menu
アニメ
『最弱無敗の神装機竜』ファン感謝イベントでキスシーン実現!?

アニメでは叶わなかったあのキスシーンを、田村さんとLynnさんが実現!?『最弱無敗の神装機竜』ファン感謝イベントレポート

2016年6月12日、東京・サイエンスホールにて、TVアニメ『最弱無敗の神装機竜』ファン感謝イベントが開催されました。TVアニメ『最弱無敗の神装機竜』は、GA文庫より刊行中の明月千里先生によるライトノベルを原作とした作品。「無敗の最弱」と呼ばれるようになった主人公のルクス・アーカディアが、様々な個性的なヒロインと交流を深めつつ、神装機竜と呼ばれる兵器を用いて戦う学園ファンタジーバトルです。

イベントではミニライブや出演声優陣によるミニゲームなど盛りだくさんの内容が展開。本稿ではイベント昼の部の模様をレポートでお届けしていきます。ルクス・アーカディア役の田村睦心さんによる共演者からの依頼にチャレンジする姿には会場も大爆笑でした。


<出演キャスト>
・田村睦心さん(ルクス・アーカディア 役)
・Lynnさん(リーズシャルテ・アティスマータ 役)
・藤井ゆきよさん(クルルシファー・エインフォルク 役)
・久保ユリカさん(フィルフィ・アイングラム 役)
・種田梨沙さん(セリスティア・ラルグリス 役)
・小澤亜李さん(アイリ・アーカディア 役)
・石上静香さん(切姫夜架 役)
・間島淳司さん(バルゼリッド・クロイツァー役)

<出演アーティスト>
・nano.RIPE
・TRUEさん

アニメイトタイムズからのおすすめ

いきなりのオープニング&エンディングテーマのライブで、イベントはスタート!

まずイベントの幕開けを飾ったのは、nano.RIPEによるエンディングテーマ「ライムツリー」。実は本作のイベントには初出演というnano.RIPEですが、生バンド演奏による大迫力のサウンドと、熱いパフォーマンスで、イベントの口火を切る形となったライブを盛り上げてくれます。



そこからさらに畳みかけるように登場したのは、本作のオープニングテーマを担当するTRUEさん。ファンにとって馴染み深い「飛竜の騎士」を、後に「死んでもいいと思って歌っている」と語っていたほどの気合いを込め、力強く熱唱。客席のボルテージも一気に急上昇する盛り上がりの中、いよいよイベントがスタートすることになります。


続いて間島さんの司会の元、メインキャスト陣が登壇。ここからイベントが進行していくと思いきや、いきなり「イベント目安箱」のコーナーがスタート。こちらはWEBラジオ「最弱無敗の無線通信」で、主人公のルクスにあやかり、田村さんが提示された様々な雑用をこなしていく「目安箱」のコーナーを、本イベントの特別仕様にしたもの。なんと事前に他のキャスト陣から寄せられていた数々の雑用(という名目の無茶振り)に、田村さんが挑戦していくことに。「目安箱」のコーナーはイベントの途中の様々なタイミングで繰り広げられていくとのことで、田村さんも少し不安げです。

最初のお題となったのはLynnさんから寄せられた「バハムート召喚の台詞をポーズ付きで生披露」という難易度の高いものだったのですが、田村さんはこの難題にも剣を抜いた時のSEまで入れつつ、完璧なポーズと迫真の演技を披露して会場を大いに沸かせ、最初の挑戦を大成功におさめます。好調なスタートですが、ここからは果たして……!?

キャスト陣が選んだ数々の名シーンに隠された、意外な裏話も明らかに

続いて行われたのは「最弱無敗の最高場面(ベストシーン)」で、こちらはその名前の通り、キャスト陣によって選ばれたアニメ作中に登場した様々な名シーンを映像と共に振りかえるというもの。


やはりそれぞれが演じたヒロインに関連した思い出深いシーンが選ばれていく中、キャスト陣の人気を集めていたのが、視聴者にとってもインパクトが強かったであろう、第5話の2度に渡るクルルシファーのキスシーン。

藤井さんだけではなくLynnさんと小澤さんも真っ先に思い浮かんだ場面としてチョイスしており、藤井さん自身も放送後、何度も見返していたそう。しかし、改めて大きなスクリーンで見るのは違った気恥ずかしさがあるのだとか。またこのシーンでの敏感そうなルクスのリアクションの話題から、下ネタトークを展開しはじめる女性陣に対して、間島さんが気まずそうにツッコミを入れるという、アフレコの現場の雰囲気が想像できるようなやりとりも行われ、会場の笑いを誘っていました。

一方、ちょっと変わった裏話が飛び出したのは、田村さんがチョイスした、11話のリーシャがルクスに専属の騎士になってくれるよう懇願するシーン。なかなか素直になれないリーシャと、咎人であることの枷に縛られているルクスの2人が、それぞれとって勇気のいる選択をするというのがお気に入りの理由だそうですが、実はこのシーンの収録日に田村さんがインフルエンザでアフレコを欠席していたことが判明。このシーンの直前のヒロイン達とのデートシーンも含め、キャスト陣は皆それぞれの心の中で美化した田村さんを想像して、一人芝居をしていたという、驚きの逸話が明かされることに。


クルルシファーのキスシーンと同じく人気を集めたのが、Lynnさん・久保さん・種田さんが選んだ、最終話のリーシャの演説シーン。黙ってリーシャの隣に歩み寄り、優しくその手を握って上げるルクスが格好良すぎると大盛り上がり。(特に種田さんはリーシャが大のお気に入りで、「この人になら仕えてみたい!」とコメントしていたほど)

ここはリーシャとルクスだけではなく、恋の最大のライバルとも言えるクルルシファーが誰よりも先に拍手して二人を祝福するという漢気(?)を見せるなど、他のヒロインにとっても見所の多いシーンでもあり、客席も納得のベストシーンとなっていました。


その後には再び「イベント目安箱」のコーナーが行われることになったのですが、今回は「起こしなさい」という藤井さんからの依頼です。田村さんから「かわいい起こし方」をされてみたかったという超個人的な願望を壇上で叶えてもらうことに。

完全にスイッチが入りヒートアップした藤井さんの徹底したシチュエーションへのこだわりが語られたり(時には田村さんへのダメだしが飛ぶことも)、小道具としてリアルに田村さんが当日現場に差し入れしたというぬか漬けが登場し、二人が食べさせ合いをするなど見所満載で、客席からは何度も爆笑が沸き起こっていました。

豪華賞品を賭けて、キャスト陣がゲームで対決!

続く「最弱無敗の女性声優(ドラグナイト)」は、こちらもWEBラジオ「最弱無敗の無線通信」で行われていた、二人が対決を行い、その引き分けを目指すという一風変わったコーナー。今回はキャスト陣全員のリレー形式で、90秒ぴったりにタイマーをストップさせるというお題に挑戦することに。(ただし90秒ちょうどは難しすぎるため、前後3秒までのズレはOK)


最初の5人が10秒を担当。秒数が明らかにずれている時にも終盤で修正が効くよう、最後の二人になった種田さん・久保さんが20秒を担当するという万全の作戦を立てて挑戦はスタート。2人目の田村さんの時点では19.98というほぼ完璧なタイミングでストップすることに成功したのですが、最後の久保さんの手前で20秒近くの誤差が出てしまうというかなり厳しい状況に。

しかし、ここで久保さんが92秒98という、あと00.2秒以上ズレていたらアウトだったという奇跡的なタイミングでタイマーを止めることに成功し、見事チャレンジを達成! 豪華賞品として用意されていた2万円分の食事券をゲットし、イベント終了後にはキャスト陣で打ち上げにいくと話していました。



本日最後の「イベント目安箱」では、日常に疲れているという久保さんを、田村さんの愛嬌で癒やすという、これまた難易度の高いお題が出題に。これにはさすがの田村さんも大苦戦で、とりあえず久保さんをマッサージしてみたものの、希望を叶えることができず終わってしまいます。

ところがここで逆にお手本を見せてもらおうという流れになり、久保さんはまさかの墓穴を掘る展開。「愛嬌といえば妹」という理由で小澤さんを巻き込みつつ、久保さんの考える愛嬌に満ちた寸劇を披露するのですが、どう見ても幼いアホの子二人が会話しているだけのシュールなやりとりが繰り広げられ、癒やしよりも笑いが優ってしまうことに。これにより癒やしてもらうはずだった久保さんはさらに疲れてしまうという、希望から真逆の結果に終わってしまうのでした。

Lynnさんに迫る田村さん。そして……!

そしてイベントの締めくくりとして行われたのは、「ルクス争奪バトル~女達の戦い~」という、ルクス演じる田村さんのことをどれだけ理解しているかを図るコーナーです。様々なお題に対する田村さんの回答をキャスト陣が予想して、答えがマッチングすればポイントを獲得します。


最初の問題こそ「最弱無敗の神装機竜の魅力は?」という作品に関連したものだったのですが、やがて「田村さんのチャームポイント」「田村さんが誰にも負けないところ」といった、田村さんにとっては自分の長所をひたすら挙げることになるという、過酷な問題が連発。

田村さんがタジタジになっていく一方で、「田村さんの最弱(弱点)なところ」に、石上さんが「敏感な背中」と回答して笑いを誘ったり、非常に難易度の高い問題だった「今日のファッションポイント」を作中のルクスと絡めた「女装」であると種田さんが的中させるなど、会場は大盛り上がり。最終的結果はLynnさんと小澤さんという、メインヒロインと妹のコンビがトップに立ち、さすがの貫禄を見せつける結果となりました。


優勝した二人には田村さんが考える、ルクスとしての「甘い」台詞が贈られることになったのですが、リーシャから本当の気持ちを問い詰められたルクスが、「ほっぺにキスしたいくらい好き」と自身の気持ちを告白した次の瞬間、田村さんがLynnさんの頬にキスをするという、アニメでは叶わなかったルクスとリーシャのキスが思わぬ形で実現することに! 当然ながらこれには会場も大興奮で、本日1番の大歓声が、最後のコーナーで沸き起こる結果となりました。


最後の挨拶ではアフレコ時の思い出と作品への思い入れが、どのキャストの口からも語られており、現場の雰囲気が本当に良いことが伝わってくる、和気藹々としたイベントは幕を閉じました。

TVアニメ『最弱無敗の神装機竜《バハムート》』

【スタッフ】
原作:明月千里(GA文庫/SBクリエイティブ刊)
キャラクター原案:春日歩
監督:安藤正臣
シリーズ構成:柿原優子
キャラクターデザイン:黒澤桂子
総作画監督:黒澤桂子
プロップデザイン:廣瀬智仁
CG:オレンジ
美術設定:成田偉保(草薙)
美術監督:根本邦明(草薙)
色彩設計:竹川美緒
撮影監督:芹澤直樹
編集:森田編集室
音響監督:明田川 仁
音響効果:小山恭正
音響制作:マジックカプセル
音楽:松田彬人
音楽制作:ランティス
アニメーション制作:Lerche
製作:最弱無敗の製作委員会

【キャスト】
ルクス・アーカディア:田村睦心
リーズシャルテ・アティスマータ:Lynn
クルルシファー・エインフォルク:藤井ゆきよ
フィルフィ・アイングラム:久保ユリカ
セリスティア・ラルグリス:種田梨沙
アイリ・アーカディア:小澤亜李

オープニング主題歌:TRUE「飛竜の騎士」
エンディング主題歌:nano.RIPE「ライムツリー」

【イントロダクション】
 遺跡から発掘された、古代兵器・機竜。かつて、最強の機竜使い≪ドラグナイト≫と呼ばれた亡国の王子・ルクスは、滅ぼされた旧帝国の罪を背負い、様々な雑用を引き受ける事で恩赦を受けていたが、何故か機竜使い≪ドラグナイト≫育成のための女学園に入学することになり……!?
 王立士官学園の貴族子女たちに囲まれた、“最強”の学園ファンタジーバトル、開幕!!


TVアニメ『最弱無敗の神装機竜』公式サイト
TVアニメ『最弱無敗の神装機竜』公式Twitter(@saijaku_anime)
(C)明月千里・SBクリエイティブ/最弱無敗の製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年 秋アニメ一覧 10月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020秋アニメ(今期10月)おすすめランキングまとめ! 結果発表!
2020秋アニメも声優で観る!
2020秋アニメ・今期最速放送
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング