menu
映画

『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』古谷徹さん、古川登志夫さん、成田剣さんインタビュー|本当はアムロもあそこに残りたかったのかもしれません

6月3日(金)から全国ロードショーされた『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』。本作は、1979年に放送されたTVアニメ『機動戦士ガンダム』の第15話「ククルス・ドアンの島」を、安彦良和監督が新たな要素も入れて映画化した作品となる。

43年前からアムロ・レイを演じる古谷徹さんとカイ・シデンを演じる古川登志夫さん、『機動戦士ガンダムUC』以降にブライト・ノアを演じている成田剣さんへ、映画の感想、手応えを聞いた。

おすすめ記事

関連記事
『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』ククルス・ドアン役 武内駿輔さんインタビュー|アムロ・レイ役の古谷徹さんに言われた嬉しい一言に救われた
安彦良和監督による映画『機動戦士ガンダムククルス・ドアンの島』が6月3日に公開される。本作は、TVアニメ「機動戦士ガンダム」の第15話で放送されたエピソードを劇場版サイズにした作品。無人島・通称「帰らずの島」で暮らしていた子どもたちと一機のザク。アムロは彼らと出会い何を思うのか……。ザクのパイロットであるククルス・ドアンを演じるのは、武内駿輔さん。『機動戦士ガンダム』をすべて見直して挑んだという彼に、本作にかける想いを聞いた。ガンダムとザクなら好きなのはザク。その理由は?ーー15話のことを昔から知っていたとのことですが、『機動戦士ガンダム』には、どんなふうに触れてきたのでしょうか?武内:もともと70年代~80年代のアニメが好きだったんです。小学生の頃にそのような趣味を持っていると、似たような友達が集まってくるんですよね。その中にファーストガンダムが大好きな友達がいて、その子と一緒に見たりしていたので、馴染みのある作品のひとつでした。ーーちなみにキャラクターでは誰が好きでしたか?武内:カイ・シデンが好きなんですよね。真面目な人が多い中、ムードメーカー的な存在というか。スレッガーあたりもそうですけど、こういうひょうひょうと...
アニメイトタイムズからのおすすめ


カイ・シデンのとあるシーンで安彦監督が直接指導!?

ーー映画を見た率直な感想をお願いします。

アムロ・レイ役 古谷徹さん(以下、古谷):感動できる素晴らしい作品に仕上がったと思います。映像を観て、まずはやっぱりイキイキとした安彦良和監督のキャラクターたちの魅力。そしてコンピュータグラフィックスと手描きを合わせて迫力満点に仕上げたMS(モビルスーツ)戦が、とても美しくて魅力的でした。

ーー子どもたちがみんなしっかり動いているんですよね。

古谷:それぞれに個性があって、とても微笑ましいですよね。心温まる作品になっていると思います。

カイ・シデン役 古川登志夫さん(以下、古川):見どころ満載というか、画も音も声優さんの演技も、すべてがクオリティ高く仕上がっているなと思いました。

安彦先生がおっしゃられている「いろんな大きな状況に巻き込まれた小さき者たちの戦い」とか「愛する者たちの戦い」とかは、作品全体にあるテーマだと思うんです。それを安彦先生自らが相当な意気込みで作られている感じがして、とても嬉しかったです。良い作品になっていると思います。

ブライト・ノア役 成田剣さん(以下、成田):僕は『機動戦士ガンダムUC』から参加させていただいたのですが、初めてガンダムの世界観の中心に触れたような気持ちがして、とても嬉しかったです。映画らしい映画と言いますか、懐かしさがあって、今ではなかなか観られないシンプルでオーソドックスだけど感動できる映画だと思いました。

ーー演出面含めて、懐かしさはすごく感じました。

成田:見たことはないのに、何だか懐かしい感じがするんですよね。

ーーTVアニメの15話「ククルス・ドアンの島」の話が出ましたが、当時を経験しているお二人にとっては、どんな思い出があるエピソードなのでしょう。

古谷:一年戦争全体の流れからすると独立したお話で、敵兵であるドアンとの心の交流を描いた素敵なお話だというのは、当時から思っていました。

ーー少しほかのエピソードとは違う印象は当時からあったんですよね。

古谷:そうですね。どうしても戦闘シーンが多かったので、そこでMSから降りて、しかも敵の脱走兵と心を通わせる。敵兵にもこういう人がいるんだってアムロは思ったでしょうし、あのエピソードから、敵の見方が変わったんでしょうね。

ーー実はアムロにとって、大きなものを得たエピソードであった気がします。古川さんはいかがですか?

古川:僕はほとんど印象にないんですよ(笑)。そのあとのベルファストから大西洋に進む28話(「大西洋、血に染めて」/カイとミハルの触れ合いを描き、カイのその後に影響を与えたシリーズ屈指のエピソード)くらいから意識をしだしたと言いますか。

というのも僕にとってガンダムって、脇の脇役だと思っていたから、カイも2~3話くらいで死ぬだろうと思っていたんですね(笑)。そんな感じで気楽にやっていたから、そこまでは印象にないくらいだったんです。だから今回見直してみて、あ~こんな人が声を当てていたんだなぁ、こんなエピソードがあったんだなぁと思ったくらいです。

ーーカイ・シデンがここまで人気のキャラクターになるとは思っていなかったんですね?

古川:そうですね。だから徹ちゃんと2人で、今もやれていること自体が嬉しいんですよ。

ーー映画では、このセリフややり取りは懐かしいな、というセリフがたくさん出てきたのですが、再び演じてみていかがでしたか?

古谷:15話をやったのは43年前ですから、当時のアフレコの記憶はまったくないんですよ(笑)。ストーリーは心温まる良い話だなとは思ったけど、アフレコの様子もまったく覚えていない。だから改めて新作を演じるような気分でした。

古川:そうだよね(笑)。アフレコで覚えていることと言えば、僕も当時はそんなにまだ役をやっていないときで、周りの人がみんなうまく感じたんです。自分だけダメな感じがして、毎話ドキドキしながらやっていました。

ーー40年という時代を感じます……。安彦良和さんは当時アニメーターでしたので、現場で会うことはなかったですよね?

古谷:まったく会ったことはないです。

古川:富野由悠季さんは収録にいらっしゃっていたので会ったけど、安彦さんはないよね。

古谷:この前安彦監督と話したのですが、ガンダムが劇場版になって、そのときの舞台挨拶で初めてお会いした感じでした。

古川:多分そうだよね。

ーー今回は監督とキャストという立場ですが、新たな作品を生み出している安彦監督の印象は、どんなものですか?

古谷:う~ん。もちろん誰もが認める巨匠でいらっしゃるんですけど、全然偉ぶらずに、近所のおじいちゃんみたいな感じなんですよ(笑)。さっきご本人がおじいちゃんって言っていたので言っちゃいますけど……。

だから、親しみやすくてすごく優しいおじいちゃんです。

古川:TVアニメではお会いしたことがなかったけど、安彦さんが若い頃に描かれていたコミックスは読んでいたんです。(1989年『ヴイナス戦記』以降)アニメから離れられて、25年ぶりに戻ってきましたけど、意気込みみたいなものは強く感じているので、当時僕が抱いていたイメージと、今の安彦さんは変わってきていると思います。

これは今回の映画での話ですけど、今まで一度もなかったダメ出しを監督自身がしてくださったんですね。「カイ・シデンというのはこういうキャラクターで……」って、今さら説明されるのは非情に恥ずかしかったですけど、同時に非情に嬉しかった。そこで、今回の作品に対する意気込みは相当なものがあるんだなと感じたんです。

ただ、一方で徹ちゃんが話していたように偉ぶらないところもあるので、両面を最近感じています。

ーーちなみに、どんなディレクションを受けたのですか?

古川:カイが初めて島で子どもたちと出会うシーンがあるんですけど、そのときに踏んづけてはならないと、どけー! やってらんねえよ、みたいなことをぼやくわけですよ。そのセリフのときにブースにバーンと入って来られて、カイのメンタリティについて説明をしてくれたんです。

そのときは恥ずかしいなと思ったんですが、よくよく聞いているとその通りなんですよね。弱き者に対するカイ・シデンの目線って、ミハルの弟や妹のこともあるけど、非情に優しいところがあるんです。その優しさをここらへんのシークエンスで出しておいてくださいと言われたんですね。

最初にやったときは、石をぶつけられて、何だこのやろうっていう気持ちが出ていたんじゃないかと思うんですが、もう少し優しさが欲しいということでしたので、ちょっと泣きを入れてみたんです。そしたらOKで。またこんな子供がいるところでどんぱちが始まるのかよっていう心配とか、怪我させてはならないと足を上げて思わずよろけるようなシーンなんだと理解してお芝居を変えたんです。

ーー言葉の裏にあるカイの優しさを出してほしいということですね。

古川:そうです。普段は音響監督さんを介して指示を言われるくらいなんですけど、直接監督がブースに入って来られたので、「古川さん何十年もやっているのに、今さらその芝居ですか?」と言われた気持ちでしたよ(笑)。

古谷:あははは(笑)。そんなバカな。

ーー成田さんは、監督への印象はどうでしたか?

成田:僕はこの作品で初めてお会いしたので、最初監督だとわからなかったんですけど、目の前に来られて「ブライトのシーン、少し増やしましたから」とおっしゃられたんです。そのときに、監督なんだ! しかも直接そんなことを言ってくださるんだ!と驚きました。すごく優しい方なんだなぁと、感激しました。

ーーブライトのシーンは多かった印象があります。

古川:成田さんのブライトは違和感がないですよね? 最初に聞いたときにそう思った。

古谷:そうだね。

成田:ありがとうございます。

おすすめタグ
あわせて読みたい

機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島の関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2023年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022秋アニメ何観る
2023年冬アニメ最速放送日
2022秋アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング