アニメ
夏アニメ『英雄教室』川島零士×東山奈央インタビュー【連載第3回】

夏アニメ『英雄教室』川島零士さん(ブレイド役)×東山奈央さん(ソフィ役)インタビュー|NGになってもトライする姿勢が生み出すもの「ソフィのかわいらしさを奈央さんが引き出している」【連載第3回】

シリーズ累計発行部数160万部突破の学園バトルファンタジー『英雄教室』(原作:新木 伸、イラスト:森沢晴行/集英社ダッシュエックス文庫刊)がTVアニメ化。2023年7月より放送スタートします。

本作は、世界を破滅の危機から救った“元”勇者ブレイドが“フツー”の青春を求めて奮闘する物語。英雄を養成するエリート学校「ローズウッド学園」に編入したブレイドは、個性豊かなクラスメイトたちと時にコミカル、時にシリアスに学園生活を繰り広げていきます。

7月の放送に向けて期待が膨らむ本作について、アニメイトタイムズではスタッフやキャストへのインタビューを実施。第3回となる今回は、ブレイド役の川島零士さんと、ソフィ役の東山奈央さんの対談をお届けします。

関連記事
英雄教室
世界を苦しめる強大な魔王と互角の戦いを繰り広げ、痛み分けによって人類を救った勇者がいた――その名はブレイド。幼い頃から勇者としての素質を認められ、誰もが憧れる存在であった。だが、ブレイドは魔王との戦いのあと、ダメージによってパワーが減退していく中で、こうも思っていたのである。“ようやくこれで、一般人になれる!”と。そしてブレイドは、知り合いを頼って「ローズウッド学園」に入学。“フツー”の学生としてトモダチを作り、華やかで楽しいスクールライフを謳歌しようとする。だが、個性豊かなクラスメイトたちや様々なトラブル、そして英雄を養成するエリート学校であるローズウッド学園が“フツー”のはずがなく…!?シリーズ累計160万部の超人気ライトノベル『英雄教室』が、満を持してTVアニメ化!英雄の座を降りた元勇者ブレイドが、“フツー”を求めて奮闘するバトルファンタジー!目指せ、普通。満喫したい、青春。でも、フツーの青春って一体なんだ!?作品名英雄教室放送形態TVアニメスケジュール2023年7月9日(日)〜2023年9月24日(日)TOKYOMXほか話数全12話キャストブレイド:川島零士アーネスト・フレイミング:山田美鈴ソフィ:東山奈央クーフーリン:木野日菜マリア/マオ...

前回の記事

関連記事
夏アニメ『英雄教室』新木 伸さん(原作)×森沢晴行さん(原作イラスト)×岸田こあらさん(コミカライズ)座談会|頭の中である人物が語りかけてきたことが作品誕生のキッカケ!? さらに小説にはなかった漫画版ならではの要素も明らかに 【連載第2回】
シリーズ累計発行部数160万部突破の学園バトルファンタジー『英雄教室』(原作:新木伸、イラスト:森沢晴行/集英社ダッシュエックス文庫刊)がTVアニメ化。2023年7月より放送スタートします。本作は、世界を破滅の危機から救った“元”勇者ブレイドが“フツー”の青春を求めて奮闘する物語。英雄を養成するエリート学校「ローズウッド学園」に編入したブレイドは、個性豊かなクラスメイトたちと時にコミカルに、時にシリアスに学園生活を繰り広げていきます。7月の放送に向けて期待が膨らむ本作について、アニメイトタイムズではスタッフやキャストへのインタビューを実施。第2回は、『英雄教室』の生みの親である原作者の新木伸さん、原作イラストの森沢晴行さん、コミカライズの岸田こあらさんの座談会をお届けします。『英雄教室』の誕生秘話や制作エピソード、アニメへの期待や見どころなど、たっぷり語っていただきました。前回の記事頭の中に誰かが話しかけてきて『英雄教室』が誕生――まずは、『英雄教室』がどのように誕生したのか、着想のきっかけなどをお聞かせ下さい。新木伸さん(以下、新木):話の生まれ方はいろいろあるんです。例えば、編集さんから「学園のラブコメで、魔法があるやつ...

東山さんの母親は川島さんのファン!?

――おふたりは本作で初共演だったとお聞きしました。

ブレイド役・川島零士さん(以下、川島):そうなんです。

――お互い、第一印象はいかがでしたか?

川島:やっぱりね、あの東山の奈央さんとの共演ということでね。

ソフィ役・東山奈央さん(以下、東山):(遠山の)金さんみたいな呼び方(笑)。

川島:(笑)。そんな金さんくらいの存在の奈央さんが顔合わせのときに「川島くんが出ていた作品、お母さんがめっちゃ好きで見ているの!」って話しかけてくださって。その言動含めて、すべてから優しさを感じました。

東山:私が共演する方々に対して母が何か言うことってあまりないんですが、川島くんの話をしたら「川島零士さん知ってる!」って珍しく反応して。

川島:えぇ! 嬉しい!

東山:そういう母の話をいきなり出会い頭にしてしまったのに、今みたいに屈託のない笑顔で「嬉しい」って返してくれて。初対面から気さくで、まさしくブレイドみたいな方だなと思いました。

――アフレコを通じて、その印象に変化はありましたか?

川島:いい意味で変わりませんでした。奈央さんがスタジオに入ってくると、現場の色がパッと増えるんです。それをいつでも醸し出せるパワーが本当にすごくて。後輩として見習いたいなと思いました。

東山:私もいい意味で変わっていないです。ブレイドってすごくパワフルなキャラクターなのですが、川島くんも常に全力マックスで演じていて。毎回いろいろなトライをしていて、全身全霊でブレイドに向き合っていることが伝わってきました。万遍なくみんなに声をかけていて、とても明るくて素敵な座長さんでしたね。

川島:ありがたいお言葉……! 作品のテイストが明るいので、収録前の会話で楽しい空気感が作れたらいいなと実は思っていました。やっぱり一緒に仕事するなら楽しいほうがいいですし、それこそブレイドみたいに、単純に仲良くなりたいという気持ちもあって。

東山:もしかしたら、根っこがブレイドと似ているのかな?

川島:そうかもしれません!

ソフィのユーモアさを少しでも出すために何度もトライ! 珍しい“やられボイス”なども飛び出す、挑戦心あふれる現場

――川島さんには連載第一回でうかがいましたが、東山さんにも原作を読んだときの印象についてお聞きできればと思います。

東山:キャラクターたちが生き生きしているのが伝わってきました。読んでいて「これは確かにアニメになったら面白いだろうな」と感じたんです。原作ファンの方々がアニメ化を待ち望まれているのも納得でした。

関連記事
夏アニメ『英雄教室』川島零士さん(ブレイド役)×山田美鈴さん(アーネスト役)インタビュー|ブレイドは「5歳児」がキーワード!? 彼にほだされ、変化していくアーネストにも注目【連載第1回】
シリーズ累計発行部数160万部突破の学園バトルファンタジー『英雄教室』(原作:新木伸、イラスト:森沢晴行/集英社ダッシュエックス文庫刊)がTVアニメ化。2023年7月より放送スタートします。本作は、世界を破滅の危機から救った“元”勇者ブレイドが“フツー”の青春を求めて奮闘する物語。英雄を養成するエリート学校「ローズウッド学園」に編入したブレイドは、個性豊かなクラスメイトたちと時にコミカル、時にシリアスに学園生活を繰り広げていきます。7月の放送に向けて期待が膨らむ本作について、アニメイトタイムズではスタッフやキャストへのインタビューを実施。第1回となる今回は、ブレイド役の川島零士さんと、アーネスト・フレイミング役の山田美鈴さんの対談をお届けします。キャラクター紹介ブレイド(CV:川島零士)世界を破滅の危機から救った“元”勇者。魔王との一騎打ちの代償として勇者としての力は大幅に減退したものの、それでも一般の生徒から恐れられるほどのスペックを有する「超生物」。本人の夢は“フツー”の「一般人」になることで、大好物は食堂のカツカレー。トモダチを作って青春を謳歌するために奮闘する。 アーネスト・フレイミング(CV:山田美鈴)ローズウッド学園...

――演じるソフィへの印象はいかがでしたか?

東山:ソフィってすごく無表情でポツリポツリと喋る子なんです。でも機械じゃないし、実は感情がたくさんある子なんですよね。彼女にしか出せないようなチャーミングさがあると感じたので、それをお芝居で表現できたらいいなと思いました。

とはいえ、やっぱりソフィの範疇を超えてはいけなくって。音響監督の山口(貴之)さんからも「感情を出し過ぎないように注意してください、最終回までソフィは変わらずにいて欲しい」というディレクションを序盤にいただきました。そこでソフィとしての在り方や求められていることは理解したのですが、役者の性(さが)として、ソフィのユーモアさを少しでも出したいなと思って。監督さんに「求められているラインは分かりましたが、ソフィの色々な個性を私も考えて出したいと思っているので、毎回トライだけはさせていただいてもいいですか?」とお伝えしたんです。

川島:確かに、お願いされていましたね!

東山:スタッフの方々と意思疎通をさせていただいたうえで、いろいろなトライをしました。挑戦することを認めていただけるアットホームな現場で、本当にありがたかったです。

川島:無口のキャラクターって、アドリブを入れなくてもNGにはきっとならないと思うんです。それでも作品、キャラクターをよりよく表現するためにチャレンジされていた奈央さんは、最高の役者だなと思いました。みんなで一斉に叫ぶところの収録では、ソフィなりの叫びが聞こえてきたんです。ソフィのかわいらしさを奈央さんが引き出していると、現場でひしひしと感じていました。

東山:木陰で誰かを見つめているみたいなシーンで、台本には「……」としか書いてなくても「じー」って言葉を入れてみたり、小動物っぽいかわいいアドリブを入れてみたり……。色々と試して、スタッフの方々に審議していただきました(笑)。

川島:すごく難しかったですよね?

東山:うーん、本当に難しかった! というのも、同じ無口や無感情なキャラクターでも、ロボットなのか、過去に嫌なことがあって感情を閉じ込めてしまった子なのか、ソフィみたいに色々と考えているけれど表現に直結しない子なのかで、息のニュアンスなどは変わってくるんです。

――クール・ツンデレなど、タイプでくくられることがあっても、決して同じキャラクターではないですもんね。

東山:そうなんです! これまでにも無感情なキャラクターを演じたことはありますが、決して同じ子はいなくて。私のなかではみんな別々に生きているんです。なので、それぞれに演じる難しさや面白さがありますね。

――続いて、ブレイドの印象についても教えてください。

東山:太陽みたいに明るい。相手のためになることだけをいつも考えて困ったときに助けてくれるのがカッコいいです。友達になりたいですね。

――幼さも垣間見えるキャラクターですよね。

東山:そこもたまらないんですよね。危なっかしくて、何だかほっとけない。母性をくすぐられるキャラクターです。

――前回のインタビューで川島さんは、「5歳児」がキーワードとお話しされていました。

川島:そうなんです。IQを落として演じるのが難しくて……。

東山:そうだったんだ! すごく軽やかに演じている印象があったけど、難しさを感じていたんだね。

川島:難しかったです……!  でも、「こういう表現ならどうだろうか」とチャレンジするのが楽しかったですね。

――アフレコ現場はどんな雰囲気でしたか?

川島:個人的には遊び心を持った役者の方々が集まっているなという印象を受けました。分散収録で部屋が分かれていても、イヤホン越しに攻めたお芝居や音が聞こえてきたんです。そういうお芝居を受けて、自分も気合が入りました。

東山:みんな色々なトライをしていたよね。面白いことをやってやろうという緊張感と挑戦心が詰まっていて、楽しかったです。特に印象的だったのが事務所の後輩である内田修一くんの“やられボイス”。攻撃をくらったときに「う、うちだー!!」って言って吹っ飛んだんです(笑)。

川島:ありましたね! 大野智敬くんは「oh No(おうの)!」って言って吹っ飛んでいました。音響監督の山口さんが「ちょっとここ、自分の名前を言ってよ」ってディレクションされていて。こういう面白さが採用されるという空気感をスタッフの方々が作ってくれたから、僕たちも挑戦しやすかったんですよね。

東山:みんな自己紹介して吹っ飛ぶスタイルだったのか! 私も「なお」って言っておけばよかったなぁ(笑)。

川島:それ、聞いてみたかったです(笑)。

東山:あと、基本は分散収録だったんですが、最後の最後にみんなで収録する機会があったのも個人的には印象深かったですね。

川島:確かに! 僕も(アーネスト・フレイミング役の)山田(美鈴)さんも現場でマイクワークするのがほぼ初めてくらいで。

東山:内田くんもあまり経験がなかったみたい。

川島:そういうマイクワーク経験が少ない役者さんが何人かいたのですが、奈央さんがその空気を察してくれて、率先して教えてくださったんです。もう気遣いの神ですね。

東山:私も久しぶりのマイクワークだったので、「こうだったな」「こういう場合はこうするんだよね」と自分で確認しながらアドバイスしていました(笑)。マイクワークって、臨機応変さが大切だなって思うんです。

川島:やっぱりそうなんですね。

東山:そういう現場での立ち回り方は、先輩の背中を見て私も学んできました。今回は自分が先輩ということもあり、経験したこと、学んできたことを一丁前に教えちゃいました(笑)。デビュー当時の私を知っている方は「あの、なおぼうが!?」「先輩になったんだなぁ」って思ってくださるかも。

川島:マイクワークをはじめ、奈央さんにはとても支えていただきました。ありがとうございます!

(C)新木伸・森沢晴行/集英社・英雄教室製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング