アニメ
『ダリフラ』イクノ役 石上静香×ミツル役 市川 蒼 ペア対談

他のペアとは違う距離感に注目!『ダーリン・イン・ザ・フランキス』イクノ役 石上静香×ミツル役 市川 蒼 ペア対談

2018年1月13日(土)23時30分から放送がスタートするTVアニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』(ダリフラ)。アニメイトタイムズでは、アニメ本編の放送に先駆けて本作に出演する声優陣を対象にしたペアインタビューをお届けします。第4回目となる今回は、石上静香さん(イクノ役)×市川 蒼さん(ミツル役)。

遠い未来、移動要塞都市プランテーションにあるパイロット居住施設"ミストルティン"の中で、戦うことだけを教えられたコドモたちが、"フランクス"と呼ばれるロボットに乗り、巨大生命体"叫竜"と戦う。そしてそのロボットを動かすには、必ず男女のペアが必要となる――

ここでは、そのペアごとに作品の魅力を語っていただきました。

■■バックナンバー
イチゴ役 市ノ瀬加那×ゴロー役 梅原裕一郎 ペア対談
ミク役 山下七海×ゾロメ役 田村睦心 ペア対談
ココロ役 早見沙織×フトシ役 後藤ヒロキ ペア対談


ある意味いちばん子供らしいミツルに二人が共感
――オーディションを受けたときの感想は?

ミツル役・市川 蒼さん(以下、市川):僕はただただプレッシャーでした。実はこの作品がオーディションを受けて一番最初に決まったレギュラー作品だったんです。だからよりプレッシャーがあって……。決まったときはただただ嬉しかったんですけど、嬉しさを通り過ぎたあとから「これはやばいぞ、足を引っ張ったらどうしよう」っていう気持ちが出てきて。石上さんはたくさん作品に出られていますけど、どうですか?

イクノ役・石上静香さん(以下、石上):いやいや、そんなことないよ! 『天元突破グレンラガン』はすごく好きで見ていたので、オーディションの話が来たときは、メインで受からなくても、端役でもいいからお声をかけられるくらいの演技を出そうという気持ちがありました。

――市川さんは、オーディションで緊張したのではないですか?

市川:僕は去年くらいから大沢事務所の研究生になって、それまでは舞台上での芝居しか経験が無かったのですが、自分がやれることをやるしかない!と思って、ヒロとミツルとゴローを受けたんです。でもミツルが一番やりたかったので、とにかく気合いを入れていました。

石上:どんなところ惹かれたの(笑)?

市川:えっ! あの性格、良くないですか?

石上:演じがいはあるかも。

市川:原稿でも振り幅があったんですけど、かなり闇を抱えてるみたいな感じで、序盤で爆発するところがあるんですよ。そこもオーディションではあって、それを見たとき「めっちゃいいキャラしてるじゃん!」と思って、ミツルに凄く興味を持ちました。最初はテープ(オーディション)だったんですけど、そのあとスタジオに呼ばれて「これはやるしかない!」と、100%、120%の力で臨んだ感じです。

石上:でもピッタリだよ。闇、抱えてそうな声してるし(笑)。

市川:あはははは。もう僕はハイパーネガティブ人間なんで……。

石上:そこまでは言ってない(笑)。

――でも、闇を抱えている自覚もあったんですか?

市川:抱えているんですかねぇ。結構脳天気に生きてきたんですけど、中二病はひどかったんですよ(笑)。

石上:手に包帯巻いてそうだもんね。

市川:そういう時代があったからこそ、ミツルはプライドとか虚勢を張って生きていないと今を保てないんだろうなって思うと、こいつかわいいな!って思えて、ミツルが大好きになりましたね。

――石上さんはどうですか?

石上:私はテープの段階で、イクノとゼロツーを受けさせてもらっていて、スタジオでのオーディションにはゼロツーで呼ばれたんです。イクノちゃんは落ちちゃったのかと思って、両方好きだったんですけど、そのときはゼロツーを全力でやってみました。

でも蓋を開けてみるとイクノちゃんでお声がかかって、そっちなんだと思いました。でも、アフレコはオーディションからほぼ1年ぶりとかだったので、どうやってたっけ?と不安になりつつ、現場でバランスを見て、ここくらいの音域で、これくらいだったら他のキャラクターと被らないで出せるなっていうのを微調整しつつやらせてもらったんですけど。

市川:すごっ!!

石上:いやいや。

市川:いや、でもそこで作ったものを保てるのがすごいですよ。僕は毎回、この声がミツルで合っていたかな?って不安になってるので。

石上:それ、いつも言っている。でも全然ブレてないよ。

市川:自分で感じる声と違うことがあるから不安なんです。

石上:イクノちゃんは、冷静沈着で感情をあまり表に出さない感じで、オーディションのセリフも、そんなに感情を出しているセリフはなかったんです。でも、これから先のところで、イクノちゃんを私に振ってくれた部分をちょっと察したというか。多分オンエアを見ていただけたら、なるほどね、だから石上なんだって感じてもらえるかもしれないです。

――演じるキャラクターは、どんなキャラクターですか?

市川:ミツルはプライドが高いって設定にも書いてあるんですけど、そこからあまり変わったという印象もなく、テープオーディションのときのキャラクターの印象のままなんですよね。ただ、一番子供らしいコドモだと思っていて……。

一見するとゾロメが一番子供っぽく見えるんですけど、ミツルって子供だからこそヒロに執着しちゃうんですよね。大人になっていくと、そういうのってだんだんどうでも良くなってきたりするじゃないですか。でもそれが今のミツルにはなくて、子供らしいなって思いました。

――そこに共感してしまったと?

石上:ほら、そっちのほうに持ってかれちゃうよ(笑)。

市川:これはまずいですね(笑)。いや、でも才能が羨ましい時期はありましたよ。僕も運動ができなくて、走るのも苦手だったので、羨ましかったです。

――でも、今の市川さんからは、「プライドが高く皮肉屋」みたいなところは感じないですね。

市川:そんなにないかもしれないですね。イジられても、すべて受け入れる姿勢なので(笑)。

石上:アフレコ現場で一番イジられてるしね。

市川:ミツルがいつも斜に構えてるから、おいおい!って感じでイジられてます。

――イクノについてはどうですか?

石上:私もオーディションのときから印象はあまり変わっていないです。でも自分で意外だなと思ったのは、冷静なんだけど、戦闘になると仲間思いなところがあるんです。自分以外はどうでもいいタイプなのかと思っていたら、仲間を助けたり支援したりすることが多いので、何でそういうところを普段から出さないんだろうって思いながら見てます。

――思っていても表情に出ない人っていますよね。

石上:アニメで冷静沈着で無表情なキャラクターをほぼ初めてやらせてもらうこともあって、正直いまだに(イクノの)キャラクターをあまりつかめていなくて。ミツルと会話しているときも、あまりミツルに感情移入しないで、もっと冷たくとディレクションを受けたりするんです。ペアで一緒だから、ミツルに対してはちょっと心をひらいているのかと思ったんですけど、どうやらそうではないらしいと。

――読書好きとも書いてありますね?

石上:一人になることの言い訳に見えなくはないですよね。もともと一人が好きに見えるけど、実は……ってこともあるかもしれないですけど。

――見た目はどうですか?

石上:みんなかわいいよね?

市川:個性的ですよね。ミツルがオールバックを下ろしたときを見てみたいですけど。

石上:でも個性がなぁ、個性がなくなっちゃうかな~?

市川:髪を下ろしたらなくなっちゃいますかね(笑)? でもイクノも髪の毛を止めてるから、あれをいつ下ろしてくれるんだろう?とは思っています。

石上:ミツルって、寝間着になってもオールバックだよね?

市川:寝てるときもオールバックですね。

石上:あと、個人的に私、メガネキャラ萌え!なところがあるので、演じることができて嬉しいです。あと服装がオシャレで、靴下のところ、どうなってるの?

市川:あれ、靴下留めらしいですよ。

石上:すごくオシャレだね! あと(女の子たちの)パイロットスーツがセクシー!

市川:セクシーですね。絵がちゃんとついたら見てみたいですよ。

石上:誰の体が見たいの?

市川:え! 誰かな……ココロかな。マドンナだし。

――ちょっと話がずれてしまった気がします(笑)。

市川:キャラクターのデザインでしたね。やっぱり最初にもらったキャラクターの絵を見て、僕たちは声を想像したりするじゃないですか。これは個人的な感想ですけど、すごく想像しやすいというか。このキャラクターからこのセリフが出たときに、こういう表現をするだろうなって、すぐにパッと浮かぶ絵だったんですよね。

石上:わかる!

市川:だから自然に出てきた声でやらせてもらっているので、ありがたいです。


イクノ×ミツル、ペアの見どころは「距離感」
――錦織監督の印象は、いかがですか?

市川:優しそうな方だなと思いました。

石上:私、錦織監督と誕生日が一緒なんです。それを市川くんを介して知ったんです。

市川:僕がツイッターで錦織監督が誕生日だと知って「おめでとうございます」と言ったら、「実は石上さんと同じ日なんです」とご本人から聞いて、それを石上さんに僕から伝えるという。

石上:市川くんに言われて知るっていう(笑)。でも、私もご一緒するスタッフさんの情報は調べちゃうかもいしれない。どういう方なんだろう、どういう作品に関わってきたんだろうとか。ネットって便利だねぇって話ですけど(笑)。

市川:何でも出てきますからね。

石上:錦織監督の印象というと、(作品の)説明会があった!!

市川:ありましたね。キャラクターとストーリーについてのすり合わせというか。コドモたちが目指していく方向性とか、キャラクターの立ち位置とかを再確認する場を設けていただいて、そこで専門用語とかの説明もしてもらいましたね。

石上:オリジナル作品だから、ひとりひとりで解釈が違っていたりすると演技の方向性がばらばらになっちゃうので、そこを固めてくれる機会作っていただいて良かったし、すごくこだわりがあるんだなって感じました。

――オリジナルだと、世界観を理解するまでに結構な話数がかかりますからね。

石上:ただ、深くは教えてくれないんです!

市川:ネタバレしちゃうと演技でそっちを意識してしまうから。

石上:なので、コドモたちが知っている情報だけを教えてくれるから、演じるコドモたちと同じ立ち位置でやらせてもらってるんです。

――そんなオリジナルTVアニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』が、いよいよ放送開始になりますが、このペアのどこを見てもらいたいですか?

市川:距離感……ですかね。他のペアとは違う距離感なんです。

石上:いい感じの言葉を選んだね(笑)。

市川:僕たちって、ゼロツーやヒロは別として、他のペアと比べると異質なんですよ。だからその違いを楽しんでもらえるんじゃないかなって。

石上:こういうペアもいるんだっていうね。私はどうかなぁ。戦闘中のミツルを見てほしい。女子が大ブーイングな回があったので。嘘でしょ、ミツル?っていう。

市川:あぁ、ありましたね……。

石上:マジか、こいつ!って思ったもん(笑)。

市川:アフレコのときも、何か言ってましたよね。「謝れよ」みたいな(笑)。

石上:あっはっは(笑)。

市川:なので、僕がミツルに代わって謝罪申し上げました(笑)。

石上:いや、でもそんな怖くは言ってないよ。冗談っぽく言ったはず。

市川:そうですね、「謝って」くらいでしたね。「すみません、僕もどうかとは思うんですけど、ミツルなら……」って。

石上:でも、こう言っているだけで、演技自体は最高でした!

市川:イヤな感じは出ていたと思います。

石上:だからこの2人でしか味わえない“距離感”だよね。

[取材・文/塚越淳一]

(C)ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

ダーリン・イン・ザ・フランキスの関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集