menu
アニメ

冬アニメ『犬になったら好きな人に拾われた。』犬飼加恋役・会沢紗弥さんインタビュー|加恋は犬に“なりたい”女の子!? 会沢さんにとって「役者として新しい扉を開ける予感がした」キャラクター【連載第1回】

もし男子高校生が転生したら犬になって、同級生の女の子に飼われたり、他の女の子に取り合いされるとしたら……? そんな男子にとっての夢を叶えた、古川五勢先生による漫画『犬になったら好きな人に拾われた。』(『月刊少年マガジンR』連載)。本作のTVアニメが2023年1月6日(金)からスタートします!

アニメ化不可能(いろいろな意味で)と言われるほど独特な設定、アニソン・ゲーソンのレジェンドシンガーが大集合したOP曲、女性キャスト3名によるED曲など、2023年冬アニメの話題作(問題作?)として注目を集めること間違いなしです。

アニメ放送を記念し、アニメイトタイムズでは、キャストへの連続インタビュー企画をお送りしていきます!

第1回はヒロインの1人、犬飼加恋を演じる会沢紗弥さんです。初めて作品に触れたときの衝撃と独特のディレクション、演じる加恋の印象などについて語っていただきました。

関連記事
犬になったら好きな人に拾われた。
犬になろう系ちょっとHなVR風ラブコメ目覚めたら、思いを寄せるクラスメイト“犬飼さん”の飼い犬“ポチ太”になっていた!学校では超クールな彼女だが、実は度を越した犬好きだった。お散歩、トイレ、お風呂――犬として飼育される日々はハプニングの連続。早く人間に戻りたいけど、好きな人に徹底的に愛される暮らしは幸せで……このままでは、身も心も犬になってしまう!?“犬目線ローアングル”でおくる新感覚ラブコメディ!作品名犬になったら好きな人に拾われた。放送形態TVアニメスケジュール2023年1月6日(金)~2023年3月24日(金)TOKYOMXほか話数全12話キャストポチ太:梅田修一朗犬飼加恋:会沢紗弥猫谷ミケ:相良茉優月城うさぎ:小坂井祐莉絵スタッフ原作:古川五勢(講談社「月刊少年マガジンR」連載)監督:安ドウタカシヴィジュアルディレクター:斉藤久キャラクターデザイン・総作画監督:森田和明デザインワークス:岩田竜治 森前和也 輿石暁 柄谷綾子 鷲北恭太美術監督:地蔵本拓嗣美術設定:地蔵本拓嗣 小野寺美幸 秋山真理子色彩設計:ながさか暁撮影監督:加納篤編集:木村祥明音響監督:吉田光平音響効果:鈴木潤一朗 静岡佑紀音楽:菊池達也(marble)アニメーション制作:Q...
アニメイトタイムズからのおすすめ

加恋は「役者として新しい扉を開ける予感がした」キャラクター

――原作を読んだり、演じてみて感じた作品の印象をお聞かせください。

犬飼加恋役・会沢紗弥さん(以下、会沢):「とんでもない作品だな」と思いました(笑)。スピード感がすごくて、「どうしてこんなことに?」という展開になっていることが多々あり、それに突っ込んだり、理解や納得する余裕もないくらいワチャワチャしている感じがすごくおもしろいです……が、「これは本当に放送できるのかな?」という不安も若干ありました(笑)。

――他の作品にはない独特な視点で描かれていますよね。

会沢:誰でも一度は望んだことがあるシチュエーションだと思います(笑)。特に男性の方は。

――「そうですね」とは言いにくいですが(笑)。作品に魅力を感じる点は?

会沢:キャラクターそれぞれの個性が濃くて、ポチ太はいつでも紳士な一面を保ちながらも、「あれ?」と疑問に思う行動も多いので、読んでいて楽しいです。

また、どのキャラクターにも信念があって、例えば、加恋の犬への想いの強さもちゃんと理由があるんです。

――ポチ太の周りにいる女子たちはちょっと執着心が強すぎるような気がします。

会沢:みんな、愛が重いですね(笑)。

――どんな思いや準備でオーディションに臨まれましたか? また、出演が決まったときの感想は?

会沢:加恋一本で受けさせていただきました。原作がこれだけパワフルなので、「私もそれだけ乗っかっちゃっていいのかも」と思い、悩まずに「ただ犬が好きなんだ」と開き直って演じました。

今まで私は、幼くて、かわいい子を演じさせていただくことが多かったんですが、加恋はクラスで「氷の女王」と呼ばれるくらいクールな、あまり演じたことがないキャラクターでした。なので「加恋役に決まりました」という連絡をもらったときは、嬉しさもありましたが、「えっ!? 私なんですか?」という驚きのほうが大きかったです。同時に、「役者として新しい扉が開けるんじゃないかな」という期待がすごくありました。

――「どうして私だったんですか?」と尋ねられたりはしましたか?

会沢:さすがにそれは聞けませんでしたが(笑)、収録時に原作の古川(五勢)先生から「ポチ太以外の人と接するとき、暗すぎて嫌われてしまうのではないかと思っていたけど、そう感じられないように演じてくださってよかったです」と言っていただけて、すごく嬉しかったです。

加恋は“犬になりたい女の子”!? 奇抜なディレクションで我に返ることも

――加恋の印象やご自身との相違点、共感できるところなどお聞かせください。

会沢:私も高校時代、あまり友達作りが上手じゃなかったんです。中学時代は普通だったのに(笑)。なので、加恋がお昼休みに一人でご飯を食べるシーンなど、共感できる点が多かったです。「私、ポチ太がいれば、それでいいや」というセリフもすごく刺さりました。

一方で、最初は加恋に疑問を感じる点もありました。犬っぽくしゃべるシーンがあるんですが、音響監督さんに「加恋は犬になりたいので、犬になってください」と言われて。その言葉で「犬が好きなのではなく、犬になりたかったんだ」と分かったので、それからは“犬になりたい女の子”を演じています。

――そのほかに、演じる際に意識されたことや、ディレクションを受けて印象に残ったことなどはありますか?

会沢:何度か「くわいい」というセリフが出てくるんですが、「とにかく特徴的かつ印象に残るようにしてほしい」というディレクションをずっと言われていました。「くわいい」で流行語大賞を狙おうとも(笑)。たびたび出てくるので注目して聴いてほしいですし、皆さんもかわいいものを見たら「くわいい」と言って周りで流行らせてほしいです。

――ポチ太と接しているときと、クラスメイトへの対応のギャップの大きさも難しかったのでは?

会沢:そうですね。家でポチ太とイチャイチャしているところに、急にお母さんが入ってきたときも態度が大きく変わりましたが、私は2人のキャラクターを演じているような感覚でした。急に切り替えるのは確かに難しかったですが、今ではバチバチとスイッチを切り替えられるようになりました。

あとは、とんでもないお話だからか、一つ一つの状況を細かく説明していただくことも多かったです。例えばポチ太の鼻にパンツのひもがひっかかったシーンも「パンツは今、ここにあるんです!」と(笑)。分かりやすくてありがたいんですが、ふと我に返ったとき、「私はなんてディレクションを受けたんだろう?」と思うこともあって。こういう作風ですが、皆さん真剣に取り組んでいる証だと思います。

(C)古川五勢・講談社/犬ひろ製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

犬になったら好きな人に拾われた。の関連画像集

関連商品

おすすめ特集

dアニメストア秋アニメ一覧
今期アニメ曜日別一覧
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2023年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023秋アニメ何観る
2023年秋アニメ最速放送日
2023秋アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング