀬戸麻沙美さん 声優インタビュー│野薔薇を演じる上でほしかった“慢心”とは? 課題だった粗雑な演技と向き合い

現在、『週刊少年ジャンプ』(集英社刊)で連載中の人気マンガ『呪術廻戦』が遂にアニメ化、2020年10月2日より放送中!

学友を救うため「両面宿儺(りょうめんすくな)」という呪いの魂を宿すことになった高校生の虎杖悠仁(いたどり ゆうじ)が呪術師の専門機関に入り、呪いとの戦いを繰り広げていく物語です。

アニメイトタイムズではアニメ放送を記念して、キャスト連続インタビューをお届けしています。今回、ご登場いただくのは釘崎野薔薇を演じる瀬戸麻沙美さんです!

アニメイトタイムズからのおすすめ

オーディション秘話……口の悪い役は課題だった?

ーー原作を読んだ際の感想を教えてください。

瀬戸麻沙美(以下:瀬戸):最初、表紙を見たときに、ちょっと怖そうだなという印象を受けました。呪術師たちが倒そうとしている存在が、人間から生み出された負の感情(呪い)であることを知ると、今自分たちの生きている世界と、どこか近いような感覚があって、より恐怖心が増したというか。今も、目には見えないけれど、呪いは生まれているんじゃないかって思わせてくれて、すごく興味を惹かれましたね。

 

 

ーージャンプ作品の中でも、少しダークな世界観ですよね。

瀬戸:『週刊少年ジャンプ』でハマった作品が『D.Gray-man』だったので、こういうテイストの作品は好きなんです。なので、役が決まったときもすごく嬉しかったです。

ーー野薔薇はオーディションだったのですか?

瀬戸:テープオーディションを受けてから、スタジオオーディションで決まりました。事務所で資料をもらったとき、気が強くて、ジャンプの主人公のような印象を受けました。

何の雑誌に掲載されている漫画なのかって、そんなに気にすることではないだろうと言う方もいらっしゃると思いますが、やっぱり雑誌のイメージはあって。個人的にジャンプ作品が好きだったので、オーディションが来たときは嬉しかったですし、気合いも入っていたんです。

野薔薇は気が強くて、口も悪いんですけど、ちょうどこの時期、ギャルの役を受けて落ちていたんですね。だから私の中で、ギャルであったり、口が悪かったり、粗雑な感じのお芝居が課題でもあったし、自分でも苦手な分野だと分かっているけど、すごくやりたい!と。

それでテープが通り、スタジオに行ったからには受かりたい!という気持ちになったんですけど、受かりたいと思うと落ちてしまうから、「まぁいいやー」くらいの気持ちでスタジオオーディションに臨んで。

そうしてテストをしたら思った以上に直しがありました。オーディションでディレクションが入ったときは、もうダメなときと、もしかしたら変わるかもしれないという期待があるときの2パターンあると思うんですけど、どっちだろうと思いながら、言われたことに柔軟に対応できるようにはしていたんです。演技の幅もアピールしたかったので、できないことがお芝居に出ないようにしようと……。

ーーその気合いが、見事に実った感じになりましたね!

瀬戸:もう「やったー!」って感じでした(笑)。本当に運が良かったんです。

ーー課題だった口が悪いキャラクターも……。

瀬戸:毎週演じることができているので、どんどんどんどん、お口が悪くなりそうです、本当に(笑)。

(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年 秋アニメ一覧 10月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020秋アニメ(今期10月)おすすめランキングまとめ! 結果発表!
2020秋アニメも声優で観る!
タイムズユーザーアンケート
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング