menu

オトコのコはアイドルになりたい!?

オトコのコはアイドルになりたい!?

番組情報

パーソナリティ

三上 丈 ・ 筆村栄心

番組概要

カスカベアキラ先生が「オトコのコ」の世界を描いたイラストストーリー「オトコのコはメイド服がお好き!?」の新シリーズとして「オトコのコはアイドルになりたい!?」を、イラスト+ボイスドラマ+声優トークで展開していきます。

パーソナリティーは、テレビアニメ「異常生物見聞録」で主人公・好人役をつとめる三上丈と、ヘアメイクを趣味として中性的な魅力を持つ若手男性声優の筆村栄心が担当します。

番組では「オトコのコ」が可愛くなる物語を提供していきます。

(提供:株式会社ベルガモ、株式会社ホビージャパン、株式会社フロンティアワークス)

更新情報

配信日:毎月10日・25日
バックナンバー:すべての放送回

※更新日は変更になる場合がありますのでご了承ください。

おたより投稿・コーナー紹介

  • 「おしえて、あなたのヒ・ミ・ツ」
    実はオトコのコ、という大きな秘密を持っているアイドルユニット「Cheery Lips」。リスナーのみんなもちょっとした秘密はあるんじゃない? 言いたいけど言えない貴方の秘密ををボクたちにこっそり教えてね!

    例:お母さんと2人で出掛けた時、弟には内緒でデザートビュッフェに行っちゃった。
    例:推しのアイドルがいるんだけど、彼(彼女)には内緒なんだな。

  • 「実は私…オトコのコ?」
    「オトナリ!?」では、オトコのコが可愛いアイドルになるお話ですが、女の子だけど同じクラスの女子にすごくモテてたり、カッコイイ女子や可愛い男子っているよね? 
    自分でもお友達でも、そんなカッコイイ女子や可愛い男子の事を教えてね!

    例:いつもスカートを履いてて髪も長くしているけど、実は車やバイクが大好き! 早く免許が欲しいっ!
    例:私服でスカートなんて持ってないよー!
  • 「お便りコーナー」
    パーソナリティーの2人への応援メッセージや番組の感想、やって欲しい事などをお送り下さい!

※投稿される方は次の条件に同意のうえ投稿してください。
【投稿条件】
投稿されたコメント或いは作品の著作権(著作権法第27条及び第28条に規定する権利も含む)は当社に譲渡され当社に帰属するものとします。

お知らせ

■10月10日スタート
ニコニコチャンネル 有料会員月額500円(税別)
アニメイトタイムズ ※無料パートのみ配信


関連情報

「オトコのコはアイドルになりたい!?」ニコニコチャンネル
https://ch.nicovideo.jp/otokonoko

公式Twitter『オトナリ!?』&『オトスキ!?』公式
@CafeCherryGirls

ツバサ&イツキ

▲(左)ツバサ、(右)イツキ

▲ イツキ 役 / 三上丈さん

▲ ツバサ 役 / 筆村栄心さん



#5

次回更新予定 12月25日
更新日は変更となる場合がございますので予めご了承ください。

カスカベアキラ先生が「オトコのコ」の世界を描いたイラストストーリー「オトコのコはメイド服がお好き!?」の新シリーズとして「オトコのコはアイドルになりたい!?」(通称「オトナリ」)のイラスト+ボイスドラマ+声優トーク、のラジオ番組 第5回です!

オープニング明けでは、前回第4回の動画パートの話題で持ちきりです、パンパン!
「おしえて、あなたのヒ・ミ・ツ」では、「クラスにいる可愛い男子のファンクラブがある」というお便りに興奮する2人です!
「実は私…オトコのコ?」では、「パンツ」の話題で三上さんがモノ申しています!

「おしえて、あなたのヒ・ミ・ツ」「実は私…オトコのコ?」各コーナーでは、パーソナリティーの2人への応援メッセージや番組の感想、やって欲しい事など、ドシドシご投稿をお願いします!


-------------------------------------------------------

<イラストストーリー・第4話>
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『ライブかぁ……
うぅ…おなか痛くなってきたかも……』
薄暗いステージ裏で、緊張に表情をゆがめるイツキくん。
小さいとはいえ、常連のファンもつきはじめ、開演前のライブハウスには独特の熱気がただよっています。

ツバサ「イツキちゃん、大丈夫?
  なんだか顔色悪いよ?」
イツキ「ツバサちゃん……。
  心配かけてごめんね。ちょっと緊張してて…」
ツバサ「今日のために、たっくさん練習したんだから
  大丈夫だよ! リラックス、リラックス♪」
イツキ「う、うん。そうだよね」
ツバサ「そ れ に 何があっても
ぜっーたいワタシが助けてあげるよ!」
イツキ「ツバサちゃん…」

ニパッと爛漫な“ツバサちゃん”の笑顔が、イツキくんを照らします。

ツバサ「そうだっ、リラックスできるように――
  ほっぺにチューしてあげよっか?」
イツキ「?? ちゅーぅ !?」
ツバサ「なーんて、冗談♡
  ……びっくりした?」
イツキ「そ、そりゃあ…キ、キスとか…したこと…ないし…」
ツバサ「“オンナのコ”同士なんだから、フツーだよ♪」
イツキ「ふ、ふつう…なの!?」

暗がりでのぞき込むような“ツバサちゃん”の顔は、イツキくんのすぐ目の前。“チュー”という言葉が、妙に生々しく彼のあたまに響き、ぐるんぐるんと駆けまわります。
『ちゅう? ちゅーぅ?
オンナのコには、こういうのフツーなの?
でも僕、オトコだからわかんない!!』

ツバサ「あははっ、イツキちゃん、もう大丈夫みたいだね♪」
イツキ「え?」

気がつけば、緊張で堅くなった気持ちは和らぎ、身体も気持ちも軽くなっていました。
『ツバサちゃん、僕のことを気遣って…』

ツバサ「あ、もう時間だよ!
 さ、イツキちゃん、一緒にいこ♪」

差し出された手。
躊躇いがちに握りかえすと、柔らかく温かく…
どこかで知っているような…?

イツキ「う、うんっ」

グイっとツバサくんに引かれ、イツキくんは今日もステージに飛び出しました。

◆◆◆◆

ツバサ「みんなーーーーー!!!
  今日はワタシたち『CherryLips』のライブに
  来てくれて、ありがと~~!!」
イツキ「あ、ありがとーございます」
ツバサ「イツキちゃんと一緒に、全っ力で頑張るから
  もっともーっと盛り上がっていってね!
  ――まずはこの曲、『シークレット・シークレット』」

ツバサのMCに歓声で応えるファンのみんな。
イントロにあわせて振られるブルーとピンクのペンライトにも力がこもります。
『ツバサちゃんはすごいなぁ…可愛くて、キラキラしてて、
僕なんかがパートナーでいいのかな?
(そもそも、なぜ選ばれたのかがワカラナイ…)』
思えばプロデューサーのシズカさんに、なかば(ほぼ?)強引にアイドルにさせられてしまって以来、イツキくんは“ツバサちゃん”にフォローされっぱなしな気がしてなりません。
『――いやっ、弱気になっちゃダメだ!
これ以上、ツバサちゃんに迷惑をかけないためにも
僕ができる精いっぱいのパフォーマンスで
ファンのみんなに喜んでもらわないと!!!』

自分を勇気づけ、グイっとマイクを握りしめるイツキくん、
なのですが―――

ブツッ!

イツキ「あ、あれ? あれれ!?」

とつぜんイツキくんの声は途絶え、大音量のメロディーと歓声のなかにかき消えてしまいました。
『マイクの音が!? ど、どうしよう!!!!』
異変に気づいたツバサがイツキに寄り添います。

ツバサ「――イツキちゃん、どうしたの?」
イツキ「マイクが壊れちゃったみたいで…っ」
ツバサ「落ち着いて、ワタシのマイクで一緒に歌お♪
  ほら、もっと近づいてっ」

マイクを左手に持ち替え、ツバサくんが身体をよせます。
上気した熱気、肌からあがる柑橘系の香り、鼓動の響きすら感じられそうな近さ。
密着する二人に、いっときは戸惑いを見せたファンたちからひときわ大きな歓声があがります。

イツキ「な、なんでこんなに盛り上がっているの???」
ツバサ「ワタシたちが仲よしでファンのみんなも
嬉しいんだね! じゃあ、もっとサービスしちゃお♪」

ぎゅぅ~~~~

イツキ「ふぁっ!? く、くっつきすぎだよっ!」

間奏のタイミング、両手いっぱいにイツキくんを抱きしめてみせるツバサ。

ツバサ「ふふ~ん、イツキちゃん顔真っ赤でか~わいい♪」
イツキ「や、やめてぇ~~」
ツバサ「え~? みんなは喜んでくれているみたいだよ?」

ツバサくんの言う通り、ファンたちは大盛り上がり!
はげしく振られるペンライトにあわせてコールがかかります。

「「「「 リーップス! リーップス! 」」」」

イツキ「?? このコールは!?」
ツバサ「みんな、ワタシたちのコール作ってくれたんだ♪
  ――でも、なんだか“キスして”って言われているみたいだね」

『ま、ま、まさかの正夢ぇ~~~!?』
イツキくんには覚えのあるこのコール。教室の机でみた夢が思い出されます。

ツバサ「ど、どーしようかなぁ? あはは…」

開演前にはからかってみせたツバサくんも、このコールには戸惑いを隠せません。彼にとっても、やっぱり“チュー”はフツーではないのです。

ツバサ「みんなの前はちょーーっとハズかしいかなぁ?
  ね、イツキちゃん? …って、イツキちゃん?」

ツバサが振り返ると「ぐぬぬぬぬ~~~っ」と、思い詰めた表情のイツキくん。その表情、ちょっとコワい…。
『ツバサちゃんにフォローさせてばかり…
ツバサちゃんが、ファンのみんなが盛り上げてくれてるのに
僕だけ何もしなくていいわけが―――ないっ!』

イツキ「ツ、ツバサちゃん!!!」
ツバサ「はぇ!?」

ちゅっ♡

「「「「「 うぉおおおおおおおおお!!!! 」」」」」

意を決したイツキくんが、ツバサくんの頬に“チュー”!
ファンたちの大歓声に、そして思わぬ衝撃で、ツバサくんは目をパチパチと瞬かせます。
『ち、ちゅぅ…されちゃった!?』

イツキ「よかった…ファンのみんな、喜んでもらえた!」
ツバサ「あ、あははは……チュー、されちゃった♪」
イツキ「ごごごごめんね! 許可もなく勝手にっ!?」
ツバサ「えへへ――みんな~!!
超超超レアなイツキちゃんのチュー、ゲットだよ♡」
イツキ「あわわっ、そんな改めて言わないで~~!」

◆◆◆◆

ツバサ「おつかれさまでした~!
  イツキちゃんのマイク、スイッチが切れただけだったね」
イツキ「ご、ごめんっ」

故障かと思われたマイクですが、気合を入れて握りしめた拍子に、イツキくんがマイクのスイッチをOFFってしまったようでした

ツバサ「そんなに落ち込まないで?
  むしろ、あのアクシデントのおかげで
  いつもよりすっごく盛り上がったしね♪
  結果オーライだよ!」
イツキ「ツバサちゃん……ありがとう」

イツキくんを気遣う“ツバサちゃん”の言葉にイツキくんは自分のいたらなさを反省するばかりです。
『ツバサちゃんは可愛いだけじゃなく、機転も利くし、
見習うとこばかりだなぁ……。
このコの隣にいるために、もっと頑張らないと――』

ツバサ「そ れ に ね♪
  イツキちゃんからキスしてもらえて嬉しかったし♡」
イツキ「はわっ!? あ、あれは無我夢中で!!
  わ、忘れて~~~!!!」
ツバサ「ふふふ、どーしよっかなぁ~~」

『すごく恥ずかしかったけど……
ファンのみんなの喜んだ顔、歓声、
それにツバサちゃんにも喜んでもらえて
――この気持ち、しばらく忘れられそうにないかな』
更衣室に向かう“ツバサちゃん”の後ろ姿を眺めながら、開演前とは違ったドキドキを胸に感じるイツキくんでした。

――
―――
――――

『い、イツキに…チューされちまった……』
もう一人、ドキドキで胸がいっぱいの人も……w



[つづく]

ストーリー:恵村まお / 脚色:Col.Ayabe

※声優2人によるオマケ動画(第5回は「可愛いサインを考えよう」)を、ニコニコ「オトコのコはアイドルになりたい!?」チャンネルにて配信しています!(有料会員限定)


-------------------------------------------------------


「オトコのコはアイドルになりたい!?」ニコニコチャンネル
https://ch.nicovideo.jp/otokonoko

公式Twitter『オトナリ!?』&『オトスキ!?』
@CafeCherryGirls



▲ツバサ&イツキ(アイドル衣装)


▲ツバサ&イツキ(学ラン姿)


▲ イツキ 役 / 三上丈さん & ツバサ 役 / 筆村栄心さん


(C)Cherry Lips Partners

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年夏アニメ一覧 10月放送開始
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020冬アニメ、何観るアンケート(中間発表)
冬アニメ声優で観る
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー