menu
アニメ
TVアニメ『蜘蛛ですが、なにか?』スー役・小倉 唯/インタビュー

TVアニメ『蜘蛛ですが、なにか?』後半クール直前!スー役・小倉 唯さんインタビュー|兄に対する過度な愛情、気持ちを一番大事に!

TVアニメ『蜘蛛ですが、なにか?』(2021年1月より放送中)で、シュン(CV:堀江 瞬)と同時期に生まれた異母妹で、兄を誰よりも慕うスーを演じるのは小倉唯さん。オーディションでは、ブラコンだということに気づいていなかったそうだが、アニメではシュンに近づく女性を敵と見なし、鋭い視線を向けたり、毒を吐いたりしている。ただ3話の地竜戦でもそうだが、才能は兄に引けを取らない女の子なので、後半クールでの活躍も期待してほしい。

アニメイトタイムズからのおすすめ

お兄ちゃん愛が強いスー、演じるときに心がけていたことは?

――オーディションがあったそうですが、作品の最初の印象はどういうものでしたか?

小倉 唯さん(以下、小倉):オーディションというと、だいぶ前の記憶になっちゃうんですが…とにかく“蜘蛛”というタイトルが印象的でした。私が実際にオーディションを受けたのはカティアというキャラクターで。カティアは、前世が男性。転生後、性別は女性だけど男口調になるときもあるので、その部分をどう演じ分けようかと色々考えていました。

――そこからスーを演じることになった経緯を教えてください。

小倉:いただいた資料に他のキャラクターも載っていて、そこでスーのビジュアルや設定を見て、気になっていた役柄でした。「スーも演じてみたいな」とうっすら思っていたところ、カティアを演じ終えたあとに、「気になるキャラクターはいますか?」とスタッフさんが聞いてくださったので、「実はスーが……」と相談したところ、チャレンジさせていただけることになりました。

気になっていたキャラクターだからこそ、私自身も楽しく演じさせていただきましたし、実際にキャラクターを演じられることが決まったときは、とてもうれしかったです。

――実際に演じてみていかがでしたか?

小倉:アフレコが始まってみると、スー自身、お兄ちゃん愛がとても強い女の子で、いわゆるブラコンと言うんですかね?見た目や、王女という品格からの、お兄ちゃん溺愛のギャップにはびっくりしました。それから、台本を開くと思っていた以上に蜘蛛子パートと人間パートの分量に差があって(笑)。ページによって、まるで別作品を見ているかのような印象があったので、新しいタイプの作品だなって。

――確かに、蜘蛛子パートとのギャップはすごいですよね。実際に映像で見ていてもガラッと雰囲気が変わりますし。

小倉:ある種、あおちゃん(悠木碧)のお芝居があっての『蜘蛛ですが、なにか?』なのかな、と思いました。蜘蛛子パートは、私も楽しくオンエアで拝見させていただいていますが、アフレコが別なので、本当に不思議な感覚なんです。蜘蛛子がメインの話でありながらも、人間サイドでの物語も進んでいて。序盤は特に、別作品を見ている感じというか。すごく新しいジャンルですよね。

物語も後半になると、蜘蛛子と人間サイドでの伏線はここからつながっていたんだ! と、新たに見えてくる部分もたくさんあるので、ぜひ注目していただきたいです。

――お兄ちゃん愛が強いスーについてですが、小倉さん自身が演じるとき、どんなことを大事にしましたか?

小倉:スーはアナレイト王国第2王女で、気品と才能を兼ね備えているんです。なので、圧倒的な存在感、凛とした佇まいという部分を意識していました。ただ、何にしても兄様大好きっ子なので。兄様に対しての異常なまでの愛情というか、好き過ぎるゆえに周りが見えなくなってしまう部分が多々あるんです。台詞や行動に出てしまうくらい、兄様に対しては過度な愛情を捧げているので、その気持ちを一番大事に演じましたね。

――何度も鋭い目線を向けていましたからね。

小倉:スーは、兄様に近づく女をみんな敵だと思っているので、簡単に毒を吐いたり、周りからしたら「え?」と思われてしまうような行動を取ってしまうんです。なので、できる限りイヤな子にならないように演じたいなと思いました。兄様への曲がった想いも、「まぁ、スーだからね」という範囲で収まるように。その愛情すらもかわいいと思ってもらえるようなイメージで演じることを心がけました。

――かわいい範囲だったと思います(笑)。

小倉:アフレコの度に、今回は相手にどんな敵意を向けるのだろうと、とにかく考えることが楽しいキャラクターでしたね。

台本上の台詞では「兄様」というワードが圧倒的に多かったので、思わず途中からは数えてしまいました(笑)。「兄様」の言葉ひとつで、スー自身の温度感をいかに示せるか、ということを自分の中にあるものさしで測ってみたり。

実はアフレコの途中まで、シュンとはまったく収録が被らず、直接の会話ができていなかったんです。こんなに兄様のことが好きなキャラクターなのに…早く兄様とご一緒したいな、と思っていました。兄様不在のなか、いつも一方的に愛をぶつけていたので、シュンを演じる堀江 瞬さんに初めてお会いしたときには、「やっと会えましたね!」と(笑)。実際に兄様の声を聞きながらスーを演じることができたときには、なんというか、すごく感動しました(笑)!。

――スーは、今後も見どころがありますから、楽しみにしていてほしいですね。

小倉:後半戦は、びっくりする展開が待っていますからね。兄様に対する熱すぎる愛情が、どうこじれていってしまうのかという部分は、今後のスーの見どころになってくると思います。

――板垣 伸監督とは、どんなことを話されましたか?

小倉:監督は、常にキャストと同じ温度感でお話をしてくださる方です。今は(新型コロナの影響で)グループごとにアフレコをしているんですが、その入れ替わりのときに、実は今後こういう動きがありますよ、とか、だいたい何話くらいで大きな変化があります、と説明してくださるんです。

演技面に関しても、スーのこの台詞が特に良かったですと、その場で伝えてくださるので、スーを演じる上ではすごく励みになりました。自分が表現したかったスーは間違っていなかったんだなと、確信や自信に変わるような言葉をくださって、ありがたかったです。

――こういう時期だからこそ、そういうコミュニケーションの時間が大事に感じますよね。

小倉:そうですね。少ない人数でアフレコをしているので、役者同士でも積極的にコミュニケーションを取れるよう意識していました。毎回一緒にアフレコをするキャストさんが微妙に違ったので、その方が演じているキャラクターサイドからの話を伺ったりできるのはすごく面白かったです。

(C)馬場翁・輝竜司/KADOKAWA/蜘蛛ですが、なにか?製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021春アニメおすすめランキングまとめ! 結果発表!
2021春アニメも声優で観る!
2021春声優・スタッフインタビュー特集
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング