『バンブルビー』日本版予告&新着場面写真が到着!

『バンブルビー』日本版予告&新着場面写真が到着!  ドジだけど心優しいビーの姿をチェックしよう!

過去5作品の全世界での累計興行収入が、43億7700万ドル(約5000億円)を突破している世界的大ヒットシリーズ『トランスフォーマー』。その待望のシリーズ最新作『バンブルビー』(以下、本作)が、2019年3月22日(金)に日本で公開されます。

本作はバンブルビーが主人公となり、シリーズ1作目『トランスフォーマー』でサムと出会う以前の1980年代にさかのぼることで、これまで語られることの無かったエピソードが初めて明かされます。

チャーリーを演じるのは、映画デビュー作『トゥルー・グリット』で第83回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、近年では『スウィート17モンスター』などで等身大のティーンを演じ、同世代の圧倒的な支持を集めるヘイリー・スタインフェルドさん。

監督は第89回アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされた『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』で知られるトラヴィス・ナイトさんが実写映画監督デビューを果たしました。

この度ドジだけど心優しいバンブルビーの魅力満載な、日本版予告および新着場面写真が解禁に! 映像は思春期の少女チャーリーが、廃品置き場で偶然見つけた黄色い車が“バンブルビー”に≪トランスフォーム(変形)≫するところから始まります。

合わせて到着した場面写真では、チャーリーとの絆の強さを感じさせるショットをはじめ、初めて目にする犬に興味津々のビーや、部屋でソファーに窮屈そうに座り込んだりと、お茶目で可愛いバンブルビーの一面を垣間見ることができます。

▲新着場面カット

▲新着場面カット


 

日本語版予告


 

場面カット







 

★チャーリーの秘密のガレージをのぞける、360° 特設サイトがオープン!

バンブルビーが身を潜める秘密のガレージを360°自由に見回せる、特別映像たっぷりの特設サイト!

サイトはこちら
 

作品概要

ストーリー

自分の居場所を見つけられない思春期の少女チャーリーは、海沿いの小さな廃品置き場で、ボロボロの黄色い車を見つける。「バンブルビー」と名付け、修理したこの車が、やがて普通の車ではないと気づくのに、時間はかからなかったー。1987年、まだ地球は平和な生活を送っていた。その時までは。
 
監督:トラヴィス・ナイト『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』
原案:クリスティーナ・ホドソン
脚本:クリスティーナ・ホドソン、ケリー・フレモン・クレイグ
製作:ドン・マーフィ、トム・デサント、ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ、マイケル・ベイ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、ブライアン・ゴールドナー、マーク・ヴァーラディアン、クリス・プリガム
 
キャスト:
ヘイリー・スタインフェルド(『トゥルー・グリット』、『スウィート17モンスター』)
ジョン・シナ
ジョージ・レンデボーグJr.
ジョン・オーティス
ジェイソン・ドラッカー
パメラ・アドロン、ステファン・シュナイダー
 
全米公開:2018年12月21日
原題:Bumblebee
配給:東和ピクチャーズ
 
『バンブルビー』公式サイト
『バンブルビー』公式Twitter(@bumblebee_jp)

(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集