menu
音楽

『STATION IDOL LATCH! 1st LIVE “All aboard!!”』(昼公演)より公式レポート到着!

JR山手線の全30駅の個性豊かな駅員たちが、彼らの駅や街を盛り上げるべく、業務を終えるとアイドルとして活躍するまったく新しいアイドルプロジェクト「STATION IDOL LATCH!」。

公式YouTubeチャンネルで“運行中”のボイスドラマに加え、個性豊かなボイスキャストたちの歌声が聴けるCDリリースなどで多くのパッセンジャー(ファン)の支持を集めている注目のコンテンツ。

彼らの記念すべき1st LIVEが2022年3月6日(日)にJR山手線品川駅最寄りの東京・グランドプリンスホテル新高輪・飛天で開催されました。

当日はTAKUYAさん(百瀬 志生役・新大久保駅)と田丸篤志さん(神堂 唯姫役・新宿駅)が急遽参加することができず、残念ながら全員集合とはいかなかったものの、パッセンジャーたちを楽しませるため、キャストが全力のパフォーマンスを繰り広げました。

アニメイトタイムズからのおすすめ

『STATION IDOL LATCH! 1st LIVE “All aboard!!”』(昼公演)オフィシャルレポート公開!

ステージは古田 一晟(一条 肇役・品川駅)、梶原 岳人(小鳥遊 悠吏役・有楽町駅)による影ナレーションからスタート。「さあ一緒に、終着駅のない旅へ!」というセリフとともに、オープニング映像が展開し、アイドルたちが持つ世界観が存分にあふれた映像で客席を盛り上げた。

映像が終わると出演者が全員ステージに登場し、テーマソング「LATCH! ~それが未来の扉~」を披露。ステージいっぱいに広がり、“出発”を高らかに宣言。小野 賢章(東海林 鈴音役・東京駅)は「本日は残念ながら全員集合というわけにはいきませんでしたが、気持ちは30人で臨みたいと思います!」と意気込んだ。

ひとりひとりが意気込みとともに自己紹介を終えると、ここからはユニットごとによるパフォーマンスがスタート。

トップバッターを務めるのは双子のユニット・峯田 大夢(不動 雅役・目黒駅)、太田 将熙(綜馬 礼役・目白駅)。

▲峯田 大夢さん

▲峯田 大夢さん

▲太田 将熙さん

▲太田 将熙さん

ステッキを手にスタイリッシュなダンスとともに「Get into the Wonderland」を披露すると、続いては新人ユニット、青山 凌大(武庸 裕哉役・高田馬場駅)、住谷 哲栄(空蝉 塁役・大塚駅)、伊藤 昌弘(諏訪 海晴役・西日暮里駅)による「Ai for You」。ステージを駆け回りながらエネルギッシュに歌唱した。

▲青山 凌大さん

▲青山 凌大さん

▲住谷 哲栄さん

▲住谷 哲栄さん

▲伊藤 昌弘さん

▲伊藤 昌弘さん

5人によるトークパートでは、太田が「ステッキを使いこなせるようになるのが大変だった」と明かし、また「大きな会場に圧倒されてしまいました」という青山の言葉をきっかけに、右から左まで手を振りながらステージを歩くという一幕も。パッセンジャーもそれに応えてペンライトやフラッグを振っていた。

そして、この日欠席したTAKUYA(百瀬 志生役・新大久保駅)からパッセンジャーへのメッセージを、事務所の後輩でもある太田が代読。「会場に行くことができず、非常に悔しく残念です。よりパッセンジャーのみなさんに楽しんでいただけるよう、志生くんと頑張っていきます!」とのメッセージを読み上げた。

続いて昨年10月に開催された「1st Passenger Meeting」での「Salt & Sugar」の歌唱映像がスクリーンで展開され、客席は紫色のペンライトで埋め尽くされた。

ここからは菊池 幸利(咖山 喱人役・神田駅)、鈴木 裕斗(雷電 遊生役・秋葉原駅)のユニットのターン。

▲菊池 幸利さん

▲菊池 幸利さん

▲鈴木 裕斗さん

▲鈴木 裕斗さん

ボカロテイストの曲調の「BUNGAKU×COMPLEX」を歌い上げると、林 優大(蜂谷 恒星役・渋谷駅)、岩崎 友泰(竹下 宮斗役・原宿駅)、福崎 那由他(樅野 葵役・代々木駅)はタオルを振り回しながら「Everybody! Say!!」を笑顔で熱唱した。

▲林 優大さん

▲林 優大さん

▲岩崎 友泰さん

▲岩崎 友泰さん

▲福崎 那由他さん

▲福崎 那由他さん

5人によるトークパートでは、鈴木と菊池が「『Everybody! Say!!』を聴いて若いころのことを思い出しました(笑)」と語り、林は「自分たちにマッチしていて歌いやすかったです!」と充実した表情で話していた。

和の心をコンセプトにしたユニット・森嶋 秀太(和泉 オーキッド 亜恋役・高輪ゲートウェイ駅)、高塚 智人(英 皐月役・駒込駅)、井上 雄貴(高岩 大智役・巣鴨駅)が満開の桜を思わせる、妖艶さも感じる振り付けとともに「花びら舞う夜に」を披露すると、

▲森嶋 秀太さん

▲森嶋 秀太さん

▲高塚 智人さん

▲高塚 智人さん

▲井上 雄貴さん

▲井上 雄貴さん

代わって高橋 英則(饗庭 紡麦役・恵比寿駅)、三浦 祥朗(伍代 晃役・五反田駅)、小山 剛志(羽振 寿里役・田町駅)、菅沼 久義(大崎 新市役・大崎駅)によるアダルティな魅力が光るユニットが、ミラーボールが輝くなか「Sparkling Night」を歌唱。場内は夜の東京を思わせるような大人の空間に早変わりした。

▲高橋 英則さん

▲高橋 英則さん

▲三浦 祥朗さん

▲三浦 祥朗さん

▲小山 剛志さん

▲小山 剛志さん

▲菅沼 久義さん

▲菅沼 久義さん

7人によるトークパートでは、平均年齢が低めな3人と高めな4人による(笑)和気あいあいとした会話が展開。

森嶋たちのユニットは「みなさんの歌い方にバブリーさを感じました」とほめたたえ、一方高橋たちのユニットは「歌うときの、儚げな表情の作り方を教えて」と無茶ぶり(?)していた。

続いて、エレガンスなふたりのユニット・古田 一晟(一条 肇役・品川駅)、梶原 岳人(小鳥遊 悠吏役・有楽町駅)による「Regret」。古田が弾くピアノの調べ、スタンドマイクを手にした梶原の歌声がシンクロした。

▲古田 一晟さん

▲古田 一晟さん

▲梶原 岳人さん

▲梶原 岳人さん

そして笠間 淳(飴屋 楊役・上野駅)、寺島 惇太(根岸 優歌役・鶯谷駅)のユニットは白いペンライトが輝くなか、ステージの両端から「世界一憂鬱な王子」を切なく歌い上げた。

▲笠間 淳さん

▲笠間 淳さん

▲寺島 惇太さん

▲寺島 惇太さん

4人によるトークパートでは、品川駅を担当する古田の「ご当地」でのイベントということで特別な想いを持ってステージに臨んだ旨が語られた。今後は「ピアノでバラードを弾いてみたいです!」と意気込んだ。また、『LATCH!』の楽曲は飴屋が全曲プロデュースしている、ということも判明し、笠間は得意げな表情を見せていた。

後半戦突入!

ここからは後半戦。まずは下町ユニット・山口 智広(戸成 綾役・日暮里駅)、阿座上 洋平(高良 摩利央役・御徒町駅)が「盛り上がっていきましょう!」とパワフルなラップも特徴的な「Two as One」を投下すると、

▲山口 智広さん

▲山口 智広さん

▲阿座上 洋平さん

▲阿座上 洋平さん

井上 和彦(烏鷹 鉄路役・新橋駅)、狩野 翔(湊 航琉役・浜松町駅)、矢野 奨吾(北 颯役・田端駅)のユニットが間髪入れず、コミカルさと軽快さが同居するステップとともに「SUNRISE!!」を披露した。

▲井上 和彦さん

▲井上 和彦さん

▲狩野 翔さん

▲狩野 翔さん

▲矢野 奨吾さん

▲矢野 奨吾さん

5人によるトークパートでは、アツい曲を歌うの両ユニットメンバーが、どちらか元気かを競うように「イエーイ!」と声をあげ、さらに井上の提案で客席と「ウェーブ」を楽しむ一幕も。先陣を切った山口に続き、全員でステージを走り回った。

トリを飾ったのはレジェンドユニット・小野 賢章(東海林 鈴音役・東京駅)、島﨑 信長(青葉梟 光加人役・池袋駅)。

▲小野 賢章さん

▲小野 賢章さん

▲島﨑 信長さん

▲島﨑 信長さん

激しい明滅とともに「Way Up High」を歌唱。ハイテンポでスタイリッシュなナンバーを、この日出演がかなわなかった田丸 篤志(神堂 唯姫役・新宿駅)の分までステージを盛り上げた。

歌い終えると小野から「記念すべき、思い出に残る一日になりました。3人そろわず残念でしたが、次回は全員でステージに立ちたいので、引き続き応援よろしくお願いします!」、島﨑は「最初はふたりだけで不安でしたが、みなさんのおかげで楽しめました。だからこそ、次回はよりよいレジェンドぶりを見せたいと思います!」とパッセンジャーに約束していた。

アンコールでメンバー再集結!

アンコールでは、制服衣装に着替えたメンバーがステージ上に再集結。「LATCH! ~それが未来の扉~」をフラッグやタオルを振りながら、思い思いに楽しんだ。
最後は出演者からひとりずつメッセージが贈られ「また必ずお会いしましょう。本日は本当にありがとうございました!」のあいさつとともに、大盛り上がりのなかでステージは終了した。

本公演の模様はCSチャンネル「フジテレビTWO」にて4月30日(土)20:00より放送されるとのこと。こちらも要チェックだ。

そして、「第2章」の開幕が決定! 詳細はこれから明らかにされていくことになるが、いまよりさらにパワーアップしたアイドルたちの姿が見られるはずだ。これからも全力で走り続ける「STATION IDOL LATCH!」に注目しよう!

さらに、ステーションアイドルたちが活躍するコミックが小学館『ベツコミ』にて7月号から連載開始されることが発表された。

セットリスト

M1「LATCH! ~それが未来の扉~」(全員)
M2「Get into the Wonderland」(峯田 大夢、太田 将熙)
M3「Ai for You」(青山 凌大、伊藤 昌弘、住谷 哲栄)
M4「Salt & Sugar」(TAKUYA)(※映像)
M5「BUNGAKU×COMPLEX」(鈴木 裕斗、菊池 幸利)
M6「Everybody! Say!!」(林 優大、岩崎 友泰、福崎 那由他)
M7「花びら舞う夜に」(森嶋 秀太、高塚 智人、井上 雄貴)
M8「Sparkling Night」高橋 英則、三浦 祥朗、小山 剛志、菅沼 久義)
M9「Regret」(古田 一晟、梶原 岳人)
M10「世界一憂鬱な王子」(笠間 淳、寺島 惇太)
M11「Two as One」(山口 智広、阿座上 洋平)
M12「SUNRISE!!」(井上 和彦、狩野 翔、矢野 奨吾)
M13「Way Up High」(小野 賢章、島﨑 信長)

ENCORE「LATCH! ~それが未来の扉~」(全員)

重大発表!

(1)第2章決定!

2022年 第2章 開幕決定! 30人の新たな“物語”そして“音楽”の展開がスタート。これからも、LATCH! はアイドル活動を通じて駅や街を盛り上げていきます! 展開の詳細はオフィシャルサイト・Twitterにて。新たな幕開けに乞うご期待!!  

(2)コミカライズ決定!

小学館「ベツコミ」にて7月号から連載開始! 詳細は近日発表!
作画:宮瀬まり
構成:パッセンジャーm98

LATCH! HOT NEWS!

CSフジ放送決定!

「STATION IDOL LATCH! 1st LIVE "All aboard!!"」フジテレビTWO特別版が、フジテレビTWOにて4/30(土)20:00~放送決定!

JR山手線各駅での展開拡大!

新橋駅や神田駅など山手線の一部の駅構内で駅員創作ポスターなどが掲出されています。

「STATION IDOL LATCH!」とは

東京23区内を走行する山手線の全30駅および街の特徴をエッセンスとして取り込んだ、個性豊かな30人のアイドルが登場。街を盛り上げるアイドル活動を中心に、駅員として働く様子なども織り交ぜながらストーリーを描いていく。

YouTubeで公開されるボイスドラマを中心に、音楽、ライブなど様々な企画を展開中。

イントロダクション

30の駅からなる山手線、そこで働く個性豊かな駅員たち。
声よし、所作よし、笑顔よし──
そんな彼らは改札を出ると、キラキラ輝くスーパーアイドルに大変身!
その名も、ステーションアイドル LATCH!
パーフェクト駅員が奏でるアイドルデイズにお乗り遅れのなきようご注意ください!

原作:RANGPONG・ジェイアール東日本企画
原作窓口:AAO Project

【AAO Projectとは】
株式会社AOI Pro.、株式会社アミューズ、オリガミクスパートナーズ株式会社の3社が有名クリエイターとともに、多様なジャンルに向けオリジナルIPを開発・プロデュースするプロジェクトです。

公式サイト
公式ツイッター(@latch_info)
公式YouTubeチャンネル

(C)LATCH! Project/JRE
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022夏アニメ何観る
2022夏アニメ最速放送日
2022夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング