アニメ
相思相愛なコラボ!Wake Up, May’n!独占インタビュー

May’n × Wake Up, Girls!のスペシャルユニット『Wake Up, May’n!』独占インタビュー! 相思相愛なコラボレーションに期待大

 2017年5月13日、定額制アニメソング聴き放題サービス「ANiUTa」主催のライブイベント『アニュータライブ2017「あにゅパ!!」』が代々木競技場第一体育館にて開催された。

 初開催に注目が集まった同ライブイベント。 出演陣は『May’n』、『Wake Up, Girls!(以下、WUG)』、『Aqours』、『ALI PROJECT』の4組にくわえて、スペシャルゲストの『きただにひろし』、『富永TOMMY弘明』と非常に豪華なイベントとなり、カバー曲を含めて計25曲を披露した。

 同イベントの終了後、突如モニターには以下のメッセージが表示された。

『Wake Up, May’n!』が異世界食堂の主題歌を担当――。

『May'n』と『WUG』と言えば、2016年12月に行われた『アニメJAM 2016 Pop Stage』にて8人で披露した『タチアガレ!』が記憶に新しい。どちらのファンから見ても贅沢な時間に、多くの歓声が集まったコラボから約半年後、8人のスペシャルコラボレーションユニットの結成が発表された。

 今回、アニメイトタイムズはこのスペシャルコラボユニットの結成秘話を聞くために、ステージを終えたばかりの『May’n』と『WUG』の8人にインタビューを実施した。

 相思相愛と言っても過言ではない8人に、お互いの印象と今後についてを聞く。

 
自然と惹かれ合った相思相愛な新ユニット
――ライブお疲れ様でした。まずは、『あにゅパ!!』に出演された感想をお聞かせ下さい。

吉岡茉祐さん(以下、吉岡):私は『ANiUTa』発表の記者会見から参加させて頂いていて、その時からとても素敵なアプリだなと思っていたんです。アニソンが好きな人は絶対使って欲しいし、もっとアニソン好きが広がれば良いなって。

そして、今回「あにゅパ!!」という大きなイベントがあって、これをきっかけに第2弾、第3弾とどんどん大きな輪が広がっていけば良いなと思います。

May'nさん(以下、May'n):ステージ上でもお伝えしたんですが、はじめてのイベントということで、私も凄く気合が入りました。あにゅパ!!が2回、3回と繋がっていく様に大成功で終わらせられるように楽しもうと思ったんです。

『ANiUTa』は、今まで以上に出会いを沢山くれるサービスだなと感じています。たとえば、私の楽曲を聴いて、私のことを初めて知ってくれて、ライブに足を運んでくれている方もいるんじゃないかなと思っています。なのでこのANiUTaと共にアニソンシーンがもっと盛り上がっていくことを期待しています。

――ありがとうございます。May'nさんは「アニメJAM 2016」の時にWUGさんと共演されて、「Beyond the Bottom」がとてもお気に入りということですが、この曲は『ANiUTa』のMay'nさんのプレイリストに入っていましたね。

May'n:そうなんです。

WUG:ありがとうございます!!!

May'n:実はもっと『WUG』の曲を入れたかったんですよね(笑)。

――May'nさんが『WUG』に興味を持たれたキッカケは?

May'n:まず、私がMCを務める『電波諜報局』という番組に(『WUG』が)ゲストでお越し頂いた時、「Beyond the Bottom」がとても良い曲だなと感じたんです。。

その後、「Nendoroid 10th Anniversary Live」の時にまたお会いして、はじめは「以前、ゲストで来てくれた子たち」ぐらいの印象だったんです。でも、実際にライブを観たら「何だこれは!? すごい!!」ってときめいてしまったんです!

番組でお会いした時は「可愛らしくて良い子たち」という印象でしたけど、ライブではとにかくキラキラしていて、この子たちがアイドルとして輝くステージにたどり着いた軌跡を私も追いたいと思ったんです。

ワンマンライブという形式でもないのに、ファンの皆さんとの一体感も凄かったのも印象的でした。 そこからで興味が沸いて、アニメも劇場版からTVシリーズ、続・劇場版と全て観たという感じですね。 彼女たちのことをもっと知りたいと思ったんです。

――アニメも視聴した、May'nさんから見た声優ユニットとしての『WUG』の魅力についてお聞きしてもいいですか?

May'n:各々のドラマを感じてしまって(アニメ『Wake Up, Girls!』を)見るだけで泣きそうになってしまうんです。 

メンバーにお会いするのは、数回目なのに、もうあだ名で呼んでます(笑)。本当はもっとオタクな一面が出そうなんですけど、なんとか『WUG』メンバーの前では『May'n』を守っています。

一同:(爆笑)

高木美佑さん(以下、高木):私たちもアニメJAM2016で、はじめてMay'nさんとライブで共演するとなった時すごく光栄に感じていたんです。 メンバーもMay'nさんオタクなので(笑)。声優としての活動を始める前から『マクロスF』が大好きでした。メンバーも皆観てるよね?

奥野香耶さん(以下、奥野):May'nさんの曲はカラオケでもよく歌わせていただいてます。

May'n:ありがとう! 私はずっと(『WUG』のことを)好きだってことを本人たちに直接言えなくて……。なので、「実はWUGちゃんの事すごく好きなんです」と『WUG』のスタッフさんに会う毎にお話していたんです。

そういった話があったので、「じゃあ、一緒に歌いましょう」と『アニメJAM』の時に誘っていただいたんです。ようやく、当日のリハの時にはじめてメンバーの皆さんに「好きです!」って、伝えたのですが、恥ずかしくてすぐ逃げたんです(笑)。

高木:「えっ!? 本当ですか!? あれ? 行っちゃった……」みたいな感じでしたね(笑)。

――『WUG』の皆さんはMay'nさんと共演するというのは、どういった心境だったんですか。

吉岡:声優になる前から歌姫として君臨しているMay'nさんと私たちが一緒に歌わせていただくなんて、本当に光栄なことだと思いました。

青山吉能さん(以下、青山):さっき(あにゅパ!!ライブで)「ダイアモンド クレバス」とかも裏で聴いてて感激しちゃって。

田中美海さん(以下、田中):コラボユニットの結成が今でも信じられないというか、去年「タチアガレ!」を一緒に歌ったというのも未だに信じられないくらい嬉しかったんです。

May'n:えっ! (WUGのライブ中)私は裏で踊ってたよ。「なんで私はそのステージにいないんだろう」って(笑)。

――アニメJAMの時にコラボ曲した曲は「タチアガレ!」でしたが、どのようにして決まったんですか。

May'n:やっぱり大人気な楽曲ですし、より盛り上がるんじゃないかということで『WUG』さんの方からご提案いただきましたね。

――大サビのところをMay'nさんが歌われたりとかもありましたよね。

May'n:振り付けもいっぱい覚えて。

田中:完璧以上でした!!

高木:リハが始まる前から完璧でびっくりしました。

青山:振り付けの時もMay’nさんの返事が「そうですよね。そうですよね」って既に振り付けを知っている感じで(笑)。

田中:あとはフォーメーションを考えるだけって感じでしたよね。

――May'nさんは自主練もされていたんですね。

May'n:そうですね。 元々PVとかライブ映像も観ていたので、「私もっと踊りたいです」と言って間奏とかも増やしていただいたんです。

――ちなみに、もし今後「タチアガレ!」以外の曲を披露するイベントがあればどの曲で共演してみたいですか?

May'n:私は「Beyond the Bottom」ですね。本当に大好きなんです。 あの曲を歌っている時の皆がとにかく透明感があって、あれを観て私も「アイドルになりたい」って思いました。とにかく名曲だなと思います。 皆さんの歌も聴いていて本当に上手いと思って。

青山:いやいやいや!

May'n:本当に引き込まれましたよ!

――では、『WUG』の皆さんがMay'nさんの楽曲をコラボとして歌うとしたらどの楽曲が良いですか。

WUG:ひゃ〜!!!!(興奮のあまり、高木さんがお茶をこぼす)

一同:(爆笑)

吉岡:動揺しすぎ(笑)!!

高木:お茶に想いが溢れちゃった(笑)……! ごめんなさいm(__)m 

田中:私ちょっと決められない。。 本当に決められない!! 1日考えてもいいですか?

高木:うーん。何なら歌えるかな……。「Ready Go!」(2010年7月28日発売の2ndシングル)がいいかも!

May'n:嬉しい! 可愛い感じの曲だからね。

吉岡:私「Belief」(2016年8月24日の13thシングル)がいいです。

May'n:えー! まゆしぃの声で「Belief」歌ったらヤバイ!

吉岡:ああいう、ガッツリカッコイイ曲が本当に大好きなんです。

永野:まゆしぃカッコイイ曲が似合うから。

May'n:最近イケメン度上がってるもんね。

田中:よく知ってますね(笑)。

山下七海さん(以下、山下):全部知られちゃってる!

奥野:「ユニバーサル・バニー」(2009年11月25日発売のシェリル・ノーム starring May'n名義のミニアルバムに収録)でブラックのうさぎとホワイトのうさぎに分かれて歌いたい!

May'n:それ、みんなで分かれて歌えたら超楽しいね。

奥野:私、(『ANiUTa』のオフィシャル)プレイリストに「タブレット」(2010年11月24日発売の『cosmic cuune』に収録)を入れさせていただいたんです。

May'n:ほんとう? 嬉しい!!

――本当に相思相愛という感じですね。今回のコラボを聴いた感想をMay'nさんから伺ってもいいですか。

May'n:「本当に!?」と思いましたね。全然、予想してなかったというか。またいつか一緒に歌いたいとは思っていたんですけど、まさかCDを出せるとは考えてもなかったです。とても嬉しかったですね。

――では、『WUG』さんはいかがですか?

永野:私はMay'nさんのCDを買っている側の人間だったんです。当時は、仙台に住んでいたのでライブにもなかなか行けなかったので、今でもMay'nさんが目の前にいる現実が、夢のようです。

そんな方と一緒にCDを出すというのが未だに信じられなくて、今回の発表前にジャケット写真を撮影したんですけど、夢心地でしたね。

でも、May'nさんと一緒に歴史を刻んでいけることは一生の宝物になると思うので、絶対に良いものにしたいです!


『WUM』が織りなす“異世界な世界観”に期待
――『Wake Up, May'n!』の「One In A Billion」を聴いた印象はいかがですか。

吉岡:曲を最初に聴いた時にMay'nさんの仮歌が入っていたんですけど、もう完成しているレベルでしたね。

May'n:私、仮歌は『WUG』ちゃんを想像して歌ったんだよ(笑)?

青山:本当ですか!?

May'n:意識して、可愛く歌ってみたんだよ。

――なるほど。曲の雰囲気はどんな感じですか?

田中:レコーディングはまだなんですけど、お洒落で可愛い楽曲ですね。『異世界食堂』というアニメのOPテーマなので、衣装もシェフっぽい感じになりました。

吉岡:衣装がまとまっていて、最初から8人だったみたいです。

田中:すごく良いよね!

May'n:私的には(自分が)真ん中で、オーナーみたいな感じに写っちゃってるなぁと。

一同:(爆笑)

吉岡:私たちもそれぞれのパーソナルカラーがここまで出ている衣装は初めてなので、新しい体験になって嬉しいです。

――いつもだったらリボンとか部分的なことが多いですよね。ダンスの練習もこれから始まるのでしょうか。

May'n:そうなんです。みんなと踊りたい!

高木:これからMVも撮るんです……よね?

田中:そっかMVも撮るんだ!!

山下:楽しみだなぁ!

――どのようなMVになるかというのは決まってるのでしょうか。

May'n:まだこれからですが、『WUG』のみなさんと一緒だからこそ出来る可愛らしいMVにしたいですね。発表されたアーティスト写真では、「食堂」というキーワードにあわせて、衣装に“コック服”の要素が盛り込まれています。

――今後8人での活動で期待している所を教えて下さい。

山下:今回インタビューでご一緒していても、May'nさんはまとめるのがとても上手ですよね。 トークや歌、ダンスすべてをMay'nさんから学ばせていただいて、イベントを開催する機会があれば盛り上げていきたいです。すごく楽しい時間になると思うので。 『Wake Up, May'n!』っていう私たちのユニット名もできてますしね。

May'n:挨拶は「こんばんわむー!」です!

吉岡:「こんばんわむー」良いですね!!

田中:できた! できた!

一同:(笑)

――May'nさんはいかがですか?

May'n:今回のコラボレーションに通ずるのですが、「One In A Billion」は、“奇蹟的な出会い”がテーマになっているんです。新しい出会いって不安もあるけど、期待も大きいじゃないですか。その一期一会の素晴らしさに加えて、異世界食堂のイメージから人生を食事に見立てた歌詞になっています。

私とWUGさんの2組だからこそできる“世界観”が面白いものになるかなと。『May’n』と『Wake Up, Girls!』お互いのファンの皆さんにすごい楽しい! と思ってもらえるようなこれまでにない展開になると思っています。

――ありがとうございました!

[取材・構成 川野優希 / 文・イソベアラタ]


リリース情報
■Wake Up, May'n!「One In A Billion」
発売日:2017年8月9日
【初回限定盤】¥2,200+税
2曲収録+各曲Instrumentalも収録
「One In A Billion」MV収録のBlu-ray Disc付き
【通常盤】¥1,200+税
※楽曲収録内容は、初回限定盤と同じです

発売元:フライングドッグ
販売元:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント

(C)犬塚惇平・主婦の友社/「異世界食堂」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

異世界食堂の関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集