menu
アニメ
TVアニメ『スロウスタート』キャラデザ/総作画監督・安野将人さんインタビュー!【連載】

【連載】TVアニメ『スロウスタート』キャラクターデザイン/総作画監督・安野将人さんインタビュー! 細部までこだわり抜いたデザインと作画の魅力!

2018年1月よりTOKYO MXほかにて放送中のTVアニメ『スロウスタート』(原作:篤見唯子/「まんがタイムきらら」にて連載中)。アニメイトタイムズでは公式サイトと連動して、メインキャストのみなさんやスタッフの方々を対象にした連載企画「animate Times Presents スロウスタート リレーインタビュー」のロング版を掲載しています。その第12回目、最終回に登場いただくのは、キャラクターデザイン/総作画監督の安野将人さんです。魅力的なキャラクターを生み出す秘訣や、作画のこだわりについて伺いました。

■■■連載バックナンバー
【連載1】一之瀬花名 役・近藤玲奈さん
【連載2】十倉栄依子 役・嶺内ともみさん
【連載3】千石冠役・長縄まりあさん
【連載4】百地たまて役・伊藤彩沙さん
【連載5】原作者・篤見唯子先生
【連載6】橋本裕之監督
【連載7】シリーズ構成・井上美緒さん
【連載8】榎並清瀬役・沼倉愛美さん
【連載9】京塚志温役 M・A・Oさん
【連載10】万年大会役・内田真礼さん
【連載11】プロデューサー・橋本渉さん


アニメイトタイムズからのおすすめ
原作に負けないフェチなこだわり
――はじめに『スロウスタート』に参加された経緯について教えてください。

安野:A-1 picturesの瀬戸(敬太)プロデューサーからお声をかけていただいたことがきっかけです。送っていただいた原作を読んでみたところ、「これはやってみたい」と素直に思えたので、すぐにラフなキャラクターデザインを描いてお渡ししました。

――打ち合わせの前に設定画を描かれたんですか?

安野:はい。まずは「僕が描くとこんな感じになります」というのを示してから判断してもらおうと思ったんです。なので自分の目に映ったままの原作のイメージを描き起こしてみました。そしたらその絵が監督をはじめスタッフのみなさんに気に入ってもらえたようでうれしかったですね。

――原作を読まれての第一印象はいかがでしたか?

安野:表紙を見たときはふわっとしていてかわいいなという印象だったんですけど、読んでみると花名ちゃんが「中学浪人」という辛い経験を抱えているなど、少しシリアスな部分も持ち合わせていることに驚きましたね。それでいて、花名ちゃんの周りの人たちがそれを優しく包みこんでいるので、『スロウスタート』というタイトル通り「ちょっと遅れてはじまっても大丈夫なんだよ」というポジティブなメッセージを受け取ることもできました。



――キャラクターデザインをされるにあたって、どういった点にこだわられましたか?

安野:篤見(唯子)先生の絵の柔らかい感じやフェティッシュな細部をアニメでもできるだけ表現したいと思いました。主に女の子の太ももや二の腕などの、肌色の部分ですね(笑)。なので線のラインとシルエットは大事にしましたし、フェティッシュなこだわりは監督とも共有できていたと思います。

――完成映像で言うと、そのこだわりはどのシーンに強く表れているでしょうか?

安野:例えば第1話の花名の手前にクラスメイトの太ももが映っているカットや、わざと足の指だけを映しているカットなどがそうですね。デザインの際も、そうした人体の一部を切り取ったカットでも映えることを意識していました。ただ、それがいやらしく見えてしまってはいけないので、その点は他のアニメーターさんともしっかり共有するようにしています。

――今作はキャラクターの動きもとても魅力的ですが、総作画監督としてこだわったポイントはどこですか?

安野:キャラクターそれぞれの個性や癖が反映された細かい仕草ですね。例えば花名ちゃんのちょっとモジモジした仕草や、栄依子の髪の毛をかき上げる少し大人っぽい仕草、たまちゃんの飛んだり跳ねたりの元気いっぱいな動きや、冠の小動物のようなちょこちょこしたかわいい動き、といった点です。

――志温や大会、榎並はいかがですか?

安野:志温さんは大きなお胸をお持ちでいらっしゃるので(笑)、手を前に組んだときの服のシワにもこだわるようにしました。大会さんは賑やかでコミカルな動きが一番似合うキャラクターなので、花名ちゃんが大会さんをちょっといじったりする、そんな掛け合いのシーンで魅力を感じてもらえるようにしています。

榎並先生は、どこかダウナーな雰囲気なんですけど、でもそれがスタイリッシュに見えるように気を遣いました。特に栄依子との絡みでは、普段よりさらにイケメンな先生が見られると思います。

――『スロウスタート』ではクラスメイトもとても丁寧に描写されていました。

安野:今回はクラスメイト全員分の立ち絵と表情をまとめた設定画を起こしているんですよ。原作を読んだときクラスメイト全員に名前があることを知って、「これはもう起こさないわけにはいかないな」と思ったので(笑)。「花名ちゃんたち以外にも別のグループがあって、画面の隅っこでも、それぞれの別のストーリーがちゃんと進んでいるんだな」ということを想像してもらえるようにしたかったんです。

――とはいえ、クラスメイト全員分の設定を起こすのは大変だったのでは?

安野:原作にはSDキャラしか描かれていないクラスメイトが何人かいたので、彼女たちの通常の頭身のデザインを考えるのは大変でしたね。加えて、篤見先生による全員分の身長の設定もあったので、それとデザインのすり合わせも苦労した点です。なので、画面の隅に映るクラスメイトを観て「あっ、この子、あの名前の子だ」と気づいてもらえたら、僕の苦労も報われたとうれしく思います(笑)。

――ほかに作画の面で見てほしいポイントはありますか?

安野:衣装や小物などは細かい部分までおろそかにしないように気を配りました。例えば同じ話数でもシーンが進むとキャラクターが別の衣装を着ていたりするんですね。栄依子のヘアピンも、毎話数どころかシーンごとでも違うものをつけていたりして。

――それはうっかりすると見過ごしてしまいそうですね。

安野:第1話で「栄依子鳥ちゃん」という鳥が映るカットがあるんですけど、あの小鳥もちゃんと栄依子のヘアピンを付けていたりするんですよ(笑)。気づけた人は思わずニヤリとするシーンだと思います。そういうちょっとしたポイントまで丁寧に作り込んでるので、是非細かいところまで注意して観てみてほしいです。


「かわいい」を第一印象にしたい
――これまでのエピソードのなかで、安野さんのおすすめのシーンを教えてください。

安野:第1話のラストで、花名ちゃんが教室へ一歩踏み出すシーンですね。それまでは、栄依子とたまちゃんと冠の3人から花名ちゃんのほうへ来てくれていたんですけど、あそこで花名ちゃんははじめて自分から、あの3人に駆け寄っていっているんです。だから、「『スロウスタート』という物語はあのシーンからはじまっているんだ」と言ってもいいくらい、あの一歩は大きな一歩なんだなと僕は思っています。

――制作現場で印象的だったエピソードはありますか?

安野:パーカーを作っちゃいました(笑)。

――パーカーですか?(笑)

安野:僕のデザインをもとに業者さんに発注した、スタッフ用のオリジナルパーカーです。完全にスタジオ内だけで着る用のものなので、世に出ることはないんですけど、スタッフのみんなで同じパーカーを着ることで、現場の一体感を高めることができたと思います。先行上映イベントのときには監督も着てくださっていました(笑)。



――3月28日にはBlu-ray&DVDの第1巻が発売されますが、安野さんはビデオパッケージのジャケットイラストも描き下ろされています。こだわりのポイントは?

安野:桜並木を花名ちゃんとたまちゃんの2人が歩いている、そんな何気ない風景を切り取ったようなイメージで仕上げています。たまちゃんがぐいっと体を押し付けているんですけど、花名ちゃんはちょっと戸惑いながらもうれしく思っている、そんな2人の関係性や、何よりかわいらしさを表現できたらいいなと思いながら描きました。



――「かわいらしさ」がキーワードということでしょうか。

安野:そうですね。僕は視聴者の方にとって、『スロウスタート』の一番最初の感想が「かわいい」であってほしいんですよ。「かわいい」という大きなベースがまずあって、その上に他の様々な要素が重なっているのが『スロウスタート』という作品だと思っているので、その「かわいい」をこの絵からも感じ取っていただけたらうれしいです。

――続いて、この連載での恒例の質問となりますが、安野さんはどんな高校時代を過ごされましたか?

安野:高校受験の日が、運悪くすごい大雪だったんですよ(笑)。僕の場合は、大雪のなか朝の6時に家を出て、母親の車で亀の歩みのような速度で少しずつ進んで、なんとか試験会場にたどり着けたんですけど……。

だから『スロウスタート』で大会さんが大雪で大学受験に行けなかったというエピソードを読んだときは、自分も下手したらああなっていたかもしれないと、とても他人事には思えませんでした(笑)。

――(笑)。入学後の学生生活はいかがでしたか?

安野:バスケットボール部に入っていたので、部活漬けの毎日でしたね。強豪校というわけではなかったんですけど、アニメ作りに必要な根性はそのときのハードな練習の日々で身についたのではないかと思います。またそれと平行してアニメもよく観ていて、もうその頃からかわいい系の絵柄のアニメが大好きでした(笑)。

――絵も描かれていたんですか?

安野:それこそ小学生の頃からずっと描いていましたね。学校の授業中にもよくノートや机にキャラクターの落書きをしていて、先生に見つかっては怒られてました(笑)。

――続いてリレー質問のコーナーです。いよいよ安野さんがアンカーとなりますが、前回の橋本(渉)プロデューサーからは、今後の企画の参考のために「(今後)どんなキャラクターを描いてみたいですか?」という質問が届いています。

安野:やっぱり変わらずかわいい女の子を描きたいですね。かわいい女の子の太ももなら、一生でも描き続けられます(笑)。『スロウスタート』でもよく制服のスカートの長さギリギリを狙ってますし、これからも「あっ、見えそう!」みたいなフェチズムを刺激する絵を描いていきたいです(笑)。

――制服以外に描いてみたいコスチュームはありますか?

安野:チャイナドレスかなあ。あのスリットから覗く太ももは最高ですよね。まあ結局は太ももという結論になるんですが……(笑)。

――最後に読者の方へメッセージをお願いします。

安野:全力でキャラクターのかわいさを引き出せるようにがんばりましたので、クラスメイトたちまで含めて、是非画面の隅々まで注目して観てみてください。そのなかで、みなさん一人ひとりの「かわいい」を見つけて、もっと『スロウスタート』という作品を好きになっていただけたらとてもうれしいです。

 
作品情報
TVアニメ『スロウスタート』
2018年1月6日(火)より好評放送中!

<放送情報>
TOKYO MX、とちぎテレビ、群馬テレビ、BS11:毎週土曜24:30~
関西テレビ:毎週木曜26:25~
テレビ愛知:毎週火曜26:05~
AT-X:毎週月曜20:00~ ※毎週水曜12:00~/毎週金曜28:00~ リピート放送

※放送日時は編成の都合等により変更となる場合がございます。予めご了承ください。

【オープニングテーマ】
STARTails☆(近藤玲奈、伊藤彩沙、嶺内ともみ、長縄まりあ)
「ne! ne! ne!」
2018年1月24日(水)発売!

【STAFF】
原作:篤見唯子(芳文社「まんがタイムきらら」連載)
監督:橋本裕之
シリーズ構成:井上美緒
キャラクターデザイン・総作画監督:安野将人
プロップデザイン:伊藤雅子
メインアニメーター:吉田亘良
美術監督:針生勝文
色彩設計:ホカリカナコ
CGディレクター:那須信司
撮影監督:黒岩悟
編集:高橋歩
音響監督:明田川仁
音響効果:和田俊也
音楽:藤澤慶昌
音楽制作:アニプレックス
制作:A-1 Pictures

【CAST】
一之瀬花名:近藤玲奈
百地たまて:伊藤彩沙
十倉栄依子:嶺内ともみ
千石冠:長縄まりあ
京塚志温:M・A・O
万年大会:内田真礼
榎並清瀬:沼倉愛美

TVアニメ「スロウスタート」公式サイト
TVアニメ「スロウスタート」公式ツイッター(@slosta_anime)

(C)篤見唯子・芳文社/スロウスタート製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 夏アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年秋アニメ一覧 10月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019夏アニメ(今期)おすすめランキングまとめ!
2019夏アニメ 声優一覧
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー