音楽
「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 10th LIVE ≪LIVE ANIMA≫」DAY1公式レポ

新ゲームアプリの主題歌も初披露! 「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 10th LIVE ≪LIVE ANIMA≫」DAY1公式レポートが到着

音楽原作キャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク』(通称:『ヒプマイ』)。

2017年のプロジェクト開始以来、池袋サンシャインシティの噴水広場を皮切りに、大阪城ホールやぴあアリーナMMなど、ライブの回数を着実に重ねてきたこのプロジェクトの、記念すべき10回目のライブとなる「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 10th LIVE ≪LIVE ANIMA≫」が、2日間にわたって幕張メッセにて行われました。

アニメ楽曲やEP収録楽曲の初披露など、10周年ライブにふさわしい盛り上がりを見せた、本ライブDAY1の公式レポートが到着しています。

「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 10th LIVE ≪LIVE ANIMA≫」DAY1公式レポート

複雑かつ丁寧に作られた物語とキャラクター、そしてそれを演じる声優陣の歌う楽曲群を中心に、コミカライズやアニメ、ステージなど様々な形に展開し、カルチャーシーンの中で大きな存在感を放つ、音楽原作キャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク』(通称:『ヒプマイ』)。

そのメインキャストが集結した2DAYSライブ「ヒプノシスマイク 10th LIVE ≪LIVE ANIMA≫」の1日目となる「-HOMIEs-」が4月6日、幕張メッセにて開催された。会場に加え、全国各地の映画館でのライブビューイング、そしてABEMAでも生中継された本公演。特にABEMAでの配信ではマルチアングルが取り入れられ、様々な角度からステージを体験することができ、ライブ配信の進化と新たな取組への意欲を感じさせられた。

会場の明かりが落ちると、ステージにDJ U-ICHI(HOME MADE家族)が上がり、ヒプマイ楽曲をメガミックス形式でプレイ。そして作品のメインキャストである総勢18名のメンバーがステージに揃い踏みし、ライブはTVアニメ2期「『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rhyme Anima +」の主題歌「RISE FROM DEAD」からスタート。ロッキッシュで疾走感のあるビートに、18人の声優陣がラップを刻み、その個性とキャラクターの違いを表現していく。

「まだ始まったばかりだぜ!」と山田一郎を演じる木村昴が観客に呼びかけ、楽曲はイケブクロ・ディビジョン Buster Bros!!!が歌う「Bring it on」へ。

ストリートで人気を誇ったヒップホップクルー:KANDYTOWNのRyohuとNeetzが手掛けた楽曲は、ヒプマイの中でもストリート性の強い彼らとの相性が抜群。そして鮮やかなギターリフとタフなリリックとの温度差を、ヨコハマ・ディビジョン MAD TRIGGER CREWの三人がつなぎ合わせる「ジンギ(Pay Respect)」へと展開。

ナゴヤ・ディビジョン Bad Ass Templeはオリエンタルなトラックに乗せて「SANITY」を披露。僧侶、バンドマン、弁護士というキャラの濃さを落とし込んだリリックを、声優陣はラップで見事に表現していく。

SOIL&"PIMP"SESSIONSの手掛けるジャジーで複雑なトラックが記憶に残る「New World」を歌うのは、オオサカ・ディビジョン どついたれ本舗。シリアスなメッセージを歌いながら、最後は顔芸で決めるのもオオサカらしい。MCバトルなどで注目を集めるSKRYUがラップを手掛けたシンジュク・ディビジョン 麻天狼の「Dive in」。キャラクターに寄り添ったリリックを、メンバーも楽しげに歌う姿が印象的だ。

各ディビジョンが歌うセクションのトリとなったのは、シブヤ・ディビジョン Fling Posse。「AN IDOL」の内面性の強い歌詞と、センチメンタルともいえるサビをユニゾンする3人のコンビネーションが、ライブで非常に映えた。

そして2ディビジョンごとによる共闘ソングに続き、イケブクロ、ヨコハマ、シブヤ、シンジュクという、ヒプマイ最初期を構成した4組によるDivision All Stars「ヒプノシスマイク -Rhyme Anima-」が披露され、観客からは大きな歓声があがった。

ディビジョン・ダンス・バトルによるダンスパフォーマンスに続き、ステージに登場したのは、女性で構成されるディビジョンである中王区 言の葉党。作品では中心メンバーと対立する存在であり、ヴィラネスでありながら、大きな歓声で迎えられたことは、彼女たちの人気の高さを伺わせた。そしてAwichの手掛けた「Verbal Justice」など3曲を披露し、ステージを後にした。

続いては昨年8月23日にリリースされたEP「The Block Party -HOMIEs-」サイドの楽曲が披露されるセクションへ。有栖川帝統&観音坂独歩はビッケブランカが手掛けた「Rivals!」を披露。

ツキの無さや仕事の辛さなどのネガティブな感情をポジティブに軽やかに変換していく。漫才コンビ:銀シャリと大阪の女性シンガー:大西ユカリが作詞を手掛けた「毎度!生きたろかい!~OSAKA Big Up~」は、漫才と大阪歌謡がドッキングされ、それを白膠木簓&躑躅森盧笙が演じ歌うという驚きの構成。

ヒプマイ楽曲の中でも屈指のパーティチューン「Get busy」を歌うのは波羅夷空却 & 山田二郎。WANIMAが手掛けたタテノリの楽曲をエネルギッシュに披露し、会場の観客もジャンプでその興奮を形にする。その興奮を落ち着かせるような、Eveが制作したダウンビートでメロウな「夢の彼方」を歌い上げる夢野幻太郎。

そして前山田健一とDJ KOOの手掛けた「Move Your Body Till You Die!」は、ユーロビートとエアロビクス教室のような口上が合体し、それをエクササイズしながら毒島メイソン理鶯とHOMIEsが歌い、身体を鍛える(!?)怪曲。

ラストはヒップホップシーンを築き上げたMUROと、木村昴が好良瓶太郎名義でリリックを手掛けた、山田一郎「HIPHOPPIA」。ヒップホップに賭ける情熱と希望が、会場に熱気となって伝わっていった。

ステージに再び18人のメンバーが再集結すると、今夏にリリースされるヒプマイの新ゲームアプリのアナウンスから、その主題歌となる「ヒプノシスマイク-Dream Rap Battle-」が初披露。RIP SLYMEの手掛けるポップでハイパーなビートにタイトなラップが組み合わされ、圧倒的なスピード感に貫かれた楽曲は、新たなヒプマイの代表曲になるだろう。

そしてこの日のゲストとして呼び込まれたのも、もちろんRIP SLYME。「楽園ベイベー(Remix)」や新曲の「ネオンライツ feat. WISE & おかもとえみ」(Short ver.)、そして「JUMP」と一気に駆け抜けていく。そのままRYO-Zが「HOMIEs!カモン!」と呼びかけ、ヒプマイメンバーと「SUMMIT OF DIVISIONS -HOMIEs Ver.- with RIP SLYME」を披露。この日だけの特別なコラボ楽曲に、会場の熱気は最高潮に。

MCではこの日の感想やグッズ紹介、ヒプマイメンバーも登場する5月4日開催の「EVIL A LIVE 2024」などのアナウンスが和気あいあいと話され、ラストは18人で「Next Stage」「Hoodstar +」を連続で披露。木村の「みなさんの生きる糧にヒプノシスマイクがなってくれていれば嬉しいです」という言葉に続き、メンバー全員で「ラップってたのC!」と呼びかけ、この日のライブは充実のうちに幕を閉じた。

Text by:高木"JET"晋一郎
Photo by: Akiya Uchida/Chisato Kamiishi/Kobayashi Ryunosuke

セットリスト

M1: RISE FROM DEAD
M2: Hypnotic Summer
M3: Bring it on
M4: ジンギ(Pay Respect)
M5: SANITY
M6: New World
M7: Dive in
M8: AN IDOL
M9: We go with the flow
M10: PUMP IT UP
M11: FIGHTER’S ROAD
M12: ヒプノシスマイク -Rhyme Anima-

DJ & Dance Bridge

M13: Femme Fatale
M14: Verbal Justice
M15: WINK

DJ Bridge

M16: Rivals!
M17: 毎度!生きたろかい!~OSAKA Big Up~
M18: Get busy
M19: 夢の彼方
M20: Move Your Body Till You Die!
M21: HIPHOPPIA
M22: ヒプノシスマイク-Dream Rap Battle-

SPECIAL GUEST ACT「RIP SLYME」
M23: 楽園ベイベー(Remix)~ ネオンライツ feat. WISE & おかもとえみ(Short.ver)
M24: JUMP
M25: SUMMIT OF DIVISIONS -HOMIEs Ver.- with RIP SLYME

M26: Next Stage
M27: Hoodstar +

ABEMA PPV ONLINE LIVE 情報詳細ページ

新しい未来のテレビ「ABEMA」の「ABEMA PPV ONLINE LIVE(アベマ ペイパービュー オンライン ライブ)」では、10thライブの見逃し配信を4月14日(日)まで楽しむことができる。ヒプマイライブ初のマルチアングル配信チケットも!ぜひ公演をチェックしよう。

DAY1「ヒプノシスマイク –Division Rap Battle- 10th LIVE ≪LIVE ANIMA≫ -HOMIEs-」
DAY2「ヒプノシスマイク –Division Rap Battle- 10th LIVE ≪LIVE ANIMA≫ -HOODs-」

「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 10th LIVE ≪LIVE ANIMA≫」イベント概要

■日時:4月6日(土)「ヒプノシスマイク –Division Rap Battle- 10th LIVE ≪LIVE ANIMA≫ -HOMIEs-」16:00開場 / 18:00開演

4月7日(日)「ヒプノシスマイク –Division Rap Battle- 10th LIVE ≪LIVE ANIMA≫ -HOODs-」 14:30開場 / 16:30開演

■会場(両日):幕張メッセ 国際展示場3~6ホール

■出演:木村昴、石谷春貴、天﨑滉平、浅沼晋太郎、駒田航、神尾晋一郎、白井悠介、斉藤壮馬、野津山幸宏、速水奨、木島隆一、伊東健人、岩崎諒太、河西健吾、黒田崇矢、葉山翔太、榊原優希、竹内栄治、小林ゆう、たかはし智秋、山本希望
スペシャルゲスト「RIP SLYME」

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024春アニメ何観る
2024年春アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング