音楽
ReoNa、残してきた足跡|ReoNa5th anniversary スペシャルインタビュー第2回

ReoNa アルバム『HUMAN』に至るまで、音楽の旅路を振り返る|5周年&クラウドファンディング開催記念インタビュー第2回

アーティストデビュー5周年というひとつの節目を迎えたReoNaさん。クラウドファンディングサービス「ソレオス」にて、ReoNaさんが5年間にリリースしたCDの衣装姿をデフォルメ化したラバーフィギュアの製作プロジェクトが2024年4月1日18時00分より開始となる。それを記念して、アニメイトタイムズでは全3回に渡るインタビューを実施中だ。第2回目となるインタビューでは、ソロデビュー前から歌ってきた初のオリジナル楽曲「怪物の詩」が収録された『Null』以降、現在に至るまでのReoNa作品を振り返っていく。

 

 

前回のインタビューはこちら

関連記事
ReoNa5th anniversaryを迎えたReoNaがこれまでの軌跡を楽曲と共に振り返る|5周年&クラウドファンディング開催記念インタビュー第1回
アーティストデビュー5周年というひとつの節目を迎えたReoNaさんは、19歳の少女から25歳の大人の女性となった。初めてインタビューした時の、彼女の言葉は未だに覚えている。「死ぬまで歌い続けてやろうって気持ちがあります。私、お歌が無くなったら他にできることってないんです」。何者でもない少女が歌ってきた名前のついていない絶望が、ザラザラした痛みに一対一で寄り添う『HUMAN』になるまで。アニメイトタイムズでは、クラウドファンディングサービス「ソレオス」にて、ReoNaさんが5年間にリリースしたCDの衣装姿をデフォルメ化したラバーフィギュアの製作プロジェクトが2024年4月1日18時00分より開始することを記念して、これまでの作品を手に取りながら、歌に人生を掛けてきた、彼女のその生き様と覚悟を全3回のインタビューで振り返る。第1回のインタビューでは、この5周年を振り返りつつ、“初期”ReoNaと言える2作「SWEETHURT」「forget-me-not」について語り合った。  お歌を歌って生きていきたい、そう願い続けて。――5周年を振り返ってみて、いちばん思い出に残っていることというと?ReoNaさん(以下、ReoNa):こういったインタビューやファンの方からいただくコメントや写真な...

 

絶望系アニソンシンガーの原点

――では『Null』、『ANIMA』についてそれぞれおうかがいできればと思います。このブロックは、カッコよさが際立っているアートワークの印象です。

ReoNa:『Null』は、カメラマンの岡田貴之 さんと初めてご一緒した作品で、HELLCATPUNKSさんもここからスタイリストとして入っていただいてます。絶望系アニソンシンガーの中で言うと「ReoNaの原点」に立ち返った作品となりました。

――『Null』はReoNaの人生のスタート地点を表現した ReoNa ZERO"と呼べるプロジェクトのひとつでしたね。ReoNaがシンガーとして"ステージに立つ道を選んだ原点が、楽曲にもアートワークにも描かれました。撮り下ろしブックレットの写真はモノトーンで統一されています。

ReoNa:『Null』の撮影のことはすごく覚えているんです。スタジオの他、街中でも写真を撮りました。カッコいい写真が多かった印象です。全身まっくろのワンピースに、ハードめな黒のライダースを身にまとって、衣装ではあるんですけども、「全身真っ黒って落ち着くなぁ」と思っていて。「unknown」(1stアルバム)、「HUMAN」(2ndアルバム)や「Alive」(7thシングル)など、以降、白い衣装を着ることも増えてきましたが、当時のReoNaのお歌を受け取ってくれていた方は、黒のイメージが強いかもしれません。

 

関連記事
衝撃的なはじまりの一言は“こだわり”、彼女自身に光を当てた「Null」、音と言葉で紐解いていくReoNaさんの原点/ロングインタビュー前編
背中を押さない、手も引かない。"応援"するのではなく、共感をテーマに掲げ"代弁者"として歌を届ける絶望系アニソンシンガー・ReoNa。3rdシングル『Null』を8月28日にリリースした。今作は、ReoNaの人生のスタート地点を表現した"ReoNaZERO"と呼べるプロジェクトのひとつ。ReoNaがアニメ主題歌を歌うことになった原点=TVアニメ『ソードアート・オンラインオルタナティブガンゲイル・オンライン』の劇中アーティスト・神崎エルザとしてのシングル『Prologue』に続き、ReoNaがシンガーとして"ステージに立つ道を選んだ原点を描く。今回は『Null』、および"ReoNaZERO"にまつわるインタビューを前後編に渡り公開していく。前編では、シングル「Null」の楽曲についてのお話から。ReoNaゼロプロジェクト――まずはReoNaZEROを立ち上げたキッカケを改めて教えていただけますか。ReoNa:6月26日に"神崎エルザstarringReoNa"の名義で、エルザの生い立ちや原点を描くCD『Prologue』を出すことが決まった際に、合わせて私自身についても考えて「ReoNaとはこういう人です」というのを形にできたらいいなと思ったんです。そこで、神崎エルザとしてのシン...

 

見逃してしまいそうな景色をキャッチ

―― 一方、『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』2ndクールのオープニング・テーマ「ANIMA」は「魂の色は何色ですか」と問いかける曲。カメラマンは、昨今おなじみの平野タカシさん。どことなくスチームパンクっぽい雰囲気が漂っています。

ReoNa:「ANIMA」では、初めて工場地帯で撮影をしました。コンテナっぽい場所、無機質な倉庫っぽい建物などに行って。平野さんはシチュエーションの切り取り方が独特で。私の感覚であれば見逃してしまいそうな場所でも、アート性や面白さを見出してくれるんです。「ちょっと、そこ座ってもらっても良い?」って言われた場所が、平野さんのフィルターを通すと、肉眼で見たものとはまったく違うものとなる。

――しかも一切合成されていないんですよね。だからこその生々しさが息づいているというか……。

ReoNa:ブックレットを見ると、カッコいい写真が多いなと思います。「ANIMA」の時はシルエットにこだわって、丈を微調整してもらっていたことを覚えています。ワンピースもレザーで、ライダースにはダメージっぽい加工が入っていて。曲のロックさに負けないように、ビジュアルもロックテイストでした。

――MVは初のバンドセットでしたね。

 

関連記事
背中を押さない、手も引かない──代弁者としてひたすら絶望に向き合ってきたアニソンシンガーReoNaの “寄り添う”の根本に在る誠実さ|インタビュー前編
衝撃のデビューからもうすぐ2年。一貫して、日々の絶望、複雑な心の色彩を"代弁者"として紡いできたアニソンシンガー・ReoNa。最新シングルでは、<魂の色は 何色ですか>と力強く、あなたに問いかける──TVアニメ『ソードアート・オンラインアリシゼーションWarofUnderworld』2ndクールのオープニング・テーマ「ANIMA(読み:アニマ)」と、家庭用ゲーム『ソードアート・オンラインアリシゼーションリコリス』のオープニング・テーマ「Scar/let(読み:スカーレット)」。それぞれの作品の放送・発売が新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となったため、シングルも発売日が延期となっていたが、満を持してリリースを迎える。この取材が行われたのは3月上旬。ReoNaのワンマンツアーが延期(現在は中止)となった直後であった。混沌とした状況のなかでも、彼女の信念は揺らぐことはなく(むしろより凛として見えた)、約二時間半、“一対一”でじっくり思いの丈を話してくれた。彼女の誠実さが浮き彫りになったインタビュー。多くの人に届いてほしい。 聴き手に、作品に、寄り添ってきた一年半──今作の最新シングルは『ソードアート・オンラインアリシゼーション』シリーズのアニメ、ゲームのW...

 
ReoNa:曲が激しいだけに、MV撮影もとても気合いが入っていました。「ANIMA」のデフォルメラバーフィギュアがどのような雰囲気になるのか、個人的にはとても楽しみです。

――曲としても、アートワークとしても挑戦的だった曲。この曲でReoNaを知ったというファンが多いと思います。ReoNaにとって、エポックメイキングな曲ですね。

ReoNa:いろいろな方が出会ってくださった曲だと思っています。
 

――平野さんが写真を手掛けるようになってから、シルエットの写真も増えたように思います。それこそ『unknown』でもシルエットが印象的です。

ReoNa:屋上にいたときに「そこに座ってみて」って。それこそ見逃してしまいそうな景色の中で、ぱっと横を向いた瞬間を切り取ったものです。

――その一方、1stアルバム『unknown』はReoNaさんの目力も印象的。

ReoNa:この日の撮影のことはものすごく覚えているんです。爆炎天下で……。

――爆炎天下(笑)。

ReoNa:ものすごい陽の光を浴びながら撮っていたんですけど、カメラを向けられると自然と汗が引いて……ということを覚えています。

 

関連記事
「それは優しいあなたのせいじゃない」。“絶望系アニソンシンガー”ReoNaとして、名もなきお歌で、名もなき絶望を歌った1stアルバム|インタビュー
先日最終回を迎えたばかりのTVアニメ『ソードアート・オンラインアリシゼーションWarofUnderworld』で「魂の色は何色ですか」──と問いかけ続けた絶望系アニソンシンガー・ReoNa。デビューから2年を経て、いよいよ待望の1stフルアルバム『unknown(アンノウン)』をリリースする。タイトルトラック「unknown」は、新進気鋭のボカロP・傘村トータが手掛けたミディアムナンバー。ReoNaの“これまで”を共に作ってきた毛蟹やハヤシケイをはじめ、デビュー楽曲でも編曲を手掛けたクリエイターチームPRIMAGIC、神崎エルザstarringReoNaとしての楽曲も手掛けるrui(fade)や草野華余子、PENGUINRESEARCHの堀江晶太など、豪華クリエイターが集結した。全12トラック。絶望に絶望した人の経験のある人、今絶望のなかにいる人、全てに届いて欲しい。あなただけの、温かな光が灯るはずだ。“名もなきお歌で名もなき絶望を歌う”というテーマ──8月29日に、ソロデビューシングル『SWEETHURT』リリースから2年を迎えられ、いよいよ1stアルバムがリリースされます。この2年を振り返ってみると、どんな思いがありますか?ReoNaさん(以下ReoNa):2年という時間は、とてつもなく長い期間のように感じていました。デビューの時は...

 

――ReoNaらしさが詰まったアートワークからまた一転、『ないない』は『シャドーハウス』にがっつりと寄り添ったコンセプチュアルなアー写とジャケ写です。

ReoNa:この時にはじめてカメラマンの桑島智輝さんとご一緒したんです。それこそ、『シャドーハウス』とのご縁もここから生まれました。

ビジュアル面も曲調もこれまでとは違ったものになるタイミングということもあって、どのように受け取ってもらえるのか直前までドキドキしていました。ただ、原作を読んだ方には、歌詞に関しても、アートワークに関しても「この構図って、もしかして」と思ってもらえたんじゃないかなと思っています。生き人形、おかげさま……それこそ、このジャケット写真もそうですけども。

『ないない』が2021年5月……もう3年近く経つと思うと、あっという間ですね。

 

関連記事
絶望系アニソンシンガーの名のもと、孤独や哀しみに寄り添い進化を続けるReoNa TVアニメ『シャドーハウス』のエンディングテーマ「ないない」で未知の扉を開くまで/インタビュー前編
4月からTOKYOMXほかで放送中のTVアニメ『シャドーハウス』(原作:ソウマトウ)は、顔のない一族「シャドー」と、その“顔”としてシャドーに仕える世話係の「生き人形」が織りなすゴシックミステリーだ。物語の最後を飾るのは、ReoNaの「ないない」。ゴシック/クラシックとエレクトロを融合したサウンドで、『シャドーハウス』の妖しげな美しさと世界観を(毒にも近い苦味を忍ばせながら)醸し出した本作は、観るものに深いふかい余韻を残す――。その「ないない」をタイトルとしたシングルが、5月12日(水)に待望のリリース。初回生産限定盤(CD+DVD)、通常盤(CD)、期間生産限定盤(CD+DVD)には、「ないない」の他、多角的に絶望に寄り添った3曲と「ないない」のインストナンバー・TVサイズバージョン(それぞれの盤に新曲2曲ずつ)が収められている。下記インタビューは「ないない」が生まれるまでの軌跡を辿ったもの。後半のインタビューでは、本作のMV、収録曲の制作エピソードについてたっぷりと話を聞いているので、楽しみに待っていてほしい。新しいReoNaらしさが生まれた「ないない」――『シャドーハウス』のミステリアスな世界観に寄り添った「ないない」という素晴らしい曲が届きました。タイトルだ...

 

 

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

ディズニープラス独占最速配信
今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング