menu
アニメ
春アニメ『EDENS ZERO』レベッカ役・小松未可子インタビュー

真島ヒロ先生原作 TVアニメ『EDENS ZERO』連続インタビュー 第2弾はレベッカ役・小松未可子さん!ポップだけどロマンがあり、エネルギッシュなキャラたちなど刺さるポイントがたくさん!

人気マンガ『FAIRY TAIL』や『RAVE』などを手掛けた真島ヒロ先生原作の『EDENS ZERO』(講談社『週刊少年マガジン』連載中)が2021年4月10日より日本テレビ系全国30局にて放送開始!

『EDENS ZERO』は、惑星グランベルで唯一の人間であるシキが、動画配信者のレベッカと出会い、宇宙への冒険に飛び出し、様々な星々でいろいろな人と触れ合い、自身の出生の秘密などに近づいていくスペースファンタジーです。

アニメの放送開始を記念して、2人の主人公への連続インタビュー企画をお届けしています。第2弾はレベッカ役を演じる小松未可子さんです!

小松さんが何を思い、何を感じながらレベッカを演じられているのか。ぜひ、本記事でチェックしてみてください!

 

 

アニメイトタイムズからのおすすめ

壮大な物語とピュアなキャラクターたち、今までの価値観と違う宇宙の描写など刺さる要因がいっぱい!

──『EDENS ZERO』の原作を読んだり、アニメで演じられた印象や感想をお聞かせください。

レベッカ役 小松未可子さん(以下、小松):舞台が宇宙ということで、壮大な物語だなと。宇宙や星々も、私たちがこれまで抱いていたものとは違うイメージや価値観で描かれているというのは、物語が魅力的に刺さる要因の1つかなと思います。

そして壮大な物語の中にいるキャラクターたちの多くはピュアで、感情があふれていたり、エネルギッシュだったり、様々な個性が映えている印象があったので、「自分もたくさんのエネルギーを使わないと負けてしまう」と思って、パワーモリモリで演じています(笑)。

──真島ヒロ先生の作品らしさを感じる心躍る冒険譚ですよね。

小松:同じ冒険ものでも、舞台がまったく違うし、宇宙ならではのロマンもあって。基本的にはポップにお話が進んでいく中で、得体の知れない部分があったり、刺さる部分があって、ゾクっとするところもあるなと思いました。

また真島先生の描くキャラクターもポップで、愛らしく見えるのに、抱えているものが重たかったりするギャップも魅力的だなと。作中ではそれぞれのキャラクターの過去やバックボーンが掘り下げられていきますが、一番最初に登場する主人公のシキとレベッカの過去が明かされます。ただ、核心には迫っていないまま物語が進んでいくので、少しずつ気になるポイントが出てくるところもおもしろいなと思います。

──演じられるレベッカの印象とご自身との相違点、共感できる点をお聞かせください。

小松:レベッカはポジティブな女の子ですが、あの生い立ちやハッピーとの出会いから、よくここまで明るく、元気になって、さらには動画配信者になったなと(笑)。

めちゃめちゃタフで強くて。センスはちょっとズレているかもしれないけど、ついていきたくなっちゃう子だなと思います。私は「友達でしょ!」とか思っていても恥ずかしくて言えないタイプだし、他の子を導いていく強さはないので、対照的ですね。

レベッカが思ってくれるような人でありたいという理想が私の中にもあるけれど、それを実現するのは難しくて。でもそれをサラっとやってのけるレベッカは共感するというより憧れます。

──レベッカのあのテンションの高さはいまどきの動画配信者っぽいなと思いました。

小松:確かに(笑)。レベッカはナチュラルにテンションが高いし、ツッコミも変顔も全力。ある意味、動画配信者としてピッタリじゃないでしょうか。

もし私がレベッカの動画を見たら元気になれると思うけど、『EDENS ZERO』の世界観の中では見ている人が少なく、響いていないのが不思議です(笑)。

今は動画配信も珍しいものではなく、むしろ身近に感じるし、私自身も慣れ親しんだものなので、それが作品の中でもしっかり落とし込んでいるところもいいですね。

──演じる時に意識されたことを教えてください。

小松:テンションの高さやツッコミのメリハリは意識しています。あとアニメの中ではお色気サービスシーンみたいなものがちょこちょこあって。それはレベッカだけではなく、男性キャラもですが(笑)、絵面的にはドキッとしても、健康的だなと思える部分は目指しています。

──お色気シーンやギャグシーンもちょっと昭和感がありますよね。

小松:テンプレみたいなところもあるけど、ちょっと欲しいなと思ったところで出てくるのでそこは期待を裏切らないというか(笑)。

──知らないことが多いシキへのツッコミ役なので、気が休まる時がないのでは?

小松:ツッコミだけではなく、レベッカはいろいろな表情を見せてくれて。戦闘シーンになって、ブチ切れると土佐弁のような言葉遣いになったり。ディレクションでも「そこはもっとドスを効かせてやっちゃってください。普段のレベッカと違ってもいいです」と言われるので、オラオラと。

そうかと思えば、冷静に状況を分析している時はしっかりしていて。やかましく、ツッコんだり、キレたり、殴ったり、いろいろなリアクションをしている時が、一番心が休まっているのかもと最近は思うようになりました(笑)。

 

シキは演じるのに無限大のエネルギーが必要なキャラ。寺島拓篤さんのハリのある声がマッチ。

──シキ役の寺島拓篤さんは音響監督と「小松さんのノドが強いな」と話していたとおっしゃっていました。

小松:私からすればシキのほうこそ、無限大のエネルギーが必要なキャラクターだなと思っていて。シキは普段から声が大きそうじゃないですか? そこに寺島さんのハリのある声がめちゃめちゃマッチしていて、「シキってこうだよね!」と。

レベッカとは違うノドの強さが必要だと思うし、シキの0から100をやるのはすごくタフじゃないとできないと思っています。

──レベッカのテンションが高いと、シキもテンション高くしないといけないし、チキンレースみたいですね。

小松:おもしろいのはシキがたまにツッコむんですよね。そのツッコミも勢いではなく、「痛い! 痛い!」と刺さる感じで。無邪気に鋭くツッコむのはズルいなと思います(笑)。ずっとハイテンションできたのに、すとんと落としてくるところに『EDENS ZERO』らしさ、シキらしさが全面に出ている気がします。

──シキの印象と寺島拓篤さんのお芝居についての感想をお聞かせください。

小松:シキを演じるのは難しいだろうなと思っていました。男性が演じるのか、女性が演じるのかというのも気になりましたが、あの無邪気さと物語を動かす強さが同居する感じをどう体現するんだろうと。

でも現場で寺島さんのお芝居を聞くと、自然にシキになっていて。普段のピュアさから打って変わって、強い意志を感じさせたり、不敵な笑みを浮かべたり、そのさじ加減が絶妙だなと。

私はオーディションでレベッカ以外も受けましたが、最近は大人やお姉さん的なキャラクターを演じることが多かったので、決まった時は喜びと共に、レベッカのフレッシュさが出せるかなという不安がありましたが、寺島さんが手綱を握って引っ張ってくれている感覚で、安心して収録させていただいています。

 

(C)真島ヒロ/講談社・NTV
おすすめタグ
あわせて読みたい

EDENS ZEROの関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021春アニメおすすめランキングまとめ! 結果発表!
2021春アニメも声優で観る!
2021春声優・スタッフインタビュー特集
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング