アニメ
『ゴールデンカムイ』土方歳三役の声優・中田譲治インタビュー

『ゴールデンカムイ』声優公式インタビュー第3弾中田譲治さん! 土方歳三は「幕末を生き残った男の妄執を形にしている」

TOKYO MXほかで放送中のTVアニメ『ゴールデンカムイ』。このたび、土方歳三役の中田譲治さんによる、公式キャストインタビュー第3弾が公開となりました!

中田さん演じる土方は、幕末を生き残った男の妄執を形にしたような存在だそう。中田さんはそんな土方を演じる際にどのようなことを考えているのでしょうか。そして、アフレコ現場ではどんなふうに演じているのでしょうか?

<バックナンバー>
【ヤバイ奴ら File:1】杉元佐一役・小林親弘さん、アシ(リ)パ役白石晴香さんインタビュー
【ヤバイ奴ら File:2】鶴見中尉役・大塚芳忠さんインタビュー
【ヤバイ奴ら File:3】土方歳三役・中田譲治さんインタビュー
【ヤバイ奴ら File:4】尾形百之助役・津田健次郎さんインタビュー
【ヤバイ奴ら File:5】谷垣源次郎役・細谷佳正さんインタビュー
【ヤバイ奴ら File:6】二瓶鉄造役・大塚明夫さんインタビュー
【ヤバイ奴ら File:7】江渡貝弥作役・内田雄馬さんインタビュー

このキャラクター、要注目につきッ!! キャストインタビューVol.3[土方歳三役]中田譲治さん

――原作を読まれたときの感想を教えてください。

土方歳三役:中田譲治さん(以下、中田):土方流に言うと、「男子は狩りをするのが好きだろう?」という感じでしょうか。男が持つ熱い本能を思い出させてくれるような、とてもワクワクする作品ですよね。人間の欲望や本能がてらいもなく前面に押し出された面白さに加えて、絵に迫力がありますし、登場するキャラクターも魅力的。さらに、明治時代の北海道のことやアイヌの文化、そして彼らとの交流についても詳しく描かれていて、知的好奇心の面でも飽きさせない。

これだけ盛りだくさんな作品ですから、原作の野田(サトル)先生は非常に緻密な取材をされていらっしゃるのだろうなと思いました。1巻を読むと2巻が読みたくなり、さらにその先も、とページをめくる手が止まらない感じでした。

――土方というキャラクターの第一印象を教えてください。

中田:この作品はどの役もすごく強烈な個性があって、自分が演じるならこんな風にやりたいな、と芝居の意欲をそそられるキャラクターばかりですよね。その中でも土方は、えっ!? この時代にどうして土方が? という驚きがまず最初にありました。次いで強烈な印象を残したのが、年老いてなお精気をたぎらせたビジュアルと、枯れることのない野心です。

土方のセリフを借りるならば、「この時代に老いぼれを見たら、生き残りと思え」を体現したような人物像ですよね。幕末の動乱を生き長らえた矜持や執念に役者心を大いにくすぐられたので、決まったときは、やった! と思わず口に出すほどうれしかったです。

――土方役を演じる上で、とくに意識していることはありますか?

中田:土方歳三と言えば歴史上の有名な人物ですから、これまでもいろんな作品のキャラクターになっていますし、僕も別作品で土方役をやらせていただいたことがあります。『ゴールデンカムイ』の土方は、実在の土方というよりは、幕末を生き残った男の妄執を形にしたといいますか、かつて遂げられなかった目的を果たそうとする怨念の権化のように見えました。

この年齢の土方は誰もやったことがないでしょうから、そういう意味でも非常にそそられましたね。己の信念のまま、善悪を超えて前に突き進もうとする土方の美学や生き様を、うまくセリフにこめられたらと思いながら演じています。

――難波(日登志)監督や音響監督の明田川(仁)さんからは、演技について何かオーダーはありましたか?

中田:最初のテストでは僕のイメージで演じさせていただいたのですが、その際に監督から、見た目こそ年老いてはいるけれど、もっと“現役感”というか、あまり老いを意識せずにやってください、という指示をいただきました。旧知の仲である永倉(新八)から「あんたはとてもその年には見えない。すごく若々しい」と言われていますし、そういったやりとりとの整合性や永倉との対比を踏まえた指示だったのだと思います。

――アフレコ現場の雰囲気はいかがですか?

中田:実際に現場に入って、知名度や人気度ではなく本当に役に合う人を選んだ本気のキャスティングだと思いました。主人公の杉元にしろアシ?パにしろ、シリアスからコミカルまで振り幅の広い芝居を要求される役ですが、小林(親弘)さんも白石(晴香)さんも見事にそれに応えていましたので。そのほかのキャストもベテラン声優がズラリとそろっていますしね。白石さんにとっては、同世代の話し相手がいないのがちょっとつらいかもしれませんが(笑)。

現場で皆さんのセリフを聴くのは、本当に楽しいですよ。自分で原作を先に読んでいるので、鶴見ってこうなんだとか、谷垣はこうくるかなど、自分のイメージを追い越すようにして声が付いていく感覚なんです。原作ファンの方の気持ちってこんな風なんでしょうね、ワクワクするんですよ。それにキャストの中には、昔から原作のファンでこの役をやりたかった、という人もけっこういらっしゃるんです。そんな強い思いが集まっている現場なので、完成した作品もきっといいものになるんじゃないかと思います。

――本気度の高い現場だからこそ、中田さんの演技にもさらに気持ちが入るようなことはありますか?

中田:もちろんあります。永倉役を大ベテランの菅生(隆之)さんが演じられていることに多少のプレッシャーを感じつつ、いざ実際にお芝居で絡ませていただくと、お互いのバランス調整や修正もしますし。皆さんと一緒に演じることで助けられている部分も大いにあります。

――シリーズ序盤で、キャラクターの魅力や存在感を出すために重要だと感じたセリフはありますか?

中田:そういった意味で計算してやると芝居がいやらしくなってしまうので、あまり意識しないようにしています。前後のセリフがあってこそ、印象的なセリフも際立ちますからね。とはいえ、原作を読んだときに、ファンの皆さんは土方のこのセリフを期待するだろうな、と思った印象的なセリフはいくつかあります。

でも、ここでそれを言うと観る方も意識してしまうでしょうから、具体的なセリフについては想像にお任せということで(笑)。期待に応えられるようにしっかり決めたいと思っていますので、オンエアを観ながら自分の好きなセリフと重ね合わせてみてください。

――アニメの放映はまだ始まったばかりです。最後に、ファンへのメッセージをお願いします。

中田:『ゴールデンカムイ』は、息苦しい時代を生きる男子が「こういう生き方もあるんだ」と共感できるような要素にあふれた、今の時代だからこそ観てほしい骨太な作品です。と同時に、なかなか触れる機会のないアイヌの生活や狩猟文化といったモチーフに、スリルとアクション、さらにはかわいらしい日常までもが巧みに絡み合ってくる。

杉元とアシ(リ)パの主役コンビは兄妹のように仲がよくて、ロマンスに彩られたヒーロー、ヒロインの関係とはひと味違った表情がたくさん見られるのもポイントです。金塊探しの旅はまだ始まったばかりですし、今後も魅力的な親父キャラがどんどん出てきますので、ぜひ楽しんで観ていただければと思います。


 

TVアニメ『ゴールデンカムイ』作品情報

INTRODUCTION

舞台は気高き北の大地・北海道!!
アイヌから奪われた金塊を巡る、生存競争サバイバル開幕ッッ!!!

明治時代後期。「不死身の杉元」の異名を持つ日露戦争の英雄・杉元佐一は、ある目的のために大金を手に入れるべく北海道にいた。そこにアイヌから奪われた莫大な埋蔵金という、一攫千金のチャンスが舞い込む。埋蔵金は網走監獄に収監中の男によって隠匿され、24人の脱獄囚の身体に刻まれた刺青がその在り処を示す手がかりだという。

そんな折、ヒグマの襲撃を受けた杉元を、ひとりのアイヌの少女が救う。名をアシ(リ)パというその少女は、埋蔵金を奪った男に父親を殺されていた。さらに杉元の動きに呼応するように、かねてより埋蔵金を狙って暗躍していた北の最強部隊・第七師団や刺青を背負う脱獄囚たちの動きも顕在化。果たして、雄大な北の大地を舞台に巻き起こった一攫千金サバイバルの行方は……!?

原作は「週刊ヤングジャンプ」にて連載中の、野田サトルによる大ヒット漫画。既刊のコミックス1~12巻で累計420万部を突破し、マンガ大賞2016に輝いた実績も持つ、いまもっともアツい漫画である。TVアニメ化にあたっては、新進気鋭のアニメーションスタジオであるジェノスタジオのもとに難波日登志監督をはじめとする実力派スタッフが集結。埋蔵金を巡るアクション&サスペンスを軸に、狩猟、グルメ、歴史などの五感を刺激する多彩な魅力が炸裂する極上のエンターテイメントが、2018年4月、いよいよアニメーションとなって動き出す!

<バックナンバー>
【ヤバイ奴ら File:1】杉元佐一役・小林親弘さん、アシ(リ)パ役白石晴香さんインタビュー
【ヤバイ奴ら File:2】鶴見中尉役・大塚芳忠さんインタビュー
【ヤバイ奴ら File:3】土方歳三役・中田譲治さんインタビュー
【ヤバイ奴ら File:4】尾形百之助役・津田健次郎さんインタビュー
【ヤバイ奴ら File:5】谷垣源次郎役・細谷佳正さんインタビュー
【ヤバイ奴ら File:6】二瓶鉄造役・大塚明夫さんインタビュー
【ヤバイ奴ら File:7】江渡貝弥作役・内田雄馬さんインタビュー

 

作品情報

放送&配信情報

TOKYO MX:毎週月曜23:00~
読売テレビ:毎週月曜25:59~
札幌テレビ:毎週月曜25:44~
BS11:毎週月曜25:00~
時代劇専門チャンネル:毎週金曜25:00~
FOD:毎週月曜23:30配信
※第一話をFODにて常時無料配信中!

STAFF

原作:野田サトル(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
監督:難波日登志(「Fate/Grand Order -First Order-」)
助監督:川越崇弘
シリーズ構成:高木登(「黒子のバスケ」)
キャラクターデザイン:大貫健一(「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」キャラクター作画監督)
メインアニメーター:羽山淳一
銃火器設定:渡辺浩二
プロップ設定:浅沼信也
動物設定:墨佳遼
美術監督:森川篤
色彩設計:茂木孝浩
撮影監督:戸澤雄一朗
CGディレクター:奥村優子/濱田康平
編集:定松剛
音響監督:明田川仁
音響制作:マジックカプセル
アイヌ語監修:中川裕
音楽:末廣健一郎
オープニングテーマ:MAN WITH A MISSION「Winding Road
エンディングテーマ:THE SIXTH LIE「Hibana
アニメーション制作:ジェノスタジオ
製作:ゴールデンカムイ製作委員会

CAST

杉元佐一:小林親弘
アシ(リ)パ:白石晴香
白石由竹:伊藤健太郎
鶴見中尉:大塚芳忠
土方歳三:中田譲治
尾形百之助:津田健次郎
谷垣源次郎:細谷佳正
牛山辰馬:乃村健次
永倉新八:菅生隆之

TVアニメ『ゴールデンカムイ』公式サイト
TVアニメ『ゴールデンカムイ』公式ツイッター(@kamuy_anime)

(C)野田サトル/集英社・ゴールデンカムイ製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

ゴールデンカムイの関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集