アニメ
TVアニメ『山田くんとLv999の恋をする』内山昂輝インタビュー

茜の魅力とは「ポジティブさを失わないところ」ーー内山さんが思う“Lv999の恋”とは? アニメ『山田くんとLv999の恋をする』山田 秋斗 役・内山 昂輝さんインタビュー

2019年3月より漫画アプリ「GANMA!」にて連載中の、ましろ先生による漫画『山田くんとLv999の恋をする』を原作としたTVアニメが、2023年4月よりTOKYO MXほかにて放送され、現在各配信サービスにて好評配信中です。

最終回を目前に控えた第12話「好きだよ」では、木之下茜(CV.水瀬いのり)は山田秋斗(CV.内山昂輝)とタイミングが合わず、思いを伝えられないまま。一方、山田はクラスメイトの椿ゆかり(CV.土屋李央)を傘にいれてあげて、雨の中一緒に塾から帰ることに。

本稿では山田秋斗を演じる内山昂輝さんのインタビューをお届け! これまでのストーリーから、内山さんの印象に残った場面や好きなシーンを振り返ります。

さらに、最終回の見どころや山田と茜の“Lv999の恋”とはどのような恋だったかについても語っていただきました。

 

関連記事
山田くんとLv999の恋をする
彼氏がネトゲで知り合った女性と浮気し、そのまま別れを告げられてしまうというサイアクな出来事に直面した女子大生の木之下茜。話を合わせるためにネトゲをはじめていた茜の元に残ったのは、彼氏との愛と共に育んでいたはずのキャラだけだった……。ストレス発散のため、ネトゲの狩り場で暴れていた茜は、たまたま遭遇した同じギルドの「山田」に失恋の愚痴をこぼすものの、「興味はないすね」と、そっけなく返されてしまう。だが、キレイになって元彼を見返そうと参加したオフラインイベントで、再びその言葉を耳にする。それが“山田”との、運命的な出会いだった――!作品名山田くんとLv999の恋をする放送形態TVアニメスケジュール2023年4月1日(土)〜2023年6月24日(土)TOKYOMXほか話数全13話キャスト木之下茜:水瀬いのり山田秋斗:内山昂輝佐々木瑛太:花江夏樹佐々木瑠奈:加隈亜衣前田桃子:大西沙織鴨田たけぞう:飛田展男椿ゆかり:土屋李央スタッフ原作:ましろ(コミックスマート「GANMA!」連載)監督:浅香守生シリーズ構成:中西やすひろキャラクターデザイン:濱田邦彦美術監督:清水友幸色彩設計:大野春恵3D監督:新垣隼撮影監督:酒井淳子編集:木村佳史子音響監督:明田川仁音響効...

 

「山田くん」の命運を握る! 印象的だった茜とのイベントとは?

──もうすぐ(取材時は4月上旬)アニメの放送が始まりますが、今の心境はいかがですか?

内山昂輝さん(以下、内山):ワクワクしています。アフレコが全て終わった上で放送を迎えるので、もうやれることはないです(笑)。期待しているファンの方々にどのように受け止めていただけるのかが気になります。

 

 

──最初から振り返ると、茜と出会い、ゲームやイベントを通して徐々に仲良くなり、パソコンの修理や看病するなどと茜との様々な思い出があります。内山さんはどのエピソードが印象的でしたか?

内山:パソコンの修理が印象に残っています。オンラインゲームを通して、茜と関係性が深まっていくので「山田くん」らしいイベントだなと思います。

パソコンが壊れてしまうと、茜と山田の交流の糸口がひとつ減ってしまうので、恋の命運がかかっているんですよね。他の作品とは違う、本作らしいピンチの描かれ方だなと思います。

──山田がパソコンを直してくれたのも、今のふたりの関係値に繋がりますよね。中盤からは徐々に感情が表へと出てきますが、どのようにして今までの山田らしさを残しつつ感情を表現されたのでしょうか。

内山:基本的にはそのキャラクターなりの変化を表現していけば自然と成功すると考えているので、山田らしく少しずつ心を開きました。

大きな変化や派手な表現には頼らずに微妙なラインを狙いました。オンラインゲームを題材にしていますが、現実世界での交流も丁寧に描かれるので会話の自然さはずっと意識しています。

──現実世界の中で、山田と茜はだんだんと惹かれ合っていきますが、茜の魅力とはどのようなところだと思いますか?

内山:優しくて明るくてハキハキと喋ってお節介なくらい面倒見が良くて。路上でいきなり山田にカレーをあげるエピソードなどもありましたし。

辛いことがあった時は凹んだ表情を見せますが、次に向かうポジティブさを失わないところが魅力的です。全体的にとてもいい人だなと思います。

 

 

「昔から水瀬さんは堂々と演じられていたと思います」

──前回のインタビューで水瀬さんと共演した感想を伺った際、「大人っぽくなったな」と話されていたことを水瀬さんにお伝えしました。水瀬さんは、デビュー当時より内山さんとたくさんお話しできて楽しかったと話されていました。

内山:とても光栄です(笑)。でも、前に仕事であった時も普通に話していましたよ。

──20歳前半よりも(水瀬さんが)心に余裕を持って話せて「先輩に近づけたのかな」と思われたようです。

内山:昔から(水瀬さんの)印象はあまり変わらないです。当時は余裕がなかったのかもしれませんが、昔から水瀬さんは堂々と演じられていたと思います。

──収録後もアニメジャパン2023のステージなどで会う機会があったかと思いますが、何かお話しはされましたか?

内山:作中にゲームが登場する作品なので、ゲームの話をしていました。僕はあまりハマっているゲームがないので、みんなに好きなゲームの話を聞いたり教えてもらったりしました。

──紹介された中で、遊んでみたいゲームはありますか?

内山:試してはみるんですけどなかなかハマらなくて……。未だテトリスに勝てるゲームはないですね。そろそろ新しいネタを見つけないと、取材でも話のバリエーションが少なくなってしまいます(笑)。

 

 

内山さんの好きなシーンは椿の“あの”切ない場面

──第1話(「これだからっ!ゲームする男なんて!!」)から第12話(「好きだよ」)まででお好きなシーンを教えてください。

内山:後半から作品の雰囲気が少し変わって、同級生の岡本(武明)(CV.小林裕介)や椿(ゆかり)(CV.土屋李央)さんの存在感が強くなっていきます。

中でも第12話の椿さんが山田に想いを伝えるシーンは、物静かだった椿さんがはっきりと自分の気持ちを表現していたのでとても印象的です。読者や視聴者の目線だと、茜と山田の物語をたくさん描いた上で、この告白シーンがくるのでおそらく(椿の恋の)成功確率は低いだろうなと想像できるので、切なさが増します。

──そのシーンを収録されていた時はどのような気持ちでアフレコされていましたか?

内山:山田的には椿さんの想いをしっかりと聞いて受け止めるのが大事だったし、収録外の僕としてはこれで物語がまた盛り上がるなと感じていました。

 

──前回のインタビューにて、お好きなキャラを伺った際に椿をあげていましたが、どのようなところが好きですか?

内山:物静かですが、実は色々なことを考えているというのが面白いキャラクターだなと思います。しかもゲームが好きで山田のプレイに口出しするという登場の仕方も印象的でした。

──最終回の注目ポイントを教えてください。

内山:第12話後半の茜さんと山田の会話シーンで、山田が珍しく自分の振る舞いや心境について説明していました。そこから最終回に向けてどう物語が動いていくのかを楽しみにしていただきたいです。

『山田くんとLv999の恋をする』というタイトルですから、椿さんの告白に山田がどう返事をするのかというところも含めて、キャラクターみんながどのような結末を迎えるのかが見どころです。

──では、山田役の内山さんから見て、山田と茜の“Lv999の恋”とはどのような恋だと感じられましたか?

内山:茜さん次第です。山田は自分から連絡したり行動を起こすことが少ないキャラクターなので、茜さんが命運を握っていると思います。

 

 
【取材・文・撮影/杉村美奈】

 

TVアニメ「山田くんとLv999の恋をする」作品情報

INTRODUCTION

予期せぬ失恋に落ち込む女子大生・茜と、ゲーマー男子高校生・山田との「難攻不落」の恋を描いたネトゲ×ラブコメストーリー『山田くんとLv999の恋をする』が、待望のアニメーション化!

原作は、マンガアプリ「GANMA!」にて連載中、ましろによる同名コミック。

単行本と電子書籍の累計発行部数が200万部(紙・電子版合算)を突破したほか、『鬼滅の刃』や『呪術廻戦』も過去受賞した「みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞」で第6回大賞に選ばれるなど、口コミから火がついたその人気はますます加速中!

アニメーション制作は、『オーバーロードⅣ』や『宇宙よりも遠い場所』など、重厚なファンタジーからバトル・アクション、日常・お仕事モノまで幅広く手掛ける「マッドハウス」が担当。

監督は、『ちはやふる』、『カードキャプターさくら』でキャラクターの機微を描くことに定評のある浅香守生が務める。

ネットワークゲームとリアルの世界を行き来しながら、徐々にレベルアップしていく茜と山田の関係性を、周囲の個性豊かな友人たちも含めてエモーショナルに紡いでいく。

レベル1にも満たない状況からスタートした茜と山田の恋、果たしてその行方は!?

STORY

彼氏がネトゲで知り合った女性と浮気し、そのまま別れを告げられてしまうというサイアクな出来事に直面した女子大生の木之下茜。

話を合わせるためにネトゲをはじめていた茜の元に残ったのは、彼氏との愛と共に育んでいたはずのキャラだけだった……。

ストレス発散のため、ネトゲの狩り場で暴れていた茜は、たまたま遭遇した同じギルドの「山田」に失恋の愚痴をこぼすものの、「興味はないすね」と、そっけなく返されてしまう。

だが、キレイになって元彼を見返そうと参加したオフラインイベントで、再びその言葉を耳にする。

それが“山田”との、運命的な出会いだった――!

放送情報

4/1(土)~TOKYO MX、BS11ほかにて毎週土曜24:30放送
※6/24(土)最終話放送

配信情報

各配信サービスにて大好評配信中!

・dアニメストア          4月1日より毎週土曜24:30~
・dアニメストア ニコニコ支店    4月1日より毎週土曜24:30~
・dアニメストア for Prime Video  4月1日より毎週土曜24:30~
・ABEMA               4月1日より毎週土曜24:30~
・U-NEXT           4月4日より毎週火曜12:00~
・アニメ放題           4月4日より毎週火曜12:00~
・バンダイチャンネル       4月4日より毎週火曜12:00~
・Hulu               4月4日より毎週火曜12:00~
・DMM TV           4月4日より毎週火曜12:00~
・FOD               4月4日より毎週火曜12:00~
・Amazon Prime Video      4月4日より毎週火曜12:00~
・ニコニコ           4月4日より毎週火曜12:00~
・TELASA(見放題プラン)   4月4日より毎週火曜24:00~
・J:COMオンデマンドメガパック   4月4日より毎週火曜24:00~
・auスマートパスプレミアム   4月4日より毎週火曜24:00~
・milplus見放題パックプライム    4月4日より毎週火曜24:00~
・Netflix              4月4日より毎週火曜24:00~

スタッフ

原作:ましろ(コミックスマート「GANMA!」連載)
監督:浅香守生
シリーズ構成:中西やすひろ
キャラクターデザイン:濱田邦彦
美術監督:清水友幸
色彩設計:大野春恵
3D監督:新垣 隼
撮影監督:酒井淳子
編集:木村佳史子
音響監督:明田川 仁
音響効果:安藤由衣
音楽:ミト(クラムボン)xDÉ DÉ MOUSE
オープニングテーマ:「ぐらでーしょん feat. 北澤ゆうほ」KANA-BOON
エンディングテーマ:「トリック・アート」清 竜人
プロデュース:EGG FIRM
アニメーション制作:マッドハウス

キャスト

木之下 茜:水瀬いのり
山田 秋斗:内山昂輝
佐々木 瑛太:花江夏樹
佐々木 瑠奈:加隈亜衣
前田 桃子:大西沙織
鴨田 たけぞう:飛田展男
椿 ゆかり:土屋李央

公式サイト
公式ツイッター(@yamada999_anime)
公式推奨ハッシュタグ:#山田999
公式Instagram
公式TikTok

 

おすすめタグ
あわせて読みたい

山田くんとLv999の恋をするの関連画像集

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング