アニメ
アニメ『転天』花たん、dorikoが紡ぐ音楽のセカイ|豊かに育んできたカプセルが弾け虹になる――

10年前に「いつか一緒にアニソンを作りたい」と言っていた夢が叶いました――『転生王女と天才令嬢の魔法革命』の幕開けを爽やかに彩る「アルカンシェル」花たんさん、dorikoさん対談

アニスフィアにも、ユフィリアにも取れるような歌詞だなと

――お話をおうかがいしているとdorikoさんとしては恐縮気味だったようですが、今回改めてタッグを組むと決まって喜びも大きかったのではないでしょうか。

doriko:それはもちろん。正直に「気を使わなくていいからね」とは話しましたが、曲を書く人間としては「曲を書いて欲しい」と言ってもらえるのはいちばんの喜びです。だからうれしくないわけがなくて。彼女はすごく素敵なうたを歌われる方なので。

――『転生王女と天才令嬢の魔法革命』は正反対な主人公ふたりがヒロイン。今日お話を聞いていると、なんだかおふたりとも重なるのですが……。

花たん:そうですか! 言われてみれば確かに……dorikoさんはユフィリアちゃんっぽい感じがします。繊細なところもあって、すごく周りのひとのことを考えてくれて。私は「なんとかなる」って思って信じて突き進むタイプ(笑)。

doriko:あははは、花たんはそう思っているんだろうなって感じる。そんなこと言ったら失礼かもしれないけど。

花たん:いやいや、実際なんとかなる、を信じて生きているところはあります(笑)。実際なんとかなったのは30%くらいかもしれないですけど。

――ポジティブなアニスフィアに重なる部分があります。オープニングを作るにあたって、『転生王女と天才令嬢の魔法革命』の制作サイドからリクエストはあったんでしょうか?

doriko:あまりなかったのですが、ゴリゴリのパワーポップ的なアップテンポなナンバーというより、透明感のある曲が良いとうかがっていました。オープニングを飾る曲ではあるので自分なりに疾走感は出しつつも、デジタルなシンセ音がいっぱい鳴るより、ストリングスがたくさん入っているような曲が良いんだろうなと。花たんの声の美味しいところを引き出せたら、と言いますか。花たんは力強いロックな歌声から、可愛らしいウィスパーボイスまでなんでも出せてしまう人なので「キレイめな声で歌ってもらえるんだろうな」というイメージで曲を作りはじめました。花たんありきで作ってますね。

花たん:最初にお話した通り、dorikoさんのうたは歌いやすいんです。キーがぴったりとハマる。そうすると自分も歌い方の幅を広げることができて楽しいんですよね。

doriko:自信を持って作ったつもりだったんですが、最初に完成した曲を聴いてショックを受けたんですよ。僕は普段ボーカロイドのベタ打ちで作ってるんですけど「いい感じに出来た」と思ってボーカロイドを入れたらあまり華がなくて。でも心の中では「絶対に大丈夫」って思ってたんですが……。

花たん:えっ、めちゃくちゃ良い曲だなぁと思っていました。

doriko:ボカロ曲として書いたものではないからボーカロイドの声と合わなかったんですよね。歌唱者ありきで作っているのでボーカロイドに置き換えてしまうと難しいところがあって。ボーカロイド楽曲とボーカリストありきの楽曲を作るときで、自分の中では違いがあります。花たんの声が入って「やっぱり良い曲ができた」と思いました。

花たん:ありがとうございます。

――その一方で、花たんさんも相当原作を読み込まれたのではないでしょうか。

花たん:お話をいただいた日にすぐに買いに行きました。私はコミカライズの漫画から入ったんです。今っていろいろな転生作品がありますけど、その中でもリアルに感じる描写があって読みやすいなって。あとヒロインのアニスフィアとユフィリアの会話がポジティブなんですよね。深刻にはなるんだけど、ふたりが真逆の性格だからこそ、道が開けていく。すごく素敵なお話だなぁと。特に大好きなのは婚約破棄のシーン。アニスが魔女箒に乗って突入してしまう場面がすごく新鮮で笑ってしまいました。

doriko:僕はこのお話をいただいたときにまずはWEB版を読んだんです。時間があまりなかったこともあって、前半部分を読んで一度曲を作ってみたのですが……その後歌詞のリライトをもらって「僕は原作を読み間違えたかも」と、小説を一気に読み込んだんですよ。そしたら冒頭と後半とで印象が違ったんですね。僕が最初に書いた歌詞は、ふたりがもう少し内側にいる感じだったんですが、「外に向かっていく感じにしてほしい」と言ったリクエストに対して「そのとおりだ!」と。

花たん:(笑)

――確かにドラゴン討伐に向かうあたりから怒涛の展開になりますものね。

doriko:花たんが言った通り、ポジティブな作品だと思うんです。僕自身、退廃的なものも好きですけど、明るい作品が好きで。魔学を使って自分自身の望みを叶えつつも、その中で自分の身の回りがよくなっていくように……というアニスフィアの考えもすごく良いなと。個人的にユフィリア目線で曲は書いたんですけど。

花たん:レコーディング当日にdorikoさんにはお伝えしていたんですが、アニスフィアにも、ユフィリアにも取れるような歌詞だなと思っていました。特にサビはアニスフィアの印象です。どちらにも取れるように思ってもらえたらなと。

――実際、ヒロインふたりの目線で描かれているように感じていました。<憧れて憧れて 想像を形へと変えるレアリテ>の一節は特に響くものがありました。花たんさんだからこその明るい歌声だなって。

花たん:その部分は特に明るく開けていけたらなと思いながら歌っていたのでうれしいです。

――<君の目で答えを探してほしい>という優しい歌声は、アニスフィアからユフィリアに対するメッセージにも重なりました。

花たん:いつもは強めに歌ってしまう傾向があるんですけど、話しかけるような歌詞だなと思っていたので、<探してほしい>は語りかけるように歌えたらと思っていました。

doriko:確かにそうだね、そういうイメージだった。

――このインタビューの時点では、アニメはこれから放送の段階です。事前に公開されたPVを見たときはどのような印象がありましたか?

花たん:PVは死ぬほど見ました(笑)。私の歌に映像を乗せてもらっている……!って感動して、また最初から見て。昔からアニメの主題歌を歌うことって憧れだったんですけど、今までその機会がなかなかなかったんですよね。でも周りの歌い手さんはタイアップを取っていて、「私はまだまだだなぁ」と時にはため息を漏らすこともありました。だから今回のお話をいただけたことは本当にうれしくて。アニメと一緒に、楽曲も好きになってもらえるように頑張ろうと気合いが入っていました。それもあってPVを見たとき、ちょっと泣きました。

doriko:自分の曲に映像が乗るとうれしいよね。

花たん:すごくうれしかったです。最初は怖かったんです。ネット出身の歌い手なので、見ている方にどう思われるんだろう?って。

――でも喜びの声にあふれていましたよね。

花たん:そうなんです。dorikoさんとのタッグも喜んでもらえて。足を引っ張らなくて良かった、とまずはホッとしました。

doriko:大丈夫。さっきの話につながるかもしれないけど、時代が変わったからね。

カップリング「不夜城」誕生秘話

――dorikoさんの曲は歌いやすいといったお話がありましたが、カップリングの「不夜城」に関してはどうでした? 「アルカンシェル」とはまた違った印象の曲調ですよね。

花たん:すごい曲だなと(笑)。

doriko:カップリングでは花たんの違う一面を見せられたらなと思って。ちょっと速かったよね(笑)。

花たん:いや、でも歌いやすかったです。dorikoさんの意図も感じ取っていたので、カッコよく歌いたいなと思っていたので、最初はカッコよく歌おうかなと。それで2、3パターン作っていたんです。カッコいいもの、可愛いもの、もっと可愛いに寄り添ったもの。仮ミックスのときにどれが良いかをdorikoさんに選んでもらおうと思っていました。で、dorikoさんが選んだものが意外にも全面的に可愛いもので。

doriko:「違った部分を見せたい」とは思っていたんですけど「アルカンシェル」は透き通った声、語りかけるような曲なので、ロックに寄せてしまうと違いすぎてしまうかなと。「アルカンシェル」とは違うけど、女の子らしさは残しつつ、その中で違った方向性にしたらいいかなぁと……思っていたんだけど、ゴリゴリのロックも良かったかなあ。

花たん:いやいや「不夜城」、すごく気に入っているんですよ。2曲とも、両A面でも良いんじゃないかなって思ったくらい。それくらい気に入っています。雰囲気や歌声は違うので、1枚で2度楽しんでもらえるんじゃないかなと。

doriko:そうであって欲しい。

――ジャケットもすごくかわいいですよね。

花たん:dorikoさんがプロデュースしてくれた『FLOWER DROPS』のときにもイラストを描いてくれたmokaffeさんにお願いしたんです。ちょっとアニスちゃんに衣装を寄せてくれているんですよね。だから私にとって、本当に夢のような人たちに恵まれた作品になりました。

 

――また花たんさんとdorikoさんのタッグの曲も聴きたいです。最後に2023年の抱負についてもうかがえたらと思うのですがいかがでしょうか?

花たん:新年早々に夢がかなってしまいました(笑)。でもいつかdorikoさんのロック系も歌ってみたいなぁ。

doriko:今回はどちらも「(ボーカルを)抑えめに」とお願いしていたんですよね。この2曲には入り切らなかった花たんの魅力もありますので、もしまたタッグを組めるならまた違う歌い方の曲も書きたいですね。

花たん:うれしい! 

――その時にはまたお話をうかがいたいです。

doriko:反省会をしますか(笑)。

花たん:いやいや(笑)。私はdorikoさんの曲には大満足しかないですよ。

doriko:反省というのはあくまで自分の部分で。もちろん僕も、花たんの歌声には満足しかないです。

花たん:またご一緒したいですね。

[インタビュー&文・逆井マリ]

オープニングテーマ商品情報

「アルカンシェル」(TVアニメ「転生王女と天才令嬢の魔法革命」オープニングテーマ)

歌:花たん
品番:ZMCZ-16341
税抜価格:1,200円
税込価格:1,320円
発売日:2023年1月25日(水)
発売・販売元:株式会社KADOKAWA

■ジャケット:イラストレーターmokaffe氏描き下ろしジャケット仕様

【収録内容】
①「アルカンシェル」(TVアニメ「転生王女と天才令嬢の魔法革命」オープニングテーマ)
作詞・作編曲:doriko
②「不夜城」
作詞・作編曲:doriko
③「アルカンシェル」(instrumental)
④「不夜城」(instrumental)

TVアニメ「転生王女と天才令嬢の魔法革命」作品情報

放送・配信情報

2023年1月4日(水)より、
AT-X・TOKYO MX・テレビ愛知・カンテレ・BS11にて放送開始予定!
ABEMAにて地上波先行・単独最速配信決定!!

■放送情報
AT-X:1月4日(水)21:00~
【リピート放送】毎週(金)09:00~/毎週(火)15:00~
TOKYO MX:1月4日(水)25:00~
テレビ愛知:1月4日(水)26:05~
カンテレ:1月5日(木)26:55~
BS11:1月4日(水)25:00~
※放送開始日・放送時間は変更となる場合がございます。予めご了承ください。

■配信情報
ABEMA:1月4日(水)24:00~
他配信サイトでも順次配信予定!

イントロダクション

パレッティア王国王女、アニスフィア・ウィン・パレッティアには前世の記憶がある。
魔法が当たり前に存在する世界に転生し、魔法使いに憧れるアニスフィアが夢見たのは、魔法で空を飛ぶという、破天荒で非常識なことだった。

けれど、なぜか魔法が使えないアニスフィアは日夜、キテレツ王女とあだ名されながら、怪しげな研究に明け暮れるはめに。

ある夜、お手製魔女箒で空へ飛び立ったアニスフィア。
暴走する箒が飛び込んだのは、貴族学院の夜会。

そこでは、魔法の天才と噂される完璧公爵令嬢ユフィリアが、
アニスフィアの弟・アルガルド王子から婚約破棄を宣言されているところだった。
声もなく流されるユフィリアの涙を見たアニスフィアはそっと手を差し伸べる。

──この魔法はあなたの笑顔のために。
2人の少女が未来を切り開く、「転生×天才」魔法ファンタジー!

スタッフ

原作:鴉ぴえろ「転生王女と天才令嬢の魔法革命」(ファンタジア文庫刊)
キャラクター原案:きさらぎゆり
監督:玉木慎吾
シリーズ構成:渡航
キャラクターデザイン:井出直美 
クリーチャーデザイン:宮澤努
イメージボード:益田賢治
美術設定:滝口勝久
美術監督:細井友保
色彩設計:林由稀
撮影監督:伊藤康行
オフライン編集:小島俊彦
音響監督:立石弥生
音響制作:ビットグルーヴプロモーション
音楽:日向萌
音楽制作:KADOKAWA
アニメーション制作:ディオメディア

オープニングテーマ「アルカンシェル」花たん
エンディングテーマ「Only for you」アニスフィア・ウィン・パレッティア(CV:千本木彩花)、ユフィリア・マゼンタ(CV:石見舞菜香)

キャスト

アニスフィア・ウィン・パレッティア:千本木彩花
ユフィリア・マゼンタ:石見舞菜香
イリア・コーラル:加隈亜衣
アルガルド・ボナ・パレッティア:坂田将吾
レイニ・シアン:羊宮妃那
ティルティ・クラーレット:篠原 侑

公式サイト
公式ツイッター(@tenten_kakumei)

関連CDの購入はこちら

原作情報

■原作小説
著者:鴉ぴえろ 原作イラスト:きさらぎゆり
ファンタジア文庫(KADOKAWA刊) 
1~5巻好評発売中

★購入はこちら

■コミック
マンガ:南高春告 原作:鴉ぴえろ
キャラクターデザイン:きさらぎゆり
電撃コミックスNEXT(KADOKAWA刊)
電撃マオウにて連載中
1~4巻好評発売中

★購入はこちら

おすすめタグ
あわせて読みたい

転生王女と天才令嬢の魔法革命の関連画像集

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング