映画
映画『トラペジウム』を結川あさき、羊宮妃那、上田麗奈、相川遥花が振り返る/インタビュー

東西南北が歩んだ時間は“間違いなく”本物だった――映画『トラペジウム』を結川あさきさん、羊宮妃那さん、上田麗奈さん、相川遥花さんが振り返る【キャストインタビュー】

乃木坂46 1期生・高山一実さんが手掛ける小説『トラペジウム』がアニメーション映画化し、2024年5月10日より全国劇場にて公開中です。

アイドルを目指す高校生・東ゆうの10年間を通して、“「アイドルが放つ輝き」とは何なのか?”というテーマが紐解かれていく本作。高山さん自身の経験や葛藤が込められたリアルな青春物語が制作・CloverWorksによって描かれます。

今回、公開中の本作について、東ゆう役・結川あさきさん、大河くるみ役・羊宮妃那さん、華鳥蘭子役・上田麗奈さん、亀井美嘉役・相川遥花さんにインタビュー! 物語を通して、それぞれのキャラクターたちがなにを考え、変化を遂げたのかお話いただきました。

※本記事は作品のネタバレを含みます。

関連記事
トラペジウム
高校1年生の東ゆうは“絶対にアイドルになる”ために、自らに「4箇条」を課して高校生活を送っている。1)SNSはやらない2)彼氏は作らない3)学校では目立たない4)東西南北の美少女を仲間にする半島地域「城州」の東に位置する城州東高校に通うゆうは、他の3つの方角の高校へと足を運び、かわいい女の子と友達になる計画を進める。その裏には、「東西南北の美少女を集めてアイドルグループを結成する」という野望があった。西テクノ工業高等専門学校2年生で、高専ロボコン優勝を目指す“西の星”大河くるみ。聖南テネリタス女学院2年生で、お蝶夫人に憧れる“南の星“華鳥蘭子。城州北高校1年生で、ボランティア活動に勤しむ“北の星”亀井美嘉。ゆうの計画を知り協力する男子高校生・工藤真司のサポートもあり、ゆうは3人の美少女と友達になる。ロボコン大会や文化祭といった青春のイベントをこなしながら、ゆうは着々と「東西南北」4人の結束を固めていく。そんな中、観光客のガイドボランティア・伊丹秀一を手伝う女子高校生たちの活動が注目され、ゆうたちにテレビ出演のチャンスが舞い込む。さらに、番組制作会社のAD・古賀萌香との出会いをきっかけに、ゆうたち4人は徐々に仕事を得て、世の中に知ら...

褒めて伸ばす高山先生のディレクション

――本日はみなさん揃っての舞台挨拶後(取材時)ということで、観客の反応をご覧になっていかがでしたか?

結川:私たちが裏話をお話するたびに「うんうん」って頷いてくれる人が多くて。上映後の舞台挨拶だったこともあり、たくさんのお話が伝わっていたみたいで嬉しかったです。

上田:高山さんや監督の熱量の高いお話を聞いて、この人たちが彩ったから、あの素晴らしい映画が出来上がったんだと胸がいっぱいになりました。私は舞台挨拶の前日に本編を観たんですけど、観終わったときと同じような感動がありました。

相川:実は、ここ3人(結川さん、羊宮さん、相川さん)は映画のメインキャラクターが初めてだったんです。そんな中、お客さんたちの作品愛を間近で感じることができて、改めて素敵な作品に携わらせていただけたんだなと幸せな気持ちになりました。

結川・羊宮・相川:うんうん。

羊宮:すごく前のめりになって拍手をしてくださった方がいたんです。ゆうちゃんの「人間って光るんだって」みたいに、私自身、新しい感覚を覚えましたし、それもこういう場だからこその経験なんだろうなって思いました。

――みなさんのメッセージがしっかりと届いていたということですよね。

相川:映画を通していろいろな感情が伝わっていることがよくわかりました。

――公開に向けてさまざまな施策が展開されました。

結川:高山さん、木全さんはいろいろなメディアで宣伝してくださっていて、みんなが別々の場所で作品を盛り上げていましたね。私自身、みなさんと一緒に作品を作れているんだなって感じました。

――結川さん自身、高山さんたちとたくさんの企画やイベントに出演されましたね。

結川:そうですね。高山さんとはお仕事や移動の合間にお話する機会があったので、裏話をたくさん聞きました。

――高山さんはアフレコにもよくいらっしゃったそうですね。

結川:限られた時間でしたが、よくいらっしゃっていましたよね。

相川:レコーディングのときはオンラインで参加してくださって。直々にディレクションをしていただいたんですけど、原作を書かれた高山さんと心をひとつにできたり、こだわりを感じられてすごく良い経験になりました。

上田:ありましたね。私は「方位自身」(エンディングテーマ)の蘭子ちゃんのアカペラ部分を「もっと爽やかに歌ってほしいです」とディレクションをいただいたことを覚えています。高山さんは作詞もされているので「<青春切符で>の<え>はそのまま<え>で歌ってください」とか、発音一つひとつにこだわりを込められていて。

結川:私も細かく教えていただきました。

上田:高山さんは褒めて伸ばしてくださるんですよね。

相川:そうですよね! 私もたくさん褒めていただきました。麗奈さんのときは「お声が素敵だからもっとささやくようにお願いしていいですか?」と言われていましたね。

上田:そうそう。本当に、優しさに溢れているんですよね。

アニメならではの心情描写、そして喪失感

――ぜひ注目ポイントや印象的なシーンを教えてください。

相川:全体的に、キャラクター一人ひとりの骨格であったり、顔のタイプが差別化されているなと感じました。ほかにも、みんなでつなぎを着たり、水族館に行ったりと、東西南北の活動が短いシーンながらも凝縮されているので、そこは見逃さないでほしいです。

上田:東西南北の活動といえば、ちゃんと一人ひとりが踊っているところが印象的です。

結川:それぞれ(のキャラクターごとに担当してくれている)ダンサーさんがいるんですよね。ダンスを収録している映像を少しだけ見させていただいたんですけど、くるみちゃんだったら可愛い仕草をしていたりと、キャラクターごとに癖が違っていたりして。

一同:へぇ!

相川:ステージ衣装もお揃いの髪飾りを着けていたりと、細かいところまでこだわりが詰まっているんですよね。

上田:そうだったんだ。私は本編を見て、光の差し方が特徴的だなって思いました。日常シーンもそうですし、収録スタジオに入ったときのぼやっとした光とか。

結川:あれは本物のスタジオの光なんですよね。

上田:そうそう。東ちゃんたちが初めてスタジオに入ったときのモヤモヤ感とリンクした表現なんですよね。これって、少しオーバーな表現ができるアニメならではなんですけど、今作はそのさじ加減が絶妙で感動しちゃいました。

――光を意識してもう一度劇場に足を運んでほしいですね。ほかにはいかがですか?

羊宮:終盤、みんなで練習していたベンチがある場所でワンちゃんが通り過ぎていくシーンがあって……!

一同:あー!

羊宮:喪失感がすごかったです。たしかに輝くものがあったはずなのに、それが最初からなかったかのようになっていて。原作小説でもその情景は感じられたんですけど、映画で観たことでより胸が締め付けられる思いになって。あそこで踊っていた過去を観ているからこそ、より印象に残っちゃいましたね。

結川:東西南北を象徴する場所ですよね。あとアニメならではという点では、アイドルになってからの衣装ですね。特につなぎがお気に入りで、それぞれメンバーカラーな上に、東西南北を示した矢印がデザインされているので注目してほしいです。

おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング