映画
戸松遥ら登壇『劇場版 SAOP』第2章 初日舞台挨拶レポート

『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 冥き夕闇のスケルツォ』初日舞台挨拶レポート|大ヒットを祈願して声優・戸松遥さんによるダルマの目入れも

『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 冥き夕闇のスケルツォ』(以下、本作)が、先日2022年10月22日(土)より公開。

その初日には新宿バルト9で舞台挨拶が行われ、アスナ役の戸松遥さん、キリト役の松岡禎丞さん、アルゴ役の井澤詩織さんら出演声優陣が登壇。会場に集まったファンの前で、作品の見どころやアニメシリーズ10周年について語りました。

また、アニメ10周年などを記念したくす玉が用意されたほか、本作のヒット祈願のため戸松さんによるダルマへの目入れが行われた一幕も。

本稿ではこのイベントの模様をレポートします。なお上映前の舞台挨拶となりましたので、鑑賞前の方はネタバレ等にご注意ください。


 

今年(2022年)はアニメ10周年、100エピソード達成の節目に

声優陣が会場に現れると、まずは会場に用意されたくす玉を松岡さんが割ることに。これはアニメ『ソードアート・オンライン』の10周年と公式Twitterのフォロワー100万人突破、TVシリーズ全97エピソードに本作を含めた劇場版3作品を加えて100エピソードとなったことを記念してのものでした。


 
登壇者の一言挨拶では、藍井さんが人生初の舞台挨拶参加だったことが明らかに。公開初日を迎えた感想を求められた戸松さんは、素直に嬉しいと一言。そして、ファンのみなさんに間違いなく楽しんで貰えると作品への自信も露わに。
 
松岡さんはキャスト・スタッフ一同が心血を注いで制作に臨んだと話したほか、井澤さんはようやくアルゴの雄姿をアニメで見ていただけると喜びを語ります。

続いての話題は本作の注目ポイントに。まずは井澤さんから前作の終盤でアルゴが少しだけ登場したことを交えつつ、そんなアルゴがファンのみなさんに愛される存在になってくれたらとコメント。

戸松さんは前作『星なき夜のアリア』『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール 』と劇場版でのお馴染みになっている、アスナのお風呂シーンをピックアップ。入浴時のアスナのリアクション収録はかなりこだわったようで、楽しみにしてほしいと話していました。

そして松岡さんは尋ねられた瞬間に“キバオウ”と即答。TVシリーズでもかなりの存在感を放っていたキャラクターですが、本作で少し見方が変わる部分があるのだとか。

藍井さんは主題歌「心臓」についてコメント。藍井さん自身も今年(2022年)は10周年イヤーだそうで、そんな記念すべき年に同じように10年を歩んできた『SAO』で人生初の劇場版主題歌を担当できた喜びを明かしました。
 
 

《SAO》と歩んだ10年を語る声優陣……そして大ヒットを祈願したダルマも登場

そして、今年は作中のゲーム≪SAO≫のサービス開始年でもあるということで、みなさんに『ソードアートオンライン』と歩んだ10年についての心境も尋ねていくことに。

戸松さんは10年後に今回のような舞台挨拶をやるとは思っていなかったとコメント。アニメの収録が無かった期間もあったものの、何かしらでアスナを演じる機会はあったそうで、そんな作品は『SAO』だけだと力説していました。

松岡さんは、1期の頃に2022年まで続けられるかスタッフの方と冗談交じりに話していたエピソードと共に、そこから本当に10年経ったことへの感慨を吐露。

そして井澤さんは、原作やゲームでアルゴを知ってくれている熱烈なファンの方に、アニメで動いているところをようやく見てもらえる悲願を達成したと述べました。

ここでひととおりトークパートが終了。すると本作の大ヒットを祈願する企画を行う流れになり、会場へ本作で戦うアインクラッド第5層のボスを模したダルマが運び込まれました。このダルマに戸松さんがファンのみなさんの前で目入れを実施。大ヒットが成就し、もう片方の目が入る瞬間も期待が集まります。


 
ここで、そろそろイベント終了の時間となり、藍井さんから順番に登壇者からファンのみなさんへ向けてのメッセージがありました。
 
戸松さんは本作の全てが見どころだと語ると、「最後まで気を抜かないで見てください」と呼びかけていました。どうやら終盤に驚きの展開が待っているようなので、鑑賞の際はぜひ最後までお見逃しなく。そして、そんな戸松さんの「リンクスタート!」の掛け声でイベント終了となりました。
 
いよいよ公開となった本作。前作の『星なき夜のアリア』から待ち望んでいた方はもちろん、アニメシリーズ10周年の節目に新たに触れる人もぜひ劇場へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

アニメ映画『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 冥き夕闇のスケルツォ』作品情報

イントロダクション

第15回電撃小説大賞<大賞>を受賞した川原礫氏による小説『ソードアート・オンライン』シリーズ(『電撃文庫』刊)。次世代VRMMORPG《ソードアート・オンライン》を舞台に繰り広げられる主人公・キリトの活躍を描いた物語は、2009年4月の原作小説第1巻発売以来高い人気を誇り、2022年現在、全世界での累計発行部数は3000万部を突破。

TVアニメは2012年に第1期が放送、現在まで続く4シリーズ(全97話※1)に加えて、2017年には『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』が公開。その他にもゲーム、コミカライズなど、幅広いメディアミックス展開がなされている。

『ソードアート・オンライン プログレッシブ』は、《SAO》物語のすべての始まり、アインクラッド第一層からの軌跡を深く掘り下げていく、作者自身によるリブート・シリーズ。2021年、その『プログレッシブ』を原作とした完全新作アニメーション映画シリーズが始動。

キリトからヒロインのアスナへ視点を変えて再構築し、新たな《アインクラッド》編を描いた第1弾映画「星なき夜のアリア」は、週末興行収入ランキングで初登場第1位を記録し、全都道府県で10週間にわたるロングランヒットとなった。そして、続編にあたる「冥き夕闇のスケルツォ」が、いよいよ2022年9月10日(土)に開幕する。

※1 総集編および、「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」を除く。 

ゲームオーバーが現実の死に直結するデスゲーム――。物語の原点をたどる『ソードアート・オンライン -プログレッシブ-』のアニメーション映画、待望の第2弾!

ストーリー

《これは、ゲームであっても遊びではない。》

世界初のVRMMORPG《ソードアート・オンライン》がデスゲームと化し、1万人のユーザーがゲームの世界に閉じ込められてから、既にひと月以上が過ぎていた。

鋼鉄の浮遊城《アインクラッド》第一層を攻略したアスナは、キリトとコンビを組んだまま、最上階を目指し旅を続けていた。

女情報屋アルゴの協力も加わり、攻略は順調に進んでいるかのように見えたが……
攻略を先導するトッププレイヤー集団、《ALS》(アインクラッド解放隊)と《DKB》(ドラゴンナイツブリゲード)。
本来は共闘すべき2大ギルドの対立が勃発する。

その陰には、暗躍する謎の人物の姿が――。
死と隣合わせの危険な戦いのなか、《攻略》とはまた異なる《脅威》が、アスナとキリトを巻き込んでいく――!

スタッフ

原作・ストーリー原案:川原 礫(「電撃文庫」刊)
原作イラスト・キャラクターデザイン原案:abec
監督:河野亜矢子
キャラクターデザイン・総作画監督:戸谷賢都
アクションディレクター・モンスターデザイン:甲斐泰之
ボスモンスター・ステージデザイン:石垣 純哉
サブキャラクターデザイン:秋月 彩・渡邊敬介
プロップデザイン:東島久志
美術監督:伊藤友沙
美術設定:平澤晃弘
色彩設計:中野尚美
撮影監督:大島由貴
CGディレクター:織田健吾
モニターグラフィックス:宮原洋平・関 香織
編集:廣瀬清志
音楽:梶浦由記
音響監督:岩浪美和
音響効果:小山恭正
音響制作:ソニルード
プロデュース:EGG FIRM・ストレートエッジ
制作:A-1 Pictures
製作:SAO-P Project
配給:アニプレックス

キャスト

アスナ:戸松 遥
キリト:松岡禎丞
ミト:水瀬いのり
アルゴ:井澤詩織
エギル:安元洋貴
キバオウ:関 智一
リーテン:本渡 楓
シヴァタ:永野由祐
リンド:大塚剛央
ヤマタ:高橋伸也
ウルフギャング:阿座上洋平
ローバッカ:玉井勇輝
ナイジャン:関 幸司
ジョー :逢坂良太
モルテ:小林裕介

公式サイト
10周年特設サイト
公式ツイッター(@sao_anime)

(C)2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project
おすすめタグ
あわせて読みたい

劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 冥き夕闇のスケルツォの関連画像集

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング