menu
声優
舞台第2弾『ROAD59』白又敦&鮎川太陽インタビュー

『舞台「ROAD59 -新時代任侠特区-」摩天楼ヨザクラ抗争』白又敦さん&鮎川太陽さんインタビュー|第2弾は“過去”が重要なカギ。共闘シーンなど見どころ満載!

『BanG Dream!(バンドリ!)』や『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』など、数々の作品を手掛けるブシロードが新たに贈る『ROAD59 -新時代任侠特区-』。

本作は、欲望が渦巻く街で4つの組織が互いに勢力争いを繰り広げている、新時代の「任侠物」がテーマのメディアミックスプロジェクトです。

そのプロジェクト舞台第1弾が去年の12月に開催され、舞台第2弾となる『舞台「ROAD59 -新時代任侠特区-」摩天楼ヨザクラ抗争』が4月15日よりKAAT神奈川芸術劇場 ホールにて上演されます。

そこで今回は、「春雲組」に属している大井町高久役の白又敦さんと桐宮ユウト役の鮎川太陽さんにインタビューを実施!

それぞれが演じるキャラクターや「春雲組」のこと、舞台第2弾の見どころ、稽古場の面白いエピソードなどたっぷりと語っていただきました。

 

『舞台「ROAD59 -新時代任侠特区-」摩天楼ヨザクラ抗争』あらすじ

かつて絶滅した桜の木が、 この街には今も残っている──。
東京湾に浮かぶ摩天楼、 天海区。

欲望渦巻くこの街では4つの勢力が地下に眠る「夜真多大蛇(やまたのおろち)の首」と、 その封印を解く鍵となる春雲組の娘、 華夜(演:河内美里)をめぐる抗争を続けていた。

そんな中、 天海区にニセ札が回り出し、 「春雲組」のシマにも影響が出始める。
八薙バクト(演:君沢ユウキ)と、 大井町高久(演:白又敦)は、 ニセ札の件に大井町の詐欺師時代の仲間であった”一条”という男が関わっているという情報を掴む。
取引現場に現れた一条は、 過去のことは水に流し、 共に仕事をしないかと大井町に持ちかける…。

ニセ札事件の裏で「PHOENIX」の日本支部リーダー、 ベネディクト(演:蒼井翔太)は協力者である、 マリア・ベルナール(演:奥仲麻琴)に、 とうの昔に絶滅した「桜」を咲かせる計画を打ち明ける。

その頃「狛狼組」の氷室涼香(演:美波わかな)は財政難である組のために、
姉の氷室 静(演:相羽あいな)に黙って、 裏カジノへ乗り込もうとしていた。

一方、 「黒条組」の皇 賢誠(演:井上正大)は「PHOENIX」のベネディクトとの過去の商談の様子を黒鉄一臣(演:末野卓磨)に話す。

次第にそれぞれの勢力は
天海区に狂い咲く「桜」の下に集結していく──

アニメイトタイムズからのおすすめ

第2弾の重要なカギは“過去”

——まずは、前回の舞台第1弾に出演してみての感想をお聞かせください。

大井町高久役・白又敦さん(以下、白又):前回の第1弾はプロジェクトの最初の試みでもあったので、各々のキャラクター作りやチームの距離感を作っていくのが僕らの楽しみの1つでした。

今後も生きていくものになる“土台作り”という意味で第1弾に臨みましたし、実際に演じてみてすごく楽しい座組で。

主演の君沢ユウキさんや京本政樹さん、演出家さんなど優しい方々が多く、いろんなことを話しやすい環境を作ってくださっていて、すごくオープンな稽古場で参加できて良かったな、と思っています。

桐宮ユウト役・鮎川太陽さん(以下、鮎川):白又くんも言っているように、本当に仲の良い座組です。皆さんがすごく良い人たちで、活躍している方たちばかりですのでスケジュールを合わせるのが難しいときもありましたが、揃った日にはしっかりと決めることができました。

僕たちの「春雲組」は物語を引っ張っていく役割を担っているので、“どうしようか?”“こうしたらいいんじゃない?”といった話し合いがとても多かったんです。

それこそ“ジンギ”という能力要素などの細かいところまで話し合い、1人1人の個性や組同士の関係も詰めながら、座組としても良いものになったように感じます。

——前回の舞台でそれぞれが感じたことを含め、第2弾はどのような舞台になりそうですか?

白又:第1弾は各組やキャラクターの紹介の側面も持ち合わせていましたが、第2弾ではその人物のバックボーンが描かれています。自分が演じる高久も太陽くんが演じるユウトも過去が垣間見えるので、より彼らが気になる内容になっています。

——先日行われた生配信では、白又さん演じる大井町高久が大活躍すると盛り上がっていましたね。

白又:はい。『ROAD59』は極道のお話ですが、その中でも高久は非戦闘員であまり戦わないキャラクターです。なので、彼が話を動かしていくという意味では、皆さんが想像しているような活躍の仕方とは違う活躍になるんじゃないかな、と。

要は、派手なアクションをしない人間がどのように舞台上で生きていくのか。そういう意味では、第1弾とは違った舞台が楽しめると思います。

鮎川:今回の舞台で描かれる“過去”は今の組にとってすごく重要なキーです。それぞれの過去が見えたからこそ、このキャラクターにもこういう想いがあったんだというところが伝わる素敵な物語になっています。

また、第2弾は座組の仲の良さが良い影響をもたらしているので、より一層チームワークを魅せられると思いますし、今回は“共闘”が見どころだと思っていて。共闘のシーンはすごく熱いですし、親子愛・仲間愛・家族愛といった部分が垣間見えたりするのでより楽しんでもらえると思います。

白又:個人的に『ROAD59』は女性キャラクターが引っ張っていく強さがあって良いな、と思っていて。今回は特に女性が芯を持ってしっかり戦う姿に魅了されるのかなと。

観に来てくださる方の中には男性も女性もいらっしゃると思いますが、どなたが観ても魅了される作品になっていると実感しています。

そういう意味で今回の舞台では、「狛狼組」の氷室 静(演:相羽あいな)にぜひ注目していただきたいです。

(C) bushiroad All Rights Reserved.
おすすめタグ
あわせて読みたい

ROAD59 -新時代任侠特区-の関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2021春アニメおすすめランキングまとめ! 結果発表!
2021春アニメも声優で観る!
2021春声優・スタッフインタビュー特集
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング