アニメ
『シンデュアリティ ノワール』合同リリイベの公式レポ到着

『SYNDUALITY Noir(シンデュアリティ ノワール)』エンディング主題歌シングル&挿入歌シングル合同リリースイベントの公式レポートが到着|シエル役・青山なぎささんが挿入歌をイベント初歌唱

2023年7月からテレビ東京系6局ネット・BS日テレにて放送中の『SYNDUALITY Noir(シンデュアリティ ノワール)』。

本作のエンディング主題歌シングル&挿入歌シングルの合同リリースイベントが、8月29日(水)に池袋・サンシャインシティ 噴水広場にて開催されました。

このたび、本イベントの公式レポートが到着。アニソンボーカルグループ「ARCANA PROJECT」が「とめどない潮騒に僕たちは何を歌うだろうか」を披露したほか、シエル役・青山なぎささんが挿入歌「眩惑Desire」をイベントで初歌唱しました。

関連記事
SYNDUALITY Noir
時は2242年―「新月の涙」と呼ばれる未曾有の大災禍により地下深くへと逃れた人類は地下都市国家「アメイジア」の崩壊という事件を経て、再び地上で生きる希望を持ち歩みはじめていた。人々は地上の各地に「ネスト」と呼ばれる集落を形成。いまだ人類の脅威として地上にはびこる「エンダーズ」と戦い、ネストの運営に必要なエネルギー資源である「AO結晶」を採掘する冒険者たちを、人々は「ドリフター」と呼んでいた。そんなドリフターたちが集まるネスト「ロックタウン」で、いつかドリフターになることを夢見る青年「カナタ」は、ある日凄腕のドリフター「トキオ」と一緒に探索に訪れた朽ち果てたミュージアムの中で眠る、一体の美しいメイガスを発見する。謎のメイガス「ノワール」との出会いによって、運命の物語は少しずつ動き出すことになるのであった―作品名SYNDUALITYNoir放送形態TVアニメスケジュール第1クール:2023年7月10日(月)〜2023年9月25日(月)第2クール:2024年1月8日(月)〜テレビ東京系6局ネット・BS日テレにてキャストカナタ:大塚剛央ノワール/ミステル:古賀葵シエル:青山なぎさトキオ:小林裕介ムートン:小松史法エリー:稲垣好アンジェ:大橋彩香黒仮面:坂泰斗シュ...

エンディング主題歌シングル&挿入歌シングル合同リリースイベント公式レポート

TVアニメ『SYNDUALITY Noir』エンディング主題歌シングル&挿入歌シングルの合同リリースイベントが池袋・サンシャインシティ 噴水広場にて開催された。このイベントは、7月から放送中のTVアニメ「SYNDUALITY Noir」のエンディングを歌唱しているアニソンボーカルグループ、ARCANA PROJECTと、作中の挿入歌を歌うシエル(cv.青山なぎさ)の2組のシングルの合同リリースイベントとして行われたものである。

TVアニメ『SYNDUALITY Noir』は、未曾有の大災禍の後の世界を舞台としたオリジナルSFアニメーション作品。主人公のカナタと、ノワールという名のメイガス(人類双対思考型AI搭載ヒューマノイド)の出会いを軸に展開していくストーリーが胸を熱くさせる注目作だ。そしてなかでも現在そのストーリーの鍵となっているのは、第2話から登場した“歌を歌うメイガス”、シエルの存在である。そのチャーミングかつミステリアスなキャラクターに多くの視聴者が心をグッと掴まれており、彼女が登場して以降、物語が大きく動きはじめたといっても過言ではない。

また劇中でシエルが歌う楽曲も話題であり、その歌を生で聴こうと会場には多くの人が集まっていた。サンシャインシティ噴水広場は地下1階から3階までの4層吹抜け構造になっているのだが、ステージが見えるどの位置にも2組が現れるのを、いまかいまかと待ち望むファンの姿があった。

定刻を迎えSEが流れ出すと、ARCANA PROJECTの5人がステージへ。1曲目のポップでアッパーなナンバー「とめどない潮騒に僕たちは何を歌うだろうか」からライブがスタートすると、会場内のボルテージは最高潮へ。ARCANA PROJECTは目の前のファンだけでなく、たまたまその場に居合わせた人もどんどん巻き込んで、彼女たちにしか出せない唯一無二の世界観を展開。爽やかで明るいメロディーで会場中を包み込んだあとは、今回のシングルのカップリング曲でもある「厭世的ストレングス」へと繋ぐ。するとメンバー全員の表情がクールなものへとガラリと変わり、観る者全てを魅了していく。1曲目とは全く違うギャップにとにかく驚かされ、ARCANA PROJECTというグループの表現の幅広さが伝わってきた。

2曲を歌い終わると、MCへ。四方八方に目線を配り、2階や3階にも手を振り、ファンサービスを欠かさないメンバーの姿が印象的だった。そして彼女たちは最後に、TVアニメ「SYNDUALITY Noir」のエンディング主題歌であるミドルバラード「ユリイカ」を披露。透明感のある綺麗なハーモニーに、指先のひとつひとつまで魂のこもったダンスが重なり合っていく。さらにメンバー全員の表情にまでこだわったパフォーマンスによって、この曲の魅力が何倍にも引き出されていた。

こうして、ARCANA PROJECTのステージが終わると、今度はシエル役の青山なぎさも交えたトークパートへ。シエルの衣装に身をつつんだ青山が現れると、会場からは多くの歓声が飛んでいた。ちなみに青山が着ている衣装は第8話でシエルが着ている衣装を再現したもの。その再現度の高さも注目ポイントである。トークではARCANA PROJECTの空野青空が、早口でやや興奮気味に作品への愛、そしてシエルへの愛を伝える場面も。「ちょっと距離近すぎません?」とメンバーによって青山から離されるも、果敢に近づく空野の姿に多くの観客が笑顔になっていた。

トークパートを終えると、今度は青山なぎさが1人でステージに立ち、まずは『SYNDUALITY Noir』第7話の戦闘シーンで流れる挿入歌「眩惑Desire」を熱唱。サンシャインシティ噴水広場でのパフォーマンスははじめてだと語っていた青山だったが、その堂々たるステージングはまさに圧巻。ラストのロングトーンでは会場中にその声を響き渡らせ、彼女のヴォーカリストとしてのテクニックの高さを感じさせた。続いて、2曲目に披露したのは、つい先日放送されたばかりの第8話の挿入歌「You & (A)I」。アイドルっぽさを感じさせるダンス・チューンで多くの人の心を鷲掴みにしていく。今回のイベントで歌われた2曲はどちらも毛色の違う楽曲ではあるが、そのどちらも完璧に歌いこなす青山の歌唱力はホンモノ。これから将来、多くの場所で彼女の歌を耳にすることになるのではないだろうか、とそんな期待をしてしまうような素晴らしいパフォーマンスだった。

こうして大盛況のうちに終了した、今回の合同リリースイベント。アニメの『SYNDUALITY Noir』の物語はいよいよ後半戦。今回のイベントを機に『SYNDUALITY Noir』のことを知った人もきっといるだろう。YouTubeで8話まで無料で一挙配信をしているので、是非、本編も楽しもう。そして、シエルやARCANA PROJECTの歌声が彩っていく『SYNDUALITY Noir』の世界を、ぜひ彼女たちの音楽と共に味わってみて欲しい。

TVアニメ『SYNDUALITY Noir』イッキ見ウォッチパーティー

『SYNDUALITY Noir』第1話~第8話イッキ見ウォッチパーティーがアーカイブ配信中。

本編一挙配信に加え、キャストによる生トークと本編配信中のチャット参加という豪華な施策が行われ、主人公のカナタ役大塚剛央、エリー役稲垣好、黒仮面役坂泰斗の3名のほかに、当日トーク中盤からはサブライズゲストとしてシエル役青山なぎさ、トキオ役小林裕介も参戦しました。

出演者:大塚剛央、稲垣好、坂泰斗(敬称略)
〈サプライズゲスト〉青山なぎさ、小林裕介(敬称略)

『SYNDUALITY Noir』作品情報

SYNDUALITY Noir

あらすじ

時は2242 年―

「新月の涙」と呼ばれる未曾有の大災禍により地下深くへと逃れた人類は地下都市国家「アメイジア」の崩壊という事件を経て、再び地上で生きる希望を持ち歩みはじめていた。

人々は地上の各地に「ネスト」と呼ばれる集落を形成。いまだ人類の脅威として地上にはびこる「エンダーズ」と戦い、ネストの運営に必要なエネルギー資源である「AO 結晶」を採掘する冒険者たちを、人々は「ドリフター」と呼んでいた。

そんなドリフターたちが集まるネスト「ロックタウン」で、いつかドリフターになることを夢見る青年「カナタ」は、ある日凄腕のドリフター「トキオ」と一緒に探索に訪れた朽ち果てたミュージアムの中で眠る、一体の美しいメイガスを発見する。

謎のメイガス「ノワール」との出会いによって、運命の物語は少しずつ動き出すことになるのであった―

キャスト

カナタ:大塚剛央
ノワール/ミステル:古賀葵
シエル:青山なぎさ
トキオ:小林裕介
ムートン:小松史法
エリー:稲垣好
アンジェ:大橋彩香
黒仮面:坂泰斗
シュネー:M・A・O
ヴァイスハイト:梶裕貴

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年春アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング