menu
アニメ

夏アニメ『異世界おじさん』おじさん役 子安武人さん×エルフ役 戸松遥さん×メイベル役 悠木碧さん×アリシア役 豊崎愛生さん、アフレコでされた変わったディレクションとは|《異世界組》声優座談会

累計200万部超のメガヒットコミック、新感覚の異世界コメディ『異世界おじさん』がTVアニメ化! 2022年7月6日より放送がスタートする。

メガドライブミニを囲みながら行われた『異世界おじさん』放送開始を記念した座談会Part.2。おじさん役 子安武人さん、エルフ役 戸松 遥さん、メイベル役 悠木 碧さん、アリシア役 豊崎愛生さんが登場。

おじさんが召喚された異世界「グランバハマル」で出会ったツンデレのエルフと心を閉ざした引きこもりのメイベル、そして駆け出しの冒険者アリシア。グランバハマル側とSEGAはあまり関係がないが、かなり濃い話が飛び交う座談会となった。

関連記事
異世界おじさん
2017年秋――。17歳のときにトラックにはねられ、それから17年の間ずっと昏睡状態だった叔父が目覚めた。病室を訪れた甥のたかふみが目にしたのは、意味不明な言葉をつぶやき、異世界「グランバハマル」から帰ってきたと話す叔父の姿だった。……叔父さんは、頭がおかしくなっていた。絶句するたかふみだったが、おじさんは異世界にいた証拠を見せると言って魔法を使う。おじさんの力を金にかえて食っていこうと心に決めたたかふみは、身寄りのない彼を引き取りルームシェアを始めることに。おじさんとの生活の中で聞かされる、異世界での冒険譚と溢れんばかりのセガ愛。孤独で過酷なおじさんの半生に、時には歓喜し時には胸をいためるたかふみ。動画配信業に勤しむ世代の離れた男二人、団地の片隅にて繰り広げられる、新感覚異世界コメディ!作品名異世界おじさん放送形態TVアニメ放送スケジュール2022年7月6日(水)〜AT-X・TOKYOMXほかキャストおじさん:子安武人たかふみ:福山潤藤宮:小松未可子エルフ:戸松遥メイベル:悠木碧アリシア:豊崎愛生エドガー:鈴村健一ライガ:岡本信彦沢江:金元寿子スタッフ原作:殆ど死んでいる(WebComicアパンダ連載/KADOKAWA刊)監督:河合滋樹シリーズ構成・...

関連記事

関連記事
夏アニメ『異世界おじさん』おじさん役 子安武人さん×たかふみ役 福山潤さん×藤宮役 小松未可子さんが語る、思い出のゲームと作品の魅力|《現実世界組》声優座談会
累計200万部超のメガヒットコミック、新感覚の異世界コメディ『異世界おじさん』がTVアニメ化! 2022年7月6日より放送がスタートする。メガドライブミニを囲みながら行われた『異世界おじさん』放送開始を記念した座談会Part.1。集まってもらったのは、おじさん役子安武人さん、たかふみ役福山潤さん、藤宮役小松未可子さん。異世界「グランバハマル」から17年ぶりに戻ってきたおじさんを受け入れる日本(現実世界)サイドのメンバーで、作品の面白さやおじさんが愛してやまないSEGAの魅力について、楽しく語ってもらった。原作は表紙と中身のギャップに驚き!ご都合的なところ含めて面白い作品――原作を読んでみて、いかがでしたか?福山潤さん(以下、福山):まだ自分がやると決まっていない状態だったんですけど、読み進めていって、共感が持てるところがおじさんのほうが多かったという……。これは世代もあるんでしょうけど。子安武人さん(以下、子安):まぁ、実際にその時代のゲームをやっているからね(笑)。福山:おじさんってゲームから学んでいる節があるんですけど、僕もゲームやアニメ、サブカルから教訓を得たことがたくさんあるので、世間から見たら俺もこう映るんだなぁというのも含めて...
アニメイトタイムズからのおすすめ

原作『異世界おじさん』の面白さ、そしてそれぞれのセガとの思い出とは

――原作を読んでみて、いかがでしたか?

悠木碧さん(以下、悠木):表紙がかわいい女の子だと思って見てみたら、おじさんの描写がなかなかリアルで、そういう感じね!って。

戸松遥さん(以下、戸松):すべてがすごい設定ですよね! 今までにないというか、おじさんが帰ってきたところからスタートするところが衝撃で。

子安武人さん(以下、子安):タイトルだけ見たら、異世界でおじさんが活躍する話だと思うもんね(笑)。

悠木:異世界でおじさんが活躍していた話……でしたね。

子安:事後報告っていうね。しかも、ほとんど良い思い出ではない。(おじさんにとっては)あんなに酷いことがあった……そこに出てくる女の子たちってことだもんね。なので基本、僕に酷いことをしている子たちです(笑)。

悠木:でもみんな、おじさんのことが大好きなんですけどね……。

子安:そこだよね。でも、おじさんはそうは思っていないから。

悠木:好意が一切通用しなかっただけで、愛してはいるんです(笑)。

豊崎愛生さん(以下、豊崎):私、タイトルからして結構衝撃で、『異世界おじさん』と聞いてギャグなんだろうな、と思ったんですよ。

子安:それは間違えてないよ(笑)。

豊崎:異世界とおじさんって非現実とリアリティのあるワードが組み合わさっているから、一体どんな話なんだと思ったら、まさに『異世界おじさん』だった(笑)。

――絶対に読みたくなるタイトルですよね。

悠木:私、中身がおじさんでガワが幼女の役をやっていたから、仲間かな?と思ったらだいぶ違う種族でした(笑)。すごくパンチのあるヤツが来た!っていう感じでした。

豊崎:子安さんの前で言うのはなんですけど、主人公としては異色な、イケメンだったり頭がいいとか、そういうのじゃない……。

子安:もうブサイクだと言っちゃってくださいよ(笑)。

豊崎:いや、普通のおじさんがど真ん中にいるというのが面白くて(笑)。

子安:現代においてはいたって普通なんですよね。設定上、異世界は美形しかいないから、普通のおじさんがオークみたいな酷い顔に見える、というツラい状況だったというだけで。

悠木:異世界作品って、なりたい自分を投影して読んでいるところがあったけど、ありのままの自分で異世界に来たか!っていうのはありましたね。

子安:だから「そのままでいいんだよ」っていうメッセージはあるよね(笑)。オタクに優しい漫画ですよ。

悠木:そのオタク加減も、私よりもちょっと歳上のオタクな感じなんですよね。

豊崎:エッチな表現がちょっと古いとか。

悠木:そうそう!(笑)。

豊崎:古き良きオタクの要素ですね。

悠木:最近はステルスしているというか、「オタクだったんですか?」っていう人も増えたけど、おじさんって初対面から好きなものがわかる感じがあるじゃないですか。そこに何か歴史を紡いできた人を見た感じがするんです。

戸松:おじさんみたいな人たちが、オタクの基盤を作ってくださって、今があるんですよね。

――今はオタクがメインストリームに来てしまったことで、もう見分けがつかなくなってきていますよね。昔はオタクは少数派で、隠して生きていたので。そういう意味で、SEGAってマイノリティで、個人的にはカッコいいイメージであったのですが、皆さんは、SEGAとの思い出はありますか?

悠木:父がSEGA好きで、子供の頃、一番最初にもらったぬいぐるみがソニックだったんです。だから生まれたての自分とソニックが並んで写真に写っているのがあるんです。

子安:同じくらいの大きさなんだ。

悠木:ちょっとソニックが大きいくらいで、だんだんソニックを越していくというのが、アルバムに残されているんですよ。

豊崎:小さい頃のぬいぐるみってずっと覚えているし、持っているもんね。

悠木:結構大きくなるまでソニックと一緒だったんじゃないかな。ぽぽちゃんの傾けるとなくなるミルクをソニックに飲ませていたから(笑)。だからきょうだいみたいな感覚です(笑)。

豊崎:一緒に育ったんだね。

悠木:確かソニックと同い年(学年)なので。

豊崎:そもそも私、事務所がソニーグループなんです。プレイステーションとセガサターンってほぼ同時期に発売されて、当時小学生だった私は、クリスマスにお年玉を前借りして「どちらかを買おう」となったんです。そのとき私は、100%セガサターンが欲しかったんです。当時のせがた三四郎のCMを見て、欲しくて仕方がなくて!

子安:藤岡 弘、さんのCMね(笑)。

豊崎:本当に欲しかったんですけど、父親と地元のゲームショップに買いに行ったときに、父が「いや、絶対にプレイステーションだ!」と。でも私は「セガサターンがいいんだ!」ってケンカをしたのが、初めての父とのケンカです(笑)。

一同:(笑)

豊崎:反抗期もなかったのに、一番最初の父親との確執はそれなんです。結局、権力の差でプレイステーションが『リッジレーサー』と『闘神伝』とともにやってきたんですけど……。

そのとき、オトナになったら自分のお金で好きなゲーム機を買ってやる!と思って今に至るんですけど、いろいろ巡り巡って自分が事務所やレーベルがソニー・ミュージックになったから、あの頃からソニーの歴史は始まっていたんだなと、今は納得しています(笑)。

――そして、この作品でSEGAとの繋がりもできるという。

豊崎:そうですね。だからおじさんがセガサターンを手にしたときの満面の笑みは、すごくわかるんですよ(笑)。

――オトナになると、今ここに置いてあるメガドライブミニのようなものがあったりするので、思わず買ってしまいますよね。

悠木:私、世代がドリームキャストで、おじさんのちょっと後輩になるので、ドリキャスのミニも出てほしいんですよね。ドリキャスは、当時周りに持ってる人がいなかったので、みんなが家にやりに来ていました。

子安:うち、まだ現役機だよ。

悠木:うちも現役です!

戸松:すごい!!

悠木:『ナップルテール』という、それでしかできないゲームがあって、それをやりたいときに繋ぐんです。

――音楽が菅野よう子さんのゲームですね。

豊崎:その当時から、SEGAを選ぶ人は玄人!みたいな感じがあって、コアな人が選ぶゲームでしたよね?

子安:そうだね。ゲーム好きが遊ぶゲーム機みたいな感じ。

豊崎:実際難しくて、死にゲー(※ゲームオーバーになりやすい一人用ゲーム)も多かったですし……。

――戸松さんは思い出はありますか?

戸松:私、ゲームがダメな家で、まったくできなかったんですけど、従兄弟がゲーマーで、すべてのゲーム機を家に揃えていたんです。その時代の流行りのゲームをやっていたのを、私は傍観している感じだったので、見ていたけど触ったことはないんですよ。

でもその従兄弟の姿を見ながら、ゲームにハマるとこうなるんだなって思っていました。

悠木:あははは(笑)

戸松:だからゲームはスーパーファミコン以来やったことがなかったんですけど、あまりにも濃い3人の会話だったので、私だけ話が薄すぎる!って感じですよね(笑)。

ただSEGAというと、アーケードゲームの印象が強くて。田舎だったので、ひと世代古いアーケードゲームが1コインでやり放題みたいな感じだったので、そこでちょっと体験する、みたいなことはありました。

子安:SEGAは大型筐体が多いんだよね。『アウトラン』とか、乗り込んでやるゲームとか。

悠木:『ハングオン』とか。

子安:『スペースハリアー』とかね。

豊崎:アーケードの名作がたくさんありますよね。

――やはり濃い方々がキャストで集結しているんだなと感じます。だからこそ逆に戸松さんの存在が貴重というか。

悠木:それで言うと、キャラでもエルフちゃんって、一番リア充みがあるんですよね。

豊崎:エルフちゃんは、しっかり常識があるもんね!

(C)殆ど死んでいる・KADOKAWA刊/異世界おじさん製作委員会
(C)SEGA
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022夏アニメ何観る
2022夏アニメ最速放送日
2022夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング