menu
マンガ・ラノベ
BLにおける「オメガバースの事情」【アニメイト編集部BL塾・応用編】

【BLのことさらに知ってみませんか?】オメガバースの基本知識からBLの時流に乗ろう!の巻 【アニメイト編集部BL塾・応用編】

日ごとに寒さが増してくる今日この頃。2020年も残すところ1ヵ月となってきました。8月に開校した「アニメイト編集部BL塾」も、あっという間に第4回の開校です。引き続きフリーライターの阿部が先生役、編集部員・石橋さんが生徒役となり、BLの世界をご案内します。

前回は令和最前線の「受け事情」についてお話しました。BLへの好奇心が加速した生徒役の石橋さん、なんと7作品もの読書感想文を書く結果に。着々とBL沼に沈んでいる石橋さんを横目に、先生役の私は「計画通り」としたり顔でございます。読者のみなさんも少しずつBLへの理解が深まっていたら嬉しいなという気持ちです。

今回は、近年商業BLで作品数が増加傾向にある「オメガバース」というジャンルについて講義を進めていきます。BLをお好きな方はすでにご存知かと思いますが、「なんのこっちゃ……」「名前は聞いたことあるけどイマイチ分からない……」という方も多いのではないでしょうか。そこで「オメガバースの基本設定」や「オメガバースの歴史」など、基本的な知識をお伝えしていきます。

商業BLでは専門のレーベルが立ち上がるほど、人気上昇中の「オメガバース」。本講義で理解を深めて、ほんのちょっぴりBLの時流に乗ってみませんか?

では、早速講義スタート!

※BL事情は諸説あるため、本企画には個人的見解も含まれています。


●阿部裕華
フリーのライター。本企画の助っ人。石橋さんの飲み友達。BL愛好歴15年。『好きなものは好きだからしょうがない‼』に衝撃を受け、BLへ沼落ち。黒髪メガネ受けが登場する商業BLマンガは一通りチェックする。今回の先生役。

◆Twitter

●石橋悠
アニメイトタイムズの編集部員。HIPHOPと百合と某王国を愛する。アニメ化したBL作品などを少し見てはいるが、ズブの素人と言っていいレベル。今回の生徒役。


記事のバックナンバー

◆BL入門編
◆BLにおける「攻めの事情」
◆BLにおける「受けの事情」
◆BLにおける「オメガバースの事情」
◆「BL成長期」の2020年を総まとめしてみた!

アニメイトタイムズからのおすすめ

前回のおさらい

阿部:嬉しいことに、あっという間に第4回となりました。本日もよろしくお願いします!

石橋:センセイ、よろしくお願いします!

前回は受けについてでしたけど、たしかにセンセイが言うように受けはわりとテンプレートがはっきりしている印象でした。安定した受けがいるおかげでBLというジャンルが盤石になっているのかなと感じています。

阿部:わかる……。しかも宿題では7冊も読んでいただいて(笑)。お好きな作品はありましたか?

石橋:どれもおもしろかったです! 特に『86万円の初恋(※1)』。マジでよかった……(語彙力)。センセイ、ありがとうございます。今回宿題で上げたラインナップの中で1、2位を争うくらい好きな作品ですね。何回も読み返しました。


※1:86万円の初恋

 
三交社にて刊行されたロッキーさんの漫画作品。地味で寡黙な図書館司書・喜屋武真理が偶然出会った美しい男・佐藤陽。佐藤が着ていた86万円の上着にコーヒーをこぼしてしまったことがキッカケで、真理の家に居候し始めることに。二人の不思議な共同生活が始まる。


阿部:よかったー!(拍手)性描写はあるもののプラトニックな部分が強い作品だから、百合好きの石橋さんにはピッタリかと思いました。

石橋:本当にゆっくり進んでいくのがいいんですよね。精神的なエロさが垣間見える駆け引きもおもしろくて。恋愛慣れしている攻め(佐藤)が今まで出会ったことのないピュアボーイの受け(真理)に翻弄されるところがいいですね。微妙な距離の取り合い方がオシャレ。初恋なのに大人な恋愛だと思いました。

あと『黄昏アウトフォーカス(※2)』『残像スローモーション(※3)』も素敵でした。これはね、全員イケメンなのがいいんですよ。この環境の中で何も起こらないはずがない! 部活ものだから青春感がありますよね。自分も昔この熱さあったな、いいな……と思える。特に『黄昏アウトフォーカス』はね、ラストに全部持っていかれてしまう。構成の妙ですね。


※2:黄昏アウトフォーカス

 
講談社にて刊行されたじゃのめさんの漫画作品。男子校の寮生で2年生、映画部でカメラを担当する土屋真央。同部屋の同級生・大友寿は真央の撮影する「BL映画」の主人公を演じることになる。ただの友だちだった二人の関係が映画をキッカケに動き出す。

※3:残像スローモーション

 
講談社にて刊行されたじゃのめさんの漫画作品。男子校の3年生、映画部部長の菊地原仁。ナルシストだが人気者の菊地原だが、ただ一人だけ敵意を向けてくる人間がいた。同じ部活の2年生・市川義一だ。ところが、ひょんなことから菊地原と市川は寮で同じ部屋となってしまう。『黄昏アウトフォーカス』のスピンオフ。


阿部:思わず声が出ちゃいますよね、「え、えぇーー!」って。

石橋:最後が素晴らし過ぎて、1回内容が頭から吹っ飛ぶんですよ。なので、2回は読まないと駄目な作品ですね。こちらも大変素敵な作品でした。

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021春アニメおすすめランキングまとめ! 結果発表!
2021春アニメも声優で観る!
2021春声優・スタッフインタビュー特集
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング