menu

オトコのコはアイドルになりたい!?

オトコのコはアイドルになりたい!?

番組情報

パーソナリティ

三上 丈 ・ 筆村栄心

番組概要

カスカベアキラ先生が「オトコのコ」の世界を描いたイラストストーリー「オトコのコはメイド服がお好き!?」の新シリーズとして「オトコのコはアイドルになりたい!?」を、イラスト+ボイスドラマ+声優トークで展開していきます。

パーソナリティーは、テレビアニメ「異常生物見聞録」で主人公・好人役をつとめる三上丈と、ヘアメイクを趣味として中性的な魅力を持つ若手男性声優の筆村栄心が担当します。

番組では「オトコのコ」が可愛くなる物語を提供していきます。

(提供:株式会社ベルガモ、株式会社ホビージャパン、株式会社フロンティアワークス)

更新情報

配信日:毎月10日・25日
バックナンバー:すべての放送回


おたより投稿・コーナー紹介

  • 「おしえて、あなたのヒ・ミ・ツ」
    実はオトコのコ、という大きな秘密を持っているアイドルユニット「Cheery Lips」。リスナーのみんなもちょっとした秘密はあるんじゃない? 言いたいけど言えない貴方の秘密ををボクたちにこっそり教えてね!

    例:お母さんと2人で出掛けた時、弟には内緒でデザートビュッフェに行っちゃった。
    例:推しのアイドルがいるんだけど、彼(彼女)には内緒なんだな。

  • 「実は私…オトコのコ?」
    「オトナリ!?」では、オトコのコが可愛いアイドルになるお話ですが、女の子だけど同じクラスの女子にすごくモテてたり、カッコイイ女子や可愛い男子っているよね? 
    自分でもお友達でも、そんなカッコイイ女子や可愛い男子の事を教えてね!

    例:いつもスカートを履いてて髪も長くしているけど、実は車やバイクが大好き! 早く免許が欲しいっ!
    例:私服でスカートなんて持ってないよー!
  • 「お便りコーナー」
    パーソナリティーの2人への応援メッセージや番組の感想、やって欲しい事などをお送り下さい!

※投稿される方は次の条件に同意のうえ投稿してください。
【投稿条件】
投稿されたコメント或いは作品の著作権(著作権法第27条及び第28条に規定する権利も含む)は当社に譲渡され当社に帰属するものとします。

お知らせ

■10月10日スタート
ニコニコチャンネル 有料会員月額500円(税別)
アニメイトタイムズ ※無料パートのみ配信


関連情報

「オトコのコはアイドルになりたい!?」ニコニコチャンネル
https://ch.nicovideo.jp/otokonoko

公式Twitter『オトナリ!?』&『オトスキ!?』公式
@CafeCherryGirls

ツバサ&イツキ

▲(左)ツバサ、(右)イツキ

▲ イツキ 役 / 三上丈さん

▲ ツバサ 役 / 筆村栄心さん



#1

次回更新予定 10月25日


カスカベアキラ先生が「オトコのコ」の世界を描いたイラストストーリー「オトコのコはメイド服がお好き!?」の新シリーズとして「オトコのコはアイドルになりたい!?」(通称「オトナリ」)がイラスト+ボイスドラマ+声優トーク、のラジオ番組がスタートです!

今回は、9月25日に放送されたニコ生特番の感想を交え、ボイスドラマの裏話などもお話ししていきます!

ラジオならではのコーナーも開始です!
「おしえて、あなたのヒ・ミ・ツ」
実はオトコのコ、という大きな秘密を持っているアイドルユニット「Cheery Lips」。リスナーのみんなもちょっとした秘密はあるんじゃない? 言いたいけど言えない貴方の秘密ををボクたちにこっそり教えてね!

例:お母さんと2人で出掛けた時、弟には内緒でデザートビュッフェに行っちゃった。
例:推しのアイドルがいるんだけど、彼(彼女)には内緒なんだな。

「実は私…オトコのコ?」
「オトナリ!?」では、オトコのコが可愛いアイドルになるお話ですが、女の子だけど同じクラスの女子にすごくモテてたり、カッコイイ女子や可愛い男子っているよね? 
自分でもお友達でも、そんなカッコイイ女子や可愛い男子の事を教えてね!

例:いつもスカートを履いてて髪も長くしているけど、実は車やバイクが大好き! 早く免許が欲しいっ!
例:私服でスカートなんて持ってないよー!

「お便りコーナー」
パーソナリティーの2人への応援メッセージや番組の感想、やって欲しい事などをお送り下さい!

-------------------------------------------------------


<イラストストーリー 第1話>
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



ブルーとピンク、ペンライトが波のようにうねる。
淡く漂うスモークに景色が霞み、灯りの果ては見えない。

「みんなー! アンコールありがとう!」

ひときわ強い光が射した。
そこは信じられないほど大きなステージの上。自分――と、もう一人、ピンクに金線をあしらったドレスの裾を揺らしながら大観衆に呼びかける金髪の少女。

イツキ「あ、ありがとう―――って、ええ!?」

自分もまた薄いブルーのドレスに身を包んでいることにイツキは気づく。
大きく肌蹴た肩と胸、視線を落とせば自分の平坦な胸がそこにある。ヒラヒラとしたスカートの丈は短く、イツキはあわてて手で押さえる。
『なにこれ!? 大きなドームにすごい観客!?』

ツバサ「ワタシ…ツバサと、イツキちゃんのユニット『CherryLips』は、
  みんなのおかげで6大ドームツアーを実現させ、
  こうして最終日まで駆け抜けることが出来ました」
イツキ「6大ドームツアー!? いつの間にそんなことに!?」

そうだ、思い出した。このコはツバサ。
最近、一緒にアイドルをはじめたオンナのコだ。でも、6大ドームツアーってなに!? とまどうイツキの顔を、ツバサが下からのぞきこむ。

ツバサ「ふふ、イツキちゃんってば、どうしたの?
  興奮しすぎちゃって記憶喪失かな?」
イツキ「だって『CherryLips』は、まだ活動はじめたばかりで
  そんなツアーをやれるようなユニットじゃ……」
ツバサ「ね、だから夢みたいだよねっ」
イツキ「夢みたいって……??」

ただでさえ、アイドルなんてやりたくなかったのに、
こんなフリフリの衣装で、こんな大勢のまえに立たされるなんてっ!
混乱と恥ずかしさで目をぐるぐるさせるイツキ。でも――

ツバサ「そんな恥ずかしがらなくても、
  イツキちゃんは今日も、すっごく可愛かったよ♡」
イツキ「可愛い!?」
ツバサ「もちろん! 髪型に、顔立ちに、ぜーんぶ。
  も~可愛くて、ぎゅぅ~~ってしちゃう!」
イツキ「わわわっ!!」

胸に飛び込んできたツバサをあわてて受け止めるイツキ。
ツバサのクリクリとした金色の巻き毛がイツキの鼻先をくすぐり、春のような匂いがあふれてくる。

ツバサ「ワタシね…ふたりでアイドルになれて、嬉しかったんだよ」
イツキ「ツバサ…ちゃん」

そうだ…このコだから、OKしちゃったんだっけ、か。このコが喜んでくれるなら、続けてあげるしかないか――それはあきらめのような、どこか期待感のまじった不思議な気持ち。
だって、イツキもまた―――。

「「「リーーップス! リーーップス!」」」

気づけば、二人を包みこむ大きな声援。
ペンライトの波はいっそう激しくうねる。

ツバサ「“Lips”コールが起こっちゃった」
イツキ「なにそのコール?」
ツバサ「それは――キスして♡ってこと♪」
イツキ「えええええええぇぇぇ!?」

いや、まて、そこまでは納得していない。
だが、コールは鳴りやまず、ツバサとの距離はさらに縮まる。

ツバサ「“オンナのコ”同士だし、いいよね?」
イツキ「あ、あ…待って…ダメ…」

そうだ、ダメなんだ。大きな誤解がある。

イツキ「ダメダメダメ…“オンナのコ”同士じゃ…ない…
  私は…いや、僕は、僕は、僕は
  “オトコ”なんだからぁぁああああ!!!」


--------------


ツバサ「イ~ツキっ! お待たせ!」
イツキ「---???
  うわぁあああああ! ダメっ、チューとかダメだから!」
ツバサ「チュー!? なに言ってんだよ、イツキ?」
イツキ「え? あれ?」

西に傾いた太陽の光が、イツキくんの顔を照らします。
そこは見慣れた教室、自分の机。

イツキ「今のは…夢?」
ツバサ「みたい、だな。いったいどんな夢見てたんだ?
  オレとチューする夢?」
イツキ「え!? ま、まさかそんな…ははは」
ツバサ「だよなw
  ほら、起きたんなら、はやく一緒に帰ろう?」

幼馴染のツバサ“くん”に促され、そそくさと荷物をまとめるイツキくん。
2人は夕陽に染まった校舎をあとにします。

イツキ「ごめん、いつも僕の教室まで迎えに来させて」
ツバサ「気にすんなって!
オレがイツキの教室に来たいだけだからさっ――えへへ」
イツキ「そ、そう?」

はにかむ彼の表情に、イツキくんは思わず目線をそらします。
『ど、どうしたんだ僕は!? ツバサの笑顔なんて見慣れているだろっ』
ふと浮かんだのは、アイドルユニットのツバサ“ちゃん”の顔。
『あんな夢を見たから…なのか!?
“ツバサちゃん”と“ツバサ”は別人…別人だろ!』
表情を二転三転、目をパチクリさせて自分のキモチに問いかけるイツキくん。2人の“ツバサ”が頭のなかでグルグルと巡ります。

ツバサ「イツキ、今日もバイトあるんだろ?」
イツキ「あ…うん…」
ツバサ「なあなあ、何時に帰ってくる? 夜、部屋に行ってもいい?」
イツキ「ツバサ、ここのところ毎日来てない?」
ツバサ「だって、そうでもしないと一緒に遊べないじゃん」

拗ねるように、口をとがらせ、上目遣いにイツキを睨むツバサくん。
彼の抗議にイツキくんもタジタジ…。

イツキ「わかった。何時になるかわかんないけど、
母さんには連絡しとくから部屋で待ってて」
ツバサ「やったぁ! ありがとっ、イツキ!」

ぱぁぁっと、一転して満面の笑みがツバサくんの顔に浮かびます。
―――と。

ばさぁ~

イツキ「わわわっ、ちょっと重いよっ!」
ツバサ「へへ~♪ このままおんぶしてって~」

喜びのあまり飛びつくツバサくんに、イツキくんの目はふたたびパチクリ、パチクリ…。
『ち、近い! 近いよ、ツバサっ!
いやっ、ツバサちゃんとチューしそうな夢を見たからって、ツバサに似ているからって――なんでこんなにドキドキしてるんだ、僕はっ!?』

ツバサ「あ……着いちゃった」
イツキ「え?」
ツバサ「ほら、バイト先。ここ曲がるんだろ?」
イツキ「あ、ホントだ――ほらっ、ツバサ降りて!」

大きな通りを渡る横断歩道。ここを渡れば駅前の市街地に通じています。

ツバサ「なあ、イツキのバイト先教えてくれよ~」
イツキ「ぜぇっったいダメ!!!」
ツバサ「えぇ~、さみしいなぁ」

またしても口をとがらせるツバサくんにイツキくんの心はキュゥっと締め付けられます。でも、これだけは秘密にしなければいけません。

イツキ「とにかくダメだから! じゃあっ!」

逃げるように走り去るイツキくん。
『ごめん! でも、ツバサには絶対バレたくないんだ!』

イツキくんの後ろ姿を見つめるツバサくんは、しかし――笑みを浮かべてひとりごちるのでした。

ツバサ「知ってるよ――イツキはこれから
  アイドルになるんだよね♪」

[つづく]

ストーリー:恵村まお / 脚色:Col.Ayabe




※こちらのストーリーを音声化したボイスドラマと、声優2人によるオマケ動画を、ニコニコ「オトコのコはアイドルになりたい!?」チャンネルにて配信しています!(有料会員限定)

-------------------------------------------------------


「オトコのコはアイドルになりたい!?」ニコニコチャンネル
https://ch.nicovideo.jp/otokonoko

公式Twitter『オトナリ!?』&『オトスキ!?』
@CafeCherryGirls



▲ツバサ&イツキ(アイドル衣装)


▲ツバサ&イツキ(学ラン姿)


▲ イツキ 役 / 三上丈さん & ツバサ 役 / 筆村栄心さん


(C)Cherry Lips Partners

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019秋アニメ おすすめランキングまとめ!
2019秋アニメ 最速放送日
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー