menu
映画
津田健次郎&鈴村健一 登壇「ドキュメンターテイメント AD-LIVE」初日舞台挨拶レポート

「初の劇場映画監督がこの作品で嬉しい」――津田健次郎さん&鈴村健一さん登壇「ドキュメンターテイメント AD-LIVE」初日舞台挨拶レポート

津田健次郎さん脚本・監督、鈴村健一さん主演で、「AD-LIVE 2017」の裏側を振り返る映画「ドキュメンターテイメント AD-LIVE」が、2019年2月2日公開。初日には、新宿バルト9にて、2人の登壇する舞台挨拶が行なわれました。ここでは、このときの様子をレポートします。


 
アニメイトタイムズからのおすすめ

虚実入り交じるのが「AD-LIVE」

各地の映画館でライブビューイングもあった舞台挨拶は、上映後に行われ、映画を見終わったお客さんからの大きな拍手が2人を迎えました。津田さんは、「受け入れていただけるか」と公開まで緊張していたそうで、「終わったとき拍手が起こったのを聞いて、ホッとしております」と吐露しました。

鈴村さんは「AD-LIVE自体は僕の企画ですが、この映画に関しては津田さんの想いにすべて託しました。主演としても映画が無事公開されたことはとてもうれしい」と明かしました。
2017年の「AD-LIVE」を追っていることからもわかるとおり、企画自体は2年以上前から進んでいたとか。

「託した」ため鈴村さんは一切プロットに対して意見しなかったそうで、津田さんからAD-LIVEがどう見えているかに重点がおかれているそうです。プロットを確認した際も「“津田さん語”で書かれていて独特。読み解くのが大変でした」と鈴村さんが言うと、「2つに分かれていたからね」と津田さん。そのくらい津田さんワールドが炸裂していて、完成したものを観るまでわからなかったそうです。

ともあれ、津田さんが伝えたかったのは「AD-LIVEとは?」と「AD-LIVEの魅力」という根っこの部分だったそう。「絶対にAD-LIVEを汚してはいけない」と念頭に置き、ギャップが生まれないよう鈴村さんからは頻繁に話を聞いていたそうです。鈴村さんは「なので、そこに関してはウソをついていない」と強調していました。

これには津田さんも頷き「鈴くんの心情を僕が脚本にしないといけない部分があったので、そこはすごくリサーチしたかも」と言い、「AD-LIVEを作り上げていく鈴村健一の物語が主軸」を丁寧に描き出したそうです。結果、これが魅力として伝わったのでしょう。

ただ、この映画は「ドキュメンタリー」と「エンターテインメント」が交わった「ドキュメンターテイメント」。“フィクションの劇を見せるエンターテインメント(虚構)な部分”と“アドリブワードを見てどう会話につなげようか悩むドキュメント(事実)な部分”とが混在し、境目がわからなくなる「AD-LIVE」本編と同じような構造がこの映画にもあるそうです。

津田さんと鈴村さんが映画のどこが虚構だったのか明かすと、観客からは「わからなかった!」とばかりのどよめきが起こっていました。「バレたくなかったので慎重に作ったところ」と明かした津田さんは、観客の反応に胸をなで下ろしている様子。どうやら、津田さんに「脚本」という肩書きがついているのにはそういった理由があったようです。

エンディングでは、アドリブワードを披露しながら挨拶(以下【】内がアドリブワード)。津田さんは、「初の劇場映画監督がこの作品で嬉しい。そして、初日を迎えた僕はこう思います【あ! やばい!】」、鈴村さんは「津田さんの想いにしっかり乗ることができました。【太っ腹~】って思うくらい何度も観てください!」とアドリブワードを駆使して、キレイにまとめて舞台挨拶は終了しました。


映画「ドキュメンターテイメント AD-LIVE」は公開中。鑑賞して自身では考えが及ばなかった「AD-LIVE」の魅力を深堀りしましょう!


作品概要

津田健次郎が紡ぐ、AD-LIVEの”ヒミツ”

声優・津田健次郎、映画初監督作品。声優・鈴村健一、実写初主演作品。
2017年9月から10月に開催し、実に7万人(LV含む)を動員した『AD-LIVE 2017』。その舞台裏に、AD-LIVE出演者でもある声優・津田健次郎がカメラを廻し、AD-LIVEの創り方の”ヒミツ”を描き出した映画の公開が決定!

映し出されるのは、各公演の出演者(鈴村健一・てらそままさき・鳥海浩輔・中村悠一・関智一・羽多野渉・豊永利行・森久保祥太郎・高垣彩陽・津田健次郎・蒼井翔太・浅沼晋太郎)の舞台裏での笑顔や緊張はもちろん、鈴村自身が参加する深夜にまで及ぶミーティング、本番に向けた準備の様子などの様々な瞬間。そして、鈴村への長期密着から見えてくる、『AD-LIVE』に込めた情熱と愛と、そして……。

それらが折り重なる本映画のタイトルは『ドキュメンターテイメント AD-LIVE』。
果たして、単なるドキュメンタリーを超えて、一体、どんな”ヒミツ”を描くのか!?

スタッフ

監督・脚本:津田健次郎/撮影:橋本清明・関森崇/照明:高橋雄一郎・本田祐介/録音:井筒康仁/美術:橋本昌和/振付:CHINO/制作担当:池田飛鳥/演出補・編集:熊谷涼花/音楽:宮崎誠/音楽プロデューサー:鈴木めぐみ・十河大和/音楽ディレクター:福井健吾(VERYGOO)/音楽制作:アニプレックス/プロデューサー:高橋祐馬・中村卓郎/アソシエイトプロデューサー:瓜生恭子/アシスタントプロデューサー:井上めぐみ/宣伝プロデューサー:金谷好/配給:ライブ・ビューイング・ジャパン/助監督:川崎明子/制作プロダクション:祭/製作:AD-LIVE Project

出演

鈴村健一/てらそままさき・鳥海浩輔・中村悠一・関智一・羽多野渉・豊永利行・森久保祥太郎・高垣彩陽・津田健次郎・蒼井翔太・浅沼晋太郎 他

主題歌

「たのしいのうた」:鈴村健一(ランティス)
作詞:宮崎誠・鈴村健一/作曲・編曲:宮崎誠

各社音楽配信サイトにて配信中!

<通常配信>
iTunes Store
animelo mix
Google Play Store
music.jp
mora
LINE MUSIC
レコチョク

【限定公開中!】
舞台の「AD-LIVE」自体も知らないという方は、15年大阪公演(下野紘☓福山潤)、16年八王子公演(鈴村健一☓寺島拓篤)を公式HPにて2/11まで限定公開中!

「AD-LIVE 2015」大阪公演(下野紘×福山潤)昼公演

「AD-LIVE 2016」八王子公演(鈴村健一×寺島拓篤)夜公演

映画「ドキュメンターテイメント AD-LIVE」公式HP

(C) AD-LIVE Project
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年夏アニメ一覧 10月放送開始
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020冬アニメ、何観るアンケート(中間発表)
冬アニメ声優で観る
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー