menu
アニメ
TVアニメ『蜘蛛ですが、なにか?』後半クールに向けて「私」(愛称・蜘蛛子)役・悠木 碧が作品の出会いから振り返る/インタビュー

TVアニメ『蜘蛛ですが、なにか?』後半クール直前!「私」(愛称・蜘蛛子)役・悠木 碧さんインタビュー|「すまんね、アバンが長くて!ここからが本番です!」

TVアニメ『蜘蛛ですが、なにか?』で、「私」(※ここでは、蜘蛛子と表記)を演じる悠木碧。すごく速いテンポで、ものすごくハイテンションに台詞を畳み掛けてくる蜘蛛子に、圧倒されつつも面白がって見ていた人も多いのではないだろうか。蜘蛛子をどう演じていたのか、そして今後の見どころなどについて、悠木碧さん本人にたっぷり話を聞いた。

アニメイトタイムズからのおすすめ

「がんばれ!蜘蛛子さんのテーマ」はゾーンに入ったら歌える曲

――TVアニメ『蜘蛛ですが、なにか?』には、どのように出会ったのでしょうか?

悠木 碧さん(以下、悠木):オーディションで出会ったんですが、すごくポジティブな子だと最初の資料に書いてあったんです。

異世界転生モノってモノローグがめちゃめちゃ長いイメージがあって。そこの処理を退屈しない形で提示できないと、この作品自体が視聴者にとって盛り上がりにくいものになってしまうと思いました。なので、そこのデザインは面白くしようという意識をもってオーディションに挑みました。

――異世界転生モノの中でも、かなり台詞が多いなぁと思って見ていました。

悠木:どうなんでしょうね。異世界転生したらこんなものかな、くらいの気持ちだったんですけど(笑)、他のキャラクターとほとんど掛け合いがない作品というのは、あまり経験がないかもしれないですね。だいたい2話くらいで別のキャラクターに会ったりするけど、この作品では一向に出会わない……みたいな(笑)。

――デザインしていったというモノローグ部分ですが、最終的に監督などと相談しながら決めていったのですか?

悠木:監督からはもっとやってくれと言われていましたね。私はもう少し気だるい感じなのかなと思ったんですけど、もっと盛り上げて、お祭りみたいにしてほしいということだったんです。自分が持っていったものよりもだいぶ盛り気味だったので、何だったらやり過ぎで引かれるくらいのところまでやっていいということなんですね? と確認しました。

――先ほどポジティブな子とおっしゃっていましたけど、基本根明なのかなと思ったんですよね。

悠木:対比として面白いと思ったのが、人間サイドは人間関係でどろどろになっていくんですけど、蜘蛛子はひとりな分、ハードだけどめちゃくちゃ自由なんですよ。でも、蜘蛛子は「自分は前世ボッチ」と公言してますし、人間パートから読み取る情報だと、昔はいじめられていそうな空気感があるわけじゃないですか。いったい幸福とはどちらなんだろうかという気持ちになってしまって。

もともと根明だったんだけど周りの人たちによって抑制されてしまっていたのだとしたら、それは幸福だと言えるのだろうかって。それってすごく、現代における哲学だなと思ったんですよね。

――確かに。そう考えると深いですね。人間に転生したほうも、少し違う性格とか関係性になっていますからね。

悠木:人間サイドって、そのままの人間関係を引き継いでいるところもあるから、どんどんぐちゃぐちゃになっちゃうじゃないですか。それも大変そうだから、蜘蛛子からしたらそっちのほうがハードに見える気がします。

――悠木さんは、もし蜘蛛に転生していたらどうします?

悠木:まず蜘蛛が得意じゃないので、キモッ!ってなると思います(笑)。アニメで見るとかわいく描かれていますけど、実際は普通に周りにいるスモールタラテクト(蜘蛛)ですからね。ただ、周りに蜘蛛が出てこなくなると、カエルに比べたらかわいいかな? って思えてくるという。

――カエルは、なかなかリアルでした。

悠木:色味が、つやっとしていましたね(笑)。実は、完成を見るまで洞窟なんてずっと暗いし画変わりもしないから、お客さんはどう思うんだろうってちょっと不安だったんです。だけど、きれいな鉱石があったりマグマがあったり、しかもカエルみたいに敵もカラフルだったりしたんですよ。風景があまり変わらない洞窟の中でも、ちゃんと目で見ても楽しい要素が盛り込まれているんだなって。それに、CGによって、アクションがすごくにカッコよくなっているんですよね。一方で、作画が中心の人間パートでは、キャラクターが丁寧に描かれているというスタッフバランスの素晴らしさ!

――絶妙ですよね(笑)。蜘蛛子のほうはアクションもかなり激しいですし。

悠木:人間ではないものって動かすのもきっと難しいと思うんです。モンスター(魔物)も、描き慣れている人とそうじゃない人がいるジャンルだと思っているので、CGでガンガン動かすのは良いことだと思うし、何よりCGにしたことでモンスターが異形で、畏怖を感じるものであることが表現されているんですよね。技術として楽だからではなく、その手法のほうがアーティスティックだから使うという取り入れ方が、すごく好きだなと思いました。

――悠木さんご自身のお芝居について、映像を見ていかがでしたか?

悠木:シンプルに、「うるさい、悠木碧!」って (笑) 。

――こちらからすると、ものすごく面白かったです。

悠木:それは良かった! 自分の親が、めちゃめちゃハマってしまったんですよ。最初は、めちゃ大変だったから親だけでも見てくれ! みたいな気持ちで勧めたんですけど、お話的に人間パートとの差なども含めて面白いと言ってくれて。普段アニメを見ない親なのに「こんなアニメがあるんだね」って言いながら見てくれるから、私がウケるという……。

――でも娘が、これだけしゃべっているアニメだから、親としてもきっとうれしいですしね。

悠木:ED曲の「がんばれ!蜘蛛子さんのテーマ」が楽しいと言ってくれています。頑張ったかいがあったなと(笑)。

――あの曲、よくレコーディングできましたね。そのまま歌ったんですか?

悠木:そのまま録りました。できちゃったなぁって(笑)。そうなるともっとすごい曲がくるかもしれないから、どうしようかなと思っています。

――滑舌の練習を普段からしていれば、歌えるものなのですか?

悠木:どうだろう……。練習でどうこうできるものでもないと思うし、私もたまたまうまくいっただけで、いつもできるわけではない気がするんです。何で歌えたのか自分でも分からなくて。でも、スポーツ選手がよく「ゾーン」って言うじゃないですか。私は、あれを20代前半くらいに理解したんですよ。「これが、ゾーンか!」って。たぶんそれです。ゾーンに入ったら歌える曲(笑)。

――後期EDテーマ「現実凸撃ヒエラルキー」も楽しみにしています。

悠木:スピードで言ったら緩くなっているけど、面白さ具合は一緒なので、そちらも期待してほしいです。

(C)馬場翁・輝竜司/KADOKAWA/蜘蛛ですが、なにか?製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

蜘蛛ですが、なにか?の関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021春アニメおすすめランキングまとめ! 結果発表!
2021春アニメも声優で観る!
2021春声優・スタッフインタビュー特集
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング