映画
アニメ映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀』第二章予告映像解禁

アニメ映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀』第一章 初日舞台挨拶公式レポートが到着&第二章予告映像が解禁! 声優・宮野真守さん、上村祐翔さん登壇の舞台挨拶付き上映会が10月16日(日)に実施決定!

長編アニメシリーズの第4シーズンとなる『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀』。2022年9月30日(金)に行われた第一章 初日舞台挨拶の公式レポートが到着しました!

本イベントには、多田俊介監督、磯部真彩プロデューサーが登壇。ネタバレありで作品に深く踏み込んだトークを繰り広げました。

また、10月28日(金)より公開となる第二章の予告映像が解禁。帝国・同盟・フェザーンの三勢力の緊張状態が描かれています。

さらに、声優・宮野真守さん、上村祐翔さんが登壇する舞台挨拶付きの第一章上映会が10月16日(日)に実施決定! チケットの先行抽選受付は10月10日(月・祝)までとなります。

『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀』第一章 初日舞台挨拶公式レポート

現在、大好評上映中の『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀』第一章。上映初日の9月30日(金)には、新宿ピカデリーで「『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀』第一章初日舞台挨拶付き上映会」が開催。多田俊介監督と、磯部真彩アニメーションプロデューサー(Production I.G)が登壇し、こだわりのつまった注目ポイントや制作秘話などが明かされました。

第一章の上映後、MCの紹介に続いて登壇した多田監督と磯部プロデューサー。ついに上映初日を迎えた心境について語った後、作中のカットをスクリーンに映しながら、『策謀』第一章のネタバレも有りで内容に深く踏み込んだトークを展開していきます。

(以下、本作ネタバレを含みます)

多田監督が最初に挙げた見どころは、第37話でケンプの首席副官ルビッチが、ガイエスブルク要塞の中央司令室の椅子をセッティングしているシーン。ここでのこだわりは、細かな椅子の描写の変化。

多田「ケンプがガイエスブルク要塞を体当たりさせるとき、自ら要塞を制御するのですが、(ケンプが座る)中央司令室の椅子のデザインがこの話数から少し変わっているんですよ。AIとかのコンピュータの制御ではなく、操縦できるようにシステムを組み替えている場面なんです。周りのオペレーターも退去して、雰囲気自体も変わっているから、別の場所と思われないように、この場で補足の説明をさせてもらいました」

磯部プロデューサーが選んだのは、同じく第37話、ケンプがワルキューレを操縦し、地上で見守る家族に敬礼をするシーン。

磯部「監督からコンテが上がってきたときに、まず空を仰いだのですが、その後も制作が進む度に、涙を堪えるような気持ちになりました。あと、別の視点でも言うと、ワルキューレの中が見られるのは珍しいです」

多田「原作に帝国のパイロットキャラクターが出てこないので、原作準拠でやっているとコクピットの描写をする機会が無いんです。だから、デザイナーにも『ワルキューレのコクピットは出ないかもしれないよ』と言っていたのですが、僕がこんなコンテを描いたものだから、急遽、『ごめんなさい』と言ってデザインをお願いしました(笑)」

そして、メカデザインの竹内敦志さんが、ワルキューレのコクピットとケンプの着ているパイロットスーツをデザインしたそうです。ちなみに、ケンプの乗っているワルキューレの機体の色が通常と異なるのは、デザインした竹内さんのこだわりで「ケンプスペシャル」のカラーリングということです。

多田監督からは、さらに同じシーンの別の見どころも紹介。

多田「ケンプの子どもが飛び跳ねている絵がすごく上手いんです。ふんわりした感じとかが良くて、動きだけで泣けます」

わずか数秒のシーンですが、2回、3回と観てくださる人に注目して欲しいとのことでした。

次に紹介されたのは、第38話で、敗戦を報告しに来たミュラーに、直前まで激昂していたラインハルトが「卿に罪はない」と告げたときの、オーベルシュタインとキスリングのリアクションの差。細かな表情の描写が注目のポイントです。

多田「絶対にミュラーを許さないつもりだったラインハルトが、急に許すと言うところなのですが。我々は、ラインハルトがキルヒアイスと語らうことで冷静さを取り戻した場面を見ているんですけれど、(キスリングたち)周りの人間は見ていない。だから、キスリングは分かりやすく『え?』ってリアクションをしてるんです。でも、オーベルシュタインはまったく表情を変えない、その対比が面白かったので選んでみました」

磯部さんが紹介した第38話のルパート、ロイエンタール、ユリアンのアップのカットも、表情の細かな描写が見どころのカットでした。

続いて多田監督は、第39話で、キャラクターデザイン&総作画監督の菊地洋子さんが描いたアンネローゼを取り上げて、その上品な美しさを大絶賛。磯部さんは、アンネローゼとヒルダの髪型や服装の変化へのこだわりも見て欲しいと語りました。

その他にも、多田監督からは、オーベルシュタインの夕食の描写や、ランズベルク伯アルフレッドの人物像の描き方へのこだわりが語られ、磯部プロデューサーからは、第40話のレイアウト(コンテを元に描かれる各カットの設計図のようなもの)は、『銀河英雄伝説』を大好きな一人のアニメーターによってすべて描かれたことが紹介されました。通常は20人~30人で分担する作業量を一人でこなしたそうです。

見どころを語った後の告知コーナーでは、来週以降に開催されるスタッフトークも紹介。最後に、多田監督と磯部プロデューサーから会場のファンへのお礼の挨拶。

磯部「何度も観てくださいというには、ちょっと心に来るお話が多いところではありますが、第一章、第二章、第三章と始まっていきますので、引き続き応援いただけると幸いです。本日はありがとうございました」

多田監督「今日、初日を迎えて本当にホッとしております。テレビフォーマットで話をすると第三章までで第48話になります。すでにかなりの本数に達しておりますが、新書版の原作(本伝全10巻)で言うところの第4巻までしか来ていません。あと、6巻あるんです(笑)。大作長編映画のようなつもりで、本当に心を込めてスタッフが作っておりますので、第二章、第三章まで引き続き、映画館に足を運んでいただけると本当に嬉しいです。今日はありがとうございました」

客席からの大きな拍手に送られて、登壇者の二人は退場。ファンにとって、さまざまな発見もあった初日舞台挨拶が終了しました。

イベント概要

日時:9月30日(金)18:30~(上映後に舞台挨拶を実施)
場所:新宿ピカデリー
登壇者(敬称略):多田俊介監督、磯部真彩プロデューサー

第二章予告映像解禁!

場面カット










映像はこちら

 

『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀』第一章舞台挨拶付き上映会

10月16日(日)に新宿ピカデリー(東京)にて、舞台挨拶付き第一章上映会の実施が決定しました!

ラインハルト役 宮野真守さん、ミュラー役の 上村祐翔さんが登壇し、最新作に関するトークを繰り広げます!

舞台挨拶付き第一章上映会

日時:10月16日(日)
①15:50 の回(上映後に舞台挨拶を実施)
②19:00 の回(上映前に舞台挨拶を実施)

場所:新宿ピカデリー

登壇者(敬称略):宮野真守(ラインハルト役)、上村祐翔(ミュラー役)

料金(税込):全席指定:2,500円 ※別途手数料あり

座席指定チケット販売方法&発売日:ローソンでの販売となります。

■販売方法詳細
【メンバーズクラブ-新 獅子の泉-先行(抽選)】

※事前に「メンバーズクラブ-新 獅子の泉-」会員登録が必要となります。
メンバーズクラブ-新 獅子の泉-

・エントリー期間:10月7日(金) 18:00~10月10日(月・祝)23:59
・当落発表:10月14日(金)12:00
・引取期間:10月14日(金)12:00~公演日まで

受付はこちらから

※「メンバーズクラブ-新 獅子の泉-」に登録しているID / パスワード以外では申込できませんのでご注意ください。

・決済方法:クレジット決済・キャリア決済(別途キャリア決済手数料が発生します。)
・引取方法:店頭引取(全国のローソン・ミニストップ)
・申込枚数制限:お1人様2枚まで

【プレリクエスト先行(抽選)】
※事前にローソンチケット無料会員登録が必要となります。

・エントリー期間:10月7日(金) 18:00~10月10日(月・祝)23:59
・当落発表:10月14日(金)12:00
・引取期間:10月14日(金)12:00~公演日まで
・L コード:32105

受付はこちらから

・決済方法:クレジット決済・キャリア決済(別途キャリア決済手数料が発生します。)
・引取方法:店頭引取(全国のローソン・ミニストップ)
・申込枚数制限:お1人様2枚まで

【一般発売(先着)】
・受付期間:10月14日(金)18:00~
※新 獅子の泉先行、プレリクエスト先行での抽選販売で完売した場合、一般販売はござい
ません。

受付はこちらから

Lコード:32105
・決済方法:WEB予約→クレジット決済・キャリア決済のみ
・枚数制限:2 枚まで

アニメ映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀』作品情報

◆『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀』超特報

上映日

第一章 2022年9月30日(金)
第二章 2022年10月28日(金)
第三章 2022年11月25日(金)

各章3週間限定上映(一部劇場を除く)

上映館

★詳細はこちら

シリーズあらすじ

数千年後の未来、宇宙空間に進出した人類は、銀河帝国と、自由惑星同盟という“専制政治”と“民主主義”という2つの異なる政治体制を持つ二国に分かれた。 この二国家の抗争は実に150 年に及び、際限なく広がる銀河を舞台に、絶えることなく戦闘が繰り返されてきた。

長らく戦争を続ける両国家。銀河帝国は門閥貴族社会による腐敗が、自由惑星同盟では民主主義の弊害とも言える衆愚政治が両国家を蝕んでいた。そして、宇宙暦8 世紀末、ふたりの天才の登場によって歴史は動く。

「常勝の天才」ラインハルト・フォン・ローエングラムと、「不敗の魔術師」と呼ばれるヤン・ウェンリーである。

ふたりは帝国軍と同盟軍を率い、何度となく激突する。『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀』はフォースシーズンにあたり、敵対する両軍が軍事拠点・イゼルローン要塞を巡って繰り広げる壮大な戦闘が、遂に終結。第三勢力であるフェザーン自治領の思惑も絡み、物語が大きくうねり始める。

策謀あらすじ

最高権力者ラインハルトの善政による改革が国民からも支持されている銀河帝国と、不敗の魔術師ヤンらの活躍も空しく、政府の腐敗による国力低下が著しい自由惑星同盟。両国間の勢力バランスに大きな変化が生じる中、第三の勢力フェザーンの自治領主ルビンスキーは、自由惑星同盟を見限り、大きな陰謀をめぐらせていた。ラインハルトは、幼い銀河帝国皇帝の誘拐と自由惑星同盟への亡命というその企みを知りながらも、自身の野望のため利用しようと考える。ヤンも同盟に最大の危機が迫りつつあることは予感していたが……。そんな中、正式な軍人になったユリアンをフェザーンの駐在武官に任命する命令が届く。

スタッフ

原作:田中芳樹(東京創元社刊)
監督:多田俊介
シリーズ構成:高木登
助監督:森山悠二郎
キャラクターデザイン:菊地洋子 寺岡巌 津島桂
総作画監督:後藤隆幸 菊地洋子
特技監督:竹内敦志
メカデザイン:竹内敦志 臼井伸二 常木志伸
オリジナルメカデザイン:加藤直之
プロップデザイン:太田恵子
プロップデザイン・紋章デザイン:秋篠Denforword日和
3D:ランドック・スタジオ I.G3D
3D監督: 磯部兼士
美術:Bamboo
美術監督:竹田悠介
美術設定:塩澤良憲 曽野由大 金平和茂
美術デザイン:渡部隆
色彩設計:竹田由香
音響監督:三間雅文
音楽:橋本しん(Sin)井上泰久
音楽制作協力: Sony Music Publishing (Japan)Inc.
主題歌:「dust」SennaRin(SACRA MUSIC)
テーマソング「melt」SennaRin(SACRA MUSIC)
撮影監督:荒井栄児 小澤沙樹子
編集:黒澤雅之
制作:Production I.G
監修:らいとすたっふ
企画協力:ROOFTOP
制作協力:徳間書店
宣伝協力:アールアールジェイ
製作:銀河英雄伝説 Die Neue These 製作委員会

キャスト

ラインハルト・フォン・ローエングラム:宮野真守
ヤン・ウェンリー:鈴村健一
ユリアン・ミンツ:梶裕貴
パウル・フォン・オーベルシュタイン:諏訪部順一
ウォルフガング・ミッターマイヤー:小野大輔
オスカー・フォン・ロイエンタール:中村悠一
アレックス・キャゼルヌ:川島得愛
フレデリカ・グリーンヒル:遠藤綾
ワルター・フォン・シェーンコップ:三木眞一郎
アンネローゼ・フォン・グリューネワルト:坂本真綾
ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ:花澤香菜
オリビエ・ポプラン:鈴木達央
ダスティ・アッテンボロー:石川界人
アドリアン・ルビンスキー:手塚秀彰
ドミニク・サン・ピエール:園崎未恵
ルパート・ケッセルリンク:野島健児
ナレーション:下山吉光

「銀河英雄伝説 Die Neue These」公式サイト
「銀河英雄伝説 Die Neue These」公式ツイッター(@gineidenanime)
「銀河英雄伝説 Die Neue These」情報発信ツイッター(@gineidendnt_pr)

(C)田中芳樹/銀河英雄伝説 Die Neue These 製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング