2018/1/26 12:30

デスラーにかける想いから田中理恵さんとの裏話まで『宇宙戦艦ヤマト2202  愛の戦士たち』天命篇を山寺宏一さんが語る!

物語もついに四章へ。『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』天命篇が2018年1月27日より劇場上映がスタート。三章となる純愛篇のラストシーンでは、満を持して登場したデスラーですが、天命篇では彼の活躍が間違いなく見どころのひとつとなることでしょう。

今回はそんなデスラーを演じた山寺宏一さんにインタビューを実施。デスラーという大役への想い、アフレコ現場での意外なエピソード、田中理恵さんとの裏話まで、様々な事柄について語っていただきました。

劇場でご覧になる前に必ず読んでほしいインタビューとなっております。山寺さんの言葉の中に隠されたヒントを探っていきましょう。

出られてよかった!? キーマンに嫉妬も?──久しぶりの『ヤマト』の現場に参加されていかがでしたか?

山寺宏一さん(以下、山寺):非常に緊張しましたね。『宇宙戦艦ヤマト2202  愛の戦士たち』(以下、2202)がスタートしてけっこう経ちますが、僕はずっと出演してませんでしたから。「このまま出ないのかな?」と思っていました(笑)。

そんなときに純愛篇にやっと出まして。しかも、ラストシーンで一言だけ。

『宇宙戦艦ヤマト2199』(以下、2199)のときは、ガミラス側とヤマト側の役者で別々に収録していたんですよ。だから、なかなか小野大輔くん(古代進 役)たちと一緒にアフレコすることがなかったんです。でも今回は、いきなり久しぶりに出て、みんないるところで一言だけ発するという……。しかもおいしい感じで(笑)。

勝手にみんなが注目しているんだろうなとか。「大したことねーな」って思われたらどうしようとか思って、とてもプレッシャーを感じたことを覚えております。でもやっと出れて嬉しかったです。

──僕らファンにとっては、最後のシーンでデスラーが登場して、一言だけ発するというのは衝撃的すぎて。観終わった後、体全体がぞわぞわしました。

山寺:そうですか。視聴者のみなさんはどう思ったのか気になりますね。

『さらば宇宙戦艦ヤマト』とか『宇宙戦艦ヤマト2』をベースにしているとはいえ、色々と変わってますから、このままデスラーが出なくなったっていいわけです。

でも僕はスタッフさんに言われた「出ますよ」とその一言だけを頼りにずっと待ってましたから(笑)。

昔の作品を知っている人は、「そのままで終わんないだろう、デスラー」って思っていたかもしれませんが、『2202』になってガミラスは地球と連合を組んでたりしているわけですから、その中でデスラーがどのツラ下げて出てくるんだっていう話で(笑)。

出番がないとそれまでの台本がもらえないので、僕も色々とビックリしましたよ。「キーマンって、何あいつ?」みたいな(笑)。「なんでヤマト乗ってんだよ」って。

先の展開もわからないので、キーマンがデスラーみたいな立場になってもおかしくないんですよ。「これまでは地球と仲良くなるふりをしていただけ。デスラーが亡き後、俺が全部仕切って、また対抗するんだ」ってキーマンが言ったっておかしくない展開でしたから。

デスラーが出なくてもよかったわけですよ。だから、「あーよかった出て」って(笑)。

──そういうこともあり得るのかなと思っていました。

山寺:デスラーに代わるやつがいれば、ストーリーも進んでいけるかもしれない。危ない危ない(笑)。危なかった。しかも神谷浩史くんならみんな大喜びですよね(笑)。ヤマトと戦うのは神谷くんなんだ、新デスラーだってなってもおかしくない(笑)。

あれ待てよ。この後そうなったらどうしよう……。危ない、今言ってて怖くなってきた(笑)。今ちょっと自分の中で心配になってきました(笑)。でもとりあえず四章は大丈夫です(笑)。

──(笑)。小野さんもずっと『ヤマト』のファンで、キーマンに嫉妬みたいなところがあると仰っていました。「ヤマトに乗ってる!」って。

山寺:いや〜……そうですね。嫉妬……か。うん。デスラーとキーマンってなにか関係があるんじゃないかと思っている人もいるでしょうしね。

しかもキーマン、かっこよすぎるだろ(笑)。出た瞬間からもう、どこ取ってもカッコいい。ああいうクールな役ってカッコいいじゃないですか。デスラー程冷酷じゃないし。

それで地球人にとってありがたい情報もいっぱいくれるし、危機の時にパッと来てね。あの飛行機の降り方見ました? 片足で降りてきて、髪の毛さらっとするやつ(笑)。あれは演出やりすぎだと思いました(笑)。「シャンプーのCMか!」みたいな。俺、「く〜っ!」って言いましたよ(笑)。それで神谷くんの声ですからね。「キーマンこの野郎!」って思いました。

しかも名前がキーマンっていう。まんまかっ! キーマン人気が今すごいんでしょ? そういう意味じゃ、完全に嫉妬していますね(笑)。

そのキーマンよりも、カリスマ性のある存在としてデスラーが出ないといけないのでプレッシャーですよ。(笑)。

愛を持った人たちが今、表現したい『ヤマト』を作っている──『ヤマト』をリブートすることへの試みについてはどう考えていますか?

山寺:社会現象にもなった、自分も夢中になって観た、その画期的な作品をまたやるっていうのはとても大変なことです。リブート作品って、評価を得るのが難しいですよね。

そんな中、『2199』『2202』はみなさんご承知の通り、オールドファンにも評価が高いく、初めて観る人にも支持されているというのは、自分が参加してみても本当に納得です。

過去の作品では、描かれていない部分もあって、いろんな疑問が湧いて出てくるんです。それを見事に解決してくれていると思うし、それを埋めただけじゃなくて、より深く掘り下げている。それでいて散漫にならない。どんどん興味が湧いてくるというのが、この新たな『ヤマト』だと思います。

もちろん昔の作品には当然のリスペクトがあった上で、『ヤマト』愛を持った人たちが今表現したい『ヤマト』を作り、それが高い評価を受けている。リブート作品の鑑ですね!

だからこそ我々演技する側も、すごい方々がかつて演じられていたけど、負けずにやらなければいけない。当然比較もされてしまうので、そのプレッシャーは大きいですけど。

「2202」に関して言うと、悪の限りを尽くすとんでもない宇宙人というイメージだったガトランティス側の想いも描かれていたりして、それぞれ登場人物の裏側もしっかり描いています。より作品が深くなっていると思います。

──ガトランティス側のストーリーも見どころですね。

山寺:すべてを支配しようとしているけど、単なる私利私欲ではないんです。それが少しずつ明らかになってくるというのが新しいシリーズの注目ポイントですね。

僕もオリジナルが大好きだったので「かつての作品とどこが違うんだろう」って色々知りたくて知りたくてしょうがなかったんですよ。でも今はあまり気にしなくなりました。また新しいすごい作品ができたなっていう気持ちです。

今回デスラーの描かれ方が素晴らしいんです。デスラーは何を思い、何を語り、何をするのか。より演じるのは難しいですが、楽しみにしていただきたいです。

田中理恵さんと神田沙也加さんの話になって……──『ヤマト』のアフレコは久しぶりだったと思うんですが、キャストのみなさんとはお話されましたか?

山寺:しました。今回の『ヤマト』の現場が面白いのは、みんな一緒の収録ということ。『2199』のガミラス軍にもとんでもない個性的な先輩たちがいらっしゃいましたが、『2202』でも要所要所にベテランの方々がいるんです。だからすごく現場が締まるというか。

大塚芳忠さん(真田志郎 役)、麦人さん(徳川彦左衛門 役)、手塚秀彰さん(ズォーダー役)をはじめ、存在感のある方がたくさんいらっしゃる。さらに、今30代・40代で声優人気ランキングトップクラスの人たちがずらりと(笑)。そこにさらに、今グイグイ来てる若手もいて。

そんな中でこの新しいシリーズでは最近、スマホの使い方とかを教えてもらっています(笑)。昔、先輩たちにレシーバー(吹替えなどで、参考にする原音などを聞く機械)の使い方を僕たちが教えていたのに、今では若手にいろいろと教えてもらっていて(笑)。何か質問すると、みんなすぐ調べてくれるんです。

この前も「トレーニングしようと思うんだけどさ、どんなのやってる? こういうトレーニングマシンが気になってんだよ」って言ったら、「良いすね!」ってすぐ調べてくれて。次のアフレコに行ったら、「山寺さん、やってますか?」って聞かれて、「いや買ってない」「何言ってんですか、僕たちみんな持ってますよ」って(笑)。

言いだしっぺの僕が買ってないから、じゃあ買うよってその場で注文しました(笑)。あっ、もちろん作品についてもいろいろ話してますからね。

あと今回テレサの神田沙也加ちゃん。

まさか一緒の収録ではないだろうと思ったら、うちの妻(田中理恵さん、山本玲 役)から「神田沙也加さん一緒らしいよ」って言われて、「うそーん。一緒じゃないでしょう!」 ……でスタジオ行ってみたら「神田沙也加ちゃんいる!」って(笑)。その瞬間に頭の中では、アナ雪の曲が流れてきましたね。

どういう風に演じるのかすごく興味がありましたし、実は俺がお母さん(松田聖子さん)の大ファンで。僕、松田聖子さんと同学年なんですよ。デビューアルバムは直接手渡しで買いましたし、コンサートも観に行ったぐらい大ファンなんです。

それはさておき、スタジオで会った沙也加ちゃんがやはり本当にキレイで! あっ、他の女性キャストも綺麗ですけど(笑)。「神田沙也加ちゃんいる! 一緒にやるんだ!」って思って。これからデスラーでビシッとやんなきゃなんだけど浮き足立っちゃって(笑)。「いかんいかんいかん! 落ち着こう!」と思いましたね。家帰って「神田沙也加ちゃん綺麗だったね〜!」って妻と話しました。「しかも演技も素敵だよね」って。

それで言うと、妻とも一緒に収録しましたね。何回も一緒に仕事はしてますけど、『ヤマト』では久々だったので違う意味で緊張しましたね(笑)。「みんなに余計なこと言わないでよ〜?」ってずっと言われてました。

山本玲はカッコいい役だなと思ってずっと観てて、好きな役なんですよ。四章で山本も活躍するよっていうのは言っとかなきゃいけないかな(笑)。

山寺さんが惹かれる「ヤマトのテーマ」──山寺さんから見たデスラーの魅力というのは?

山寺:デスラーは、冷静沈着で冷酷で目的の達成のためには手段を選ばない男とみんな思ってるけど、その裏にいろんなものを抱えているんですよね。

実は、デスラーに関する事実を最近色々深く知ったんです。この四章の後、五章で、またいろんなことが分かってきます。これ絶対言っちゃいけないって言われてるんです(笑)。

デスラーは抱えてますね〜(笑)。なんなら古代より抱えてますよ。ごめんなさいね、具体的なこと何も言えないんです。

四章では、ミルというガトランティス側の人間と会話することが多いんです。もちろん基本的に上からですが、ちょっとやさしく言ってみたり、脅すぐらい強く言ってみたりとか。言葉は相変わらず丁寧ですけど、そこは慇懃無礼の極みのデスラーですから(笑)。

その中にいろんな含みを持たせているんですね。でも本当の腹の底は出さない。でもわざとちょっと見せようか? と思ったらまだ出さない(笑)。その駆け引きが、演じていて難しくも面白いですね。

デスラーの裏側には何があるんだろうと思いながら観ていただくと、さらに物語が面白く見えると思いますし、五章に繋がっていきます。いや、びっくりしますよ、みなさん。

もうかつての『ヤマト』には一切なかったことがこれから色々と出てきますから。くぅ〜っ! 言いたくてしょうがないんですよ(笑)。とにかく『2202』はすごいです。

──そういった部分も『2199』で演じられたときと今回とではまた違うと。

山寺:デスラーは、やっぱりヤマトという存在に対する立場が違いますよね。でも、セリフの中には「そんなものどうでもいい」と思えるようなものもあって。復讐心、屈辱は忘れないプライドを持っていたり、色んなものが見え隠れしているんですよね。

──山寺さんが一番『ヤマト』に惹かれるところはどこですか?

山寺:難しいですね。中学1年生の時に思ったのと、今と違うだろうから。だってもう、40年以上経っているわけですから。自分の感覚も違うし、時代も違うし。

ひとつ言えるとしたら、「愛とはなんぞや? 人間とはなんぞや?」っていうテーマに集約されているところじゃないでしょうか。ほとんどのエンターテイメント作品がそれを描いていると言えるかもしれませんが。

自分の星を守る、命を守る、大切な人を守る、そこに必要なのは愛と勇気という、陳腐なぐらい言われている当たり前なことを惜しげもなく前面に出す。なんといっても「愛の戦士たち」ですから。

そして、子供の頃から感じていたのは、絶体絶命のピンチが訪れ主人公たちがそれを乗り越える究極の作品であるということ。

どんな作品だって例えば、ほんわかしたホームドラマにだって、家族にピンチが訪れたりするわけですが、『ヤマト』ほどのピンチっていうのはなかなかないと思うんです。最初から地球滅亡の危機ですよ!

だから初めて観た時に「こんなの観たことねー!」って思ったんです(笑)。中学生には抱えきれないほど何もかもスケールがデカかった!

デスラーの背負っている裏側をちょっとだけ感じて欲しい──デスラーを演じる上で、山寺さんはどのようなことを意識されているのでしょうか?

山寺:みんなはデスラーのことを冷酷無比な悪い奴というふうに多分思うけど、それだけじゃないんです。それは、『2199』でも見ることができます。スターシャとの会話を観ていたりすると、すごく感じ取れるんじゃないかと思いますね。

あくまで私利私欲で自分の支配欲とか、権力のためにやっているわけではないと思わせて、自分が気にくわない奴はあっという間に抹殺したりもする絶対君主の圧倒的な独裁者。でもそれは、そうせざるを得なくてそうしていることがあると思います。

どこかにその姿を滲ませながら演じなければいけないのは『2199』も『2202』も一緒ですね。裏に背負っている宿命を匂わせなきゃいけない。でもデスラーは、それを声高に言わない。「自分の理想のためには」とずっと言ってるんです。

それが匂わせてはいるけども、理解されなくてもいいんでしょうね。

──デスラーは視聴者にどう映ってほしいですか?

山寺:いやどうですかねぇ。ただの悪だったらみんな好きにならないですよね。

冷たさの中にある強さ、悲哀、切なさ、儚さ。デスラーには、それがある。『2199』からはビジュアルが変わって、かなり色気も加わっていますよね。

──山寺さんが演じているデスラーをきっかけに、悪役もいいなって感じた人もいると思います。

山寺:うれしいですね。もしかしたら(伊武さんの演じた)デスラーは、日本のアニメでそう思われた最初のキャラクターだったのかもしれませんね。僕もそうでしたから。

だから、難しいんですよね。演じる方としては。ただ淡々とやっただけでは何も伝わらないというか。感情をあまりのせないけど、説得力や含みを持たせないといけない。

デスラーは、言葉数少ない中にすごく真理をついた鋭い一言を放つみたいなところがあって、言い方ひとつ、語尾ひとつで印象が変わるなっていうのは非常に意識しながらいつも演じています。

──一言一言にすごく頭を働かせながら演じていらっしゃるんですね。

山寺:そうですね。でも自分はそう思って演じているつもりだけど、それが伝わらなきゃ意味がないわけで。

──やはりデスラーは、山寺さんだからこそできたんじゃないかと。

山寺:いやいやいや。四章でも良いセリフをいっぱい言わせていただいているので、自分が表現できて、みなさんに届けられればという想いだけです。こんな深い役だったんだなって、改めて感じている次第です。

──なるほど。今日はありがとうございました!


[インタビュー/石橋悠]

Blu-ray&DVD第4巻描き下ろしジャケット公開!

Blu-ray&DVD第4巻の結城信輝氏による新規描き下ろしジャケットが完成しました! 新規描き下ろしジャケットには、白色彗星をバックに第四章でヤマトの前に立ちはだかる、ズォーダーをはじめとしたガトランティスの面々が大迫力で描かれています。


【アニメイトオンライン】【Blu-ray】劇場版 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 4
 

作品情報

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』


アニメーションの歴史に輝く不朽の名作『宇宙戦艦ヤマト』をリメイクし、2012年から2014年に渡り、劇場上映から全国ネットでのTV放送で展開した傑作『宇宙戦艦ヤマト2199』。

そして2017年2月より、ヤマトファン待望の完全新作シリーズ『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』全七章が順次劇場上映中!

監督は『宇宙戦艦ヤマト 復活篇 ディレクターズカット』にてアニメーションディレクターを担当した羽原信義さん、シリーズ構成に『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』の福井晴敏さんを起用。音楽は引き続き、ヤマトの遺伝子を受け継ぐ宮川彬良さんが担当する。

モチーフとなるのは、日本全土を熱狂させた劇場用映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』。
その壮絶なる物語を、新たな解釈と装いで現代に甦らせる。
この時代に語るべき「愛」の姿とは!? 宇宙戦艦ヤマトが再び旅立つ――!

<第四章「天命篇」STORY>
突如ヤマトに降りかかる新たなる試練! その正体とは――。
艦内で浮上するスパイ疑惑や、ガトランティスの母体たる白色彗星との遭遇、幾多の苦難を乗り越えテレザートへと到達するヤマト。
だがそこには、ゴーランド率いる守備艦隊、さらにはザバイバルの陸戦師団が待ち受けていた。
すべてはテレサと邂逅してメッセージの真の意味を知るために。
目的地であるテレザートを目前に、いまこそ古代の覚悟が試されようとしていた――。

※第四章は第十一話~第十四話の計四話で構成されます。

<第四章「天命篇」CAST>
古代 進:小野大輔
森 雪:桑島法子
島 大介:鈴村健一
真田志郎:大塚芳忠
南部康雄:赤羽根健治
相原義一:國分和人
太田健二郎:千葉優輝
徳川彦左衛門:麦人
アナライザー:チョー
佐渡酒造:千葉 繁
西条未来:森谷里美
加藤三郎:細谷佳正
山本 玲:田中理恵
斉藤 始:東地宏樹
永倉志織:雨谷和砂
土方 竜:石塚運昇
ゴーランド:山路和弘
ノル:比上孝浩
ザバイバル:屋良有作
ズォーダー:手塚秀彰
サーベラー:甲斐田裕子
キーマン:神谷浩史

<STAFF>
製作総指揮:西﨑彰司
原作:西﨑義展
監督:羽原信義
シリーズ構成:福井晴敏
副監督:小林 誠
キャラクターデザイン:結城信輝
ゲストキャラクター・プロップデザイン:山岡信一
メカニカルデザイン:玉盛順一朗・石津泰志
美術監督:谷岡善王
色彩設計:福谷直樹
撮影監督:堀野大輔
編集:小野寺絵美
音楽:宮川彬良・宮川 泰
音響監督:吉田知弘
音響効果:西村睦弘
オリジナルサウンドエフェクト:柏原 満
CGディレクター:木村太一
アニメーション制作:XEBEC
製作:宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会

公式サイト
公式Twitter



関連コンテンツ

『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』第五章煉獄篇上映記念舞台挨拶で山寺宏一さん、神谷浩史さん、内山昂輝さんらが登壇! 大御所だらけのアフレコを振り返る
『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』第五章煉獄篇上映記念舞台挨拶で山寺宏一さん、神谷浩史さん、内山昂輝さんらが登壇! 大御所だらけのアフレコを振り返る2018/05/28 12:30
『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』第五章煉獄篇上映記念舞台挨拶で山寺宏一さん、神谷浩史さん、内山昂輝さんらが登壇! 大御所だらけのアフレコを振り返る
『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』 第五章 煉獄篇、羽原信義監督&神谷浩史さんのオフィシャルインタビューが到着!
『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』 第五章 煉獄篇、羽原信義監督&神谷浩史さんのオフィシャルインタビューが到着!2018/05/25 15:00
『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』 第五章 煉獄篇、羽原信義監督&神谷浩史さんのオフィシャルインタビューが到着!
『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』第六篇のサブタイトルが「回生編」に、上映は11月2日からに決定! 前売券の特典情報も公開!
『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』第六篇のサブタイトルが「回生編」に、上映は11月2日からに決定! 前売券の特典情報も公開!2018/05/25 12:25
『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』第六篇のサブタイトルが「回生編」に、上映は11月2日からに決定! 前売券の特典情報も公開!
『宇宙戦艦ヤマト 2202』第5章先行上映会、桑島法子さん・黒沢ともよさんが、収録時の感想や気になるキャラを語る! 2週目舞台挨拶の追加登壇者も発表
『宇宙戦艦ヤマト 2202』第5章先行上映会、桑島法子さん・黒沢ともよさんが、収録時の感想や気になるキャラを語る! 2週目舞台挨拶の追加登壇者も発表2018/05/24 18:10
『宇宙戦艦ヤマト 2202』第5章先行上映会、桑島法子さん・黒沢ともよさんが、収録時の感想や気になるキャラを語る! 2週目舞台挨拶の追加登壇者も発表
『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第五章 煉獄(れんごく)篇より最新ロングPV公開! 古代が再び波動砲を……!?
『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第五章 煉獄(れんごく)篇より最新ロングPV公開! 古代が再び波動砲を……!?2018/05/23 18:00
『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第五章 煉獄(れんごく)篇より最新ロングPV公開! 古代が再び波動砲を……!?

注目の商品

【Blu-ray】劇場版 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 6aos2018/12/21 発売【Blu-ray】劇場版 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 6¥9,504【Blu-ray】劇場版 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 6
【DVD】劇場版 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 6aos2018/12/21 発売【DVD】劇場版 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 6¥8,424【DVD】劇場版 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 6
【DVD】劇場版 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 5aos2018/06/22 発売【DVD】劇場版 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 5¥8,424【DVD】劇場版 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 5

記事ランキングRANKING

  • デイリー
  • ウィークリー
1 TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』新キャラ7人のデザイン&声優が一挙解禁! 3期第15話(通算53話)「THE試験」のあらすじ&場面カットも公開
TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』新キャラ7人のデザイン&声優が一挙解禁! 3期第15話(通算53話)「THE試験」のあらすじ&場面カットも公開 TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』新キャラ7人のデザイン&声優が一挙解禁! 3期第15話(通算53話)「THE試験」のあらすじ&場面カットも公開
2 『HUGっと!プリキュア』第25話よりあらすじ・先行場面カットが到着!夏祭りに出かけたはなたちだが、ハリーの過去を知る新たな幹部・ビシンが現れる!
『HUGっと!プリキュア』第25話よりあらすじ・先行場面カットが到着!夏祭りに出かけたはなたちだが、ハリーの過去を知る新たな幹部・ビシンが現れる! 『HUGっと!プリキュア』第25話よりあらすじ・先行場面カットが到着!夏祭りに出かけたはなたちだが、ハリーの過去を知る新たな幹部・ビシンが現れる!
3 『キラッと☆プリチャン』博史池畠監督といっしょに第1クールを振り返ってみた!キャラクターの裏話や制作秘話も/インタビュー
『キラッと☆プリチャン』博史池畠監督といっしょに第1クールを振り返ってみた!キャラクターの裏話や制作秘話も/インタビュー 『キラッと☆プリチャン』博史池畠監督といっしょに第1クールを振り返ってみた!キャラクターの裏話や制作秘話も/インタビュー
4
『殺戮の天使』先行上映イベントレポート|イベントでキャラクターもキャストも“ヤバい”作品と判明……!? 『殺戮の天使』先行上映イベントレポート|イベントでキャラクターもキャストも“ヤバい”作品と判明……!?
5
『クレヨンしんちゃん』野原ひろしのクールでかっこいいフィギュアが8月上旬から登場! あの「チョコビ」ともコラボ決定! 『クレヨンしんちゃん』野原ひろしのクールでかっこいいフィギュアが8月上旬から登場! あの「チョコビ」ともコラボ決定!
6
『ぐらんぶる』内田雄馬さんが某紅白出演声優の歌声を意識して収録!? エンディングテーマ収録レポート&インタビュー 『ぐらんぶる』内田雄馬さんが某紅白出演声優の歌声を意識して収録!? エンディングテーマ収録レポート&インタビュー
7
『マクロスF』7年ぶりとなる新譜が発売決定! 新曲『Good job!』は、2059年にレコーディングされた未発表のシェリルとランカのデュエット曲!? 『マクロスF』7年ぶりとなる新譜が発売決定! 新曲『Good job!』は、2059年にレコーディングされた未発表のシェリルとランカのデュエット曲!?
8
TVアニメ『キラッとプリ☆チャン』第16話先行場面カット・あらすじ到着!プリ☆チャンにまつわる過去の苦い記憶を思い出したりんかは…… TVアニメ『キラッとプリ☆チャン』第16話先行場面カット・あらすじ到着!プリ☆チャンにまつわる過去の苦い記憶を思い出したりんかは……
9
『ゲゲゲの鬼太郎』第17話先行場面カット&あらすじ到着! 先週に引き続き、水木しげる先生の故郷・鳥取県境港が舞台! 『ゲゲゲの鬼太郎』第17話先行場面カット&あらすじ到着! 先週に引き続き、水木しげる先生の故郷・鳥取県境港が舞台!
10
井口裕香さん、阿澄佳奈さん、日笠陽子さん、小倉唯さんらによる爆笑朗読劇や、サプライズで盛り上がった「ヤマノススメ サードシーズン 開山祭!」をレポート! 井口裕香さん、阿澄佳奈さん、日笠陽子さん、小倉唯さんらによる爆笑朗読劇や、サプライズで盛り上がった「ヤマノススメ サードシーズン 開山祭!」をレポート!
1 『第十三回 声優アワード』で4部門が新設! 「MVS」「外国映画・ドラマ賞」「ゲーム賞」「インフルエンサー賞」が登場
『第十三回 声優アワード』で4部門が新設! 「MVS」「外国映画・ドラマ賞」「ゲーム賞」「インフルエンサー賞」が登場 『第十三回 声優アワード』で4部門が新設! 「MVS」「外国映画・ドラマ賞」「ゲーム賞」「インフルエンサー賞」が登場
2 特番『進撃の声優大集合!』梶裕貴さん・石川由依さん・井上麻里奈さんら『進撃の巨人』声優が出演! 7月22日NHK総合にて放送
特番『進撃の声優大集合!』梶裕貴さん・石川由依さん・井上麻里奈さんら『進撃の巨人』声優が出演! 7月22日NHK総合にて放送 特番『進撃の声優大集合!』梶裕貴さん・石川由依さん・井上麻里奈さんら『進撃の巨人』声優が出演! 7月22日NHK総合にて放送
3 『オーバーロードⅢ』注目すべき6つの見どころ|王道の真逆を征く至高のダークファンタジー!
『オーバーロードⅢ』注目すべき6つの見どころ|王道の真逆を征く至高のダークファンタジー! 『オーバーロードⅢ』注目すべき6つの見どころ|王道の真逆を征く至高のダークファンタジー!
4
森久保祥太郎さん・岸尾だいすけさんら声優6名がお笑い芸人とコラボ!NHK総合『笑アニさまがやってくる!』が7月16日放送 森久保祥太郎さん・岸尾だいすけさんら声優6名がお笑い芸人とコラボ!NHK総合『笑アニさまがやってくる!』が7月16日放送
5
TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』新キャラ7人のデザイン&声優が一挙解禁! 3期第15話(通算53話)「THE試験」のあらすじ&場面カットも公開 TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』新キャラ7人のデザイン&声優が一挙解禁! 3期第15話(通算53話)「THE試験」のあらすじ&場面カットも公開
6
『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』アニメ3期BD&DVD第1巻&サントラ本日発売!併せてイベント「雄英サバイバル合宿」ビジュアル公開! 『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』アニメ3期BD&DVD第1巻&サントラ本日発売!併せてイベント「雄英サバイバル合宿」ビジュアル公開!
7
『クレヨンしんちゃん』野原ひろしのクールでかっこいいフィギュアが8月上旬から登場! あの「チョコビ」ともコラボ決定! 『クレヨンしんちゃん』野原ひろしのクールでかっこいいフィギュアが8月上旬から登場! あの「チョコビ」ともコラボ決定!
8
酷暑にはやっぱり海水浴やプールで水着姿に!? 夏休み直前!『SAO』『リゼロ』など、人気キャラクターの水着姿をコスプレ写真でお届け! 酷暑にはやっぱり海水浴やプールで水着姿に!? 夏休み直前!『SAO』『リゼロ』など、人気キャラクターの水着姿をコスプレ写真でお届け!
9
映画『BLEACH』を原作者・久保帯人先生が絶賛! アニメ版黒崎一護役の森田成一さんからの熱いエールも! 映画『BLEACH』を原作者・久保帯人先生が絶賛! アニメ版黒崎一護役の森田成一さんからの熱いエールも!
10
『HUGっと!プリキュア』第25話よりあらすじ・先行場面カットが到着!夏祭りに出かけたはなたちだが、ハリーの過去を知る新たな幹部・ビシンが現れる! 『HUGっと!プリキュア』第25話よりあらすじ・先行場面カットが到着!夏祭りに出かけたはなたちだが、ハリーの過去を知る新たな幹部・ビシンが現れる!
Twitter
Facebook
animate Times Channel
アニメイトタイムズ ラジオ