アニメ
『異世界魔王』芹澤 優×鶴崎貴大 対談|EDテーマ楽曲・イラスト制作秘話

TVアニメ『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』芹澤 優×鶴崎貴大 対談|EDテーマ楽曲・イラスト制作秘話

TVアニメ『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』(2018年7月より放送中)のEDテーマを歌うのは、アーティストとしても活躍中の芹澤 優さん。自身が演じるシェラのディアヴロに対する思いを歌ったというラブソングになっています。

そしてプロデュースを担当したのは、キュンキュンする恋愛ソングに定評のあるハニワこと、HoneyWorks。この最強コラボが実現したことに加え、『異世界魔王』のEDでは原作のイラストを担当する鶴崎貴大さんが描き下ろしたイラストが用いられています。今回はEDテーマを歌う芹澤さんとイラストを担当した鶴崎さんのスペシャル対談が実現!

 
意外と最初は静か? アフレコ現場での芹澤 優
――芹澤 優さんのシェラは、いかがでしたか?

鶴崎貴大さん(以下、鶴崎):シェラというキャラはデザインしてからわりと長い間描いてまして、自分なりのキャラ観みたいなのを持っていたんですが、アフレコ現場で芹澤さんに声を当ててもらった瞬間……すごいですよね。改めてキャラクターとして誕生したといいますか、今魂が吹き込まれたんだなと感じました。

芹澤 優さん(以下、芹澤):ありがとうございます!

鶴崎:シェラってコロコロ表情が変わるキャラクターなんですけど、その空気感をきれいに演じてくれていて、すごい!と思いました。

――芹澤さん自身についてはどういう印象でした?

鶴崎:実はまだそんなに会ってないんですよ。最初に挨拶したくらいで。そのあと僕もエンディングの絵を描く作業が忙しくなってしまって……。

芹澤:まだ手探りの芹澤のときですよね(笑)。

――芹澤さんって賑やかな印象がありますけど、最初はそんな感じだったんですね?

芹澤:最初はみんなとどう接しようか悩んでいたんです。意外とこのお話って、いろいろな場面があって、たとえば学校モノだと6人くらいがずっといたりするじゃないですか。でも、この作品はディアヴロとシェラとレム以外が結構変わるんです。

なので毎週絶対にいるのがこの3人なので、3人の雰囲気は作っていかなきゃなって思ってますけど、意外と最初は静かにしてました。

――ディアヴロ役の水中(雅章)さんは上映会のときのようにイジったら面白そうですけどね。

芹澤:ですよね。きっと、話かけたら答えてくれるんだろうなと思うんですけど、台本に集中されているし、いいのかな?って、ちょっと遠慮しちゃうんですよ。だからいつも和氣(あず未)ちゃんと話してます。年齢も同じでラジオも始まったから最近すごく仲が良くなったんです! だって吉野家に牛丼を食べに行ってくれたんですよ? 良い子すぎるでしょ!

――芹澤さんが広告モデルをやっているメニューを食べに行ってくれたんですね。でも、水中さんが孤独になってしまうかもしれないので入れてあげてください(笑)。

鶴崎:水中さんは確かにアフレコの時、直前まで台本と向き合ってるイメージです。打ち上げだととてもテンション高くお話しできたりで楽しい方なんですけども(笑)。

芹澤:しゃべりかけてほしい!(笑) 水中くんて、超絶真面目ボーイなんですよ。でも優しいし面白いし、お兄ちゃんって感じです。意外と終わったあとに飲みに行っているみたいで、そこでははっちゃけてるらしいんです。私は意外と行けてないので、いつかその感じを現場でも出してほしいです。


改めて私のスタートみたいな気持ちで臨んだ1stシングル
――今回芹澤さんの1stシングル「最悪な日でもあなたが好き。」がEDテーマになっていますが、EDテーマを担当すると聞いたときはいかがでしたか?

芹澤:TVアニメのタイアップはずっと夢でやりたかったのでありがたいし、初心に返るような思いです。と言ってもソロデビューしてまだ1年くらいなんですけど(笑)。

でも私がソロとしてやっていることを知らない人もまだまだいっぱいいると思うので、このEDテーマで聴いてくれる人が増えてくれたらいいなぁと思います。だから、あらためて私のスタートみたいな気持ちでいけたらなって感じでした(笑)。

――身が引き締まる思いというか?

芹澤:ちゃんとやろう!みたいな(笑)。ずっとアニメタイアップはやりたかったんですけど、i☆Risでも深夜アニメは「Changing point」(TVアニメ『魔法少女サイト』OPテーマ)が始めてだったし、深夜アニメで、しかもこんなに可愛い女の子たちがいっぱい出る作品のEDって、この作品を好きな人にとっては絶対に思い出の1曲になる!と思って、責任重大だな!って思いました。

――どんな感じで作っていったんですか?

芹澤:エンディングを歌うと決まってからオーディションで、シェラちゃんに決まり、そこから曲をどうしようかと考えました。世界観を無視するのはイヤだし、この作品で声優もEDテーマも歌わせてもらえる自分が出来る表現ってなんだろう?と考えて、シェラちゃんの恋心を歌おうと思ったんです。

そういう恋の歌ってあまり歌ったことがないし、自分のソロの曲も『夢を叶えるぞ!』っていう感じの曲が多かったので、今回はシェラのディアヴロに対する恋する思いを歌おう!と考えた時にHoneyWorksさんなら、この思いを素敵に表現してくださるんじゃないかなと思って、こういう曲をお願いしますというのを結構ていねいに書いてお願いしたんです。

――指示書みたいなものを芹澤さん自身が書いたんですか?

芹澤:すっごく事細かく書きました!(笑) HoneyWorksのGomさんとプライベートでも面識があったんですが、丸投げするんじゃなくて、私の考えている事や思っている事をちゃんと伝えたかったんです。HoneyWorksさんに何となくお願いしたとも思われたくないし。ちゃんと熱意を見せなければと思って、HoneyWorksさんのこの曲のこの部分が好きでとか、歌詞にこういうことを入れてほしいですとか、結構長々と書いて送りました。

――書いたことは曲に?

芹澤:ほとんど回収してくれてたんです! 「全部案なので」とは書いたんですけど、ほとんど拾ってくれてて。

――「いろいろ書きましたけど、自由に作ってください」ってことですよね?

芹澤:ホントにそういう感じです! だから本当にこの作品のための曲って感じになっています。


EDイラストは楽曲を聴きながらイメージを膨らませて
――鶴崎さんは聴いてみていかがでしたか?

鶴崎:仮歌の段階で聴いたんですけど、そのときから中毒性のある曲だなと思っていたんです。曲調とフレーズが心に残る曲でふとした時に「あっ!口ずさんでしまった…」という感じです。いい曲だなぁって思いました。

芹澤:うれし~。

――エンディングのイラストを描くことは決まっていたのですか?

鶴崎:確か脚本会議のあたりで、村野監督からEDは原作イラストでと考えているんですというお話をいただいて、自分も、ほんとですか! その時はぜひ……! とふんわりお話をしていました。

芹澤:そうなんですね。でも絶対最高!って思います。昔すごく好きな少女漫画がアニメになったときに、やっぱりアニメだと若干絵が変わるじゃないですか。

それも見慣れてかわいいと思ってたんですけど、その作品のエンディングが原作の方の絵で、ぶち上がった記憶があるんです。やっぱり原作が記憶の中のそのキャラクターなんですよね。だから原作ファンにとってのシェラちゃんはこのイラストなんだろうなと思うと、絶対に鶴崎さんの絵がマストだな!って感じるんです。

――鶴崎さんは曲を聴きながら絵を描いていたんですか?

鶴崎:そうですね! 聴きつつ雰囲気を感じながら描いていました。あとは監督から「ディアヴロが画面の向こう側にいて、それに向けて笑顔でいる感じで」と言われていました。

それを意識しつつも同じようなシチュエーションにらないよう、一人ずつでもタペストリーとか商品にできるくらいのイラストを描こうかなと思って描いてたんです。そこまで考えて裸かーい! ……って感じですけど(笑)。

――どのあたりに力を込めて描いているんですか?

鶴崎:最近は目と口、あと仕草をすごく気にして描いています。体は慣れてくるとそれなりに描けてしまうのですが、顔がうまくいってないとなんかボヤっとしたイラストになっちゃうので……。

例えばエデルガルトとかは、まだ「好き」みたいな感情がよくわからないっていう表情にしたかったんです。逆にクルムは、同じ魔族ですが、はじめから元気な女の子なので、大好きという感情を全開にしてるイメージにしました。

芹澤:みんなかわいい! でも大久保(瑠美)さんが言ってました。何でシルヴィがいないんだって。

鶴崎:実は今描いてます。できるかわからないですけど、途中で増えたら良いなぁと思いながら(笑)。

芹澤:そうなんですか!

鶴崎:指定にはなかったんですが、アニメを見てるととてもいいキャラですし、シルヴィもEDに居て欲しくなってしまいますよね……!

――芹澤さんはどの絵が好きですか?

芹澤:えーー! シェラ以外ってことですか? エロいんだよなぁ……(笑)。でもやっぱり最後がかわいいなぁ。レムと2人だし。2人の心が通っていく様っていうのは自分でも意識しているんです。シェラは誰に対しても心はわりとオープンなんですけど、レムに対しては、レムの心が開いているのがわかって、もっと好きになるみたいなところが自分の中であるんです。

だからちょっと開いてくれるだけでものすごく嬉しくなるので、レムとシェラの2ショットはたまらんですね。あと白って、ウェディングドレス感があるし、お花の冠とかもかわいいんですよね。

鶴崎:この絵は小説の1巻の口絵と対比になってるんです。あれが初めて描いたレムとシェラのイラストだったので、それを今の自分で描き直してみようかなという気持ちでやりました。

芹澤:そうなんですね! でもディアヴロはどっちを選ぶんでしょうね。どっちもかな。

――そう考えると、絵もだいぶ変わりましたね。

鶴崎:そうですね。だいぶ変わりました。特に自分はその時の好みや頭に浮かんだイメージで描くタイプなので、結構変わるタイプかもしれません。


アーティスト名義のEDはまっすぐな気持ちで――キャラとして歌ったOPには苦戦!?
――最初に上映会でエンディングが流れましたけど、いかがでしたか?

鶴崎:1話の白箱的なものは頂いていたんですけど、上映会で新鮮な気持ちで見ようと思って見ないでおいたんです。だから新鮮に見れました。

――エンディングの入り方はどうでしたか?

芹澤:まずうれしー!って思ったんですけど、イントロのところがディアヴロのセリフ裏だったじゃないですか。1話のアフレコのとき、絵がすごくきれいだったんですけど、ディアヴロのしゃべっている真裏で歌が入ってたんですよ。

ディアヴロがめっちゃしゃべってるのに私がめっちゃ歌ってるから、マジでどうしようかと(笑)。イントロを普通に歌じゃないイントロにすれば良かったと思って、「これは私の采配ミス?」って思ってちょっと反省したんですけど、完成したのを見たら、ちゃんと私の歌のボリュームがすごく小さくなってて良かったです。2話からはかぶらず流れるんですけどね。



――ちなみに歌に関しては、シェラのことを歌っていても自分の曲だから、そこは難しいですよね。

芹澤:OPではシェラとして歌っているんですけど、レコーディングはEDが先だったので、かわいくかわいく歌うというよりは真っ直ぐ真っ直ぐという気持ちで歌いました。

それに1stシングルなので、何かを意識してキャラっぽくなってしまったらイヤだなと思ったんです。なのでどのキャラにも寄らないためには、何も考えずに歌いやすい声で歌おうと思って、一番自分のやりやすい声で歌いました。

――声優として出演もしていて、しかもその作品をアーティストとして歌うのは難しいってよく言いますよね。

芹澤:でも私は逆にOPのほうが苦戦したんです。EDは声より気持ちかなと思って歌ったけど、OPはカッコ良くて疾走感があるから、シェラちゃんでどう歌おうかなって苦労したんです。歌ってるイメージができなくて……。だってこの子バカだしなって(笑)。

鶴崎:キャラクターイメージとしては、ひとつ遅れてあわててついてくる感じですよね(笑)。

芹澤:そうなんです。この子なら、音程外しちゃうやろ!って思ってたんですけど、5人曲だしオープニングだし、ハチャメチャに歌うのは違うかなって思ったんです。ディレクションでもカッコ良く歌ってほしいとおっしゃっていたので、カッコ良く熱唱してるシェラ!みたいな感じで歌おうと。イメージとしてはスイッチが入っちゃってるシェラちゃんなんだろうなと思いました。

鶴崎:一応お姫様ですから、歌はできそうですもんね。

芹澤:教育も受けているかもしれないですからね。あと、一番最初にレコーディングをしたからレムちゃんの歌は聴けてなくて、どんな感じで歌うんだろうってさぐりさぐりだったんです。レムって淡々としたキャラなので、それならシェラちゃんは上げめのテンションで歌えたらいいなって感じでした。

――上映会では、レムとシェラでニュアンスをあえて変えたところがあるという話がありましたが。

芹澤:最後のところですね。でもユニゾンするところ自体が少なくて、基本的には交互に歌っているんです。ユニゾンのところでも歌いグセが違っていて、私がシャクっているところを、レムは真っ直ぐ歌っているんです。そういうところは2人の性格の違いも感じてもらえるかなって。

鶴崎:結構交互に入れ替わって歌っているから、ライブで実際に歌ったら大変そうだなって思いました。

芹澤:確かに! 大変だと思います。しかもこの曲のMVもこれから撮るんですけど、いっぱい和氣ちゃんと戦うみたいなんですよね。

――どんなMVになるんでしょうね。それとOPの映像もカッコ良かったです。

芹澤:サビの勢いがつくところでバトルシーンが入って、シェラちゃんが弓を打つ姿、かわいい!

鶴崎:むらさきさんとも、アニメになったら疾走感のあるOPが理想だよねってもともと話していたので、まさにそういう感じで作ってくれて嬉しかったです。本当にアニメは原作を大切に作ってくれているので、恵まれたタイトルだなと思って、感謝しかないんです。


鶴崎さんも絶賛のカップリング!表題曲とは対照的に大人っぽく
――ちなみに1stシングルのカップリング「神×太陽×サマーパーティ」もHoneyWorksさんの楽曲なんですよね。

鶴崎:聴きました。

芹澤:うれし~。

鶴崎:こういう勢いと歌詞にインパクトがある曲は聞いてて心がアガりますよね! 夏っぽいテンポの速い曲で良かったです。最初歌詞を見てなかったので、神対応って言ってるのかなと思ったら、歌詞には〈神×太陽〉〈潮×太陽〉って書いてあって、なるほど!と。

――最終的には、セリコ〈Ready Go!〉って完全に言ってますからね。

芹澤:そこもGomさんの遊び心です。

鶴崎:ライブでも聴きたい曲ですよね。

芹澤:私も歌う機会があればどんどん歌っていきたいなって思っています。

――「最悪な日でもあなたが好き。」とちょっと対比するようなことも考えたのですか?

芹澤:それは考えてます。表題曲で、めっちゃ何回も好きって言ってるのに、この曲では〈一度しか言わないよ 「好き」〉なんですよ。嘘やん!って(笑)。

でもこれもGomさんは言ってました。〈あなたが好き〉にしたほうが対比になってわかりやすいんだけど、メロディ的に入らないから「好き」にしたって。表題曲でめっちゃ好きって言ってるのに一度しか言わないよで、笑ってくれるよね?って。

――その「好き」の言い方も良かったですね。

芹澤:かわいく言ってみたら、いや、違うんだと。大人なやつでお願いしますと。表題が子供っぽく真っ直ぐなんで、こちらは大人っぽくしたんです。だから結構2曲で考えられていると思います。「ドキッとするやつでお願い!」って言われたので。

――最後に、ジャケットのこだわりも教えてください。

芹澤:「最悪な日でもあなたが好き。」は、とにかくいつでも好きって感じなので、イメージで言うと【CD+Blu-ray盤】はアイドルをやっているときも好き!みたいな感じです。

【CD盤】は、何でもない日常でも好き!みたいな。そういう感じで撮ってます。字体も衣裳も髪型も違ってるので、YU SERIZAWAと日常の芹澤さんを楽しんでもらえればなと思います。まぁ、日常の芹澤さんはこんなかわいくないですけどね(笑)。

[取材・文/塚越淳一]


CD発売情報
★TVアニメ「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」エンディングテーマ曲!
★HoneyWorksプロデュース
※収録曲、内容、新曲タイトルなどは予定です。変更がある可能性がございます。

芹澤 優1stシングル 「最悪な日でもあなたが好き。」
発売日:2018年7月25日(水)
【CD+Blu-ray】 EYCA-11968/B ¥2,100(税抜)
※Music VideoとOff Shot Movieを収録♪



◆収録内容
【CD】 全4曲収録
M1.最悪な日でもあなたが好き。
M2.神×太陽×サマーパーティ
M3.最悪な日でもあなたが好き。(instrumental)
M4.神×太陽×サマーパーティ(instrumental)
【Blu-ray】
・最悪な日でもあなたが好き。-Music Video-
・最悪な日でもあなたが好き。-Off Shot Movie-

【CD】 EYCA-11969 ¥1,200円(税抜)


◆収録内容
【CD】 全4曲収録
M1.最悪な日でもあなたが好き。
M2.神×太陽×サマーパーティ
M3.最悪な日でもあなたが好き。(instrumental)
M4.神×太陽×サマーパーティ(instrumental

2018年12月に自身3回目となるバースデーソロライブ開催! 9月と10月に名古屋と大阪にて、ファンミーティングイベントも開催!
【Yu Serizawa FAN MEETING(仮)】
【名古屋】
日程:2018年09月23日(日)
開場/開演:14:00/14:30 開場/開演:17:30/18:00
会場:名古屋ボトムライン(愛知県)
【大阪】
日程:2018年10月20日(土)
開場/開演:14:00/14:30 開場/開演:17:30/18:00
会場:umeda TRAD(前umeda AKASO)(大阪府)
【チケット代金】○全席指定¥4,860(税込)
入場時別途ドリンク代名古屋¥500 / 大阪¥600
※枚数制限:各公演につき1人4枚まで。※小学生以上有料。未就学児童は入場不可。

【Yu Serizawa 24th Birthday Live(仮)】
日程:2018年12月01日(土)
開場/開演:14:45/15:30
開場/開演:18:15/19:00
会場:品川プリンスステラボール(東京都)
【チケット代金】○全席指定¥6,800(税込)
来場者プレゼント付き
入場時別途ドリンク代¥500
※枚数制限:各公演につき1人4枚まで/※小学生以上有料。未就学児童は入場不可
※来場者プレゼントは公演当日のみのお渡しとなります。
不良交換につきましても当日対応のみとなります。

芹澤優(せりざわゆう)プロフィール

生年月日:1994年12月3日/ 出身地:東京都/ 身長:163cm
声優とアイドルの活動を両立するハイブリッドユニット"i☆Ris"のメンバー。
2016年12月に自身初のソロライブ「Yu Serizawa Birthday Live ~Present Box~」をZepp Diver Cityにて実施し、2017年4月にはミニアルバムを発売し、ソロデビューを果たす。

そして同年12月3日、芹澤優23歳のバースデー当日に、自身2回目となるソロライブ『Yu Serizawa 23rd Birthday Live~#Love Letter~』をZepp Diver Cityにて開催。さらに年11月29日に芹澤優2ndミニアルバム「only you? only me!」をリリースし、この度2018年7月25日には自身初の1stソロシングル「最悪な日でもあなたが好き。」をリリース。

さらに2018年9月10月には、名古屋と大阪にて国内初のファンミーティングイベントを、12月には、自身3回目となるバースデーソロライブも開催予定。

主な出演作は、アニメ『プリパラ』シリーズ南みれぃ役、『3D彼女リアルガール』五十嵐色葉役、『LOST SONG』モニカ・ルックス役、『キラッとプリ☆チャン』赤城あんな役、またi☆Risが主題歌も務める『魔法少女サイト』穴沢虹海役を担当。そして今回EDテーマを担当するTVアニメ「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」ではシェラ・L・グリーンウッド役を担当する。

芹澤優 公式サイト
i☆Ris 公式サイト
i☆Ris 公式ツイッター(@iris_official_)
(C)むらさきゆきや・講談社/異世界魔王製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術の関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集