声優
黒髪の乙女は武士?『夜は短し歩けよ乙女』花澤香菜さんインタビュー

黒髪の乙女は天真爛漫で意外にも武士!?『夜は短し歩けよ乙女』声優・花澤香菜さんインタビュー

 京都を舞台にした、ちょっと不思議な青春恋愛小説『夜は短し歩けよ乙女』。2017年4月7日には待望の劇場アニメがロードショーとなります。世界を同じくする『四畳半神話大系』がTVアニメとして2010年に放送され、原作者の森見登美彦先生と湯浅政明監督が描き出した独自の世界観は未だにファンの間でも語り草になっています。

 そして、『夜は短し歩けよ乙女』で特に注目なのがヒロインの“黒髪の乙女”。読者を不思議な京都の街へ案内してくれた彼女は、映画ではどんな活躍を見せてくれるのでしょうか? 今回、“黒髪の乙女”を演じる花澤香菜さんにインタビューを実施。“黒髪の乙女”の意外なキャラクター性についてもお聞きしました!

“オモチロイ”ことに出会える自信

──役が決まったときはどう感じましたか?

花澤香菜さん(以下、花澤):アニメ化決定の話と、“黒髪の乙女”役が決まったということを同時に聞いたので、すごく驚きました。もともと原作を読んでいたので「この作品に関われる! しかも“黒髪の乙女”を演じることができる!」ってうれしかったです。でも、それと同時にすごく責任重大だな、とも思いました。

──責任重大ですか?

花澤:ファンの多い作品ですし、私の中で“黒髪の乙女”のイメージが、何も気負わずにズンズン歩いていく感じというか、天真爛漫な素敵な女の子っていうイメージだったので「私にできるかな!?」って思ったんです。

──では、演じていて難しく感じることもあったのでしょうか?

花澤:普段は無垢な女の子を演じることが多いので、「役に当てはまれるかな〜?」と不安に思っていたのですが、演じてみると大丈夫でしたね。

──本作は早口で独特な言いまわしのセリフが魅力の作品ですが、苦労されたことはありますか?

花澤:『四畳半神話大系』のような語り口調になるのかは、アフレコを行うまではわからない状況でした。でも、現場に行ってみるとやっぱり、抑揚をあまり付けずにダダーッと早口でしゃべっていく感じで、「あ、これは前作の要素を活かしているんだな」と思いましたね。ただ、“黒髪の乙女”でその演技をするとどうなるのか、あまり想像が付かないままアフレコを始めたので、演技が固まるまでに時間がかかりました。

“黒髪の乙女”のキャラクター付けには、かなり時間をかけていただいたんですけれども、私の中で彼女は、天真爛漫というイメージが強かったので、最初はホンワカした感じで演じていました。でも、武士道を叩き込まれて育ってきたことや、肝が据わった感じをメインに押し出していった方がいいんじゃないかということになり、もうちょっと落ち着いたトーンになりましたね。

──武士道とは驚きです!

花澤:そうですね、“黒髪の乙女”はところどころ武士なんですよ! 受け答えが特に。だから「あ、この子は武士だったんだな」と思いましたね(笑)。日常会話でも、なんか男らしいというか……。

──確かにそうですね(笑)。ちなみに、花澤さんご自身と“黒髪の乙女”で似ている思うところはありますか?

花澤:お酒が好きというところです。飲む量は全然違いますけど(笑)。あとは私、結構“オモチロイ”ことに出会える自信があるというか。お仕事に関して言うと、とても面白いことに巡り合えているなと思います! ただあの“詭弁踊り”を見ると、「あそこまで振りきれないな〜」というのはちょっとありますね(笑)。

──逆に、「ここは違う」と思うところはどこでしょうか。

花澤:“黒髪の乙女”のものおじしないところはやっぱり素晴らしいと思います。私は何にでも緊張しちゃうので……。急遽お芝居に出るシーンがあるんですが、ちょっとセリフを読んだだけですぐ「行けます!」って言えるのはすごいですよね。

──“黒髪の乙女”でとくに見てほしいシーンはありますか?

花澤:劇中はずっと武士っぽい感じのままだった彼女が、最後にちょっと変わるんですよ! そこをぜひ見てほしいですね。とっても表情がかわいらしいんです。

星野さん、秋山さんの演技にも注目!

──今回は、互いにファンだと公言している星野源さんとの共演ですが、アフレコはいっしょにされたのでしょうか?

花澤:それが別々だったんですよ! しかも私は一番最初に収録をさせてもらったので、誰の声も入っていなかったんです。

──星野さんを始め、声優が本職ではない方も出演されていますが、印象をお聞かせください。

花澤:キャスティングを聞いたときに「あ! ピッタリ!!」って思いましたし、実際に見てもすごく楽しめましたね。

──星野さんは普段から“先輩”っぽいところがありますよね。

花澤:本を書かれていますからね。星野さんの作品を読んでいると、朗らかでありながらも、いろいろなことを考えながら毎日過ごされているんだなと感じます。原作の“先輩”は「この人、こんなに考えていたら生きづらくないのかな……?」と思ってしまうようなキャラクターなので、星野さんの声はピッタリだなと思いました。

──実際に声を聞かれたときの印象はどうでしたか?

花澤:私の個人的な見方としては、より愛らしさが増したように思います。私は大学では文学部だったので、こういう男子がいっぱいいたんですよ(笑)。だから“先輩”のこともすごく身近に感じていたんですけど、アニメのセリフでは感情が伝わりやすい分「このセリフは本気で言っているんだな」というのがわかって、かわいらしいなと。

──続いて、花澤さんご自身が気に入っているシーンを教えてください。

花澤:私が好きなのは、パンツ総番長の演劇のシーンです。パンツ総番長はロバートの秋山竜次さんが演じていらっしゃるんですけど、「あのシーンを秋山さんがやるんだ」と思いながら見ていたら面白くなっちゃって(笑)。ミュージカルのシーンは皆さんビックリすると思いますよ。「何が始まったんだろう!?」って。

──原作ではそれほど描写されていなかった部分ですからね。

花澤:そうですね。私もセリフは棒読みだけど歌はノリノリで歌っちゃうっていう、ギャップを見せる感じでお芝居しました。歌のところでは、みんなでイメージしながらやっていましたね。

森見先生ならではの語り口が好き

──原作ファンとして映画『夜は短し歩けよ乙女』をどう思いますか?

花澤:森見先生の描く京都と、湯浅監督の描く京都って全然違うと思うんですよ。私の中で、森見先生の描く人物や、場所は、なんだか身近にいそう、ありそうな感じですけど、湯浅監督の描くものは「実際にいたら面白い!」と思ってしまうような世界なんです。キャラクターや街に対して「これ何なの!?」と思っているうちに終わってしまうんですよ。だから、何回でも見たくなるような魅力があります。どちらの作品も『夜は短し歩けよ乙女』なんですけど、それぞれ違った面白さがあるので合わせて楽しんでほしいですね。

──花澤さんが森見先生の作品でお好きなところはどこでしょうか?

花澤:語り口ですかね。すぐに「森見先生の作品だな」とわかるような、森見先生にしか書けない語り口なので、作品の世界に入り込みやすいんです。あとはユーモアですね。自虐ネタが多いので自分と重ねて笑っちゃいますし、読みやすいですよね。私は『恋文の技術』という作品が好きなんですけど、森見先生の描く恋愛模様はとっても愛おしいなと思います。

──最後に映画を楽しみにしている皆さんに向けてひとことお願いします。

花澤:私が演じているからなのかもしれませんが、“黒髪の乙女”の体感時間がすごく長い描かれ方をしているんです。それは、彼女が面白いことに興味を持ち、そこに向かって突っ走って、積極的に時間を使っているからじゃないかなと思います。「昨日何してた?」って聞かれたとき「あぁ、何もしてなかったなぁ」と思うことってありますよね? そんな日があってもいいとは思うんですけど、“黒髪の乙女”みたいにいろいろなことに興味を持って「これからどういう風に歩いていこうかな」と、前向きに考えさせられるような素敵な物語になっています。安心して見に来ていただけたらと思います!


[インタビュー/石橋悠]

 

1989年(平成元年)生まれ、福岡県出身。アニメとゲームと某王国とHip Hopと自炊を愛するアニメイトタイムズの中堅編集者兼ナイスガイ。アニメイトタイムズで連載中の『BL塾』の書籍版をライターの阿部裕華さんと執筆など、ジャンルを問わずに活躍中。座右の銘は「明日死ぬか、100年後に死ぬか」。好きな言葉は「俺の意見より嫁の機嫌」。

この記事をかいた人

石橋悠
1989年福岡県生まれ。アニメとゲームと某王国とHip Hopと自炊を愛するアニメイトタイムズの中堅編集者。

担当記事

関連記事
【そろそろBLのこと知ってみませんか?】いまさら聞けない商業BLの世界!「アニメイト編集部BL塾」開校【前編】
近年盛り上がりが急激に加速している「ボーイズラブ(通称、BL)」。20年以上前は秘匿性の高かったジャンルが、過渡期を迎えていた。ところが、アニメイトタイムズ編集部員の石橋さんはほとんどBLに触れてこなかった様子。BLの知識はほぼないに等しい。アニメイト社員ともあろうものが、このままでは波に乗り遅れてしまう。やばい、やばすぎる。……ということで、「アニメイトタイムズ編集部員にBLのアレコレソレを教えて!」と急遽助っ人を要請。「アニメイト編集部BL塾」と題して、BL塾の開校に踏み切った。今回の企画では、BL通のライター・阿部裕華が先生役となり、BLの世界をいちから初心者の方に向けてご案内。BLを知りたい! もっと深く知りたい! と思っている読者のみなさんは、石橋さんとともに生徒気分でお楽しみを。※BL事情は諸説あるため、本企画には個人的見解も含まれています。※一部、R-18の作品も紹介しています。<登場人物>●阿部裕華フリーのライター。本企画の助っ人。石橋さんの飲み友達。BL愛好歴15年。『好きなものは好きだからしょうがない‼』に衝撃を受け、BLへ沼落ち。黒髪メガネ受けが登場する商業BLマンガは一通りチェックする。今回の先生役。●石橋悠アニメイトタイ...
関連記事
「田村ゆかり BIRTHDAY LIVE 2018」に王国民歴10年の編集者と初参加ライターで参戦してみた
「ゆかりん(田村ゆかりさん)が2018年2月24日、25日、27日に武蔵野の森総合スポーツプラザで、「田村ゆかりBIRTHDAY♡LIVE2018*Tricolore♡Plaisir*」を開催するんです。その名の通り、バースデーライブ。せっかくの機会。非常に貴重なライブなので、取材してください」アニメイトタイムズの編集者・石橋さんから、上記のメッセージが届いたのは2月中旬のこと。スケジュールを確認した結果、25日・27日なら取材可能だった。彼にそのまま伝えると「参加するなら27日が圧倒的にオススメです」とキッパリ。その理由を聞いてみると、田村ゆかりさんが誕生日当日にライブを行うのは5年振りということらしい。「2度とないこの日のライブにこれまでにないレポートを書いてほしい」これが僕に課せられたミッションだ。「当日は横で解説お願いしますよ?」(川野)「いや、それは無理です(即答)。僕は3日間全て客席にいるので」(石橋)なるほど。アニメイトタイムズの編集担当・石橋さんは生粋の王国民(田村ゆかりさんのファン)だった。こんな贅沢な時間を取材席で淡々と見つめることはできないと。1人のファンとして声を熱を届けたい。応援したいという大人の判断である。「僕は初心者の目線としてラ...
関連記事
祝『ヒプノシスマイク』1周年大特集! 第1弾「世界観&ハマる理由編」|ご新規さんもゴリゴリのヘッズも読んでほしい『ヒプマイ』が素晴らしい理由
8月26日に行われたライブも大盛況のうちに幕を閉じ、話題沸騰中の『ヒプノシスマイク』。声優とラップという異色の組み合わせで、新たなムーブメントを巻き起こしている『ヒプノシスマイク』が、9月2日で1周年を迎えました!アニメイトタイムズでは、1周年を記念して『ヒプノシスマイク』を大特集! 全5回に渡って、世界観やキャラクターについて掘り下げていきます。第1回となる今回は、「世界観」と「ハマる人が続出している理由」について。ヒップホップとアニメ漬けの生活を送ってきた編集部員・石橋が解説していきます。「ちょっと乗り遅れちゃったな〜」「もうちょっと詳しく知りたいな」「ここで復習しておきたい!」と思っているヘッズのみなさんはぜひご覧ください!なお、本企画は石橋の個人的見解も盛り盛りでお届けしますので、ご了承ください。そもそも『ヒプノシスマイク』って何ですか?まずは『ヒプノシスマイク』という作品そのものについて語っていきましょう。『ヒプノシスマイク』は2017年9月4日に発表されたキングレコードのEVILLINERECORDSによる音楽原作のCD企画です。木村昴さん、浅沼晋太郎さん、速水奨さん、白井悠介さんといった人気声優をキャスティングし、キャラク...
もっと見る
関連記事
『絶望放送』や『下ラジ』を作った構成Tこと構成作家・田原弘毅さんに聞く「ラジオの作り方」──連載第1回「苦情も来ないようなラジオは誰も聴いてないんですよ!」
 ラジオってどうやって作られているのでしょう? 何気なく「パーソナリティが話しているのを録音して配信、生放送したもの」というイメージがありますが、実際のところ、素人からするとブラックボックスな部分が多いような気がします。どんな仕組みでできているのか、気になりませんか? そんな「ラジオの作り方」をお伝えする企画がスタートです。私たちを導いてくれるのは構成Tこと、構成作家・田原弘毅さん。『ぱにらじだっしゅ!』『さよなら絶望放送』『下ネタという概念が存在しない退屈なラジオ』などの伝説的なラジオをアニメイトTV、アニメイトタイムズで数多く制作してきた田原さんと、愉快なゲストをお招きして「ラジオの作り方」についてレクチャーしてもらいます。 さらに、今回の企画の集大成として、アニメイトタイムズ新米編集者・石橋が田原さんと共にラジオを作ります! しかし、聴くのは好きでも作るのはズブの素人である石橋。果たして、ラジオを作ることはできるのでしょうか? 連載第1回となる今回は、ラジオのプロデューサーをしているフロンティアワークスの寺田純一さんをお招きし、ラジオ作りの裏側を聞きながら、これから目指すアニメイトタイムズラジオのヒント...
関連記事
『すずめの戸締まり』新海誠監督インタビュー|神木隆之介さんへのオファーは一度断れながらも電話で直談判!? 10年たった今だからこそ描く東日本大震災への想い
また新海誠監督の最新作がやってきます。まるで4年に一度のオリンピックを楽しみにするように、3年に一度のお祭りのような感覚で新海監督の作品を心待ちにしている自分がいます。それは、読者のみなさんも同じではないでしょうか。『すずめの戸締まり』はその期待を良い意味で裏切ってくれるはずです。だって、新海監督の作品ですから。公式サイトやTwitterで事前にアナウンスされているように、本作『すずめの戸締まり』は、地震をモチーフにしている、花澤香菜さんや神木隆之介さんが出演する、監督史上最大規模の作品、といった気になる情報がいくつか散見されます。新海監督はどういった経緯で『すずめの戸締まり』の制作に踏み切ったのでしょうか。本稿では、映画公開を直前に控えた新海監督に行ったインタビューの模様をお届けします。監督の言葉の端々に隠されたヒントを読み解いていきましょう。おすすめ記事寂しい風景が増えた日本ーー試写で作品を拝見させていただきました。待望の新作ということでワクワクしております。新海誠監督(以下、新海):3年ぶりになってしまい申し訳ありません。観客のみなさんがどう思っているのか気になっています。ーー新海監督の作品では珍しいロードム...

 

作品情報

価格:6,264円(税込)/発売日:2017/10/18 発売

■スタッフ
原作:森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』(角川文庫刊)
監督:湯浅政明
脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)
キャラクター原案:中村佑介
キャラクターデザイン・総作画監督:伊東伸高
作画監督:濱田高行、霜山朋久
フラッシュアニメーション:ホアンマヌエル・ラグナ、アベル・ゴンゴラ
色彩設計:ルシル・ブリアン
美術監督:上原伸一、大野広司
撮影監督:バティスト・ペロン
音響監督:木村絵理子
音楽:大島ミチル
主題歌:ASIAN KUNG-FU GENERATION
「荒野を歩け」(キューンミュージック)
制作:サイエンス SARU
製作:ナカメの会
配給:東宝映像事業部

■キャスト
星野源
花澤香菜
神谷浩史
秋山竜次(ロバート)
中井和哉
甲斐田裕子
吉野裕行
新妻聖子
諏訪部順一
悠木碧
檜山修之
山路和弘
麦人

>>公式サイト
>>公式ツイッター(@otome_movie)

おすすめタグ
あわせて読みたい

夜は短し歩けよ乙女の関連画像集

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング