アニメ
春アニメ『女神のカフェテラス』幕澤桜花役・青木瑠璃子インタビュー【連載第3回】

春アニメ『女神のカフェテラス』幕澤桜花役・青木瑠璃子さんインタビュー【連載第3回】|「序盤の桜花は“反抗期の娘”のように見えるかも」

『涼風』『風夏』など、数々のヒット作を生み出してきた瀬尾公治先生の最新作『女神のカフェテラス』(『週刊少年マガジン』連載)がTVアニメ化。2023年4月7日(金)からMBS/TBS系列全国28局ネット「スーパーアニメイズム」枠などで放送中。

本作の舞台はどこかの海辺にある古びた喫茶店「Familia」。主人公の粕壁隼は、ケンカ別れした祖母の残した「Familia」を「赤字だらけの店、さっさと畳んで駐車場に建て替えよう」と考え、3年ぶりに帰省。しかし、そこには「おばあちゃんの家族」を語る見知らぬ5人のカワイイ女の子たちが。いきなり下着? 全裸!? ちょっとまて、誰が空き巣だ!  ……最悪の出会いから、恋と家族の物語が始まるーー!

アニメ放送を記念し、アニメイトタイムズでは、ヒロイン5人を演じるキャストへの連続インタビュー企画をお届け!

第3回は幕澤桜花を演じる青木瑠璃子さん。作品の見どころのほか、役者として成長を感じる瞬間や、身に着けるものへのこだわりについてお聞きしました。

関連記事
女神のカフェテラス
――どこかの海辺にある、古びた喫茶店。そこには…女神様がいるらしい――ケンカ別れした祖母が遺した喫茶店「Familia」。「赤字だらけの店、さっさと畳んで駐車場に建て替えよう」と主人公、粕壁隼が3年ぶりに帰省をするとそこには「おばあちゃんの家族」を語る見知らぬ5人のカワイイ女の子が!!いきなり下着? 全裸!? ちょっとまて、誰が空き巣だ!ここはオレの家だ!絶対に追い出してやる!最悪の出会いから、恋と家族の物語が始まるっ!5人全員「正ヒロイン」の、夢のハーレム共同生活!ヒロイン多すぎシーサイドラブコメ!!作品名女神のカフェテラス放送形態TVアニメスケジュール2023年4月7日(金)~2023年6月23日(金)MBS・TBSほか話数全12話キャスト粕壁隼:水中雅章小野白菊:和氣あず未月島流星:山根綺鶴河秋水:鈴代紗弓鳳凰寺紅葉:瀬戸麻沙美幕澤桜花:青木瑠璃子粕壁幸子:伊倉一恵スタッフ原作:瀬尾公治(講談社「週刊少年マガジン」連載)監督:桑原智シリーズ構成:大知慶一郎キャラクターデザイン:野口征恒音楽:兼松衆 櫻井美希アニメーション制作:手塚プロダクション主題歌OP:「運命共同体!」音莉飴ED:「ドラマチック」佐藤ミキ公開開始年&季節2023春アニメ電子...

隼の存在は「一緒に住んでいるお父さんみたいなもの」

――原作を読んだときの印象をお聞かせください。

幕澤桜花役・青木瑠璃子さん(以下、青木):オーディションのお話をいただいてから原作を読んだのですが、「こういう感じで容赦なくギャグシーンが入ってくるんだ」というのが、第一印象でした。その延長線上で主人公の隼くんがツッコミという名の力を発揮して、まさか胸を揉みしだくとは……(笑)。「そこまでするんだ!」と衝撃を受けましたね。あのシーンはアフレコもすごく面白かったです。

――あのシーンは衝撃的ですよね(笑)。本作への出演が決まったとき、どんなお気持ちでしたか?

青木:いちばんは嬉しかったですが、オーディションで何役か受けさせていただいたので、「あっ、桜花ちゃんに決まったんだ」という驚きのような感情もあって。これまで、女の子がいっぱいいて男の子が一人というハーレムものでヒロインを演じたことがなかったので、自分のなかでは新しい挑戦になるなと思いました。その分、緊張もしましたね。

――改めて、演じる桜花の紹介をお願いします。

青木:桜花は服飾系の専門学校に通っていることもあり、衣装を作ることにこだわりを持っている女の子です。「Familia」の衣装も彼女が作っているんですよ。そこで家庭的な子なのかなと思わせておいて、ちょっと小学生っぽい一面もあって。隼に対しては当たりが強いのですが、逆に女の子たちに対してはすごく優しいんです。特に仲が良い(鶴河)秋水ちゃんが何かやらかしたときは「ダメよ」と母性のようなものを発揮しているんですよ。お母さんみがある子だと思いました。

――演じるうえで、気を付けたことは?

青木:桜花って、隼くんに対しては非常に攻撃的なんです。特に序盤はそういう展開がたくさんあったので、どのくらいの強さでやっていいのか、塩梅が掴めていませんでした。キツいセリフを音でも攻撃的に言ってしまうとよくないかもと思い、最初はわりとマイルドめに演じたんです。

そしたら音響監督さんから「なんか、もう恋に落ちてそう」というご指摘がありまして。5人の女の子たちにとって隼は、「おばあちゃんをないがしろにした嫌な奴」なんですよね。「もっと攻撃しちゃっていいです」というディレクションがあったので、仕上がりとしてはとても尖った気がします。

――隼に対して、かなりキツい言い方をしているんですね……!

青木:動きがついたら印象が少し変わるかもしれませんが、私のなかでは「こんなに攻撃していいのかな」くらいキツめに演じました。ディレクションのときに序盤の隼に対しての気持ちは、「一緒に住んでいるお父さんみたいなもの」と言われたのも印象に残っています。

桜花は出会ったばかりの隼を一男性という目線ではあまり見ていなくて。お父さんに対して「一緒にパンツや靴下を洗わないで!」っていう感覚に近いんですよね。なので、序盤の桜花を“反抗期の娘”のように感じる方もいると思います。

 

(C)瀬尾公治・講談社/「女神のカフェテラス」製作委員会・MBS
おすすめタグ
あわせて読みたい

女神のカフェテラスの関連画像集

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング