アニメ
秋アニメ『葬送のフリーレン』連続2クール放送!初回2時間SPは特別EDテーマに

秋アニメ『葬送のフリーレン』連続2クール放送を発表! 初回2時間SPのEDは、特別EDテーマ「bliss」(歌・作詞:milet 作曲:Evan Call)に

「週刊少年サンデー」(小学館)で連載中、山田鐘人氏(作)とアベツカサ氏(画)による漫画『葬送のフリーレン』。同作のTVアニメが、9月29日(金)よる9時日本テレビ系「金曜ロードショー」で初回2時間スペシャルで放送スタート(※一部地域を除く)! 翌週10月6日からは、毎週金曜よる11時、日本テレビ系30局ネットの新アニメ枠「FRIDAY ANIME NIGHT」通称“フラアニ”で放送となります。

このたび、本作が来年2024年3月まで連続2クールで放送されることも決定しました!

さらに、金曜ロードショーでの初回2時間スペシャル放送に関する新たな情報が発表! この初回スぺシャルのEDを飾る楽曲が、miletさんの歌・作曲、『葬送のフリーレン』劇伴作家のEvan Callさん作曲による特別EDテーマ「bliss」となります!

関連記事
葬送のフリーレン
勇者ヒンメルたちと共に、10年に及ぶ冒険の末に魔王を打ち倒し、世界に平和をもたらした魔法使いフリーレン。千年以上生きるエルフである彼女は、ヒンメルたちと再会の約束をし、独り旅に出る。それから50年後、フリーレンはヒンメルのもとを訪ねるが、50年前と変わらぬ彼女に対し、ヒンメルは老い、人生は残りわずかだった。その後、死を迎えたヒンメルを目の当たりにし、これまで“人を知る”ことをしてこなかった自分を痛感し、それを悔いるフリーレンは、“人を知るため”の旅に出る。その旅路には、さまざまな人との出会い、さまざまな出来事が待っていた―。作品名葬送のフリーレン放送形態TVアニメスケジュール2023年10月6日(金)~日本テレビ系ほかキャストフリーレン:種﨑敦美フェルン:市ノ瀬加那シュタルク:小林千晃カンネ:和氣あず未ラヴィーネ:鈴代紗弓ヴィアベル:谷山紀章ユーベル:長谷川育美デンケン:斉藤次郎ラント:小松昌平リヒター:花輪英司ラオフェン:石上静香エーレ:伊藤かな恵ゼンゼ:照井春佳ゲナウ:新垣樽助ゼーリエ:伊瀬茉莉也ヒンメル:岡本信彦ハイター:東地宏樹アイゼン:上田燿司スタッフ原作:山田鐘人・アベツカサ(小学館「週刊少年サンデー」連載中)監督...

初回2時間スぺシャルのEDが、特別EDテーマ「bliss」に決定!

現在YouTubeなどで公開中の『葬送のフリーレン』本PVにも使用されている、miletさんによる本作のEDテーマ「Anytime Anywhere」とは違う楽曲となる「bliss」。

「Anytime Anywhere」もEvan Call氏による編曲ですが、この「bliss」はEvan Call氏が作曲・編曲をし、その楽曲にmiletが歌詞を付け、歌唱するという超豪華なコラボ曲になります。

2人による特別EDテーマ「bliss」は、初回2時間スぺシャルのために制作された映像と共に放送されます。

そしてmiletさんによる「Anytime Anywhere」での通常ED映像は、なんとTVでの初回2時間スペシャル放送の後、9月30日(土)午前0時から各動画配信サービスで配信される初回スペシャル本編のエピソードでお披露目となります!

miletさんが「物語が終わっても皆さんの頭の中で物語が続いていくような、どんなときでも、どんなところにいても、聴いてくださる皆さんの心に寄り添えるような歌」と語る楽曲に乗せて、こちらもどんな映像が紡がれるのか、ご注目ください。
 
また、miletさんによるEDテーマ「Anytime Anywhere」と、YOASOBIによるOPテーマ「勇者」が、『葬送のフリーレン』初回放送当日の9月29日(金)午前0時に各音楽配信サービスでダウンロード&ストリーミング配信されることも決定しました! アニメの本PVでは一部しか聴くことができていなかった両曲の全貌とは? どんな楽曲となるのか? ぜひ配信でもご注目ください。

初回スペシャル 特別EDテーマ「bliss」についてmiletさん、Evan Callさんからコメントが到着!

miletさんコメント

──「bliss」の楽曲を聴いたときの印象はいかがでしたか?

milet:「音や空気感から波のようなうねりと躍動感に感動しました。生きる喜びだけでなく、それに伴う痛みや苦しみまで包容されている音でした。そして曲が終わったときに漂う残り香が、物語の続きへと静かに誘ってくれるようで優しさに救いを感じました。」

──「bliss」のレコーディングに臨んだ際に考えたこと、歌った際のお気持ちを教えてください。

milet:「この曲の歌詞は、人と人、人と自然の間にある目には見えない繋がりを思いながら書きました。歌いながらも、私の中にある形のない愛や闇に体を沈めるように集中していました。起伏のあるメロディとオーケストレーションの音の波に乗りながら、私もフリーレンたちが生きる場所にトリップして伸び伸び歌っている気持ちになりました。

──「bliss」、そして「Anytime Anywhere」でのEvan Callさんとのやりとりで印象的なことはありましたか?

milet:「緻密に考えられたオーケストレーションやアレンジでしたが、歌に関してはとても自由な表現を求めてくださいました。私の思い付きのコーラスやデモとは違う譜割や歌のアレンジ、Evanさんの提案する想像外のコード進行など、お互いがその意図を理解し合い曲作りができたことが幸せでした。Evanさんとmiletだから作ることのできた「bliss」と「AnytimeAnywhere」になったと強く思います。」

──『葬送のフリーレン』アニメを、両曲のオンエアを楽しみにしているファン・視聴者にメッセージをお願いいたします。

milet:「『葬送のフリーレン』の世界に惹かれ吸い込まれていって、フリーレンたちが生きる世界で歌を歌っていたような感覚が心に残っています。誰もが主人公であり、その人だけの物語がある。その物語に音を重ねました。この作品と出会えて、あたたかく大切な曲ができました。愛をこめて歌った「bliss」と「Anytime Anywhere」を、アニメ本編とともに楽しんでいただけたら幸いです。」

<miletプロフィール>>**
2019年3月6日にメジャーデビュー。Toru(ONE OK ROCK)プロデュースによるデビュー曲「inside you」は人気音楽配信サイト11サイトで1位を記録。2020年6月3日には1stフルアルバム『eyes』をリリースし、オリコン週間CDアルバムランキング及びオリコン週間デジタルアルバムランキングにて共に初登場1位を記録。2021年8月東京2020オリンピック閉会式に歌唱出演。2022年末には3年連続となるNHK紅白歌合戦に出場。

公式サイト
公式ツイッター(@milet_music)

Evan Callさんコメント

──「bliss」を作曲するにあたってどんなことを考え、どんな思いを込めて制作されましたか?

Evan Callフリーレンで作った劇伴の世界観に合わせつつ、miletさんの素敵な歌声に合う曲を作るのが最初に考えていたことです。もちろんフリーレンの物語に染まったような曲にしたいと思っていましたが、何よりmiletさんが気持ちよく歌い上げる曲にしたいと思って作りました。寂しさもあり、壮大さもあり、この作品ならではの曲にしないといけないと考えていました。」

──miletさんが書いた歌詞を読んだときに感じたこと、そして歌声を聴いた時のお気持ちを教えてください。

Evan Call歌詞はmiletさんの歌入りのデモとセットで来て、初めて聴いた時からものすごくフリーレンに合う歌詞だと感じました。フリーレンの内心を唄にしたみたいです。それに歌声は想像以上にはまって、心が揺さぶられました。バンドの録音のときにmiletさんが来てくださり、色々なお話が出来て、とても楽しい時間でした。」

──「bliss」、編曲された「Anytime Anywhere」でmiletさんとのやりとりで印象的なことはありましたか?

Evan Call編曲をするときにいただいたデモはバンドサウンドが強かったですが、バンドサウンドとフリーレンの世界観に合うような編曲にしたいとアニメプロデューサーさん側とmiletさん側からのリクエストがありました。テレビサイズの中でどのような波を付ければいいかやりとりを試行錯誤しました。編曲のデモを聴いていただいたうえで意見をいただき、色々調整しました。フリーレンに合う曲にするのは一つの大きな目的ではありましたが、長くmiletさんがライブなどで盛り上げて歌える大切な曲にすることももう一つの大きなポイントでした。それを意識して編曲をしました。」

──『葬送のフリーレン』アニメを、両曲のオンエアを楽しみにしているファン・視聴者にメッセージをお願いいたします。

Evan Callみなさんと同じように、私も非常にオンエアを楽しみにしています。曲と歌詞から、歌までは全部「葬送のフリーレン」にふさわしいものになったと思っていて 、いち早く聴かせたいです!あとわずかですが、ぜひ期待してください!」

<Evan Callプロフィール>
バークリー音楽大学にてフィルムスコアリングを学び、​​2012年より日本で作曲活動を開始。​​映像音楽を中心に、ボーカルソングへの楽曲提供、作詞、歌唱等、幅広く活躍する。他主な作品は、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』、『鎌倉殿の13人』(TVドラマ)、『金の国 水の国』(劇場アニメ)』など。

公式サイト
公式ツイッター(@realevancall)

OP&EDテーマ配信/リリース情報

■OPテーマ
YOASOBI「勇者」
2023年9月29日(金)午前0時ダウンロード&ストリーミング配信スタート
https://orcd.co/yuusha_0929

★「勇者」収録ニューアルバム「THE BOOK 3」
10月4日(水)発売

公式サイト
公式ツイッター(@yoasobi_staff)

■EDテーマ
milet「Anytime Anywhere」
2023年9月29日(金)午前0時ダウンロード&ストリーミング配信スタート
https://milet.lnk.to/AnytimeAnywhere

★3rdアルバム「5am」
発売中

公式サイト
公式ツイッター(@milet_music)

TVアニメ『葬送のフリーレン』作品情報

放送情報

2023年9月29日(金)よる9時
日本テレビ系【金曜ロードショー】にて
「初回2時間スペシャル ~旅立ちの章~」放送
※テレビ大分では、9月29日(金)24時40分から放送

以降 10月6日より日本テレビ系 毎週金曜よる11時
「FRIDAY ANIME NIGHT(フラアニ)」にて放送 (全国30局ネット)

イントロダクション

「週刊少年サンデー」(小学館)で連載中、山田鐘人(作)とアベツカサ(画)による漫画『葬送のフリーレン』。勇者とそのパーティーによって魔王が倒された“その後”の世界を舞台に、勇者と共に魔王を打倒した千年以上生きる魔法使い・フリーレンと、彼女が新たに出会う人々の旅路が描かれていく。

コミックスは既刊10巻ですでに累計発行部数850万部を突破し、そして2021年には「マンガ大賞2021」大賞、「第25回手塚治虫文化賞」の新生賞を受賞するなど、漫画ファンの間で旋風を起こしている本作が、いよいよTVアニメ化!

あらすじ

勇者ヒンメルたちと共に、10年に及ぶ冒険の末に魔王を打ち倒し、世界に平和をもたらした魔法使いフリーレン。千年以上生きるエルフである彼女は、ヒンメルたちと再会の約束をし、独り旅に出る。

それから50年後、フリーレンはヒンメルのもとを訪ねるが、50年前と変わらぬ彼女に対し、ヒンメルは老い、人生は残りわずかだった。

その後、死を迎えたヒンメルを目の当たりにし、これまで“人を知る”ことをしてこなかった自分を痛感し、それを悔いるフリーレンは、“人を知るため”の旅に出る。その旅路には、さまざまな人との出会い、さまざまな出来事が待っていた―。

スタッフ

原作:山田鐘人・アベツカサ(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督:斎藤圭一郎
シリーズ構成:鈴木智尋
キャラクターデザイン・総作画監督:長澤礼子
コンセプトアート:吉岡誠子
魔物デザイン:原科大樹
アクションディレクター:岩澤亨
デザインワークス:簑島綾香 山﨑絵美 とだま。 長坂慶太 亀澤蘭 松村佳子 高瀬丸
美術監督:高木佐和子
美術設定:杉山晋史
色彩設計:大野春恵
3DCGディレクター:廣住茂徳
撮影監督:伏原あかね
編集:木村佳史子
音響監督:はたしょう二
音楽:Evan Call
オープニングテーマ:「勇者」YOASOBI
エンディングテーマ:「Anytime Anywhere」milet
アニメーション制作:マッドハウス

キャスト

フリーレン:種﨑敦美
フェルン:市ノ瀬加那
シュタルク:小林千晃
ヒンメル:岡本信彦
ハイター:東地宏樹
アイゼン:上田燿司
クヴァール:安元洋貴
フランメ:田中敦子

公式サイト
公式ツイッター(@Anime_Frieren/)

コミックス情報

累計発行部数1000万部突破!
「葬送のフリーレン」
原作/山田鐘人 作画/アベツカサ
少年サンデーコミックス 発行/小学館
第1巻~第11巻発売中

■描き下ろし缶バッジ2種セット(第3弾)付き特装版/1,250円(税込)

■通常版/600円(税込)

原作公式サイト
原作公式ツイッター(@FRIEREN_PR)
週刊少年サンデー公式サイト
週刊少年サンデー公式ツイッター(@shonen_sunday)
(C)山田鐘人・アベツカサ/小学館

(C)山田鐘人・アベツカサ/小学館/「葬送のフリーレン」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

葬送のフリーレンの関連画像集

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング