menu
アニメ
TVアニメ『2.43 清陰高校男子バレー部』梅原裕一郎インタビュー

TVアニメ『2.43 清陰高校男子バレー部』青木操役・梅原裕一郎さんインタビュー|どこか達観している青木操に年相応なものを感じるとき

ついにスタートした、TVアニメ『2.43 清陰高校男子バレー部』。迫力あるバレーボールの描写、リアルな人間関係、舞台となる福井の風景、そして先が気になるストーリーなど、さまざまな魅力が詰まった作品と言える。

ちなみに2.43とは、男子バレーのネットの高さ。この高いネット越しに繰り広げられる青春をお楽しみに! アニメイトタイムズでは七符清陰高校バレー部の6人のキャストに、テキストインタビューを実施。

第3回は、クレバーで、クールに熱い・青木 操役の梅原裕一郎さんです。

アニメイトタイムズからのおすすめ

どこか達観している青木 操に年相応なものを感じるとき

——作品に始めて触れたときの印象を教えてください。

梅原裕一郎さん(以下、梅原):原作を読ませていただいて、いろんなキャラクターからの視点で物語が進んでいて、人間関係が分かりやすかったです。また、若人たちの揺れ動く感情に懐かしさを覚えました。

——演じる青木 操は、どんなきゃラクターですか?

梅原:青木はどこか達観した部分があり、同年代に比べて大人に見えるキャラクターです。しかし彼の中にも揺れ動く感情があり、とくに小田に関してになると冷静ではいられない彼には年相応のものを感じ、そこが魅力だと思います。

——演じるときに心がけていたことはどんなことですか?

梅原:ふと本音が漏れた瞬間を大事にしています。青木に関しては、試合中や、副主将という立場の時と、そうでない時の差を意識しています。

——福井弁での演技はいかがでしたか?

梅原:福井弁はとても苦戦しました。ただ、収録が進むにつれてコツのようなものを掴むことができ、今では心地よいものとなりました。歌を覚える時のように、いただいた参考音声を聴きながら準備しています。

——アフレコでのエピソードがありましたらお願いします。

梅原:アフレコ現場では、方言という壁を乗り越えなければならいという目標があり、みんな心が一つになっていた気がします。

(C)壁井ユカコ/集英社・アニメ「2.43」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

2.43 清陰高校男子バレー部の関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2020年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021春アニメおすすめランキングまとめ! アンケート募集
2021春アニメも声優で観る!
2021冬アニメインタビュー
声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング