映画
『トラペジウム』結川あさき、羊宮妃那ら登壇舞台挨拶公式レポ

『トラペジウム』結川あさきさん、羊宮妃那さん、上田麗奈さん、相川遥花さんらが再集結した舞台挨拶より公式レポートが到着!

乃木坂46一期生・高山一実さんの小説家デビュー作『トラペジウム』(KADOKAWA刊/『ダ・ヴィンチ』連載)。そのアニメ映画が2024年5月10日(金)より上映中となっています。

公開から1ヶ月を迎えようとしている6月2日(日)に、主人公・東ゆう役の結川あさきさん、大河くるみ役の羊宮妃那さん、華鳥蘭子役の上田麗奈さん、亀井美嘉役の相川遥花さんら“東西南北”の出演声優陣が劇場に再集結する舞台挨拶が行われました。

本稿では、このイベントの公式レポートをご紹介します。

関連記事
トラペジウム
高校1年生の東ゆうは“絶対にアイドルになる”ために、自らに「4箇条」を課して高校生活を送っている。1)SNSはやらない2)彼氏は作らない3)学校では目立たない4)東西南北の美少女を仲間にする半島地域「城州」の東に位置する城州東高校に通うゆうは、他の3つの方角の高校へと足を運び、かわいい女の子と友達になる計画を進める。その裏には、「東西南北の美少女を集めてアイドルグループを結成する」という野望があった。西テクノ工業高等専門学校2年生で、高専ロボコン優勝を目指す“西の星”大河くるみ。聖南テネリタス女学院2年生で、お蝶夫人に憧れる“南の星“華鳥蘭子。城州北高校1年生で、ボランティア活動に勤しむ“北の星”亀井美嘉。ゆうの計画を知り協力する男子高校生・工藤真司のサポートもあり、ゆうは3人の美少女と友達になる。ロボコン大会や文化祭といった青春のイベントをこなしながら、ゆうは着々と「東西南北」4人の結束を固めていく。そんな中、観光客のガイドボランティア・伊丹秀一を手伝う女子高校生たちの活動が注目され、ゆうたちにテレビ出演のチャンスが舞い込む。さらに、番組制作会社のAD・古賀萌香との出会いをきっかけに、ゆうたち4人は徐々に仕事を得て、世の中に知ら...

 

映画『トラペジウム』“東西南北”集合舞台挨拶公式レポート

“絶対にアイドルになりたい”と強い想いを抱くゆうが、1)SNSはやらない2)彼氏は作らない3)学校では目立たない4)東西南北の美少女を仲間にする、というルールを課し、半島地域「城州」の東に位置する城州東高校に通いながら、西、南、北の高校へ通う可愛い女の子と友達になる計画を進めていく物語。“東西南北”として4人の仲間たちでアイドルへの夢を追いかけるも、次第に夢に憑りつかれていく主人公・東ゆうに対しては、鑑賞後に思わず語りたくなる個性的なキャラクターが話題に。他にも人見知りでロボットに夢中な西テクノ工業高等専門学校2年生、“西の星”・大河くるみ(羊宮妃那)、お蝶夫人に憧れるお嬢様で天真爛漫な聖南テネリタス女学院2年生、“南の星“・華鳥蘭子(上田麗奈)、そしてボランティア活動に勤しむ控えめで優しい城州北高校1年生、“北の星”・亀井美嘉(相川遥花)ら東西南北のなかで“推し”を決める鑑賞者など、一度みると忘れられない東西南北の魅力や、ゆうを支える工藤真司(木全翔也)の温かなキャラクターまで多くの観客を魅了している。

公開となった本作には「人生で見てきた映画で一番心奪われました」「夢を追いかける強さと苦しさと輝きがぎゅっと詰まっている映画」「最近見た中の長編アニメーション映画の中で1番良かった。」と絶賛の声が溢れ、リピーターも続出。見る度に印象が違う本作ならではの魅力に浸る観客も増えている。

公開から間もなく1か月となる本日、結川あさき、羊宮妃那、上田麗奈、相川遥花らキャストが劇場に集結!“東西南北”揃っての舞台挨拶は2度目ということで、少し趣向を変えて行われた本日の舞台挨拶では、事前にキャストが選んだ<自身の印象的なシーン>のセリフをお客様に生披露しながら、振り返りトークが展開された。

主人公・東ゆうを演じた結川あさきが選んだシーンは、ボランティア活動中に知り合った少女・サチに「もし、私が本物のアイドルになったら、嬉しい?」と問いかけ、「なるよ。約束ね。」と答えるシーン。掛け合いのあるこのシーン。サチ役は結川本人の希望で上田が務めるサプライズも!ゆうの「絶対にアイドルになる。」という決意が強く表れているセリフが披露されると、会場からは割れんばかりの拍手が。結川は「ゆうは色々と目立つセリフが多いのですが、ゆうが“アイドルになりたい”と真司以外に初めて告白するシーンです。周りにいたくるみや蘭子、美嘉にも聞こえていたのかな?とか・・・ゆうはどんな気持ちでこの言葉を言ったんだろうと、自分の中でも気になっていたシーンでした。」と話すと、羊宮が「この2人のやりとりは、2人だけで世界が完結しているような感じで、すごく『ぐっ』とくるものがありますよね。ゆうも勿論ですが、サチにもドラマがあるし、改めてゆうの熱い気持ちと覚悟が見える!」と答えた。

続けて羊宮がセレクトしたのは「アイドルはデバッグできないからね」と笑いかけるシーン。

「“デバッグ”という単語は、ロボットや機械の欠陥を取り除いて、正常化することを指すようですが(ロボットが好きな)くるみだからこその単語で、アイドルとして活動する中で生まれる、自分がどうしても交わることが出来なかったものとか、頑張ってもなお心に抱えるもやもやが取り除けなかったという気持ちがこもった、彼女らしいワードだなと思って。」と話すと、上田は「くるみちゃんが(アイドルの生活に対応しきれず)衝撃的な状態になってしまった後のシーン。ちゃんとみんな仲直りできるのか?とか、不安になったところもありますが、これまで4人の仲が良かったのは嘘じゃなかったと分かり合うシーン。」と話し、更に、このシーンの続きでくるみがゆうに「(ゆうの夢に)気づいてたよ」と告げるシーンがあることから、相川は「くるみはいつから気が付いていたんだろう…と思って!彼女なりにゆうの夢の為に頑張ってきたんだろうなと思いました。」と話すと、結川からも「そうなんです、くるみもゆうの力になれるように頑張ってくれていたんでしょうね…そこはちょっと申し訳ないなと感じたりもしました」とそれぞれのシーンへの思いを交わした。

上田が選んだのは、蘭子が微笑みながら「ボランティアやアイドルをやってみて気づいたの。わたくしでも人に歓びを与えられるんだって事に」と話すシーン。「やっぱりこの3人と出会っていなかったら(蘭子は)ボランティアもアイドルもやれなかったでしょうし、人生が全然違っていたんだろうなって、彼女自身も言っているんですよね。蘭子はずっと東西南北のおひさまみたいな存在でしたが、心配したり、気苦労みたいなものは彼女なりにあったと思うんです。それでも、ポジティブに全部を解釈できて、ゆうに感謝しているのが蘭子らしいなと思いました。やっぱりゆうってかっこいいですよね、陰な部分も陽な部分も、あわせてかっこいい。そんなことが感じられるセリフだと思います。」と話すと、結川も「蘭子は、今まであったこと全部踏まえていいことだった、と振り返れているんですよね。4人が過ごした日々が間違いじゃなかったって、最後に4人とも蘭子のポジティブマインドになれているシーンですよね!」と嬉しそうに応えた。

そして相川が選んだシーンは、美嘉がゆうに「これからもずっと応援してる。まだ、諦めてないんでしょ?」と話すシーン。「やっぱり美嘉にとって、ゆうはずっとヒーローだったんですよね。幼い頃からゆうとも付き合いが長い。そんな美嘉からこのセリフを言われて、ゆうがまだあきらめてないって再確認する。2人の関係性が分かるようなシーンですよね。」と話すと、結川も「ハッとする感じありますよね。“そうだ、私まだあきらめていない”って思うというか…」と納得。全員が発表し終えたところで、なんと羊宮・上田・相川が選んだのは偶然にも物語終盤で、一度仲違いしかけた4人が再びゆうの元に集まる重要なシーン。それぞれがゆうを想い、言葉をかけるシーンを選んでいたことに会場も大興奮!本編で語られる10年後のそれぞれの姿にも触れ、ゆうの夢が無ければ4人が出会うこともなく、10年後もああなっていなかったと振り返り、映画を観終わった後の客席は爽やかな感動に包まれました。

舞台挨拶の最後には、登壇者からそれぞれメッセージが贈られ、舞台挨拶は大盛況のうちに終了いたしました。
 
<亀井美嘉役/相川遥花>
こうやって“東西南北”4人揃ってお話させていただけていることがとても嬉しいです。“東西南北”も1からアイドル活動をスタートしていましたが、私自身も映画初出演で、舞台挨拶や取材を受けさせていただいたのがキャラクターとも重なって、とっても幸せな気持ちでいっぱいになっています。『トラぺジウム』は私にとっても宝物みたいな作品。皆さんの心の中にも、宝物としておいていただけたら嬉しいです。

 
<華鳥蘭子役/上田麗奈>
こうやって4人で映画のシーンを振り返りながら話していると、ゆうたちが10年後に集まって話している時のような、同窓会のような気持ちになります。自分にとっても『トラぺジウム』は青春だったのだなとこの場で感じました。アフレコもみんなで一生懸命頑張って、キラキラしていてその時間がとっても楽しかったです。何度でも夢を失いそうになった時に見てほしい作品です。ゆうってやっぱりかっこいいなって感じてくれたら嬉しいです。

 
<大河くるみ役/羊宮妃那>
裏で様々なことが起こっていても、表からはそうは見えない…日常生活でもそういうことは多々あることで、頑張っていても周りには見えなかったりすることがあります。そんな中でも諦めずに夢を目指している人はかっこいいなと思いました。この映画を観て熱い気持ちを思い出してもらえたら嬉しいです。

 
<東ゆう役/結川あさき>
今日こうして“東西南北”揃って舞台挨拶が出来たこと、そしてみんなから“ゆうってかっこいいよね”と言ってもらえたことがすごく嬉しいです。ゆうは間違えたり、行き過ぎることはありますがずっとかっこいいんです。見習うべきだなと思いました。この先、何度もオーディションを受けた時のこと、アフレコのこと、この舞台挨拶の事、何度も思い返すと思います。夢を叶えることの喜びは、かなえた人にしかわからない。本当にそうだなと思います。10年後の自分に誇れる自分でありたいなと思いました。

 

イベント概要

【開催日時】
2024年6月2日(日)

【会場】
新宿バルト9 スクリーン9(東京都新宿区新宿3-1-26 新宿三丁目イーストビル13階)

【登壇者(敬称略)】
結川あさき、羊宮妃那、上田麗奈、相川遥花

 

映画『トラペジウム』作品情報

2024年5月10日(金)より全国ロードショー中

INTRODUCTION

乃木坂46 1期生・高山一実は、2016年から雑誌『ダ・ヴィンチ』で長編小説の執筆に挑戦した。

小説のタイトルは『トラペジウム』。

現役アイドルとして生きる日々の中で高山が書き綴ったのは、「アイドルを目指す少女の青春物語」だった。

原作者自身の経験や葛藤が込められた小説は、瑞々しくもリアリティーと熱量に満ちた文章で反響を呼び、累計発行部数30万部の大ヒットを達成した。

そして、アニメーション映画化企画が始動。

長期に渡る映画制作の中で、高山は脚本や音楽などに幅広く携わり、「ぼっち・ざ・ろっく!」「SPY×FAMILY」など数々の人気作品を手掛けるスタジオCloverWorksと制作スタッフ・クリエイターの協力のもと、映画作品として『トラペジウム』を新たに再構築した。

15歳の主人公・東ゆうを演じるのは、新進気鋭の声優・結川あさき。

ゆうが結成するアイドルグループ「東西南北」のメンバーのキャストは、西=大河くるみを羊宮妃那、南=華鳥蘭子を上田麗奈、北=亀井美嘉を相川遥花。

ゆうの“計画の協力者”工藤真司を木全翔也(JO1)、ゆうが出会うボランティア団体のお爺さん・伊丹秀一を内村光良が務める。

主題歌は、現在の音楽シーンを牽引する音楽プロジェクト・MAISONdesが担い、ボーカルには、バーチャルアイドルグループ「ホロライブ」の0期生であり圧倒的な歌声で国内外で絶大な支持を得るVtuber・星街すいせいを迎え、夢に焦がれて生きる少女の想いを歌い届ける。

「はじめてアイドルを見たとき思ったの。人間って光るんだって。」

夢に取り憑かれた少女・東ゆう。

アイドルになるための計画を進める中で、ゆうは様々な困難にめぐり逢う。

東西南北の“輝く星たち”を仲間にしたゆうが、高校生活をかけて追いかけた夢の結末とは――

STORY

高校1年生の東ゆうは“絶対にアイドルになる”ために、自らに「4箇条」を課して高校生活を送っている。
1)SNSはやらない
2)彼氏は作らない
3)学校では目立たない
4)東西南北の美少女を仲間にする

半島地域「城州」の東に位置する城州東高校に通うゆうは、他の3つの方角の高校へと足を運び、かわいい女の子と友達になる計画を進める。

その裏には、「東西南北の美少女を集めてアイドルグループを結成する」という野望があった。

西テクノ工業高等専門学校2年生で、高専ロボコン優勝を目指す“西の星”大河くるみ。

聖南テネリタス女学院2年生で、お蝶夫人に憧れる“南の星“華鳥蘭子。

城州北高校1年生で、ボランティア活動に勤しむ“北の星”亀井美嘉。

ゆうの計画を知り協力する男子高校生・工藤真司のサポートもあり、

ゆうは3人の美少女と友達になる。

ロボコン大会や文化祭といった青春のイベントをこなしながら、ゆうは着々と「東西南北」4人の結束を固めていく。

そんな中、観光客のガイドボランティア・伊丹秀一を手伝う女子高校生たちの活動が注目され、ゆうたちにテレビ出演のチャンスが舞い込む。

さらに、番組制作会社のAD・古賀萌香との出会いをきっかけに、ゆうたち4人は徐々に仕事を得て、世の中に知られていく。

そしてついには、「東西南北」のアイドルデビュープロジェクトが始動することになる。

「私が選び抜いたメンバー。私の目に狂いはなかった。

私たちが、東西南北が、本当のアイドルになるために。

私がみんなを、もっともっと輝かせてみせる。」

しかし、夢への階段を登り続けていく中で、ゆうは〈大きな問題〉に直面することになる――

STAFF

原作:高山一実「トラペジウム
(KADOKAWA刊/『ダ・ヴィンチ』連載)
監督:篠原正寛
脚本:柿原優子
キャラクターデザイン:りお
総作画監督:りお・けろりら
衣装デザイン:伊藤雅子
プロップデザイン:久原陽子、渡辺浩二、井戸田あかね
2Dデザインワークス・特殊効果:齋藤睦 
美術監督:田村せいき
色彩設計:中島和子
撮影監督:関谷能弘
3Dディレクター:宮地克明
編集:三嶋章紀
スーパーバイザー:舛成孝二
星空写真協力:KAGAYA
音楽:横山 克
音響監督:明田川仁
制作:CloverWorks
製作:「トラペジウム」製作委員会
配給:アニプレックス
主題歌:MAISONdes「なんもない feat. 星街すいせい, sakuma.」(Echos)

CAST

東ゆう:結川あさき
大河くるみ:羊宮妃那
華鳥蘭子:上田麗奈
亀井美嘉:相川遥花
工藤真司:木全翔也(JO1)
古賀萌香:久保ユリカ
水野サチ:木野日菜
伊丹秀一:内村光良

公式サイト
公式X(@trapezium_movie)
公式TikTok

『トラペジウム』オリジナル・サウンドトラック 好評予約受付中!

購入はこちら

(C)2024「トラペジウム」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

トラペジウムの関連画像集

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング