アニメ
『呪術廻戦』第2期「渋谷事変」諏訪部順一&千葉 繁インタビュー

漏瑚は運が悪すぎる! そして両面宿儺の強さに腹が立つ!?『呪術廻戦』第2期「渋谷事変」両面宿儺役・諏訪部順一さん&漏瑚役・千葉 繁さんインタビュー

宿儺との掛け合いに千葉さんは「腹が立った」!?

――一千葉さんは、諏訪部さんとご一緒に掛け合いをされた感想はいかがでしたか?

千葉:掛け合いで演じられるのはいいですね。最近までみんな、少人数や単独で収録していたので、相手がどういうトーンや圧で来るのかなど想像しながら収録するしかない状況が続いてきましたが、少しずつ元の状況に戻りつつあります。やっぱり言葉や芝居のキャッチボールができないとね。

諏訪部:そうですね。ただ両面宿儺というキャラクターは、相手の言葉で気持ちが揺れ動くタイプではないんですよね。掛け合いで生まれるシナジーみたいなものがあまりないんです。

千葉:だからこそ、腹が立つんだよ!(笑)

諏訪部:気持ち入れて演じられていると、宿儺は本当にムカつくでしょうね。全力で挑んでも敵わないですし、本気で受け止めてくれもしない。視聴者のみなさんにも、共演者のみなさんにも、そういう苛立ちを感じていただけたのなら、自分的には大成功です(笑)

――宿儺と漏瑚は初対決なので、アフレコもテスト段階から探っていく部分があったのでしょうか?

千葉:テストの時には相手がどんなニュアンスでくるのか全然わからないし、相手のセリフや絵から自分なりに想像してやってみて、「なるほどな。こう来るのか」と微調整しています。諏訪部くんは原作を読むの?

諏訪部:自分は読む派です。

千葉:僕はいっさい読まないんです。というか読み方がわからなくて。『コボちゃん』(新聞で連載されていた植田まさしさんの4コマ漫画)みたいにタテにシンプルに読めればいいけど、今どきの漫画はカット割りやコマ数も多いし、子供の頃はマンガを買ってもらえなかったから漫画を読むという習性もなくて。だから今回も原作を読んでいないので、アフレコの線画の絵を必死に見てやってました(笑)。

諏訪部:宿儺の場合はどういう気持ちや意図でそのセリフを言っているのか不明なことも多く、せめて表情は参考にしたいと思うのですが……アフレコ時に絵が完成していないことも多く。ト書きだけではシーンの状況がわからない時、原作を参考にして想像を膨らませています。

作品世界の中、いろいろわかっている役を演じる時は、あらかじめ自分も情報をいれておきたいタイプでして。その方がしっかり説得力を持って表現することが最初からできると思うので。

しかし、この作品はまだ原作でも明らかになっていない要素が結構るので……非常に困ります(笑)。

千葉:あと、『呪術廻戦』は固有名詞が難しいよね。

諏訪部:アクセント辞典にアクセントが載っていない言葉が本当に多いですね。

千葉:陀艮(だごん)など読みが難しいキャラクターの名前や呪術名など辞典で一生懸命に調べるんだけど、なかなか見つからなくて。スペインの繁華街にある店に行こうとするけど、土地勘もなければ、地図も方位磁針もなく、あてどもなく、ぶらぶらしている感覚で。

――(笑)。

千葉:改めて、漏瑚たちには過去も未来もなく、今しかないので、今どう思っているのかだけだと思っていて。宿儺と戦う時も瞬間の想いだけで、今という瞬間に命をかけて戦っていました。僕は例え敗れて死んでしまっても、未来永劫、命は続いていくと思っていますが、漏瑚として今は戦っているけど、来世は違う生き方をしているかもしれない。もしかしたら100年後の荒野で宿儺とまた戦っているかもしれないけど(笑)。一緒に戦った人たちと違う縁を得て、違う冒険をしていくのでしょうし。彼が悔いなく生きられればいいなと思いながら演じています。

重層的にエピソードが交錯する「渋谷事変」は、あたかもオールスターバトルのよう!?

――改めて「渋谷事変」の印象をお聞かせください。

千葉:『呪術廻戦』自体が複雑怪奇かつ、かなり深堀りできる作品であり、とんでもない人たちがたくさん出てきて、とんでもない戦いをしていて。そして、いろいろな話が重層的に交錯しているので、全体像を語るのは難しいですね。よく芥見先生はこんなこと考えられたなと。一度、頭の中を見てみたいです(笑)。

諏訪部:「渋谷事変」は様々な場所で様々な出来事が同時に起こっています。原作では、シーン変わりで現在と過去が入り乱れたりもするんですよね。すごい構成です。

千葉:ただ、この「渋谷事変」では、僕らがなじみ深い場所である渋谷の裏側で、すごい戦いが行われている事実がおもしろくもあり、怖くもあって。神々の戦いが繰り広げられているものの、周辺にいる人たちはほとんどわかっていない。「何でこんなことが起きているんだろう」という疑問だけが残っているけど、各々の想いを持ってしっかり戦っている、言うならばバカがいたという、そんな印象でしょうか(笑)。

諏訪部:ここまで登場してきたキャラクターたちの総力戦。オールスターバトルみたいなエピソードです。熾烈を極める戦いで、原作を読んでいてメンタルを削られた作品ファンの方も多いのではないでしょうか。アニメで表現される「渋谷事変」。視聴者のみなさんがどのようなご感想を持たれるのか、気になるところです。

――そして、「渋谷事変」の第34話「昏乱」では、漏瑚は夏油たちと共闘して五条の封印に成功しましたが、ここまでやらないと封印できないほど強いんだなと改めて思わされました。

千葉:そもそも五条とは第1期の第7話(「急襲」)で初めて対峙してボコボコにやられて。何とか復活して五条を封印できたと思ったら、今度は最上級の宿儺と戦うことになって。漏瑚は運が悪すぎですよね(笑)。でも最上級の存在と出会えて、全身全霊で戦えたので、きっと悔いはないんじゃないかなと思うし、一生懸命に戦った漏瑚の生き様や何かしら印象が皆さんの中に残ったのなら、とても嬉しいです。

――今後の放送を楽しみにしている皆さんへメッセージをお願いします。

諏訪部:この取材を受けている時点では、まだ完成した映像を見ていないのですが、おそらく素晴らしいものになっているのではないかと思います。ポジティブなご感想はどんどん広めてください!

千葉:見終わった後にはX(旧Twitter)などでたくさんつぶやいてほしいよね。いい感想を(笑)。

諏訪部:スタッフにとってもキャストにとっても、モチベーションアップに繋がります!たくさんお褒めいただくと、作品に吹く追い風もどんどん強くなると思いますので、どうぞよろしくお願いします!

関連記事
メンタルが追い込まれる「渋谷事変」。メッキがはがれた虎杖は人気になるかも?『呪術廻戦』第2期「渋谷事変」虎杖悠仁役・榎木淳弥さん&伏黒 恵役・内田雄馬さんインタビュー
2023年7月から第2期が好評放送中のTVアニメ『呪術廻戦』。今シリーズでは五条と夏油(げとう)の高専時代を描いた「懐玉・玉折」を経て、「渋谷事変」へ突入! 渋谷を舞台に、封印された五条を救出するため、呪術高専チームが夏油一派と激しい攻防戦を繰り広げます。この度、虎杖悠仁役の榎木淳弥さんと伏黒恵役の内田雄馬さんの対談が実現! 先日放送された第35話(第2期第11話「降霊」)を振り返っていただきつつ、第2期の収録についてや今後の見どころなど語っていただきました。虎杖と伏黒のコンビネーション!「二人は結構強かったんだな」――第35話(第2期第11話)を振り返っての感想をお聞かせください。虎杖悠仁役・榎木淳弥さん(以下、榎木):今まで通り、原作の1コマを膨らませた表現で、アクションが描かれているため、そこに合わせて演じていくのが難しかったです。まだ映像が完成していない状態だったので、「ここはどんな動きかな?」と想像しながらの収録でした。でも同じシーンの方たちとは一緒に収録できたので、おもしろい掛け合いになっているといいなと思っています。伏黒恵役・内田雄馬さん(以下、内田):視点が目まぐるしく変わって、恵たちはオガミ婆(ババ)や粟坂な...
関連記事
重面は満場一致でクソ野郎!? ついにやってきた、覚悟の時ーー『呪術廻戦』第2期「渋谷事変」第2期12話(第36話)放送後インタビュー 釘崎野薔薇役・瀬戸麻沙美さん×七海建人役・津田健次郎さん×重面春太役・羽多野渉さん
MBS・TBSほかにて放送中のTVアニメ第2期『呪術廻戦』「渋谷事変」。呪詛師の夏油傑と夏油が呪霊達によって、大規模戦闘がハロウィンの渋谷で勃発! さらに、呪術界最強の五条悟が封印され、呪術師たちは総力を上げて戦います。今回は、釘崎野薔薇役の瀬戸麻沙美さん、七海建人役の津田健次郎さん、重面春太役の羽多野渉さんによる鼎談インタビューが実現!「渋谷事変」の感想や放送されたばかりの第2期12話(第36話「鈍刀」)についてお話を伺っています。渋谷事変は重い気持ちになるけれど、何度繰り返し読んでも面白いーー「渋谷事変」の原作やシナリオを読んだ時の物語の印象の感想を教えてください。瀬戸:私は第2期が始まってから読み進めました。「渋谷事変」の原作連載当時は事前にスタッフさんが色々気を遣ってくれていたこともあって、軽くしか読んでいなくて。けれど、第2期が始まる時に本格的に読み始めたら、正直重い気持ちになってしまいました。今は、野薔薇の大事なシーンに向けてどうしていこうかと、原作を読みながら考えています。「渋谷事変」全体を通しては、あまりにも大きすぎる強さの戦いだなと。これまでの物語でみんなすごく強い戦いをしてきたし、ひとりひとりがすごい...
関連記事
浪川大輔さんが“声優・榎木淳弥”を分析? 何度も録り直した虎杖vs脹相を振り返り! アニメ『呪術廻戦』「渋谷事変」榎木淳弥さん&浪川大輔さんインタビュー
現在、好評放送中のTVアニメ『呪術廻戦』第2期「渋谷事変」。第37話「赫鱗」(第2期13話)では、弟の壊相(えそう)と血塗(けちず)の敵討ちに燃える脹相が念願の虎杖との戦いが実現。肉弾戦の様相を呈し、虎杖も戦いながら策を練るも、その予想を遥かに超える脹相の強さに、気絶してしまう。とどめを刺そうとした脹相の脳裏に、「存在しない記憶」がよぎり、混乱の末、現場を離脱。そこに夏油(げとう)一派の菜々子と美々子が現れて……。脹相に何が起こったのか、そして菜々子と美々子は何をしようとしているか? 謎が謎を呼ぶ回でした。当サイトでは第2期シリーズ開始を記念して、キャスト陣のインタビューシリーズをお送りしています。今回は第37話で激闘を繰り広げた虎杖役の榎木淳弥さんと脹相役の浪川大輔さんの対談です。第37話の戦いの振り返りからお互いの印象や分析まで話題が膨らんだ対談をお楽しみください。収録で二人に出されたディレクションは「もっと平坦に」!?――第37話「赫鱗」は虎杖と脹相の激闘の様子が中心に描かれていましたが、振り返ってみた感想をお聞かせください。脹相役 浪川大輔さん(以下、浪川):脹相が虎杖を気絶させて、とどめを刺そうとしたところで、「存在...
関連記事
冥冥の燃えたぎる闘争心が言葉に乗った第38話(第2期14話)! 姉様との共闘で思わずキュン!? 『呪術廻戦』第2期「渋谷事変」第38話放送後インタビュー|冥冥役・三石琴乃さん×憂憂役・三瓶由布子さん
MBS・TBSほかにて放送中のTVアニメ『呪術廻戦』第2期「渋谷事変」。第38話「揺蕩」では、疱瘡神(疱瘡婆)と交戦状態に入ると、いきなり領域展開されて棺桶に閉じ込められた冥冥。墓石に押しつぶされるピンチに陥るものの憂憂を呼び寄せて疱瘡神を撃破。そして舞台は渋谷に移って、真希、七海、直毘人と陀艮の戦いへと移ります。今回は冥冥役・三石琴乃さんと、今シリーズから初登場の憂憂役・三瓶由布子さんの姉弟対談をお届け。第38話の激闘の振り返りからお互いのキャラの印象や掛け合いされた感想、初共演作品のエピソードまで、語っていただきました。鮮烈な印象を与えた「私のために死んでくれるかい?」――先日、放送された38話を振り返っての感想と印象的なシーンをお聞かせください。冥冥役・三石琴乃さん(以下、三石):やっぱり戦闘シーンが印象深いですね。憂憂役・三瓶由布子さん(以下、三瓶):見せどころですからね。三石:気持ちが高ぶっているはずなのに表面的には淡々としている冥冥が、圧を強めにしゃべったり、燃えたぎる闘争心が言葉にのっかるシーンが個人的なオススメでしたがいかがでしたか?(笑)三瓶:今まで淡々と語っていた冥冥がどう戦うのか説明しながら戦っている...
関連記事
懸命に、そして必死に戦った彼らの人生を受け取ってほしい――『呪術廻戦』第2期「渋谷事変」第39話(第2期15話)放送後インタビュー|禪院真希役・小松未可子さん×七海建人役・津田健次郎さん×禪院直毘人役・中田譲治さん
MBS・TBSほかにて放送中のTVアニメ『呪術廻戦』第2期「渋谷事変」。第39話「揺蕩-弐-」(第2期15話)では、陀艮(だごん)との戦いで圧倒的に押されていた真希、七海、直毘人(なおびと)の3人でしたが、伏黒が途中参戦。状況が好転するように思えた中、今度は敵なのか味方なのか不明の甚爾(とうじ)が現れて陀艮を撃破。戦闘後危機を脱したかと思ったその時、陀艮の仲間の漏瑚(じょうご)が突如出現して真希、七海、直毘人を圧倒。その後漏瑚は気絶している虎杖に両面宿儺の指を取り込ませる。顕現した宿儺に取引を持ち掛ける漏瑚だが…。今回は第2期38~39話で陀艮と戦った真希役の小松未可子さんと七海役の津田健次郎さん、直毘人役の中田譲治さんの座談会をお届け。第38~39話の熱く厳しい戦いを振り返っていただきました。陀艮に終始圧倒され、更なる強敵も続々と出現して、津田さんいわく「しんどかった」第39話――まず先日放送された第39話を振り返った感想や印象なシーンをお聞かせください。七海建人役・津田健次郎さん(以下、津田):第38話から第39話まで陀艮にやられっぱなしで。この「渋谷事変」になって、ずっとしんどい時間が続いている感じがします。禪院真希役・小松未可子さん(...

TVアニメ『呪術廻戦』作品情報

●第1期 
Blu-ray&DVDシリーズ 第1巻~第8巻発売中!
TVシリーズ 各動画配信サービスで配信中!
●第2期
毎週木曜23:56~MBS/TBS系列全国28局にて放送中!

イントロダクション

少年は戦うーー「正しい死」を求めて

集英社「週刊少年ジャンプ」で連載中の、芥見下々による漫画作品『呪術廻戦』。
2018年3月から連載が開始され、人間の負の感情から生まれる呪いと、それを呪術で祓う呪術師との闘いを描き、既刊20巻にしてシリーズ累計発行部数は驚異の7,000万部を突破。

2020年10月から2021年3月までは毎日放送・TBS系列にてTVアニメ第1期が放送され、国内のみならず全世界で大きな反響を呼んだ。さらに、同年12月24日、第1期の前日譚にあたる物語が描かれる『劇場版 呪術廻戦 0』を上映し、全世界で一大ムーブメントを巻き起こした。

そして、2023年に放送が決定している第2期で描かれるのは、五条 悟と夏油 傑の高専時代の物語「懐玉・玉折」。劇場版にて示唆された五条と夏油の決別した過去がついに明らかとなる。

さらに、連続2クール内にて「懐玉・玉折」の後、第1期から続く時間軸の物語「渋谷事変」も描かれることが決定。10月31日、ハロウィンで賑わう渋谷駅周辺に突如“帳”が下ろされ大勢の一般人が閉じ込められる。単独で渋谷平定へと向かう五条だが、これは夏油や真人ら呪詛師・呪霊達による罠だった…。虎杖、伏黒、釘崎といった高専生のメンバーや呪術師たちも渋谷に集結し、かつてない大規模な戦闘が始まろうしていた。

呪いを廻る壮絶な物語が再び廻りだすー

「渋谷事変」ストーリー

最後に笑うのは、人か―呪いか―

「五条 悟は 然るべき時 然るべき場所
こちらのアドバンテージを確立した上で封印に臨む
決行は10月31日 渋谷」

2018年10月、特級呪霊による交流会の襲撃以降呪術高専内の緊張が高まる中、ついに内通者の正体が判明する。
果たして内通者は誰なのか、その目的とは―!?

そして、2018年10月31日。
ハロウィンで賑わう渋谷駅周辺に突如“帳”が降ろされ大勢の一般人が閉じ込められる。“一般人のみが閉じ込められる帳”という高度な結界術に加え、一般人を介して告げられた「五条 悟を連れてこい」という指名から、上層部は被害を最小限に抑えるために五条単独での渋谷平定を決定する。

罠を仕掛け待ち構える夏油や真人ら呪詛師・呪霊達、そこに単独で乗り込む五条、さらには“帳”の外側に集結した虎杖、伏黒、釘崎、七海、そして数多くの呪術師たち。

渋谷に集結した呪術師VS.呪詛師・呪霊の
かつてない大規模な呪い合いがついに始まる―!!

STAFF

原作:「呪術廻戦」芥見下々(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:御所園翔太
シリーズ構成・脚本:瀬古浩司
キャラクターデザイン:平松禎史・小磯沙矢香
副監督:愛敬亮太
美術監督:東 潤一
色彩設計:松島英子
CGIプロデューサー:淡輪雄介
3DCGディレクター:石川大輔(モンスターズエッグ)  
撮影監督:伊藤哲平
編集:柳 圭介
音楽:照井順政
音響監督:えびなやすのり
音響制作:dugout
制作:MAPPA

主題歌

「懐玉・玉折」オープニングテーマ:キタニタツヤ「青のすみか」(Sony Music Labels)
「懐玉・玉折」エンディングテーマ:崎山蒼志「燈」(Sony Music Labels)
「渋谷事変」オープニングテーマ:King Gnu「SPECIALZ」
「渋谷事変」エンディングテーマ:羊文学「more than words」(F.C.L.S./Sony Music Labels)

CAST

虎杖悠仁:榎木淳弥 
伏黒 恵:内田雄馬
釘崎野薔薇:瀬戸麻沙美
五条 悟:中村悠一
真人:島﨑信長
夏油 傑:櫻井孝宏
両面宿儺:諏訪部順一

公式サイト
公式ツイッター(@animejujutsu)

関連CDの購入はこちら

BD&DVDの購入はこちら

(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

呪術廻戦 渋谷事変の関連画像集

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング