声優
『響10周年記念 響ファン感謝祭』夜の部レポート

三森すずこさんが叫ぶ「We are not 芸人!」――所属する女性声優総出演の『響10周年記念 響ファン感謝祭』夜の部レポート

声優事務所・響の10周年を記念した感謝祭イベントが、2018年11月24日(土)に神奈川県・カルッツかわさきにて開催されました。ここでは、夜の部の模様をお伝えします。

出演者は、橘田いずみさん、三森すずこさん、佐々木未来さん、愛美さん、伊藤彩沙さん、西本りみさん、尾崎由香さん、相羽あいなさん、紡木吏佐さん、遠野ひかるさん、進藤あまねさん。様々なフィールドで活躍しているメンバーから所属したばかりの新人まで響所属の女性声優が初めて全員出演して、素のトークや対決、カラオケで集まったファンと一緒に楽しみました。

恋愛ではなく賑やかトークコーナー『響から騒ぎ』

開演前には、この9月に所属したばかりの進藤さんが緊張しながらの注意事項アナウンス。初々しい彼女をこれからも見守ろうという優しい空気に包まれる中、イベントはスタート。それぞれが所属した年月や出身地といった自己紹介をしながら1人ずつ登場すると、のっけからお互いに茶々を入れたりして仲の良さをみせてくれました。

最初のコーナーは、あの人気バラエティ番組の響バージョン『響から騒ぎ』。出演者たちから事前に気になることを募集して、それに答えていくというトークコーナーです。



「人生を変えた、もしくはオタクに引きずり込まれた原因のアニメは?」と聞いたのは、『家庭教師ヒットマン REBORN!』がそれだという紡木さん。若さ溢れる紡木さんに、伊藤さんが自分も同い年だと主張するもMCの橘田さんからあっさり返り討ち。そんな笑いもありつつ、回答した相羽さんは『新世紀エヴァンゲリオン』と『ONE PIECE』とのことで、特に前者は実家の大阪から東京の展示会を見に来るほどだったそうです。

三森さんからは「昨日の夜ご飯は?」という、なんとも日常的な質問。自分自身はカレーを食べたそうで、愛美さんもカレーという偶然の一致をみせていました。特別なものを食べた人はいませんでしたが、そんなところも彼女たちに親近感が湧くところです。

無謀にも「学力テストをしたい!」と提案したのは相羽さん。なぜか自信たっぷりでしたが、他のメンバーからは疑問の声が次々とあがります。相羽さんから「自分よりもアホな人」と指名を受けた尾崎さんが激しく否定したり、三森さんからは「バカが露呈して役に影響するとよくない」という言い訳が飛び出したりして、なんとかテストは回避していました。

ご褒美がかかるとあの人は絶大な強さ!?

賑やかなトークコーナーに続いては『チーム対抗!ご褒美争奪バトル!!』。

紅組(佐々木さん、愛美さん、伊藤さん、遠野さん、紡木さん)と白組(橘田さん、西本さん、三森さん、尾崎さん、相羽さん)に分かれて、対決を行いました。ちなみに、三森さんはご褒美がかかると負けないジンクスがあるそうで、玉入れ、パン食い競走、あっち向いてホイで対決した昼の部でも勝利しています。夜の部は果たして……?

最初の種目は『大縄跳び対決』。紅組は遠野さんを先頭にして並び、25回というなかなかの好成績。対する白組は身長の高い橘田さんを真ん中にする作戦で、しっかりストレッチをして臨んだ結果は33回。終わった後にかなり息があがっていました。

次の対決は『早口言葉リレー』。1人ずつ「かえるぴょこぴょこ みぴょこぴょこ あわせてぴょこぴょこ むぴょこぴょこ」の早口言葉でバトンを繋いでいき、合計タイムが早かったチームの勝利となります。

まだ息の整わない白組をあえて先行にする紅組の意地悪な提案もあり、まずは白組がチャレンジ。早口言葉は焦れば焦るほど失敗するもの、ということを見事に体現してしまったのは2人目の尾崎さん。どんどんドツボにハマってしまい、何度も失敗して最後は半分おまけのような形になっていました。

一方、紅組も紡木さんが焦ってミスをしていましたが、愛美さんなどは逆に急がない作成が奏功してまずまずのタイム。結果は白組が1分22秒、紅組が1分15秒で対戦成績をタイに戻します。

勝負の第3戦は『スプーンリレー』。メンバーがステージの左右に分かれて、スプーンに乗せたピンポン球をリレーしていく競技です。前半戦リードしたのは紅組。しかし、白組ラスト2人の橘田さんと三森さんが驚異の追い上げをみせ、特にアンカーの三森さんはご褒美パワーなのか素早い動きで最後の最後に逆転!


最終結果は2対1で白組の勝利。やはり三森さんは強かったです。ご褒美進呈では進藤さんがプレゼンターとして登場。まだ14歳の彼女は先輩たちにいじられていましたが、まだ未知数の可能性を秘めている感じでした。

パフォーマンス満載のカラオケコーナー

イベント後半はお待ちかねのカラオケコーナー。カラオケボックスというより場末のスナック感たっぷりなステージで、2人ずつペアとなりカラオケを披露していきました。

まずは、伊藤さんと相羽さんによる「行くぜっ!怪盗少女」。ももいろクローバーの名曲を、楽しそうに振りを付けて披露する2人。プロレス出身という経歴を持つ相羽さんのキレのあるミドルキックが炸裂したかと思えば、間奏では場外乱闘さながらのやり合い。最後は倒れた相羽さんに伊藤さんが手を差し伸べるという、物語性のあるパフォーマンスでも楽しませてくれました。


続いては、愛美さんと三森さんが歌う『アナと雪の女王』の挿入歌「とびら開けて」。ラブラブデュエットソングと本人たちが言うように、男性役の愛美さんと女性役の三森さんのラブラブ感満載。愛美さんの低音ボイスも新鮮です。

橘田さんと佐々木さんが披露したのは、佐々木さんリクエストによる中森明菜さんの「DESIRE」。この曲は橘田さんの十八番とのことで、セクシーな雰囲気たっぷり。観客からは有名な「はーどっこい」コールも飛び交っていました。

4番手のペアは西本さんと遠野さん。歌うのはJUDY AND MARYの「そばかす」です。見事なダンスも披露していましたが、そのダンスは2人が出演した舞台『アサルトリリィ×私立ルドビコ女学院 vol.4白きレジスタンス~約束の行方~』から取られていたそうです。

ラストは尾崎さんと紡木さんというちょっぴり異色な組み合わせ。大塚愛さんの「さくらんぼ」を可愛く歌うと、他のメンバーもノリノリ。2番では紡木さんが尾崎さんに駆け寄って抱きつき、最後は逆に尾崎さんから抱きついて歓声を浴びていました。

カラオケ後には出演者のサイン入りグッズが当たるプレゼント抽選会があり、最後に1人ずつイベントの感想や今後の意気込みを語ります。今回はバラエティ感の強いイベントでしたが、そこはやはり声優事務所。三森さんは朗読劇もやりたいと話し、その願いと笑いを誘うサービス精神の両方を込めて「We are not 芸人!」と叫んでいました。

宴会部長のような佐々木さんの楽しい挨拶からも感じられるように、橘田さんは響について「家族感が強い」と口に。そんな響だからこその魅力をこれからも期待させたイベントは、「We are!」「響ファミリー!」の掛け声で終了となりました。

 
「声優事務所株式会社 響」コーポレートサイト

(C)HiBiKi
(C)bushiroad All Rights Reserved.
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集