声優
「京まふ2017」応援サポーターの佳村はるかさんにインタビュー

京都の魅力を伝えたい!「京まふ2017」応援サポーターの声優・佳村はるかさんにインタビュー

 西日本最大級のマンガ・アニメの国際イベント「京都国際マンガ・アニメフェア」(以下、京まふ)。今回で開催は、6回目。応援サポーターという大役を昨年の水瀬いのりさんから受け継ぐのは、佳村はるかさんです。

 2017年7月20日には京都国際マンガミュージアムにて、発表会が行われ、佳村さんも登壇。佳村さんは、しっかりと応援サポーターの役目を果たし、京都市長等と共に京まふをPRされていました。

 本稿では、発表会後に佳村さんに行ったインタビューの模様をお届け。京まふに対する想いをお聞きしてみました。

 また、アニメイトタイムズでは、発表会の模様もレポートしていますので、合わせてチェックを!

>>佳村はるかさんが意気込みを語る!「京まふ」発表会をレポート

「京まふ」でみなさんを応援できたら
──今日は緊張したと思いますが、いかがでしたか?

佳村はるかさん(以下、佳村):こういう場での仕事はあまりなかったので、どうなるかと思っていましたが、自分が知らなかったアニメの文化を記者会見の中だけでもすごくたくさん知ることができました。

アニメの世界の裏で、たくさんの方たちがすごく頑張ってくださっていたんだなと知れる貴重な経験になりました。


──ではまずは、応援サポーターに任命されたときの感想をお聞かせください。

佳村:任命されたときは、「自分が「京まふ」の良いところをどんどん伝えていこう」という気持ちだったんです。でも、今日の会見で実行委員の方々の頑張りを知って、そんな皆様の応援もできたらなと、思いました。


──今回の応援サポーターも含めて活動の幅が広がっている印象を受けますが、これまでのキャリアを振り返っていかがですか?

佳村:思ってもいなかったと言いますか。こういった活動に参加できるのも滅多にない機会ですし、私を選んでいただけて嬉しいです。自分が知らなかったことを知れる機会なので、とても素晴らしい体験をさせていただいていますね。

大阪出身なので、「京まふ」での活動は両親にも伝わっているみたいなんですよ。両親が親戚とかに「こういうことしているよ!」って言いやすいみたいで、そういう面でも嬉しいです(笑)。


──もちろん、ファンの方の喜びの声も多かったのではないでしょうか?

佳村:みなさんに言っていただけるので嬉しいですね。昨年は水瀬いのりちゃんが応援サポーターをやられていて、綺麗なお着物も着ていらっしゃって素敵だなと思っていたんですけど、まさか自分がなるとは……! という感じです。

──応援サポーターとしてチャレンジしてみたいことはありますか?

佳村:個人的には『クッキングパパ』のうえやまとち先生のトークショーに時間があえば行きたいです! 伝統工芸体験にもすごく興味があります。京都の伝統工芸品って女性にも人気なものが多いと思うんですけど、それがアニメとコラボするっていうのは素敵だなと思います。


──舞台となる京都に対して、どんなイメージをお持ちでしたか?

佳村:今の日本、特に東京で生活している私にとっては、どこか違う国のようにも感じられます。大阪に住んでいたころは、30分くらいの移動でこんなに世界が変わるものなのかと思っていました。すごく落ち着ける場所で、見て楽しめますし、歩いて楽しめますし、色々な楽しさが詰まっている場所だと思います。


──確かに伝統的な町家が並ぶ景色などを見ていると、現代の日本とは違った雰囲気を感じますよね。

佳村:感じますよね。お店の店員さんもはんなりされていて、すごく親切で大好きです。


──これまで色々な作品に関わってこられたと思いますが、マンガやアニメはご自身にとってどういう存在ですか?

佳村:人生と言っても過言ではないくらい!小さい頃からマンガやアニメをずっと見ていました。正直に言うと、最初はマンガを付録目当てで買っていたんですが、小学校2年生の時にちゃんと文字を読んでマンガを楽しめるようになり、それからは本当に没頭していましたね。初めて自分で読んだマンガは『赤ずきんチャチャ』でした。そこからこういう仕事ができるなんて不思議ですね。


──では最後に、「京まふ」を楽しみにしているみなさんにメッセージをお願いします。

佳村:「京まふ」には、概要を見るだけでも楽しい、観に行きたい、遊びに行きたいと思わせてくれるものがたくさんあります! 今回の発表会が行われた京都国際マンガミュージアムもすごく素敵なところですし、ぜひイベントを楽しみながらマンガミュージアムも堪能してほしいですね。本当にたくさんの種類のマンガがあって、子供のころに読んでいたマンガが普通に単行本であったり、本屋で探そうとすると見つからないようなものもたくさんあって、何時間でもここにいられるなって思います。その上座り心地のいい椅子も用意してあって、パラダイスだな……と思いました(笑)。

駅に着いた瞬間から家に帰るまでが「京まふ」だと思いますので、ぜひ京都の街並みも楽しんでいってください。




[インタビュー/石橋悠]

京都国際マンガ・アニメフェア2017開催概要
催事名称:京都国際マンガ・アニメフェア2017
略称:京まふ(KYOMAF=KYOTO INTERNATIONAL MANGA ANIME FAIRの略)
会場:
・みやこめっせ(京都市勧業館) 京都市左京区岡崎成勝寺町9-1
・京都国際マンガミュージアム 京都市中京区烏丸通御池上ル(元龍池小学校)

会期:
・みやこめっせ(京都市勧業館)
2017年9月16日(土)・17日(日) 9:00~17:00(17日は16:00まで)
・京都国際マンガミュージアム
2017年9月16日(土)・17日(日) 10:00~20:00

主催:京都国際マンガ・アニメフェア実行委員会、京都市
共催:京都国際マンガミュージアム、KYOTO CMEX 実行委員会、京都コンピュータ学院・京都情報大学院大学

入場料:
前売券:各日 一般1,200円 前売り券販売中
みやこめっせ・京都国際マンガミュージアム共通入場券 各日1,800円

【前売り券(ステージ観覧抽選応募権付き)】
7月21日(金)~8月27日(日)

【前売り券(ステージ観覧抽選応募権なし)】
8月28日(月)~9月15日(金)

当日券:各日 一般1,500円
※当日券に限り、学生・障害者・外国籍の方は1,300円に割引(要証明書)

優先入場券:各日2,000円
予約受付:8月31日(木)~9月10日(日)
徹夜および早朝からの会場外待機を避ける為、会場内に優先的に入場できる権利のチケットを抽選で販売。入場には別途みやこめっせ会場への入場券が必要。

※小学生以下の方は無料(要保護者同伴)。ただし、抽選制ステージの観覧を希望される場合、ステージ観覧抽選応募権付き前売券を購入し、ステージ応募をして頂く必要があります。
※ビジネスツアー、マンガ出張編集部は入場無料(要事前申込)

>>公式ホームページ

おすすめタグ
あわせて読みたい

京都国際マンガ・アニメフェアの関連画像集

関連商品

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集