映画
『トランスフォーマー/ビースト覚醒』入場者プレゼント第2弾公開

『トランスフォーマー/ビースト覚醒』入場者プレゼント第2弾が「モルカーコラボシールステッカー」に決定! 日本語吹替版の本編映像が解禁|興行収入10億円突破

8月4日(金)より公開中の映画『トランスフォーマー/ビースト覚醒』。字幕版・吹替版など上映フォーマットを変えてのリピーターが続出し、本作の興行収入が10億円を突破しました!

また、入場者プレゼント第2弾として8月25日(金)より「モルカーコラボシールステッカー」が数量限定で配布決定。さらに、ペルーでの大爆走バトルを収めた日本語吹替版本編映像が公開されました。

関連記事
トランスフォーマー/ビースト覚醒
舞台はオプティマスプライム率いるトランスフォーマー達が地球に来て間もない「1994年」。今作で初登場となるゴリラの姿をしたトランスフォーマーのオプティマスプライマルは何百年もの間、地球に身を潜めていたが、「ついに奴らに見つかった」と巨大な影が空を覆う。あらゆる星を丸呑みにして食べ尽くす、規格外サイズの最強・最悪の敵「ユニクロン」が地球を次の標的に動き出していたのだ。危機に立ち向かうべく、プライムは仲間を集結させるが、ポルシェから変形するトランスフォーマーのミラージュに車中に閉じ込められ、意図せず戦いに巻き込まれた青年ノア(アンソニー・ラモス)に対し、オプティマスプライムは地球や人間に不信感を持っている様子。未だ信頼関係を築けない両者の前に、ハヤブサの姿をしたビースト型トランスフォーマーのエアレイザーが現れ、共闘を促す。ユニクロン襲来で地球消滅が迫る中、ついにファン待望のハヤブサ、チーター、サイなどの動物から変形するビースト型トランスフォーマー達が躍動した姿を見せ、いよいよ最終決戦の火蓋が切って落とされる。果たして、惑星サイズの強大な敵に人類とオートボットはどのように立ち向かうのか。何度でも繰り返し観たくなる変...
関連記事
PUI PUI モルカー
舞台はモルモットが車になった世界。癒し系の車“モルカー”。くりっくりな目と大きな丸いお尻、トコトコ走る短い手足。常にとぼけた顔で走り回るモルカー。渋滞しても、前のモルモットのお尻を眺めているだけで癒されるし、ちょっとしたトラブルがあってもモフモフして可愛いから許せてしまう?!クルマならではの様々なシチュエーションを中心に、癒しあり、友情あり、冒険あり、ハチャメチャアクションもありのモルだくさんアニメーション!作品名PUIPUIモルカー放送形態TVアニメスケジュール2021年1月5日(火)~3月23日(火)テレビ東京にて話数全12話キャストつむぎ(モルモット)スタッフ原案:見里朝希・シンエイ動画・ジャパングリーンハーツ監督・脚本:見里朝希絵コンテ:見里朝希、小野ハナ、佐藤桂アニメーター:いわつき育子、佐藤桂、高野真、見里朝希美術:いわつき育子、開發道子、佐藤桂、佐藤華音、見里朝希、村松怜那、アトリエKOCKA音楽:小鷲翔太音響:野口あきらアニメーション制作:シンエイ動画・ジャパングリーンハーツ製作:モルカーズ公開開始年&季節2021冬アニメ、2022冬アニメ(C)見里朝希JGH・シンエイ動画/モルカーズ『PUIPUIモルカー』公式サイト『PUIPUIモルカー...

興行収入が10億円突破!

8月4日(金)よりに日本公開を迎えた本作の興行収入が、10億7,795万円を記録し(※8月21日時点)、早くも10億円突破しました!!

作品の高い評価と口コミによる新世代ファンの増加、字幕版・吹替版や上映フォーマットを変えてのリピーターが続出し、公開後も勢いは落ちず、平日も観客動員は好調! 家族連れの客層も目立ち、お盆休みから残る夏休み期間の更なる動員に期待が高まっています。

『トランスフォーマー/ビースト覚醒』興行成績

全国346館665スクリーン
動員:70万8,127人
興収:10億7,795万円<8月21日(月)時点>

※興行通信社調べ

入場者プレゼント第2弾が「モルカーコラボシールステッカー」に決定!

ストップモーションアニメ『PUI PUI モルカー』と『トランスフォーマー/ビースト覚醒』がまさかのコラボレーションを果たした幻のビジュアルが、入場者プレゼントとして再び登場!

モルフォーマーのコラボシールステッカーが8月25日(金)より全国の劇場にて数量限定で配布となります。

※コラボグッズも制作中、詳細は後日モルカー公式サイトよりご案内。

日本語吹替版本編映像が解禁!

トランスフォーマーたちが大暴れするペルーでの大爆走バトルを収めた日本語吹替版本編映像が解禁!

今回到着したのは、世界遺産マチュピチュも現存するペルーの山間道路を舞台に、司令官オプティマスプライム率いるオートボットたちとユニクロンの残忍な先遣隊スカージたちとの大乱闘を収めた大迫力のアクションシーン。

SNS上では、「絶対許可下りないだろうからCGだと思ってた!」「マチュピチュの雄大な風景での戦闘描写は素晴らしかった!」「ほぼCGナシなの凄すぎる…」といった声が上がっている名場面の一つとなっています。

監督は「上空からのカメラを付けたドローンでの撮影など、大掛かりなアクションを今まで自分で仕切ったことがなかったので、地形的にも難しい場所でそういった撮影をしなければいけないのは、自分にとって大きなチャレンジだった」と苦労を振り返りつつも、「最終的には夢が叶った最高の体験だったよ!」と絶景の中での貴重な撮影経験に喜びを語っています。

『トランスフォーマー/ビースト覚醒』本編映像マチュピチュ大爆走編(吹替版)

『トランスフォーマー/ビースト覚醒』作品情報

トランスフォーマー/ビースト覚醒

あらすじ

舞台はオプティマスプライム率いるトランスフォーマー達が地球に来て間もない「1994年」。
今作で初登場となるゴリラの姿をしたトランスフォーマーのオプティマスプライマルは何百年もの間、地球に身を潜めていたが、「ついに奴らに見つかった」と巨大な影が空を覆う。
あらゆる星を丸呑みにして食べ尽くす、規格外サイズの最強・最悪の敵「ユニクロン」が地球を次の標的に動き出していたのだ。

危機に立ち向かうべく、プライムは仲間を集結させるが、ポルシェから変形するトランスフォーマーのミラージュに車中に閉じ込められ、意図せず戦いに巻き込まれた青年ノア(アンソニー・ラモス)に対し、オプティマスプライムは地球や人間に不信感を持っている様子。
未だ信頼関係を築けない両者の前に、ハヤブサの姿をしたビースト型トランスフォーマーのエアレイザーが現れ、共闘を促す。
ユニクロン襲来で地球消滅が迫る中、ついにファン待望のハヤブサ、チーター、サイなどの動物から変形するビースト型トランスフォーマー達が躍動した姿を見せ、いよいよ最終決戦の火蓋が切って落とされる。

果たして、惑星サイズの強大な敵に人類とオートボットはどのように立ち向かうのか。
何度でも繰り返し観たくなる変形シーン、山道での迫力満点のトランスフォーム・カーアクション、空中で回転しながら周囲を一斉射撃するアニメさながらのバンブルビーのアクション、そして遂に勢ぞろいしたプライムたちとビーストが、迫りくる敵に一緒に立ち向かうシリーズ史上最大!胸熱の決戦に期待が高まる!

キャスト

ノア・ディアス:アンソニー・ラモス(中島健人)
エレーナ・ウォレス:ドミニク・フィッシュバック(仲里依紗
オプティマスプライム:玄田哲章
オプティマスプライマル:子安武人
チーター:高木渉
ブラックウィドー:柚木涼香
アーシー:ファイルーズあい
ホイルジャック:武内駿輔
エアレイザー:本田貴子
スカージ:飛田展男
バトルトラップ:三宅健太
ミラージュ:藤森慎吾
ストラトスフィア:チョー
エイプリンク:大塚明夫
ユニクロン:山路和弘

(C)2022 PARAMOUNT PICTURES. HASBRO, TRANSFORMERS AND ALL RELATED CHARACTERS ARE TRADEMARKS OF HASBRO.(C)2022 HASBRO

『PUI PUI モルカー』作品情報

PUI PUI モルカー

あらすじ

舞台はモルモットが車になった世界。 癒し系の車“モルカー”。くりっくりな目と大きな丸いお尻、トコトコ走る短い手足。 常にとぼけた顔で走り回るモルカー。渋滞しても、 前のモルモットのお尻を眺めているだけで癒されるし、 ちょっとしたトラブルがあってもモフモフして可愛いから許せてしまう?! クルマならではの様々なシチュエーションを中心に、癒しあり、友情あり、冒険あり、 ハチャメチャアクションもありのモルだくさんアニメーション!

キャスト

つむぎ(モルモット)

(C)見里朝希JGH・シンエイ動画/モルカーズ
おすすめタグ
あわせて読みたい

トランスフォーマー/ビースト覚醒の関連画像集

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024春アニメ何観る
2024年春アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング