menu
アニメ
TVアニメ『EDENS ZERO』石平総監督&鈴木監督対談インタビュー

真島ヒロ先生原作アニメ『EDENS ZERO』より、石平信司総監督&鈴木勇士監督の対談が実現!『FAIRY TAIL』も手掛けたお二人がアニメ化する際に意識したこととは?

 

アニメはスタッフ陣の熱がフィルムにのって、想像以上の映像に!

――完成した映像をご覧になった感想をお聞かせください。

石平:想像していたものよりも数倍もいい映像になったなと。色のバランスもいいし。

鈴木:毎回、「おおっ!」という驚きがあって。

石平:皆さんには感謝しかありません。しっかり『FAIRY TAIL』とは違う映像にもなっていて。僕は毎回、配信でチェックしているんですけど、いち視聴者としても楽しませてもらっています。

――寺島さんは「絵作りにすごい覚悟を感じました」とおっしゃっていたし、小松さんも「キャラクターたちが様々な個性が映えている印象があったので、自分もたくさんのエネルギーを使わないと負けてしまうと思った」と。そう言わせる作品ってすごいですね。

石平:収録の段階では絵コンテ撮のケースが多いんですけど、その時点ですごいんです。

鈴木:絵コンテを担当される方が超ベテランの時があって。1話でも「僕は初監督なのに、打ち合わせで何を説明したらいいんだろう?」と困っていたら、「全然気にしなくてやってくれていいんだよ」と逆に励ましていただいて(笑)。

石平:用意してくださったスタッフの皆さんが豪華なので、そこは安心して。

鈴木:J.C.STAFFの作画班、特にアクション班の皆さんがこだわりを持って作ってくださって、その熱量が伝わっているのではないかなと思います。

――他に今だから話せる制作秘話がありましたらお聞かせください。

石平:キャスティング面ですが、1話でシキを惑星グランベルから送り出す城主役を辻親八さんにお願いしたんですけど、『FAIRY TALE』でマカロフ役をやっていただいた方で、同じ真島さん原作で、新しく始まる作品の旅立ちを見送ってもらうためにキャスティングさせていただきました。あと(大塚)芳忠さんにジギー役をやっていただいたのは完全に僕の趣味です(笑)。

鈴木:おじさんキャラに石平さんの趣味がだいぶ出ていますよね(笑)。モスコも相当いいですよね。

石平:おじさんには僕はうるさいので(笑)。

 

 
鈴木:洋画でよく声を聞く方ばかりだなと思われるかもしれませんが、それくらい豪華です。

――ここまでオンエアされたお話の中で好きなエピソードを教えてください。

鈴木:僕は1話ですね。

石平:僕は5話。自分がやろうとしていたことの正解が見えてきたし、放送前から5話だけ何度も見ちゃった。

鈴木:確かにダビングした時は震えましたね。

石平:フットブラザーズが出てきて、レベッカに足を見せろとしつこく迫ったり。

 

 
鈴木:ちょっとしたお笑い要素もあって。

石平:そして後半への盛り上がりもめちゃめちゃうまくハマって。

鈴木:5話でひと盛り上がりがあった後、7話でシキとエルシーの戦いがあったり……。

石平:8話のシキとジンの戦いも盛り上がったよね。

鈴木:あれはCG班にだいぶ頑張っていただきました。

石平:『アベンジャーズ』を連想するくらい。

鈴木:大作映画的な音楽と相まって。市街地での戦いは描くほうとしては大変なのでやりたくないんですけど、原作がそうなっているのでやるしかないと(笑)。頑張った成果がしっかり出たと思います。

――お気に入りのキャラクターを教えてください。

石平:10話まであたりなら、ダントツでガロン。

鈴木:途中でいなくなっちゃうじゃないですか!? 原作読んでいる人も誰だっけ? と思っていますよ、きっと。しかもおじさんだし(笑)。

石平:正しい悪党という感じで。真島さんはああいうキャラをちょくちょく入れてくるから好きなんですよね。

鈴木:僕はピーノですね。今後のエピソードで、べらぼーにかわいいピーノが見られますよ。

 

 

見終わった後に元気になれるアニメ。今後は物語のカギを握る四煌星の動向に注目を!

――これからパッケージ等でご覧になられる方へ注目ポイントやオススメの楽しみ方などご紹介お願いします。

石平:まだご覧になっていない方は、まず気楽に入って、頭をからっぽにして見てもらうのがいいのかなと。

鈴木:アニメはまだ始まったばかりなので、原作を読んだり、配信等で追いついていただけたら。楽しくて、おもしろいし、悲しかったり、泣けるところもあっても絶対取り返してくれるし、見終わった後には元気になれるはずです。もし迷っている方がいらっしゃったら見たほうが早いですよ。

石平:しっかりエンターテイメントしてますので。今後の見どころとしては四煌星ですね。

鈴木:その1人、ウィッチが登場しましたが、ここから半クールで序章が終わり、魔王四煌星を集める旅が始まります。またシキの仲間も増えていきますし、キャラも続々と登場しますのでお楽しみに。これからもアニメ『EDENS ZERO』をよろしくお願いします。

 

TVアニメ『EDENS ZERO(エデンズゼロ)』作品情報

【放送】
4月10日より日本テレビほかにて毎週土曜24時55分から
(放送日時は予告なく変更になる可能性がございます)

【配信】
NETFLIX・Huluにて独占先行配信決定!
4月10日より毎週土曜25時35分から各話配信

【キャスト】
シキ・グランベル:寺島拓篤
レベッカ・ブルーガーデン:小松未可子
ハッピー:釘宮理恵
ワイズ・シュタイナー:手塚ヒロミチ
EMピーノ:井澤詩織
ホムラ・コウゲツ:青木志貴
エルシー・クリムゾン:大原さやか 
ジギー:大塚芳忠 
マザー:井上喜久子

【スタッフ】
総監督:石平信司
監督:鈴木勇士
シリーズ構成:広田光毅
アニメーションキャラクターデザイン:迫由里香
サブキャラクターデザイン:菊池隼也
美術監督:魏斯曼(スタジオちゅーりっぷ)
色彩設計:伊藤由紀子
撮影監督:廣瀬唯希
編集:後藤正浩(REAL-T)
音響監督:はたしょう二
音響制作:マジックカプセル
音楽:平野義久
音楽制作:日本テレビ音楽
オープニングテーマ「Eden through the rough」西川貴教
エンディングテーマ「冒険のVLOG
CHiCO with HoneyWorks 
アニメーション制作:J.C.STAFF
製作:講談社・日本テレビ

公式サイト
公式ツイッター(@EDENSZERO_PJ)

『EDENS ZERO』とは

「RAVE」や「FAIRY TAIL」などの代表作をもつ真島ヒロ先生によるSF(スペースファンタジー)漫画。2018年より講談社「週刊少年マガジン」で連載開始。惑星グランベルで機械たちに育てられた唯一の人間の少年“シキ”と、そこに訪れた少女“レベッカ”が出会うことで、宇宙のどこかに存在し、願いを叶えてくれる“マザー”を探す旅に出る物語。数多くの個性的な惑星を舞台に、エーテルギアという特殊な力を使用し、冒険を行う。 2020年6月にテレビアニメ化を発表。

原作情報

「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」
連載:週刊少年マガジン(講談社刊)
コミックス1巻〜14巻発売中
原作:真島ヒロ

「EDENS ZERO」原作公式サイト

おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022冬何観る
2021秋アニメも声優で観る!
2022冬最速
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング