menu
アニメ

ソラが振り回されるパターンが増えて、ますます賑やかになっていきます│秋アニメ『勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う』連載インタビュー:田中美海さん(ソラ役)

10月より放送がスタートしたTVアニメ『勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う』。カナデ、タニアと共にシャドウナイトを倒し、新たな最強種・精霊族の双子のソラ、ルナと契約したレイン。ますます賑やかになるパーティーが、次に向かった先は……!?

本作を彩る魅力的なキャラクターと温かいドラマを掘り下げるべく、キャスト陣のリレー連載をお届け! 第4回はソラ役の田中美海さんが登場。最初に見せた冷徹な姿と本来の控えめな姿のギャップや、ソラとルナの関係性についてたっぷり語っていただきました。

関連記事
勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う
「――レイン。君はクビだ」勇者と共に魔王討伐を目指すビーストテイマーのレイン。ところがある日、仲間から役立たずと罵られ、勇者パーティーを追放されてしまう。自由に生きようと冒険者の道を選んだレインは、試験の最中、魔物に襲われている少女カナデに遭遇。カナデを逃すために身を挺すが、彼女は魔物を一撃で倒してしまう。カナデこそ規格外の力を持つ「最強種」の一つ、猫霊族の少女だった!レインの才能と優しさに惹かれたカナデが告げる。「私を、使役してみる?」最強の猫耳少女と契約し、冒険者として新たな人生を歩み始めるレイン。だが、レインを追放した勇者たち、そして別の「最強種」がその力に気づき――。作品名勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う放送形態TVアニメ放送スケジュール2022年10月2日(日)~TOKYOMX・読売テレビほかキャストレイン:千葉翔也カナデ:和氣あず未タニア:大久保瑠美ソラ:田中美海ルナ:指出毬亜ニーナ:高野麻里佳ステラ:高橋李依スタッフ原作:深山鈴・茂村モト(掲載「マンガUP!」スクウェア・エニックス刊)監督:濁川敦シリーズ構成:あおしまたかしキャラクターデザイン:山本周平メインアニメーター:田邉...
アニメイトタイムズからのおすすめ


しっかり者だけど控えめな性格が本来のソラ

――田中さんは、ソラをどんなキャラクターだと捉えていますか?

田中美海さん(以下、田中):第一印象は精霊族という響きとその見た目も相まって、どことなく神秘的な子だなと感じました。実際は、おてんばなルナとは対照的にしっかりしていて彼女をたしなめるときもあるんですが、レインのことでドギマギしてしまうような、どこか世間知らずというか浮世離れしているところがあって、そのギャップが面白いです。

――初登場の第6話はどのような役作りで臨まれたのでしょうか?

田中:のちのちレインたちと一緒に行動するようになってから出てくる、しっかり者だけど控えめな性格が本来のソラなので、最初にレインの前に立ちはだかったときは森を守るために虚勢を張っているイメージで演じました。そのあとレインと会話をして、心を見抜かれ、本心をさらけ出していくので、そこで落差をつけたいなと。

初登場シーンが虚勢を張ったソラなのでレインたちと打ち解けていくときに、落差がつきすぎてキャラがブレて見えないかなという心配はあったんですが、会話をする中で少しずつ心がほどけていくイメージを大事にしながらソラの気持ちに寄り添っていったので、大丈夫だろうという実感はありました。

――何かスタッフさんと相談されたことなどはありましたか?

田中:基本的にはオーディション通りで大丈夫とのことでした。唯一、ディレクションをいただいたのが、「立ち去りなさい」と警告するシーンです。「絶対にわかり合えない、関わりたくないくらいの勢いでバッサリ拒絶して大丈夫、無機質な感じでお願いします」とのことだったので、とにかく冷たくしようと思いました。

――オーディションのときは、心を開いたソラと冷たいソラといったパターンを録られたんですか?

田中:そうです。レインの前に立ちはだかるシーンとこの先出てくる水浴びのような日常シーンがあって、オーディション原稿からもソラのギャップが感じられたので、落差をつけたいなという気持ちがありました。

――第7話ではルナがレインたちに救出され、ソラとルナが再会するという流れでした。こちらの感想はいかがでしたか?

田中:ソラが神秘的な存在なので、おてんばという設定があるとはいえルナにも多少はそういう一面があるのかなと思っていたら……まったくそんなことはなかったのが面白かったです!

指出毬亜ちゃんがルナ役なのも新鮮でした。元気いっぱいな女の子を演じているのをあまり間近で見たことがなかったんです。それは毬亜ちゃんもそう思ったみたいで、アフレコで顔を合わせたときに「二人とも意外な役柄やってるよね。実は(配役が)逆だったんじゃない?」なんて話をしました(笑)。でも、いざアフレコをしてみたら掛け合いもしっくりきて、すごく楽しかったです。

――ルナの登場によってソラの新たな一面が見られました。

田中:ルナが常識に囚われない発言ばかりしているので、ソラは慌ててばかりです(笑)。そんな二人の掛け合いが楽しいですし、いつもかわいいなと思いながら見守っています。

この作品はコミカルシーンでよくミニキャラになるんですが、それもすごくかわいくて。ソラとルナがミニキャラになったことで、私たちもついにパーティーの一員になれたのかなという気持ちになりました。

――レインたちのパーティーに加わったことで、街での日常パートにも期待が高まります。

田中:元気いっぱいのルナにソラが振り回されるパターンが増えてきて、ますます賑やかな雰囲気になっていくんですが、その一方で人間に対する恐れみたいなものはまだ残っていて。精霊族はなかなか人前に出てこないということで、きっと種族として怖い目に遭い、それが言い伝えられてきたんだと思います。

ソラもルナもそういう恐怖はまだ払拭できていないんですが、そこでもレインが大きな存在になってきます。彼を通してどういう形で人間たちと関わっていくのか楽しみにしていただきたいです。

(C)深山鈴・茂村モト/「ビーストテイマー」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会うの関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2023年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022秋アニメ何観る
2022秋アニメ最速放送日
2022秋アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング