menu
アニメ
『まどか☆マギカ』10周年記念イベントに悠木碧ら声優陣集結/レポート

10年経って気づいた“ほむら役に選ばれた理由”――『魔法少女まどか☆マギカ』Anniversary Stageに悠木碧さん、斎藤千和さんら声優陣集結! 新時代への幕開けとなったイベントをレポート

2011年1月から4月にかけて放送されたTVアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」。王道の魔法少女アニメに見せかけ、少女たちの苦難と葛藤、そして抗えない絶望に立ち向かう姿が重厚に描かれるという仕掛けに、見事に騙された視聴者が続出!

ダークなストーリー展開ながらも、10代の少女たちのあどけない姿、友達同士の深い絆、そして物語が進むにつれて明らかになるもうひとりの主人公の強い思いが視聴者の胸を打ち、一躍話題作となりました。

そんなTVアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」は2021年で放送10周年。記念施策の数々が展開する中、4月25日にはキャスト陣が集結する「『魔法少女まどか☆マギカ』Anniversary Stage」がオンライン開催!

悠木碧さん(鹿目まどか 役)、斎藤千和さん(暁美ほむら 役)、喜多村英梨さん(美樹さやか 役)、野中藍さん(佐倉杏子 役)、加藤英美里さん(キュゥべえ 役)らキャスト陣が、当時の思い出や今だからこその思いを明かしました。

アニメイトタイムズからのおすすめ

当時18歳だった悠木さんを見て10年を実感

オンラインでの開催となった今回のイベント。ステージ上のキャスト陣は配信で“契約”を結んだ視聴者に向け、自身のキャラクターの名セリフをもじったファンサービスを披露しました。

10周年を迎えた『魔法少女まどか☆マギカ』ですが、これまでもコンスタントにキャラクターたちを演じる機会は多かったよう。ここ最近は10周年を記念した取材、さらに、先日放送されたオーディオコメンタリーといった企画でキャスト同士も会う機会が多かったそうで、最初の挨拶から早速、当時のキャラクターたちの掛け合いを彷彿とさせる息のあったやりとりが繰り広げられました。

演じる機会は多いものの10年という時間の経過は確かなもの。時間が経過した今は「少女を通し越して魔女寄りになった」といった軽快なジョークも。また斎藤さんは、アフレコ当時は18歳だった悠木さんの今の姿を見て10年という時間経過を実感したとしみじみ語りました。

挨拶を終えたところで2011年1月の放送当時を振り返るナレーション付きの映像が披露! 作品の正体を隠し、可愛らしさ全開で宣伝していた放送前から放送後の大反響、さらに、今となってはレアな劇場版の舞台挨拶の様子など、改めて『魔法少女まどか☆マギカ』の功績が映像とともに紹介されました。

この映像を見たキャスト陣は裏切りまみれの本編を懐かしみ、改めて『魔法少女まどか☆マギカ』の影響力の大きさを噛みしめていました。

 

 

ほむら役に選ばれた理由は10話にあると確信

話数に沿って作品を振り返っていくと、まず話題に挙がったのが第3話の「マミの死」。本編においても重要なターニングポイントであり、アニメファン全体に「3話」の重要性が拡がったシーンです。斎藤さんは、第3話放送後から、どこに行っても作品について尋ねられたと、当時の反響の大きさを語りました。

また、オリジナルアニメとして制作された『魔法少女まどか☆マギカ』のストーリーは、キャストも毎回台本を渡されるまで詳細を知ることはなかったとのこと。それはキュゥべえを演じる加藤さんも同じで、当初は視聴者と同じくキュゥべえのことをマスコットキャラ的な存在だと思っていたと明かしました。

4〜6話については、さやかが話の中心に。半ば勢いで魔法少女になったさやかの青臭さにキャスト陣も共感したり、少し呆れていたりと反応が分かれましたが、演じる喜多村さんはそんなさやかの姿が年相応で魅力的だとフォロー。しかし、キュゥべえとしては一番チョロかった(騙しやすかった)キャラクターなんじゃないかとも笑いを誘いました。

7〜9話では、真の彼氏、イケメンとキャスト陣が絶賛する杏子が登場します。しかし、そんな杏子の健闘むなしく魔女化するさやか。絶望の境地で穢れを蓄積するさやかについて語り合う中、喜多村さんは野中さんに対して、りんごを受け取らなかったことを改めて謝罪していました。

また、名ゼリフだらけの『魔法少女まどか☆マギカ』でトップレベルに有名な「あたしってほんとバカ」。このセリフの少し前、さやかはまどかに強い言葉を使ってしまいましたが、悠木さんはその人間臭さが共感できるとさやかの心情を汲み取っていました。

そして話はクライマックス直前、ほむらの正体が明らかになった10話について。当時、台本を受け取った斎藤さんはその真実に驚きを隠せなかったようで、演技についても悩みが多かったようです。

ですが10年経った今、自身がほむらを演じることに当時以上に納得していると斎藤さんは告白します。時間遡行によって人より多く時間を重ね、精神的にも成長しているほむら。若手ではなく自身がほむら役に選ばれた理由がこの10話にあったとその理由を語りました。

しかし、そんなほむらの気持ちを受け取るたびに、どんどん魔力を増していくまどか。並々ならぬ展開について革命的だと述べた悠木さんは、改めて虚淵玄さん(脚本)が手掛けるストーリーに感服したと語り、10年の中で虚淵さんの真意、そして優しさに気づいたと明かしました。

おすすめタグ
あわせて読みたい

魔法少女まどか☆マギカの関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2021夏アニメ中間発表
2021夏アニメも声優で観る!
2021春声優・スタッフインタビュー特集
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング