menu
『四畳半神話大系』リレー企画4弾 吉野裕行さんインタビュー

『四畳半神話大系』リレーインタビュー企画第4弾――小津役・吉野裕行さんインタビュー「楽しく演じて、視聴者サイドでオンエアを見る… 不思議な作品です」

 放送もいよいよ後半戦!その展開にますます期待が高まる『四畳半神話大系』を紐解く連続インタビュー企画も今回で4回目。今回は前回の浅沼晋太郎さんとの対談に引き続いて、吉野裕行さん単独インタビューをお届けだ。
 アニメ史上に残るといっても過言ではないほどのインパクトを持つキャラクター・小津。その演技力で数々の“名キャラクター”を生み出してきた吉野さんにとって、小津はどんな“相手”だったのか?

──非常にインパクトのあるキャラクターだと思うのですが、吉野さん自身はどのように感じていますか?

吉野さん(以下・吉野):まぁ、見た目がおかしいですからね。行動もおかしいですけど。正直なところ、安易かもしれませんが見た目で“この役は面白いだろうな”って思いましたね。あとはセリフもたいがい“おかしい”ので(笑)。


──小津本来の“見た目”(公式サイトのキャラクター紹介等にある“人間らしい”デザイン)と、「私」視点での小津はまたルックスが違いますよね

吉野:そういうところも含めて、作り手が上手いんですよね。もともと原作の小説があり、イラストがあるなかで、それをアニメにして動かす事になったときに、元の絵を生かしつつ、監督の湯浅さんが独特の見せ方というかアニメーションの作り方をされる方で、それがすごく合っているなと。僕は上田さん(の脚本)は初めてですけど、原作の中の一言二言の台詞を膨らましたり、その辺が上手いんでしょうね。
 小説はおよそ4話ぐらいで終わるようなボリュームですが、アニメは11本やらなきゃいけないですから。上手に原作を料理しているというか、素材をしっかり生かして作っているなと思いますね。


──脚本の上田さんが演劇畑の方ということもあり、既存のアニメとは一味違う感もあります。役者としても演じがいはありますか?

吉野:僕は演劇の人間じゃないのでわからないんですけれども、毎回台本を読んだときに“上手いな”って思わせるところがありますよね。仕上がったときの“画の表現”、見せ方としての上手さもありますし、脚本のなかでの文言のチョイスでも、実際には小説の中で使われてないであろうセリフを作り出すわけですから、物語のことを把握していてイマジネーションがあって、あたかも「あ、言いそうだな」っていうものをちゃんと提示してくれてるっていうか。
 そういうところが僕は演じる上で純粋に「あ、さすがだな」って思います。ちょっとズレてるというか、自分が抱いている世界に対するイメージと違うものを持ってこられる場合もあるわけで、そういう意味では『四畳半神話大系』ってそういうストレスが一切無くて、すごいなって感じちゃいますね。で、それが「面白いものだ」って自分が受け入れられる。そこですね、一番面白いのは。


──“演じ心地が良い”という感じでしょうか?

吉野:そうですね、それは確かにありますね。毎回同じような物語を繰り返すわけだから、物語の整合性って言ったら大げさですけど、普通は演じるうちにどんどん前に進んでいくから「過去にこういうことがあったから今、自分はこういうセリフを言ってるんだ」っていうのを踏まえなきゃいけないんですけど、この作品ってそういうのが無いんですよね。毎回終わるわけですから。
 だから今も一話録り終わるたびに「ああ、アニメ一本終わったな」みたいな感覚です。だからオンエアを見るときも、僕は本当に視聴者サイドです。「この前やった仕事を確認する」という意識っていうよりも、「あぁ、こうなるんだ……」っていう、随分と他人事のように見てしまっています。それぐらい演じる時は楽しく演じられてるんですけれども、意外と手を離れるのも早いっていう、非常に不思議な作品なんです。……一話完結だからなんですかね?
 特にキャラクターを成長させる必要も無いですし、そういうケアがいらないんですよ。そのときに用意されたセリフで会話すれば良いだけであって。どの人生をやっても同じセリフが出てきた時、必ず意味を持たせて言うかといったら、そのシーンのなかでキャッチボールした上で言うセリフであるから、意味を持たせるときもあれば、それをサラリと言うこともある。その選択の良し悪し、流れなど、その辺は音響監督がいて、湯浅監督がいて、全部見てOKかどうか判断してくれます。だから何かを狙って“こうしてやろう”とかっていうのは全然無いんですよ。
 「台本が最初っからそうなってるでしょ」「“画”がそうできてるでしょ」っていうのを、本当によくやってる作品なんだなっていうのはすごく感じます。演じるほど「僕の力じゃないな」っていうのを感じちゃうんですよ、正直、「本が良くできてるな、“画”が良くできてるな」っていうところに落ち着きました。自分が妙な事をする必要がまったくないから。何度も言いますけど良くできてます。それしか言いようがない。そういうスタッフと仕事ができるのは光栄だなと思いますね。

小津(CV:吉野裕行) 

小津(CV:吉野裕行) 

──では最後に今後の注目点や、これからご覧になるファンへのメッセージをお願いします

吉野:浅沼君が前に取材のなかで「主人公を成長させる必要がないということを意識している」って言ってたんですけど、結局同じ人生を何度もやり直して、それが急に上手になって色気を出して、それで上手い事行くような瞬間があっちゃいけないみたいな事をすごい気にしてたんですけど、まさしく僕も同じで、この物語って答えはもう出ちゃってるんですよね。1話のなかに2話3話の伏線も出ちゃってるし、OPを良く見ると全部のキャラクターが出てきてるんですよね(笑)。
 早口でセリフや説明をバンバン言われたり、映像的な情報量が非常にある作品なので、一度見るとそれに集中しなきゃいけなくなって大変だけど、逆に流し見してもいいでしょって(笑)。流し見していても気になる作品だと思うんですよ、チラッと見ても面白いなって思える作品なんで、肩肘張らずに見ていただければ嬉しいなと思いますね。


TVアニメ『四畳半神話大系』
フジテレビ    4月22日より毎週木曜24:45~
関西テレビ    4月27日より毎週火曜25:29~
東海テレビ    4月29日より毎週木曜26:15~
サガテレビ    4月29日より毎週木曜24:45~
BSフジにて    5月8日より毎週土曜25:00~
さくらんぼテレビ 5月15日より毎週土曜25:05~


スタッフ・キャスト、最新情報などは公式サイトでチェック!
TVアニメ『四畳半神話大系』公式HP
http://yojouhan.noitamina.tv/

DVD&Blu-ray第1巻8月20日リリース決定!
【DVD】3,990(税込)、【Blu-ray】5,040(税込)
発売元:アスミック/フジテレビ  販売元:東宝


●パッケージ発売記念イベント決定!
TVアニメ「四畳半神話大系」DVD&BD発売記念イベント
『「私」と小津のむにゃむにゃ四畳半 特別篇』開催!!

 名場面を一緒に見ながらリアルタイムで携帯電話から簡単にコメント投稿が出来る特別AR(拡張現実)上映と、「私」役:浅沼晋太郎さん、小津役:吉野裕行さんによるトークショーが決定!トークは、会場の皆さんからの投稿コメントを拾いながら進行!参加方法はアニメイト対象店舗でアニメ『四畳半神話大系』のDVDまたはBD第1巻を購入された方先着にて。

【登壇者】(予定)
「私」役・浅沼晋太郎さん、小津役・吉野裕行さん
※システム設計/AR三兄弟

【開催日時】
9月20日(月・祝)18:30開場、19:00開演予定

【開催場所】
なかのZERO小ホール

第7話より

第7話より

第7話より

第7話より

第7話より

第7話より

第7話より

第7話より

第7話より

第7話より

     

(C)四畳半主義者の会
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020冬アニメも声優で観る!
秋アニメ声優で観る
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー