声優
声優・熊谷健太郎さん、アニメキャラクター代表作まとめ(2024年版)

声優・熊谷健太郎さん、『アイドルマスター SideM』『A3!』『ダンジョン飯』『千銃士:Rhodoknight』『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』など代表作に選ばれたのは? − アニメキャラクター代表作まとめ(2024 年版)

『アイドルマスター SideM』握野英雄


・熊ちゃんと英雄さんの雰囲気が似ておりライブでのソロ曲で優しい雰囲気に泣きました。(30代・女性)


・優しい英雄くんに何度も救われて来ました。

いつも丁寧に演じてくださり感謝でいっぱいです。(20代・女性)


・熊谷さんの演技がキャラクターの誠実さやかわいさ、かっこよさを最大限引き出しているから。(10代・女性)


・英雄の優しさが伝わってくる温かい声で、8thライブでのソロ曲「アトモスフィア」は心に沁みました!(10代・女性)


・声から英雄の誠実さ、優しさ、強さが伝わってくるようで本当に熊谷健太郎さんに演じていただけてよかった…(40代・女性)


・熊谷さんの力強くも優しい声が、誰かに寄り添うためにアイドルになった英雄らしさを形作っていると思います。(10代・女性)


・見た目が怖いことを悩んでいる英雄からこんなに甘いパンケーキのような声を当ててくれてありがとうございます。(20代・女性)


・熊谷さんを知った初めての作品です。

ここから熊谷さんの優しさ、演技にかける思いなどが分かってファンになりました(30代・女性)


・強面のキャラデザインに熊谷さんの優しく落ち着いた声のギャップが最高です

ライブで聞いた英雄さんのソロ曲も素敵でした(30代・女性)


・孤独を抱えている人や毎日頑張っている人へ、安らぎや暖かさを届けたいという願いが籠った寄り添う様な声がとても好きです。(30代・女性)


・舞台での劇中劇やライブでもパフォーマンスが握野英雄そのものでした。

感情が声だけでなく表情に出る演技はとても素敵で感動しました。(10代・女性)


・SideMがきっかけで熊谷くんのファンになりました。

優しく力強く語りかけてくれる声、元気をくれる歌声、優しい歌声、全部大好きです。(30代・女性)


・何年経っても変わらずひたむきに、表現の幅は年々広がり英雄の伝えたい想いの厚みを増やしステージに立って届けてくれる姿がとても好きだから。(20代・女性)


・様々な「理由(ワケ)」があってアイドルになった315プロダクションの優しさと強さが大好き。

中でも元警察官の握野英雄は誰にでも寄り添ってくれるヒーローです。(40代・女性)


・時には強く励ましてくれて、時には優しく寄り添ってくれるような声が英雄のキャラクターをより深めてくれていると思います。

ライブでのパフォーマンスも英雄そのもの!(30代・女性)


・「行き場のない子ども達を歌の力で助けたい」という夢を持つ、握野さんの歌声を見事に演じていらっしゃると思います。

優しく背中を押してくれるような声が印象的です。(30代・男性)


・アイドルとしての握野英雄のことを1番に考えて演じてくれている。

ライブやイベント等でも「英雄ならこう言う」ということを常に考えてくれている。

キャラに対する愛情が深い。(30代・女性)


・キャラクターに寄り添った演技や表現の仕方に感動しました。

元警察官で、現アイドルという複雑な役柄ながら引き寄せられるような表現の仕方はずっと拝見していたいと思いました。(20代・女性)


・私が熊谷健太郎さんに出会った作品で、辛かったときも握野英雄さんの言葉で頑張ることが出来たからです!!

ライブのときの心のこもった歌や全力のパフォーマンスも印象に残っています!(10代・女性)


・熊谷さんは、そのキャラクターが今、誰に向けて話しかけているのか、誰を思っているのかを声に乗せてそのキャラクターの気持ちを、ストンとこちらに届けてくれるところが素敵だと思います(30代・女性)


・熊谷さんの声がとても透き通っていて、歌を通して人を助けようとしている握野英雄にピッタリだと思うから。

ライブなどで握野英雄を背負っている時の熊谷さんがいつも以上に輝いて見えてそれがとても好きです。(20代・女性)


・熊谷さんが初めてオーディションで合格した役であり、原点。

コワモテの見た目の英雄だけども優しい内面を持つところが熊谷さんの優しい声にピッタリでライブでのパフォーマンスもヒーローのようにカッコ良い!(40代・女性)


・英雄の優しいところや頼もしいところをうまく引き出す熊谷さんのお芝居やお声が素晴らしいです。

楽曲の甘くて優しい歌声も、「子どもたちに君は1人じゃないと伝えたい」という英雄の思いを上手く汲み取っていると思います(20代・女性)


・彼の性格や思想に熊谷さんの声室がとてもマッチしていて、彼のまっすぐな思いを具現化する言葉が、熊谷さんの声を通してストレートに心の中に入ってくる。

熊谷さんが英雄さんの言葉を届けてくれることに、とても感謝しています。(20代・女性)


・見た目が怖がられやすいギザ歯の英雄くんですが、声がとっても甘く、勧めた友人には声が思ったよりも優しかったとよく言われ、でも、声だけじゃないんだよ……実は甘いものが好きでね、、と、英雄の布教活動がとても捗っています

ありがとうくまちゃん……命を吹き込んでくれてありがとう(10代・女性)


・役の演技も声も大好きですが、特に歌声が好きです。

曲によって、聞いてる人を励まして背中を押してくれる明るさと力強さであったり、そっと寄り添って明日の生きる希望を示してくれる柔らかさと優しさであったりと、聞いている人を思って歌ってくれているような歌声が本当に素敵で、いつも勇気を貰っています。(10代・女性)


・英雄の元気さ、お兄ちゃんっぽさ、そしてその優しさが熊谷さんの声からにじみ出ていると感じました。

FRAMEや英雄の歌に励まされたり元気をもらっているという人は少なくないのではないかと思います。

また、英雄と熊谷さんにはパンケーキ好きだったり兄だったりという共通点があり、そこも好きなところです。(10代・女性)


・誰だってひとりじゃないと伝えるため、みんなを笑顔にするためにアイドルという職業を選んだ、23歳という年齢にして壮大な目標のために目の前の仕事に全力で取り組む姿勢に「私も頑張ろう!」と励まされます。

恥ずかしながら最近彼の存在を知ったので、これから沢山コンテンツに触れて応援していけたらと思います。(30代・女性)


・『お前達は誰だって一人じゃないんだ!!』英雄の決め台詞を初めて聞いた瞬間、その真っ直ぐで爽やかな声色がキャラクターにとてもマッチしていて、台詞に説得力がとてもありました。

ライブでも、熊谷さんご本人の身体能力が高く、力強くも甘い歌声がキャラクターにとてもよく合っていて、とにかくキャラクターの『実在性』が高いと思いました。(30代・女性)


・私が熊谷さんと出会えたのはアイドルマスターSideMのおかげです。

強面とも称される英雄から発せられる熊谷さんの声は甘くて優しさがあり、英雄のギャップをより一層引き立たせていると思います。

最近では昨年行われた周年ライブでのソロ曲が印象深いです。優しく甘く、けれど力強く『アトモスフィア』を歌い上げる熊谷さんの歌声と姿がとても胸に響きました。

今まで何度も抱いた気持ちですが、英雄の声優さんがくまちゃんで良かった、とまた改めて思いました。(30代・女性)


・強面で自然に笑うのが苦手であると感じながらも、どこまでも子供に真摯な優しい人であり、ユニットメンバーやプロデューサーに対しても仲間としての思いやりを忘れない、それでいてちゃめっ気もある。

熊谷健太郎さんは握野英雄さんに声質が合うのもさることながらそういったギャップや感情の機微を表現されるのがとてもお上手で、あらゆるパフォーマンス面において握野さんを完璧に演じていらっしゃいます。

聴いていておのずと安心してしまうような、優しいお声の方だと思います。(10代・女性)


・1番最初に熊谷さんを知ったのが、握野英雄役のお仕事でした!

そこから約7年、日々熊谷さんが演じられる握野英雄と、ゲームや楽曲、ライブや朗読劇を通じて、日々とても楽しく、そして落ち込んだ時には背中を押してもらいながら過ごさせてもらっています。

熊谷さんの優しく、あたたかな声や演技にいつも勇気をもらっており本当に感謝です。

誠実で仕事熱心な握野英雄の姿も熊谷さんの人物像ぴったりで、やはり!アイドルマスターSideMの握野英雄が熊谷さんにとっての代表作だと思います!(30代・男性)


・熊谷健太郎さんを知ったのは正直アニメではなくて、某BLCDだったのですが、その声を一声聞いてから虜になりまして…。

もっと知りたくなって追って行くうちに、ここにたどり着きました。

なんといっても初めてオーディションに受かった作品(キャラ)とのことですし、LIVEを見て本当に勇気と元気をもらいましたし、とても感動しました。

今どこで、どんな新しい作品をキャラを見ても、握野英雄くんが頭の中に浮かぶんです。

そのくらい、熊谷健太郎さんもこの作品もキャラも本当に大好きです。(30代・女性)


・握野さんは見た目はギリっとしていて子どもに泣かれてしまうことが多いキャラクターですが、心がすごく素敵で綺麗な方で「ひとりじゃない」と、優しく大きな声で歌や活動を通して言っていたり笑顔も素敵で声を担当している熊谷健太郎さんの握野さんを演じようという熱い気持ちがライブの時に伝わってきたり歌を歌ってるときの優しげな表情、笑顔、ダンス、顔や手の仕草etc...

とても大好きで熊谷さんを応援しようと思ったきっかけでもある作品・キャラクターなので握野英雄さんを選択しました!(10代・女性)


・私が熊谷健太郎さんのお名前とお声とお顔を覚えた作品です。

NHKさんのテレビ番組で初めて熊谷健太郎さんと、濱健人さん、増元拓也さんを見た時、センターに立つ熊谷健太郎さん(握野英雄さん)がとてもかっこよくて、体全体を使って表現してて、伝えたいことが100%全ての人に伝わることはないけど、できる限り届けたい!という思いを感じました。

後から熊谷さんが出演される他の作品も見たりしていますが、私の中で熊谷さんの印象が一番強い作品のキャラクターは握野英雄さんです!

熊谷さんお誕生日おめでとうございます!(10代・女性)


・熊谷さんが初めてオーディションで掴み取ったキャラということもありとても印象的です。

さわやかでとてもききやすい声質で、曲によってはPやファンが彼女や子供目線になれて英雄さんが寄り添ってくれると思わせてくれるような歌声をだしていて、素晴らしい演技と声の持ち主ということがわかります。

リアルライブでは、熊谷さんがとてもファンサをしていたりとても綺麗な声で歌っていたりキレッキレのダンスを踊っていてアイドル感満載で、もはや英雄さんにしかみえなくなります。

熊谷さんがなるべくしてなったといっても過言ではありません。(10代・女性)


・「FRAME」と言う、元消防団員・元警察官・元自衛隊員というメンバーで構成されたこのユニットの、いかつい人です。

よく間違われますが、内面はめちゃくちゃ良い人って感じ。ライブでもゲームでもその人柄の良さがよく出ていると思います。

特に熊ちゃんは英雄のキャラに近い印象を受けました。

FRAMEは職業柄、防災系のコラボ商品が多いです。その影響か、最近ではNHKさんでもニュース特集として取り上げられることも。

お正月には大変な災害がありました。そんな時でも、ファンの心に寄り添ってくれるFRAMEに最大限感謝をしたいと思います。(20代・女性)


・子供が好きなのに怖がられる英雄の内面から滲み出る優しさ、「歌で想いを届けたい」という英雄の信念が伝わる温かくてまっすぐな歌声など、繊細な演技が本当に好きです。

熊谷さん自身がsideMのラジオなどで語る英雄の印象や楽曲のコンセプトの理解も解像度が高く、この方に英雄を演じてもらえてよかったといつも感じています。

sideMには劇中劇もあるのですが、ボイスありのストーリーなどを読むと、英雄が演技没入型だと言われる所以を痛感します。

10周年を間近に控え、日々着々と歩みを進める英雄と熊谷さんをこれからも応援させてください!(30代・女性)


熊谷健太郎さんの代表作記事一覧

声優・熊谷健太郎さんのみんなが選んだ代表作記事 [2024]

誕生日(2月16日)の同じ声優さん

吉岡麻耶(よしおかまや)
成瀬瑛美(なるせえいみ)
熊谷健太郎(くまがいけんたろう)

2月誕生日の声優一覧

誕生日記念 代表作アンケート募集中

下記の声優さんがもうすぐお誕生日です。
皆様の代表作に関するコメントをお待ちしております。

2024年6月

6月1日生まれ - Lynnさん
6月3日生まれ - 廣瀬大介さん
6月4日生まれ - 小林千晃さん
6月4日生まれ - 下地紫野さん
6月8日生まれ - 宮野真守さん
6月11日生まれ - 関俊彦さん
6月11日生まれ - 津田健次郎さん
6月13日生まれ - 阪本奨悟さん
6月15日生まれ - 日高里菜さん
6月22日生まれ - 小野友樹さん
6月23日生まれ - 竹達彩奈さん
6月26日生まれ - 中島ヨシキさん
6月26日生まれ - 花江夏樹さん
6月28日生まれ - 小原好美さん
6月29日生まれ - 木村昴さん

2024年7月

7月6日生まれ - ファイルーズあいさん
7月11日生まれ - 七瀬彩夏さん
7月16日生まれ - 茜屋日海夏さん
7月17日生まれ - 松田颯水さん
7月17日生まれ - 加藤渉さん
7月23日生まれ - 鈴木愛奈さん
7月28日生まれ - 仲村宗悟さん
7月30日生まれ - 木村良平さん

代表作アンケートを募集してほしい声優さんの情報はこちらからお問い合わせください。
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024春アニメ何観る
2024年春アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング
目次
目次