映画
『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』ジャパンプレミア公式レポート

GACKTさん、二階堂ふみさんら出演! 「『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』ジャパンプレミアレッドカーペットイベント」公式レポートが到着

2023年11月23日(木・祝)に全国公開となる映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』より、都会指数MAXの六本木で実施された「ジャパンプレミアレッドカーペットイベント」の公式レポートが到着しました。

豪華絢爛なレッドカーペットが敷かれた会場には、GACKTさん、二階堂ふみさん、杏さん、片岡愛之助さん、藤原紀香さん、川﨑麻世さん、加藤諒さん、益若つばささん、和久井映見さん、アキラ100%さん、朝日奈央さんら超キャスト陣が一挙集結し、一夜限りのプレミアなイベントとなりました。

関連記事
翔んで埼玉~琵琶湖より愛をこめて~
〜日本埼玉化計画・第Ⅱ章東西対決〜その昔、東京都民からひどい迫害を受けていた埼玉県人は自由を求め立ち上がった。麻実麗・壇ノ浦百美をはじめとする埼玉解放戦線の活躍により通行手形制度が撤廃され埼玉は平穏な日常を手に入れた。しかし、それは単なる序章に過ぎなかった…。さらなる自由と平和を求め、埼玉の心をふたたびひとつにするため、埼玉解放戦線は次なる野望へと突き進む。遥か西の地・関西へと飛び火したこの事態は東西の天下を分かち全国をも巻き込む大事件へと発展していく。史上類を見ない壮絶なディスバトルの火蓋が今、切られようとしていた――。作品名翔んで埼玉~琵琶湖より愛をこめて~放送形態実写映画シリーズ翔んで埼玉スケジュール2023年11月23日(木)キャスト麻実麗:GACKT壇ノ浦百美:二階堂ふみ桔梗魁:杏嘉祥寺晃:片岡愛之助下川信男:加藤諒おかよ:益若つばさ浜野サザエ:小沢真珠浜野アワビ:中原翔子神戸市長:藤原紀香京都市長:川崎麻世元大阪府知事:モモコ(ハイヒール)京都の女将:山村紅葉内田直子:和久井映見内田智治:アキラ100%若月依希:朝日奈央スタッフ原作:『このマンガがすごい!comics翔んで埼玉』 魔夜峰央(宝島社)監督:武内英樹脚本:徳...

「『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』ジャパンプレミアレッドカーペットイベント」公式レポート

会場に集結した大勢のファンから満ち満ちる只ならぬ熱気の中、司会のマックスウェル・パワーズの呼び込みで、まずは前作に引き続き埼玉解放戦線のメンバーを演じた加藤諒、益若つばさ、そして現代パートで「さいたま市中央区在住のとある一家」を演じた和久井映見、アキラ 100 %、朝日奈央からなる「チーム東」が登場。

続いて滋賀解放戦線のリーダー“滋賀のオスカル”こと桔梗魁を演じた杏、冷酷無慈悲な大阪府知事・嘉祥寺晃を演じた片岡愛之助、京都市長を演じた川﨑麻世、神戸市長を演じた藤原紀香からなる「チーム西」が登場。

続々と登場する豪華キャストに会場の興奮も高まる中、満を持して主人公である麻実麗を演じたGACKTと壇ノ浦百美を演じた二階堂ふみ、そして武内英樹監督が登場し会場の熱は一気に最高潮に!

熱狂冷めやらぬ中にもかかわらず、GACKTは「最後の最後までこの映画の制作に反対していました」と開口一番、まさかの作品ディスを飛ばし会場を笑いの渦に誘う。続けて「ところが、この豪華なキャストのリストを見せられて、スタッフから『もう逃げられませんよ』と。最後の出演依頼を突き付けられてですね…」と続編オファーを回顧。「(二階堂)ふみちゃんはどう言ってるの?と聞いたら『やめましょう』と言っている」と知らされたと明かすが「どんな作品になるか心配でしたが、監督の指示の元、監督を信じるしかない現場の中で最後までやらせていただきました」と自信のある表情をのぞかせ「こんな時代に必要な作品になったと思います。くだらないと笑っていただけたら最高の誉め言葉になります。楽しんで行ってください」と熱く呼びかけた。

続けて二階堂は「前作は皆様に応援とご好評を頂いて、パートⅡは何倍も何倍も羽振りの良い作品になりました!」とファンへのお礼を冗談交じりに伝え「こんな大きな会場で、こうやって皆様とお会いする機会を頂けて、本当にパートⅡやってよかったなと思いました」と笑顔。会場となったのは、東京・六本木ヒルズアリーナ。都会のど真ん中とあって、二階堂は「こんな都会指数の高いところで埼玉のイベントをできるとは思っていなかったですよね?」と問いかけると、GACKTは「はい」と短く返答。シュールな二人のやりとりに、会場からは笑いがこぼれるシーンも。

埼玉を翔びだし、関西を巻き込んだ東西対決が展開される本作。滋賀解放戦線のリーダー・桔梗魁を演じた杏は「滋賀県出身!ではありません。でも一生懸命頑張りました」と挨拶し、改めて「私は滋賀出身ではないんですが、今回台本を読んで、ディスられている関西の立場として、とても勉強になりました。『こういう思いを持っているんだ』とか、台本を読むまで知らなかったので、今回この映画を観ていただいた滋賀の方が、この後どう思うんだろうと心配しながら、楽しみに撮影を進めてまいりました」と振り返った。

続いて自身も大阪府出身で、冷酷無慈悲な大阪府知事・嘉祥寺晃を演じた片岡は、この役を演じるにあたり吉村洋文大阪府知事に報告したそうで「『僕の役なんですか?楽しみにしています』と話しておられましたが、映画を見て怒るかもしれません(笑)」と苦笑い。また、前作『翔んで埼玉』のファンだったと明かす片岡は今作へのオファーを受けた当時を振り返り「喜んで!」と即決したと言い、嘉祥寺から飛び出す破天荒なディスっぷりにも期待できそうだ。

神戸市長役を演じた藤原は「ハイカラで妖艶な神戸市長を務めさせていただきました。自身も兵庫出身なので、うれしいです」と喜びを伝え「いろんな県のことをディスらせていただいておりますけど、すべて“愛のある”ディスりで、この映画に向かってまいりました」とアピールした。

京都市長役を演じた川﨑は「京都市長役で、生まれ故郷の京都を背負って、がんばりました。楽しみにしていてください」と挨拶。前作『翔んで埼玉』を5回視聴し出演を熱望していた川﨑。役柄について「オファー頂いた時はめちゃめちゃうれしかったんですが、僕は京都人みたいに、本音と建前が違う人間じゃなく、ド本音で生きてきた人間です」とひとこと。続けて「作品の中で、本音と建前をどういう風に操ってセリフにし、お芝居にするのかが楽しかった。良い意味での京都を全国にアピールできたらいいな」と笑顔をみせた。

そして、前作から引き続き埼玉解放戦線のメンバー・信男とおかよを演じた加藤と益若。加藤は「前作の出演から埼玉に行くと埼玉の人に優しく迎えて頂けて、続編が出るよ!ということを胸を張って登壇できているのが凄く気持ちがいいです!」と改めて“埼玉愛”を語り、自身も埼玉県越谷市出身で生粋の埼玉県人である益若は「魔夜先生の言葉をお借りするとすれば、『正気か!お前ら』と。続編でまだ埼玉、ディスるところありますか?という」とまさかの続編に驚きを口にした。さらに「麗さま(GACKT)は…30メートル先からでもいい香りがします。今でもいい香りがします。そんな麗さまが大好きで、お芝居ではなく皆んな本当に麗さまが好きでやらせてもらいました」とGACKTの知られざる魅力を明かし観客を驚かせた。

「さいたま市中央区在住のとある一家」の妻・内田直子を演じた和久井は作品の感想を「本当に楽しくって声を出して笑ってしまって、でも切なくて涙も出ちゃうみたいな部分もあったり。本当に心が躍っております」と笑顔を見せ、夫・内田智治を演じたアキラ 100 %は「僕たちが日常を演じる裏側で本当に大変な撮影があったんだなと思うと、大河ドラマを見ているようなスケールを感じました!」と壮大な作品のスケール感をアピール。そして娘・若月依希を演じた朝日奈央は「作中では唯一フラットな目線を持つツッコミ役として必死にツッコムという大変な部分もありましたが、すごく楽しく撮影させていただきました」と和気あいあいとした撮影の様子を明かした。

さらに、イベント中盤では本作が第7回ウィーン・ジャパニュアル映画祭にて観客賞を受賞したという報告が。この映画祭では30作品が上映され、各作品を観たお客様が5段階で作品を評価します。その結果、91.2%の方に「良かった/とても良かった」と評価され見事1位に輝き、2019年の前作での受賞から二連覇となる快挙。

本映画祭のフェスティバルマネージャー兼プログラムディレクターであるGeorg Schneider(ゲオルク・シュナイダー)氏からは、"As the original Fly me To the Saitama was a delightful and unique film that left us craving for more of its eccentric charm and humor, we are excited about the success of Fly Me To The Saitama 〜FROM BIWA LAKE WITH LOVE〜 at our world premiere in Vienna where it easily won the Audience Award and we can guarantee, it will go on to conquer cinema audiences in Japan."(訳:(2019年に上映された)『翔んで埼玉』は、その風変わりな魅力とユーモアでウィーンの観客を魅了しました。続編が切望された中『翔んで埼玉〜琵琶湖より愛をこめて〜』のウィーンワールドプレミアが大成功しその結果としてNo.1観客賞を受賞した事を大変嬉しく思います。日本の公開においても劇場に集う人々を魅了すること間違いありません) とコメントが寄せられており、日本公開に先駆けた吉報に武内監督は「いや、なんで分かるんですかね?埼玉のことが」と苦笑しつつも「世界中どんなところにも埼玉的なポジションがあるということで。(前作では)シカゴ、モントリオール、ウィーン、フランクフルトなど色んな所で映画賞を頂けて世界中に埼玉があるんだなと実感しました」と改めて喜びをあらわにし、本作の駆け出しにも期待を寄せた。

イベント後半では、キャストたちがステージから降壇しレッドカーペットを歩きながら報道陣の取材に応じたあと、集まったファンたちと1時間以上にわたる交流を楽しむシーンも。全キャスト陣がレッドカーペットを歩きながらファンの近くまで行き、写真や握手、サインに応じると、至る場所で歓声が響き会場は大歓喜!本作の主題歌を担当するお笑い芸人のはなわも乱入して盛り上げていた。

最後に二階堂は「本当に私もGACKTさんもパートⅡはやめたといた方がいいんじゃないかと、ずっと話していたんですけど、こうやって本当に面白い作品が誕生して、世界中ではコロナや大変なことが続いてきた中で、この作品はただ楽しんで頂けて、自分のルーツ、郷土愛を再確認できる作品になっていると思います。全国の方々にこの作品をお届けしたいと思っています!」と大ヒットを祈願。

GACKTは「大いに笑っていただいて、映画が終わったころにモヤモヤしている気持ちがスッキリしたと思えるような作品だと信じています」と作品を一押ししたかと思いきや、深刻な表情で「残念な報告があります」と切り出し「この映画には、かなり際どいパクリ疑惑が沢山あります。公開中止になる可能性があるので、できるだけ早く見てください。そして『あれが永久追放になった作品だよ』と見た人だけの心に残る作品になればいいなと思います」と冗談交じりに観客に念を押し、会場からは大きな拍手が送られレッドカーペットイベントは大熱狂のうちに終了した。

続いてTOHOシネマズ六本木ヒルズでおこなわれたジャパンプレミア舞台挨拶(完成披露試写会)には、先ほどのレッドカーペットイベント参加者の中からさらなる抽選で選ばれた強運の持ち主たちが席を埋め尽くした。舞台挨拶では引き続き、GACKT、二階堂ふみ、杏、片岡愛之助、藤原紀香、川﨑麻世、加藤諒、益若つばさ、和久井映見、アキラ100%、朝日奈央、武内英樹監督が登壇。

二階堂は「埼玉の方々も、関西の方々も、それ以外の方々も今日は本当にありがとうございます。」と改めて感謝を伝え「やっと見て頂けるんだなと嬉しい気持ちもありますが、怒られないかなと不安もあります。とても面白い作品になっているので今日は楽しんでいただければ嬉しいです。そして笑い声があってより面白くなる作品です。思い存分笑って泣いて楽しんでください」と期待を込めた。続けてGACKTは「今回の作品は無駄にスケールアップしており、無駄に金がかかっております。そして多くの名のある役者の方々を無駄に使っております」と会場の笑いを誘い、「ここにいる皆さんの応援が最終的に、そのすべての俳優の方々にボクが謝りに行くかどうか決まる、そんな大切な場となっております。」と冗談を交えつつも「くだらないけど面白いじゃんと思ってくれれば嬉しいです。ただ、あまり期待はせず、関西の方は大きな心で…。色々いじっておりますがすべて愛あってのことです」と改めて深く感謝を伝え作品を念押しした。

「『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』ジャパンプレミアレッドカーペットイベント」概要

日時:10月24日(火)
場所:
【第一部】レッドカーペットイベント@六本木ヒルズアリーナ 
【第二部】TOHOシネマズ六本木ヒルズ@ジャパンプレミア舞台挨拶(ともに港区六本木6-10-1)

登壇者

GACKT
二階堂ふみ

片岡愛之助
藤原紀香
川﨑麻世
加藤諒
益若つばさ
和久井映見
アキラ100%
朝日奈央
武内英樹(監督)

『翔んで埼玉~琵琶湖より愛をこめて~』作品情報

翔んで埼玉~琵琶湖より愛をこめて~

あらすじ

〜日本埼玉化計画・第Ⅱ章 東西対決〜
その昔、東京都民からひどい迫害を受けていた埼玉県人は自由を求め立ち上がった。
麻実麗・壇ノ浦百美をはじめとする埼玉解放戦線の活躍により通行手形制度が撤廃され埼玉は平穏な日常を手に入れた。
しかし、それは単なる序章に過ぎなかった…。

さらなる自由と平和を求め、埼玉の心をふたたびひとつにするため、埼玉解放戦線は次なる野望へと突き進む。
遥か西の地・関西へと飛び火したこの事態は東西の天下を分かち全国をも巻き込む大事件へと発展していく。
史上類を見ない壮絶なディスバトルの火蓋が今、切られようとしていた――。

キャスト

麻実麗:GACKT
壇ノ浦百美:二階堂ふみ
桔梗魁:杏
嘉祥寺晃:片岡愛之助
下川信男:加藤諒
おかよ:益若つばさ
浜野サザエ:小沢真珠
浜野アワビ:中原翔子
神戸市長:藤原紀香
京都市長:川崎麻世
元大阪府知事:モモコ(ハイヒール)
京都の女将:山村紅葉
内田直子:和久井映見
内田智治:アキラ100%
若月依希:朝日奈央

(C)2023映画「翔んで埼玉」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

翔んで埼玉~琵琶湖より愛をこめて~の関連画像集

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング