menu
マンガ・ラノベ

ブロマンス・ファンタジードラマ『陳情令』何度も観たくなる名シーン集【前編】~魏無羨と藍忘機の運命の邂逅から振り返り~

墨香銅臭先生による中国BLファンタジー小説『魔道祖師』を原作としたブロマンス・ファンタジードラマ『陳情令』。動画再生回数が100億回を突破するなど、話題沸騰の本作。WOWOWにて放送・配信中の日本語吹替版も大反響を呼んでいます。

本作の舞台は五大世家(藍氏、江氏、聶氏、温氏、金氏)が世の秩序を治める時代。邪悪な陰謀が渦巻くなか「夷陵老祖」と呼ばれ人々から恐れられた魏無羨(ウェイ・ウーシエン)。信念を貫き通した彼はすべてを失い、奈落の底へと姿を消します。

それから16年後。魏無羨は現世に蘇り、少年時代からの宿命の相手、藍忘機(ラン・ワンジー)と時を超えた運命の再会を果たします。前世では衝突もあった藍忘機ですが、再会後は魏無羨に寄り添い、そばを離れようとせず──。

交差する彼らの思いと激動の運命が描かれる『陳情令』。秀逸で壮大な世界観のなかで、数々の名シーンが登場します。

肖戦(シャオ・ジャン)さん演じる魏無羨と、王一博(ワン・イーボー)さん演じる藍忘機。彼らの美しさ、音楽の美しさにも魅了されてしまいますよね。

今回はそんな『陳情令』の名シーンを、前編と後編に渡りお届けします。前編となる本記事では、魏無羨の前世の回想よりご紹介。何度も観たくなる名シーンを改めてご堪能ください!

※本記事には『陳情令』のネタバレが含まれます。ご了承ください。
※本記事内で引用している作中の台詞は字幕版です。

 

アニメイトタイムズからのおすすめ

『陳情令』字幕版オフィシャルトレーラー

 

『陳情令』吹替版オフィシャルトレーラー

 

『陳情令』名シーン集~前編~

『陳情令』の名シーンを、魏無羨の前世の回想が描かれる第2話~第33話よりご紹介します。何度観ても涙が止まらないシーンや魏無羨と藍忘機の関係性が最高なシーンなど、じっくりお楽しみください!

 

運命の邂逅と初手合わせ

姑蘇藍氏の座学に参加するため、雲深不知処にやってきた魏無羨と、義弟・江澄(ジャン・チョン)、師姉・江厭離(ジャン・イエンリー)ら雲夢江氏の子弟たち。招状を紛失し、中に入ることを拒まれ困っていたところ、ただ者ではないオーラを放ちながら登場する藍忘機。魏無羨と藍忘機の出会いのシーンです。

藍忘機に事情を説明するも、そこは規律を重んじる藍氏。全く取り合わず、食い下がる魏無羨に禁言術をかけるのです。

 

 

その後、招状を探しに出た魏無羨は夜になって雲深不知処に戻り、結界を破って侵入することに成功するも藍忘機にみつかってしまいます。じっと睨みつける藍忘機。そして藍氏の家規を魏無羨に突きつけるのです。

すでにこの初日から家規をいくつも破っている魏無羨。融通のきかない藍忘機が許してくれるはずもなく、彼は逃げようとします。が、すかさず剣で遮る藍忘機。見逃してとお願いするも聞いてもらえずまた逃げる魏無羨と、追いかける藍忘機。この初手合わせは、勝負がつかず終わっています。

腕が立つと藍忘機を認める魏無羨ですが、藍忘機にとっても思うところが大いにあったのではないでしょうか。このあとも何度か手合わせをすることになる二人。お互い、気になって仕方がない存在となっていくのです。

全ての始まりのようなこのシーンで「忘羨」が流れるのも素敵ですね。

 

 

二人きりの蔵書閣

 

藍氏での座学が始まり、清河聶氏の聶懐桑(ニエ・ホワイサン)、蘭陵金氏の金子軒(ジン・ズーシュエン)らと共に、講義を受ける魏無羨。この座学で、岐山温氏の温寧(ウェン・ニン)と温情(ウェン・チン)とも関わることに。

そんななかで、霊気が利用できるなら怨念も利用できると言いだし、講師の藍啓仁(ラン・チーレン)を激怒させて講義を追い出される魏無羨。蔵書閣で礼則編を1000回写すように命じられた彼を監視することになった藍忘機。

話しかけても無視をする藍忘機に、魏無羨はちょっかいをかけたり、髪に花を飾った藍忘機の姿絵を描いてそれを見せたり。そんな魏無羨に心を乱され、藍忘機は何を思っていたのでしょう。ついには春画を見せられ怒りをあらわにしています。

この蔵書閣のシーンは、少年時代の二人を堪能できる癒しでもあります。魏無羨につれない態度をとる藍忘機ですが、兄・藍曦臣(ラン・シーチェン)には無表情な弟の本心が筒抜けです。とはいえ、そんな藍忘機も、表情だけで何を言いたいのか分かるほどに、徐々に表情豊かになっていくのもいいですね。

 

天灯に託す願い

寒潭洞でかつての藍氏家主・藍翼(ラン・イー)に出会った魏無羨と藍忘機。人間の霊識を吸いすぎて怨念が浄化できなくなった陰鉄の話を聞きます。藍翼は二人に陰鉄の災いを食い止めるよう託すのです。

そして、天灯を掲げる美しいシーン。

「一生 悪をくじき弱きを救えるように」(第7話 字幕版より引用)と誓う魏無羨。そんな彼を見つめる藍忘機。(この誓いの言葉は、吹替版では「一生 心に恥じることなく正義を貫けるように」となっています。)

共に誓ったこの思い。二人はこの先ずっと、大切な信念として持ち続けることになります。いつか、重要な選択を迫られる場面で、藍忘機は苦悩することにもなるのです。

天灯を掲げる前、魏無羨が藍忘機のために作ったという天灯に描かれた兎の絵を見て、嬉そうな顔をする藍忘機。可愛すぎませんか……!?

 

 

玄武洞で二人だけの夜、そして「忘羨」を歌ってあげる藍忘機

岐山温氏が暴虐の限りを尽くすなか、温氏の訓学に参加していた魏無羨や藍忘機ら、各世家の子弟たち。温晁(ウェン・チャオ)の命により、暮渓山へと向かうことに。

温氏により、すでに雲深不知処が焼かれ、足を負傷していた藍忘機。足を引きずる彼が心配で気になって仕方がない魏無羨は、おぶってやると持ちかけますが、くだらんと一蹴されています。

玄武洞へと辿り着いた一行。凶暴な妖獣・屠戮玄武が待ち構えるなか、おとりになった魏無羨と藍忘機は洞窟に残され、数日間二人だけで過ごすことに。

負傷した藍忘機の足に、添え木を抹額で巻き付け、温寧からもらっていた薬をつけてあげる魏無羨。そして、金氏の弟子・綿綿(ミエンミエン)をかばった魏無羨の胸の烙印に同じく薬をつけてあげる藍忘機。意味もなく女子に気を持たせるなと怒る彼は、綿綿が好きなのかと見当違いなことを魏無羨に言われています。

その後、魏無羨は屠戮玄武を封印する強い怨念を放つ剣を発見。藍忘機と共に、見事にこの古の妖獣を倒します。そして、意識を失いそうになりながら何か歌ってくれとお願いする魏無羨に、藍忘機は「忘羨」を歌うのです。

ここで「忘羨」とともに、これまでの二人のダイジェスト映像が流れるのも最高です。この玄武洞で、二人の距離はグッと縮まりましたね。

意識が薄れるなか藍忘機に曲の名を聞く魏無羨。彼は一度聴いたこの旋律を、現世でも覚えているのです。

 

 

雲夢双傑と母の思い

玄武洞から雲夢に戻った魏無羨。江澄を叱責した江宗主・江楓眠(ジャン・フォンミエン)と虞(ユー)夫人が言い争いになり、魏無羨は傷ついた江澄に言って聞かせます。

お互いの父親のように将来は江澄が家主で自分はその配下だと、姑蘇が双璧なら雲夢は双傑だと。

その後、江宗主の留守中、王霊嬌(ワン・リンジャオ)率いる温氏が雲夢へと乗り込みます。雲夢を温氏の監察寮にすると知った虞夫人は、王霊嬌を攻撃。そこへ、化丹手・温逐流(ウェン・ジューリウ)が現れ、さらに援軍を呼ばれてしまいます。

即座に決断し、魏無羨と江澄を連れ出し舟へと乗せ、法器・紫電を江澄に託す虞夫人。二人を紫電で縛り、逃がすのです。

身動きがとれない二人は、蓮花塢に戻る途中の江宗主と江厭離の舟に遭遇。事態を把握した江宗主は魏無羨、江澄、江厭離の三人を紫電で縛り、虞夫人のもとへ。しかし、温逐流の手にかかり、雲夢江氏の本拠地・蓮花塢は全滅するのです。

最後まで強く堂々たる姿を見せていた虞夫人。家族に厳しく接していた彼女の、母としての、また妻としての情の深さを知り、涙が止まらないシーンとなっている人も多いはず。紫電が江宗主のことを主と認めたこともまた、その証です。

そして、虞夫人に、命に代えてでも江澄を守るように言われる魏無羨。江宗主からもまた同じように託されています。

 

 

おすすめタグ
あわせて読みたい

陳情令の関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022夏アニメ何観る
2022夏アニメ最速放送日
2022夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング