アニメ
『変人のサラダボウル』大地 葉(プリケツ役)インタビュー【第5回】

『変人のサラダボウル』各話後オフィシャルインタビュー:第5回は、プリケツ役 大地 葉さん | サウナに入り、サウナで整い、夢破れ、夢をもう一度……みたいな(笑)。

出てくる登場人物が変人ばかり!? 平坂 読×カントクコンビがこの時代に放つ、天下無双の群像喜劇、TVアニメ『変人のサラダボウル』。貧乏探偵、鏑矢惣助が尾行中に出逢った魔術を操る異世界の皇女サラ。そして、サラを追ってきた女騎士リヴィア。2人は予想の斜め上をいく日常を過ごしていく。

第5話は、プロミュージシャンになるためにセクキャバで働いていたプリケツの当番回! プリケツがリヴィアと再会しサウナで整ってからの、突然の組んでいたバンドの解散……そしていろいろあって夢を諦めずに復活するまでを描いた『変人のサラダボウル』らしい怒涛の展開。

第5回は、バンドに懸ける想いが強いプリケツを演じている大地葉さんに、作品への想いを語ってもらいました。

 

関連記事
変人のサラダボウル
貧乏探偵、鏑矢惣助が尾行中に出逢ったのは、魔術を操る異世界の皇女サラだった。なし崩し的にサラとの同居生活を始める惣助だが、サラはあっという間に現代日本に馴染んでいく。一方、サラに続いて転移してきた女騎士リヴィアは、ホームレスに身をやつしながらも意外と楽しい日々を送る。前向きにたくましく生きる二人の異世界人の姿は、惣助のほか、鬼畜弁護士、別れさせ工作員、宗教家といったこの地に生きる変わり者達にも影響を与えていき――。作品名変人のサラダボウル放送形態TVアニメスケジュール2024年4月4日(木)〜TBS・BS11ほかキャスト鏑矢惣助:古川慎サラ・ダ・オディン:矢野妃菜喜リヴィア・ド・ウーディス:M・A・Oプリケツ:大地葉皆神望愛:藤田茜愛崎ブレンダ:沼倉愛美永縄友奈:高田憂希閨春花:真野美月草薙勲:上田燿司タケオ:立花慎之介鈴木:鳥海浩輔スタッフ原作:『変人のサラダボウル』(著:平坂読/小学館「ガガガ文庫」刊)キャラクター原案:カントク監督:佐藤まさふみシリーズ構成・脚本:平坂読 山下憲一キャラクターデザイン:福地和浩美術監督:越膳滝美色彩設計:勝田綾太 山本真希CG監督:沼尻勇人撮影監督:坂井慎太郎編集:村井秀明音響監督:平光琢...

 

前回はこちら

関連記事
『変人のサラダボウル』各話後オフィシャルインタビュー:第4回は、永縄友奈役 高田憂希さん |イジメ問題が、暗くなりすぎないように描かれていたのは、友奈ちゃんの根本の強さと清々しさがあったから
出てくる登場人物が変人ばかり!?平坂読×カントクコンビがこの時代に放つ、天下無双の群像喜劇、TVアニメ『変人のサラダボウル』。貧乏探偵、鏑矢惣助が尾行中に出逢った魔術を操る異世界の皇女サラ。そして、サラを追ってきた女騎士リヴィア。2人は予想の斜め上をいく日常を過ごしていく。第4話は、イジメの調査を引き受けることになった惣助が、中学生の少女、永縄友奈と出会う。自分がイジメられていることを否定する友奈だったが、ある意味空気を読まないサラと安心感のある惣助に徐々に心を開いていく。アニメイトタイムズでは、各話後にキャストのオフィシャルインタビューをお届け! 作品の魅力や楽しさを語ってもらった。第4回は、他界した父親の影響で、三国志をこよなく愛する永縄友奈を演じている高田憂希さん。  前回はこちら 意外と子供は親を見ている…境遇が似ているからこそ共感したポイント ーー『変人のサラダボウル』という作品の印象からお聞かせください。高田:テープオーディションの段階で原作小説を読んだら面白くて、結構読み進めてしまったんです。オーディションは期限もあるし、時間あるかな?と思ったけど、サクサク読めてしまうくらいリズム感が良くて、テンポ良...

 

テープオーディションでの思い出深い出来事とは?

 

ーー『変人のサラダボウル』という作品の印象からお聞かせください。

大地:最初に思ったのは、1人で異世界にきてしまう作品はよくあるけど、複数名で来るというのは斬新だなと思いました。しかもそれぞれで話が進んでいくんですよね。交わっているようで、絶妙に交わっていない。でも別にゼロではないという、キャラクター同士の絶妙な距離感というのが、他にはないなと思いました。

ーー確かに、サラ(CV.矢野妃菜喜)とリヴィア(CV.M・A・O)で、物語が別々に進行していくんですよね。そして時折それが交わるという。

大地:本当にそれぞれ過ぎて、これがどうやってアニメになるんだろうと、原作を読んだときは思いました。しかも、大きな事件が起こるというよりは、それぞれがちゃんと日常を生きているというのがすごくシュールで面白い。素敵な作品だと思いました。

ーーオーディションの思い出はありますか?

大地:テープオーディションで、プリケツだけを受けさせていただいたんですけど、すごく印象に残っていることがあるんです。

オーディションの企画書に、どういう感じのキャラクターでいきたいのか、芝居の方向性のようなことが各キャラクターごとに書かれていたんですけど、プリケツのところには「少年っぽい感じで寄せてもいいかな」みたいな感じで書かれていたんです。

ーーちょっとアバウトですね。

大地:確かに原作を読んで、口調もそうですし、キャラクターのデザインもそうですけど、ボーイッシュに振っても間違いではなさそうなキャラクターだと感じてはいたんです。でも自分の中のプリケツのイメージもあったから、「これはもういっそのこと、2パターン録ろう!」と、マネージャーさんと一緒に、今の形のプリケツの芝居感と思い切り男の子っぽく振ったものを用意して両方送ったんです。あまりそういうことをしたことがなかったので、自分の中では思い出深い出来事でした。

ーー収録に行って、どちらの方向性で行くかを確認したのですか?

大地:というよりは、今のプリケツの芝居感が、自分的に一番しっくりきていたので、テストでそれをやってみたら、「それでいきましょう」という感じだったので、そのまま進めさせていただきました。

 

 

ーープリケツ(=弓指明日美)の、魅力に思うところを教えてください。

大地:プリケツにも夢とか目標があるんですけど、それが表にあまり出てこない、ナチュラル感があるところが、この子の魅力だと思っているんです。もちろん心の奥底では大きな夢を抱いていて、誰よりも正直に、一生懸命頑張っている子ではあるんですけど、「一生懸命頑張ってます、自分!」っていう押せ押せ感がないんですよね。だから夢に対する考えとかも押し付けがましくない。そこが魅力というか、この子の生き方なんだなと感じました。

だからお芝居をするときも、なんか自然に出てきちゃった感をすごく大事にしていました。この子は自然体でこうなんだなっていう、この子の中でのナチュラルラインを自分の中で決めて、そこをいつも狙って、お芝居させていただく感じでした。

ーーなるほど。でも、それが逆に重たく受け取られてしまって、バンド解散になったんでしょうね。あまりにもナチュラルにセクキャバで働いたりしちゃうから(第2話)。

大地:そうなんですよ! やばいこともバンドのためにさらっとやっちゃうんですよ。でもそれがプリケツのいいところなんだろうなって感じます。なんか許せちゃうというか。

 

 

(C)平坂読/小学館/「変人のサラダボウル」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

変人のサラダボウルの関連画像集

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024春アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング