menu
ゲーム・アプリ
『オルサガ』連続インタビュー第7弾堀江由衣

人気アプリ『オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-』連続キャストインタビュー第7弾! 堀江由衣さんがマリユス/マリエルのエピソードやイベントを振り返りつつ、魅力を語る!!

セガから2015年より配信されてきた人気戦記RPG『オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-』。昨年末にメインストーリーが終章を迎えましたが、先日新たな展開、「ゼロ」が始まることが発表され、話題になっています。

当サイトでは『オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-』のキャストへの連続インタビュー企画を実施しています。今回はマリユス/マリエルを演じる堀江由衣さんがこれまで収録してきたエピソードやイベントを振り返りながら、キャラの魅力や演じる時に心がけてきたことを語っていただきました!

※インタビューは、第3部終章までのストーリー内容について大きくネタバレを含んでおりますので、ご了承いただいたうえでお読みください。

アニメイトタイムズからのおすすめ

収録のたびにストーリーの展開に驚き。マリユスが実は女の子という設定も!?

――2015年4月のサービススタートから約4年近く経過しましたが、ここまで『オルタンシア・サーガ』に関わってきた感想は?

マリユス/マリエル役 堀江由衣さん(以下、堀江):一番最初の収録は子供のマリエルでその時の台本の印象が強くて、そこまで時間が経った気がしないんですよね。ひとつの作品で4年もやらせていただけることはなかなかないし、アプリゲームとしても『オルサガ』はパイオニア的存在みたいな感じがするので、「このまま頑張れ!」と思ってます(笑)。

――一般的にアプリゲームの収録回数は少ないはずですが、堀江さんは『オルサガ』で結構多くの回数の収録をしていますよね?

堀江:そうですね。ちょいちょいお声掛けしていただくので、気が付いたら4年も経っていたんだ! という感じで。毎回、収録のたびにストーリーを説明していただくんですけど、「えっ!? 今、そんなことになっているんですか!?」と驚きつつ、やらせていただいています。

マリエルは最初、男の子として主人公達の元へ潜り込むので、バレたらいけないのかなと男の子のふりをしながら演じていたんですけど、お話が進んでいくと「みんな、男の子として接してくれているんですか?」と尋ねたら「そうでもないですよ」と言われ、「みんな、もう知ってますよ」みたいになってきて「あれ?」って(笑)。だからストーリーが進むことで、演じ方も少しずつ変わっていきました。

――『オルサガ』のストーリーについての印象は?

堀江:結構重たいなというのはすごく感じていて。悲しい出だしから始まって、途中では楽しいやり取りもたくさんあるけど、重たく進んでいくので、イベントでは水着を着てたり、バレンタインなどあると逆にホッとして。みんな、楽しく暮らせているんだなと。イベントの時に声を入れることが多いからなおさらかもしれません。

――マリユス、マリエルはたくさんのカードにもなっていますが、様々なカードの絵をご覧になった感想は?

堀江:かわいくてすごく大好きです! 一番センセーショナルだったのが最初の水着で。みんなが水着を着るイベントで、マリユスはこれなんだと。濡れシャツってちょっとエロくないですか?(笑) それまでは『オルサガ』に硬派な印象があったので、「え~っ!水着回あるんですか?(笑)」って驚きつつ、「楽しい回もあるんだ」って。女の子だとバレてはいけないマリユス君が恥じらう様子もかわいいなと思いました。

――演じるマリユスとマリエルについての印象は?

堀江:ツライ想いをしているけど、基本的には前向きに進んでいこうというガムシャラなところがあって。かわいいし、応援したくなったり、支えてあげたくなるし、周りのキャラ達もたぶん思っているんじゃないかな。愛されるキャラだなと感じながら演じさせていただいています。

また段々、主人公との関係性が近くなってくると私的にはニヤニヤしちゃいます。男の子のふりをしているので隠れイチャイチャじゃないですか? その感じがかわいらしいし、ほっこりしながら見守ってしまうキャラですね。

――マリユスはツンデレっぽさがありますよね。最初は悲壮感たっぷりだったからそのギャップにやられたプレイヤーさんも多いのでは?

堀江:刺さっているんですかね、皆さんに? よかった~! マリエルになった時は王女としての立場がついてきてしまうので、いつもの従者のマリユス君よりはキリっとしなきゃと。上に立つもの、前に出るものとしての覚悟みたいなものを常に持っている人ですし、演説したりもするので凛として、一本筋が通った人をイメージしながら演じさせていただいてます。

堀江さん、マリユスと似ている点を考えてみる

――ご自身と似ている点や共感できる点があれば教えてください。

堀江:似ているところを考えてみたんですけど……。

――料理がヘタなところとか?

堀江:強いて挙げればそれかも(笑)。マリユス君は料理がヘタでもまた挑戦しそうだなとちょっと前向きさを感じるけど、私は実家暮らしなこともあって、何もしないので、マリユス君、偉いなって思います。でも皆さんが思っているよりは私、割と手先が器用なほうなので、やる気があるマリユス君くらいにやる気がない私でも同じような料理が作れる気がします。私、やればできるタイプだと思っています。やらないだけで(笑)。

――やらないままなら可能性は無限大なので、そのままでいいかもしれませんね。

堀江:あっ、信じてないですね。私のポテンシャルを。やったら絶対うまいと思うんですよね。そんな予感がしてます。あとマリユス君達は冒険に出られるくらい体力もあるし、そこも尊敬できます。

――演じる時に心がけたことは?

堀江:前半のほう特にですが、男の子のふりをしているので、その辺をどこまでやろうかなというのが難しくて。お姫様がお芝居で男の子を演じているわけですが、命がけだから必死に、それともわざとらしくやったほうがいいのかな? とか最初は戸惑いながら演じていました。でもマリユス君に慣れてくるとマリエルちゃんを演じる時にわからなくなっちゃって。人格はマリユスなんだけど、姫として振る舞う時はそっちが演技みたいになっちゃって、二重に演技している感覚になってしまって、どうやればいいんだろう? と。マリエルちゃんの2回目の登場が割と遅かったこともあって。

――本来なら姫のマリエルが従者のマリユスを演じているはずというのは、マリユスを演じる機会のほうが多いし、難しそうですね。

堀江:そうなんですよ! 「マリユスで女の子になるってどういうこと?」って悩んだり、戸惑いました。序盤でマリエルが民衆に向けてしゃべる時は仮面をかぶるわけで、そういった演じている感覚は本人にもあるのかなと、凛としたお姫様然としたところでのお芝居にしましょうとディレクターさんと相談したことも覚えています。

――ではこれまで演じられたマリユス、マリエルのエピソードを、その時のカードイラストを見ながら振り返っていきましょう。まずは2015年7月の第1回統一戦報酬のマリユスですね。

堀江:SSRが出るまで結構間が空きましたよね? それで抗議した気がします。「何でないんですか!」って(笑)。後から出てきたキャラのほうが意外にSSRになるんですよね(笑)マリユスはずっといるキャラなのに、どうしてこんなに時間がかかるんだろうって。SSRになると皆さんが戦いにつれていってくれるので、より思い出が深まるじゃないですか? だからSSRのカードになれたのがうれしかったです。

――次は先ほど話題に出た、2015年8月の水着イベントです。

堀江:水着イベントがあるんだという驚きと濡れ水着のインパクトですね(笑)。「水かけんなよ」みたいなセリフもかわいくて。スタッフさんの「人気になることは間違いありません」という自信が感じられました(笑)。

――続いては2016年3月の2部2章、400万ダウンロード記念のミリオンガチャの時でした。

堀江:強そうなんだけど、かわいさもあって。お尻もぷりっとしてて(笑)。「止めたってムダだぞ! 僕はずっとお前のそばにいるからな」と言って。この画面にタッチした時に出るセリフ「一応男同士ってことになってるけど、それ以上のスキンシップは」もかわいい。若干漂うBL臭が好きだなと思いながらやってました(笑)。かわいらしさもありつつ、強さもありつつ。あと最初よりは小ぎれいになってますし。

――次は2016年4月の第4回統一戦報酬のマリエルです。

堀江:久しぶりにマリエルちゃんをやらせていただいたので、一番戸惑っている時ですね(笑)。女の子としてしゃべることが照れくさくなっちゃって。強さだったり、想定よりも声を低めにしたりとか割と男の子寄りにしてます。

クーとの掛け合いにほっこり。人気作品とのコラボではあの装置にトキメキ!?

――2016年11月のセガフェス記念イベントでは仲良しのクーと。

堀江:まだ幸せな頃ですね(笑)。初めてクーと絡んでセリフを録った気がします。冒険ものといえばこういうキャラがいるイメージが私の中にあるので、クーと一緒の日常っぽいやり取りをできたのがかわいくもあり、戦いだけじゃない感じがして、ほっこりできた収録でした。

――クーはマリユスへの愛情がすごかったですからね。

堀江:そうなんですよね……はぁ……。クーに衝撃的なことが起こったあのシーンはすごくショックで悲しくて。せつな過ぎました。

――続いては2017年5月に行われた人気作品とのコラボイベントです。ここからURになり、装備も強そうですね。

堀江:ほにゃらら機動装置が。そんなセリフも言ったような(笑)。私もあの装置を付けられたのがうれしくて、ときめいた記憶があります。このあたりから「スリーサイズは絶対教えてやらないからな」とかセリフがくだけてきた頃で、主人公との距離感がどんどん近づいて、関係性がいいんだなと感じられました。

――男性言葉なだけで、内容はもはやボーイッシュな女の子みたいな感じですよね。

堀江:もうイチャイチャしてもいいんだと(笑)。自己紹介で「僕はマリユス。お前の従者だ」と毎回必ず言うんですけど、ちょっとくだけてきたり、変わっていくのがおもしろいなと思いながら演じています。

――2017年8月の、2度目となる水着イベントは、今度はマリエルで。

堀江:とうとう普通の水着が着られたかと思いました。でも結構きわどいかも(笑)。北欧の王子に求愛されたこともあって、かわいいマリユスでしゃべっている気がします。珍しくマリエルとマリユスが混ざっているという今までにないパターンで、途中までマリユスとしてしゃべっているけど、ちょっとマリエルに変わったりして、難しかったです。

――2018年のバレンタインイベントでは一生懸命手作りチョコを作った跡が見え、照れた表情で渡すところなど男子ならハートをワシづかみにされたことでしょう。

堀江:『オルサガ』の世界にもバレタインもあるんだと知りました(笑)。特別なチョコを作るためにキッチンはすごいことになってますけど、私はここまで汚さないので(笑)。ラッピングだけなぜか上手なのは不思議でした。本命や義理ではなく、従者チョコなのもいいですね。ここまでしておいて「勘違いするなよ」とか。もう自分1人で負けられない戦いに突入しているのかな。従者なんだと自分に言い聞かすようなところもかわいくて。あとチェックのエプロンに実はかわいいものが好きなんだなという発見もありました。うれしそうな表情にもキュンとしました。

――次の2018年9月のマリユス&マリエルガチャは、人気が高すぎて2人だけでガチャを作ったという逸話も。

堀江:すごいと思うし、うれしいです! クッキーがどうとか、おいしいご飯作ってもらおうとか日常のやり取りがどんどん増えているなと。ストーリー的には佳境に差し掛かる頃だったので、意外に感じました。もしかしたらこれから過酷になっていくからここで安らぎをという想いもあったんでしょうか?

――2018年12月の第3部完結ガチャは主人公を看病し、目覚めを待っているマリユスがいじらしいです。

堀江:いいカードですよね。マリユスがどうなったのかも知っていたので、私が今後の対策を考えましょうとスタッフの皆さんにさせていただいた時です(笑)。クーがいなくなってしまった時のセリフを録らせていただいた回だったので、衝撃も大きくて、つらい気持ちでした。ただでさえ仲間がいなくなることはつらいのに、一番身近でかわいくて、生き残りそうなキャラなのに。でも台本で読んでも思った展開と違っている可能性もあるので、現場で聞いたらそのままで、せつなすぎると思った記憶があります。

――そして同じく12月のスペシャル任務報酬の使徒バージョンですが、まったく想定外で。

堀江:今までの展開にない要素だったのでビックリしました。でもこうならないと主人公を助けることができないと聞きましたが、今までのマリユス、マリエルとは違う性格だし、違う存在になってしまったことに対しての驚きが大きかったです。かわいいんですけどね。

――こうやって振り返ってみると演じた回ごとに振り幅や変化が感じられるキャラだなと。

堀江:最初は10歳くらいの子供のお姫様から始まっているし、いろいろなバージョンを演じさせていただいた感覚です。ずっとマリユスのセリフとして「お前のために強くなる」とあって、その成長過程を見ることもできたし、途中にマリエルが姫として頑張っているカードも見られたし、主人公との距離が縮まり、仲間とも仲良くなっているのがわかるカードもあって……最終的に使徒になっちゃいましたけど(笑)。

――最近では3月末発売のビジュアルブックの特典カードがマリエルで、新たに演じていただきました。

堀江:この収録でそういえばシャルロいたなと思い出しました(笑)。今回はシャルロを想い、姫としての強さも見られますので楽しみにしてくださいね。

ゲーム収録の難しさと良さとは? 堀江さんが好きな髪型は?

――ちなみにゲーム収録のアフレコとの違いや難しさは?

堀江:ゲームはほとんど1人での収録になるところが大きいですね。だから一人言みたいなのが多くなりますね。あとはアニメのようにストーリーを通して演じるのではなく、シーンやエピソードごとに演じることが多くなるので、前後の展開や人間関係などつかみにくいところもあります。でもアニメではここまでセリフの量がないし、1人のキャラにフォーカスしていることでより密度濃く理解できるし、どのキャラにも平等に色々なチャンスがある気がするのがゲームの良さかなと思います。寂しいのは他のキャラとの掛け合いが少ないことです。『オルサガ』でキャストの皆さんと掛け合いできる機会があればいいですね。

――ではここでライトな質問も。マリユスは王都奪還後に長い髪をばっさり切って主人公に合流しましたが、好きな髪型やしてみたい髪型はありますか?

堀江:今、たくさんアイドルグループがありますが、私はボブの子推しで。前髪があって、ボブにしている子はだいたい好きですね。

――ロングの方はなかなかボブにするのは決心もいるし、難しいですよね。

堀江:ロングって何もしなくていいし、楽なんですよね。ボブの人が毎朝、手入れしていると思うとマネできない気持ちになるので、なんとか48やほにゃらら46のボブの子を探して目で楽しんでいる感じです。

――マリユス、マリエルはいろいろな衣装で登場しますが、どういった服装や衣装が好きですか?

堀江:柄物のお洋服が好きで、放っておくと花柄やチェックのワンピースなど柄物ばかり買ってしまうので、最終的に合わせられなくなっちゃうので気を付けてます。ちなみに今回の撮影で来たお洋服は、マリユス君は白や青の服が多かったので、私も白と青を選んできました。

――マリユス、マリエルは芯を持ったキャラクターですが、プライベートでこだわりを持っていることはありますか?

堀江:プライベートでは芯の強さとかないかもしれないです。例えば人の意見がいいと「そうだね」とすぐに変えられるタイプで。でも仕事では譲れないところやこだわりはあったりします。衣装だったらプライベートでもパンツスタイルのものは1つも持っていないのではかないし、二の腕が気になるのでノースリーブはちょっととか。もし着る場合は1年半くらい待ってください、みたいな(笑)。仕事をする上で柔軟でいたい部分もあるけど、変なところで頑固だったりするんですよね。

――堀江さんがお仕事やプライベートなどで今後「新たに」チャレンジしたいことは何かありますか?

堀江:ずっと言い続けているのにまったくやれていないんですけど、運動をしようと思っています。
健診のデータもそろそろ気になってきて。私、甘いものやスナック菓子が好きなので。そろそろ頑張らなきゃと思っています。

――急激な運動も良くないので、ウォーキングがいいみたいですよ。1駅歩いてみたりとか。

堀江:私、お散歩できないんですよ(笑)お買い物とか目的がある外出ならいいんですけど、極力、家にいたいタイプなので。

――コンビニに行く、くらいのレベルでもいいんですよ。

堀江:休みの日にコンビニだけに行くのは負けだと思っているので(笑)だから休みの前日にコンビニに寄って必要なものを買っておくんです。だけど、健康のためにも新たにお散歩してみてもいいかも。

堀江さんがこれから始まる新章のアイデアを提案!?

――新章に期待することや、どんなマリユスやマリエルを演じてみたいなどありますか?

堀江:これから始まる新章がどんなお話になるのかわかりませんが、主人公が過去に行って、死んでしまったキャラを助けるというのはどうですか? もしくは学園ものにしましょう! 主人公を先生にして……先生と生徒の恋愛ものが好きなので。「お前の従者……生徒だ!」って(笑)。どうですか?

――イベントにいいかもしれませんね。

堀江:やったー! マリユスに白と青のセーラー服を着せてください! とにかく私としては今、非常にもやもやしているので何とかしていただけたら(笑)。

――では最後に皆さんへメッセージをお願いします。

堀江:お話自体が、国の背景や人同士のつながりなど重厚かつ細かく描かれている作品なので、読み物としても純粋におもしろいと思います。見どころの1つであるバトルは私には難しかったんですけど(笑)、コツさえつかめばもっと効率よく楽しくできる気がします。バトルを頑張ってストーリーを進めていくと、どんどんのめり込んでしまうゲームなので、たくさんの方にプレイしていただきたいです。

主人公とマリユス君の関係は、大切な使命があるから気持ちを打ち明けられないという私的にはむずがゆいところがあって、キュンとできます。マリユスはとてもかわいいし、皆さんに愛していただけるキャラだなと思っています。

長く続いてきた『オルサガ』ももうすぐ5年目に突入するので、皆さんに引き続き頑張っていただいて、スタッフの方にはマリユス、マリエルの今後もよろしく、と(笑)。私、まだまだマリユスとマリエルを演じていきたいので。これからも『オルサガ』を楽しんでくださいね!

[取材・文/永井和幸 、撮影/干川 修]

連載インタビュー開始記念!プレゼントキャンペーン!

連載インタビューの開始を記念して抽選で1名様に「堀江由衣さんの直筆サイン&コメント入りメッセージカード」をプレゼント。
詳しくはキャンペーンツイートをご参照ください。

● プレゼント
「堀江由衣さんの直筆サイン&コメント入りメッセージカード」を抽選で1名にプレゼント

● 応募概要
1)『アニメイトタイムズ』公式アカウント(@animatetimes)をフォロー
2)アニメイトタイムズの該当ツイートをRT

● キャンペーン〆切
4月25日(木)23:59まで

『オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-』とは

『オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-』は、「オルタンシア王国」と「カメリア国」との戦乱の中で、様々な運命に翻弄される騎士達のストーリーが描かれた、歴史を紐解く戦記RPGです。プレイヤーはオルタンシア王国の若き領主となり、戦乱の中の様々な出会いを通して、オルタンシアの隠された真実を明らかにしていきます。多様な視点で描かれる壮大なストーリーはもちろん、画面上のレーンのパネルを奪い合う新感覚のバトルや、騎士達の戦乱を再現した大規模戦闘も楽しめます。

堀江由衣さん10thアルバム情報

堀江由衣10th album『文学少女の歌集』
・発売日
2019年7月10日(水)

・初回限定盤
外箱/写真集付 3,500円+税

・通常盤
CD ONLY 3,000円+税

・収録内容 全12曲(予定)
Stay With Me 「DOG DAYS″」エンディング主題歌
アシンメトリー 「K RETURN OF KINGS」オープニング主題歌

アニメイトオンラインショップで予約(初回限定版)
アニメイトオンラインショップで予約(通常版)

【作品概要】
名称:オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-
ジャンル:戦記RPG
配信開始:iOS/Android配信中
価格:基本無料(アイテム課金あり)
メーカー:セガゲームス
ダウンロード:
App Store
Google Play

『オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-』公式サイト
『オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-』公式Twitter(@Hortensia_PR)

おすすめタグ
あわせて読みたい

オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-の関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|女性声優
アニメイトオンラインショップ|男性声優
アニメイトオンラインショップ|アイドル作品
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年 夏アニメ一覧 7月放送開始
2019年冬アニメ一覧 1月放送開始
2018年秋アニメ一覧 10月放送開始
2019春アニメ 声優一覧
続編決定まとめ
第十三回 声優アワード(2018年度)
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
2019冬アニメ(今期)おすすめランキングまとめ!
男性声優/女性声優一覧