声優
ツキクラグリーティングツアー第4弾のイベントレポートが到着!

荒一陽さん、大海将一郎さんらツキクラメンバー6人によるグリーティングツアー第4弾が開催! 歌にトークに大盛り上がりのレポートが到着!

 2.5次元芸能事務所「ツキノ芸能プロダクション」が2015年冬~2016年春にかけて開催したリアルオーディション、「ツキプロMusic Grand Prix 2016」に合格した13人の新人声優がツキクラメンバーとして、デビューを目指します!

 これまで、3回にわたり全国7点のアニメイト店舗でグリーティングツアーを行ってきたツキクラメンバーたちが、2016年6月25日(土)にアニメイトららぽーと富士見店のオープンを記念した、第4弾グリーティングツアーを開催。メンバーのうち荒一陽さん、大海将一郎さん、西野太盛さん、筆村栄心さん、古畑恵介さん、松岡一平さんの6名が参加し、歌やトークを披露しました!

■ツキクラメンバーと約300人のファンが一緒に盛り上がる!
 アニメイトららぽーと富士見店のオープンに合わせ、朝10時からはメンバーが店頭に立ち、ご来店いただいたお客様にアニメ店長缶バッジ&ツキプロ小冊子「はじめてのツキクラ」を配布。アニメイトのエプロンも着用したメンバーはドキドキの表情を浮かべつつも楽しそうにお客様と触れ合いました。

 野外ステージでのイベントでは、約300名の観客がツキクラの登場をいまかいまかと待ちわびる中、筆村栄心と松岡一平の2人がMCとして登場! ツキクラの中ではMCが得意な市川太一さん、井上雄貴さん、徳武竜也さんたちが不在の中、自分たちだけでもできるところを見せようと意気込みつつ、「お客さんの力を少し分けてもらおう!」とイベントの醍醐味であるコール&レスポンスからスタート。筆村さん「僕たちで回していけるかな?」、観客「大丈夫!」、筆村さん「信じていい?」、観客「いいよ!!」、筆村さん「だって僕たちは??」、全員「ツキクラ!!!」とつかみはバッチリの様子でした。

 温まったところに荒さん、大海さん、西野さん、古畑さんも登場! 会場中が大きな歓声と拍手に包まれる中、まずは大海から自己紹介。するとMCの筆村さんが「好きな女性のタイプは?」といきなりのぶっこみ質問。大海さんは「いきなり!?」と戸惑いつつも「そうですね…笑ってくれる、笑顔がステキな人が好きですね…よろしくお願いします!」と照れながらあいさつ。続いて荒さんが「ツキクラの空回り王子ことあらしゃんです!」と元気にあいさつ。しかし名前を名乗るときに噛んでしまい、「相変わらず空回りました」と普段通り(?)の様子。

 筆村さんから「特技を披露してください!」とふられた西野さんは、得意なヒューマンビートボックスを披露。観客からも手拍子を受け、顔を真っ赤にしながら演じました。続く古畑さんは「みんなに幸せ届けますっ!! 笑顔満開☆古畑恵介、ふーくんです!!」とおなじみのあいさつ。客席からも大きな歓声が巻き起こるも、あざとかわいい自己紹介に、筆村さんが「その自己紹介は何歳までなんですか?」とコメント。「向こう3年はやらせて!」と答える古畑さんに、客席からは「30年いける!」と合いの手が上がりました。

 続いて新たな特技を覚えたという松岡さん。すでにクシャミ芸を持つ松岡さんが、昨晩古畑さんと話し合って決めたという、メンバーの声モノマネを披露。大海さん、大島尚起さん、徳武竜也さんの3名それぞれの声マネであいさつすると「似てる!」と大評判。さらに大海さん本人が「大海将一郎です。よろしくお願いします」と挨拶し、続けて松岡さんも同様に声マネであいさつ。特長をバッチリとらえたあまりの出来のいい声マネに会場が驚きとザワザワするほどでした。

 イベントはにぎやかムードの流れのまま、トークタイムに突入。「ツキクラメンバーでライバルだと思う人は?」というお題に、まずは古畑さんが「特に負けたくないって思うのが、同じ事務所の大海将一郎くん。ツキクラが始まる前からいろいろなオーディションで一緒で、そのころから負けたくないなって思ってきて」とコメント。大海さんが「ほんとですか!? 僕はみんなで手を取り合って一緒に輝いていけたらいいなって」と返すと、すかさず古畑さんも「マネージャーが来ているからっていい子ぶっちゃって!」と会場の笑いをさらっています。

 そんな大海は「お芝居で素敵だなと思うのはおじいちゃん(徳武さん)。上手だなと思うので、意識している部分はありますね」と語りました。続く荒さんは「みんながみんなライバルだから、特別誰かという人はいない」としながらも「小松準弥っていうカッコいいメンバーがうちにはいますが、僕たちは小松準弥にはなれないけど小松準弥も僕たちにはなれない」と思いっきり小松さんを意識したコメントを披露。メンバーたちも「いいこと言った!」と続けました。

 次のお題は「これまでのお仕事で特に印象に残っていること」。西野さんがアニメイトタイムズで配信中のウェブラジオ「ツキクラの裏語録」が一番楽しいと告白。古畑さんが「普段は落ち着いたキャラなんだけど、ラジオになった瞬間にすごいしゃべるもんね!」、荒さんも「収録の後めっちゃテンション上がってたよね!」と続けると「あれが一番楽しい!」とうれしそうに語った。荒さんは「僕たちが初めてステージに立ったAnimeJapanのお披露目会ですね」と話し、「ツキクラの初披露からちょうど3か月ですよみなさん!」と言うと客席は祝福の拍手で溢れた。松岡さんは「そうだな…、4月に先輩ユニットのイベントではじめての名刺を配ったとき。応援してくれている人たちと初めて会って、すごくうれしかった」と振り返りました。

 さらに話題は「もしアニメイトの一日店長になれるとしたら何をしたい」という話に。荒さんは「お客様に壁ドンをしてドッキリさせたい!」らしくコメント。イラストが得意な大海さんは「せっかくなのでオススメの商品にPOPを書きたい。大海の感性で思うままに伝えたいです」と話しました。

 たっぷり30分のトークを繰り広げた後、いよいよ歌の披露へ。松岡さんが「話は尽きませんが、そろそろお歌の時間が迫ってきました。ここからはかっこいい僕たちも見てもらえたらと思います」と話し、荒さんも「いつもは13人なのですが、今日は6人で頑張ります!」と意気込みステージでスタンバイ。新曲の「未来のPiece」を歌い上げます。会場では曲に合わせて手拍子がおこり、全体が1つになった瞬間でした。

「未来のPiece」を披露した後は、メンバーによる名刺お渡し会。集まってくれた約300名のファンに、1人1人丁寧にあいさつしながら笑顔で触れ合っていた。また、名刺お渡し会では、今日来られなかったメンバーで広報担当でもある菊地燎さんが制作した、ツキクラの活動を伝えるツキクラ新聞もファンたちに配られました。

 第5弾全国のアニメイト店舗へのグリーティングツアーも今後順次続けていく予定。7月18日(月・祝)に開催される初の単独ホールイベント「クラフェス」に向けてメンバーたち猛レッスン中です。出演していた「ツキプロch.(ツキプロチャンネル)」はいったん6月で終了しましたが、10月からは2期の放送も決定! 引き続きツキクラのコーナーも続投が決まり、今後の活動もますます楽しみですね。

 
>>ツキクラ 公式ブログ

■アニメイトタイムズの人気記事!

「Rayちゃんゼミ 5周年に向けて成長したい!」配信開始!

『ジョーカー・ゲーム』EDテーマ歌うアーティストに迫る

「永遠にみんなとライブハウスで遊んでいたい」LISAさんが語る、これまでとこれから

『リゼロ』水瀬いのりさんが明かす、6・7話のレムを演じたときの想い

緑川光さんがマニアックに愛を語りつくす!

(C)TSUKICRO
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング