menu
映画

ワンピース映画最新作 『ONE PIECE FILM RED』ルフィ役・田中真弓さんインタビュー|尾田栄一郎先生から言われた「冒険の対義語」に納得

2022年8月6日(土)に公開となる『ONE PIECE FILM RED(ワンピース フィルムレッド)』。

『ONE PIECE』は、尾田栄一郎先生による週刊少年ジャンプ(集英社)で連載中の国民的人気コミック。1997年に連載開始、1999年にTVアニメ放送がスタートし、2021年、コミックス全世界累計発行部数は4億9000万部を超え、2022年7月には連載開始25周年に突入します。

劇場版最新作となる『ONE PIECE FILM RED』は、総合プロデューサーを尾田栄一郎が務め、監督は谷口悟朗さん(『コードギアス』シリーズ)。谷口監督は『ONE PIECE』では1998年に発表された『ONE PIECE 倒せ!海賊ギャンザック』を手がけた以来の監督作品となります。

本稿では映画公開記念企画として、主人公・ルフィを演じる田中真弓さんにインタビュー。映画についてはもちろん、田中さんご自身の体験をもとに感じた『ONE PIECE』の魅力など、じっくりと語っていただきました。

関連記事
ONE PIECE FILM RED
世界で最も愛されている歌手、ウタ。素性を隠したまま発信するその歌声は”別次元”と評されていた。そんな彼女が初めて公の前に姿を現すライブが開催される。色めき立つ海賊たち、目を光らせる海軍、そして何も知らずにただ彼女の歌声を楽しみにきたルフィ率いる麦わらの一味、ありとあらゆるウタファンが会場を埋め尽くす中、今まさに全世界待望の歌声が響き渡ろうとしていた。物語は、彼女が”シャンクスの娘”という衝撃の事実から動き出すー。「世界を歌で幸せにしたい」とただ願い、ステージに立つウタ。ウタの過去を知る謎の人物・ゴードン、そして垣間見えるシャンクスの影。音楽の島・エレジアで再会したルフィとウタの出会いは12年前のフーシャ村へと遡る。作品名ONEPIECEFILMRED放送形態劇場版アニメシリーズONEPIECE放送スケジュール2022年8月6日(土)キャストモンキー・D・ルフィ:田中真弓ロロノア・ゾロ:中井和哉ナミ:岡村明美ウソップ:山口勝平サンジ:平田広明トニートニー・チョッパー:大谷育江ニコ・ロビン:山口由里子フランキー:矢尾一樹ブルック:チョージンベエ:宝亀克寿ウタ:名塚佳織/Adoゴードン:津田健次郎シャンクス:池田秀一ベン・ベックマン:田原アルノラッキ...

<STORY>
世界で最も愛されている歌手、ウタ。素性を隠したまま発信するその歌声は“別次元”と評されていた。そんな彼女が初めて公の前に姿を現すライブが開催される。色めき立つ海賊たち、目を光らせる海軍、そして何も知らずにただ彼女の歌声を楽しみにきたルフィ率いる麦わらの一味たち、ありとあらゆるウタファンが会場を埋め尽くす中、今まさに全世界待望の歌声が響き渡ろうとしていた。物語は、彼女が“シャンクスの娘”という衝撃の事実から動き出す――。

アニメイトタイムズからのおすすめ

ルフィにとってシャンクスはすごく会いたいけど、会いたくない人

――最初に台本を読んだ感想をお聞かせください。

ルフィ役・田中真弓さん(以下、田中):『ONE PIECE FILM RED』というタイトルを聞いた時、すぐに赤髪のシャンクス(CV:池田秀一)だなと思い、ちょっとビックリしました。というのも『ONE PIECE』は原作漫画が1本の大河ドラマのようになっていて、まだ謎の部分も多いですし、映画だからと言って触れられないものもたくさんあります。なので、シャンクスの登場にはとても驚きましたが、尾田っち(原作者・尾田栄一郎)が「シャンクスをだしてもいいよ」といったと聞いたので、安心しました。

ルフィにとってシャンクスはすごく会いたいけど、会いたくない人。「シャンクスと会ってしまったら、物語が終わってしまうんじゃないか」というぐらい重要なポジションです。それなのに「映画にシャンクスが出るというのは、どういうことなんだろう?」と最初は思っていましたが、台本を読んで「あ~~、こう来たか!」と感心しましたね。

そして、ウタ(ボイスキャスト:名塚佳織、歌唱キャスト:Ado)がルフィを幼い頃から知っていると知って、そこにも驚きました。

――最初に台本を読まれる時は、自分の演じている役柄に入り込んで読まれるのですか。

田中:演劇でもそうなんですが、なるべくストーリーを把握したり、物語を理解するために、できるだけ自分の役を中心に台本を読む「役者読み」をしないように心がけています。それをしてしまうと、スピンオフ的な読み方になってしまい、作品のテーマや本筋を見誤ってしまうこともあるんです。

特に長く演じていると、どうしてもルフィ中心に読んでしまうんですが、1回目に台本を読む時は極力、役者読みをしないように心がけて、2回目に「ルフィ中心に読んだらどうなるかな。また受け取ることが違うかもしれない」と思って読むようにしています。

今作は分かりやすい悪い敵が登場しない、いつもとは違う作品

――今作の印象についてお聞かせください。

田中:今作は分かりやすい尾田っち的にいうと伝説のジジイが登場しません。悪いやつをぶっ飛ばして終わりではないんです。
登場キャラクターみんなに、それぞれが抱える想いがあるんです。

クロコダイル(CV:大友龍三郎)や、アーロン(CV:小杉十郎太)など、「悪くなるのは理由がある」というのは『ONE PIECE』ではきちんと描かれていますよね。理由があるうえで『ONE PIECE』に登場する悪者は本当に嫌な奴として描かれています。
でも、今回の作品はそういった人がいない。そういう意味でも今作はいつもとは違った雰囲気を感じました。

――今作では麦わらの一味の見せ場がそれぞれありますが、田中さんが感じる、ルフィの見せ場やかっこいいと感じたシーンはどの辺りでしょうか。

田中:ルフィがゴードンに言うセリフです。原作でルフィがナミに言った“あのセリフ”と、意味合いは同じなんですが、かっこいいなと思いましたね。

――かっこいいシーン以外で、今作で気になったシーンはありますか。

田中:今作はいろいろなところで「このシーンが面白かったな」と感じました。特にブルックとナミのシーンなどはいつも通りで面白かったし、ああいうシーンは好きですね(笑)。

あとはコビー(CV:土井美加)のシーンですね。ルフィが初めて出会った時に「お前、キライだなー」と言うほど、逃げ腰で常に隠れている状況だった彼があんなにかっこよくなって、人々から慕われて、成長した立派な姿を見ることができて嬉しかったです。コビーのことはルフィの気持ちになると「どうしているかな。会いたいな」と思います。

 

(C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022夏アニメ何観る
2022夏アニメ最速放送日
2022夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング